出産前後の痔にはご注意!

学校の課題で過マンガン酸カリウムと濃硫酸との反応、塩素酸カリウムと濃硫酸との反応の化学反応式を書けという課題が出たのですが、よく化学反応式がわかりません 教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

過マンガン酸カリウムでは七酸化二マンガン Mn2O7 、塩素酸カリウムでは 二酸化塩素 ClO2 が生成するようです。



いずれも硫酸によって酸が遊離し、さらに酸が硫酸で脱水されて酸無水物になると考えます。ただし塩素酸の無水物の五酸化二塩素(塩素の酸化数+5)は存在せず、実際には酸化数+7の過塩素酸と酸化数+4の二酸化塩素ができるそうです(参考 千谷利三:新版無機化学、産業図書)。

過マンガン酸カリウム+硫酸→過マンガン酸+硫酸カリウム
過マンガン酸→七酸化二マンガン+水

塩素酸カリウム+硫酸→塩素酸+硫酸カリウム
塩素酸→過塩素酸+二酸化塩素+水

ヤバイ反応(爆発する反応)としては結構有名かもしれません。生成物が強力な酸化性を持っているので、有機物など酸化されやすい物質が共存していると爆発します。
    • good
    • 0

> 過マンガン酸カリウムと濃硫酸との反応、


> 塩素酸カリウムと濃硫酸との反応

 どちらも特殊な反応のように思えます。例えば,前者について,「化学辞典」(東京化学同人)の「過マンガン酸カリウム」の項に『濃硫酸に加えると緑色になるが((MnO3)2SO4 が生成すると考えられる),・・・』とあります。つまり,ハッキリした事は不明です。

 お書きの課題は,間違ってはいませんか? 反応式は上記の記載から御自分で考えて下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過塩素酸と硫酸の酸の強さの比較

過塩素酸と硫酸は酸としてどちらが強いのでしょうか?そもそも酸の強さとはなんのことなのでしょうか。25℃の無限希薄溶液中での電離度や酸解離指数のことでしょうか?

Aベストアンサー

#1のお答え通り、酸の「強度」はpKaで比較するのが一般的です。おっしゃる通り無限希釈時が望ましい。
ただ、wikipediaは「入門」の意味しか無く、あきれた大嘘が書いてある事が多い。そのため一応の知識を得たら、英文wikipediaを読んでください。それが読めないなら「役立たず」です。なぜ英文wikipediaが良いかと言うと、和文はメタwikiを校閲する人数が少な過ぎ、時には他の専門家が誰も読まない。英文wikipediaの方は専門家の「査読者」が時には数十倍居て、この例などは微かな誤解も十字砲火を浴びてしまう。
また英文wikipediaを信じてもいけません。ググってみれば前後に「大学の教科書」が何十頁も引用してあります。
なお、過塩素酸が非常に良く現われるのは、陰イオンとして使い易いからだと思います。過塩素酸イオンは陰イオンがたった一つ、さらに完全に正四面体構造で、X線構造解析に非常に便利、だが爆発性があるので、化学屋は余り使いたくない。硫酸イオンも正四面体なのですが陰イオンが二つあるため結晶構造がややこしい、ただし爆発性は無い、でも非常に使いづらい。

#1のお答え通り、酸の「強度」はpKaで比較するのが一般的です。おっしゃる通り無限希釈時が望ましい。
ただ、wikipediaは「入門」の意味しか無く、あきれた大嘘が書いてある事が多い。そのため一応の知識を得たら、英文wikipediaを読んでください。それが読めないなら「役立たず」です。なぜ英文wikipediaが良いかと言うと、和文はメタwikiを校閲する人数が少な過ぎ、時には他の専門家が誰も読まない。英文wikipediaの方は専門家の「査読者」が時には数十倍居て、この例などは微かな誤解も十字砲火を浴びてしま...続きを読む


人気Q&Aランキング