ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

すいません。
おしえてください。

u=f(x),y=g(u)がともに微分可能のとき、合成関数
y=g(f(x))=g・f(x)
も微分が可能であって、次式が成り立つのに
dy/dx=dydu ・  du/dx

または
y'=g'(u)・f'(X)

の証明がわかりません。
初心者向けにおしえてください

A 回答 (2件)

#1fushigichanです。

お返事ありがとうございます。

>大学の解き方だとどのようにとくのですか?

ちょっと高校レベルを超えているかな、と思うのですが、
実はこの証明には、欠陥があるのです。

Δy/Δx=(Δy/Δu)*(Δu/Δx)

を考えるからには、当然Δx≠0,Δu≠0が必要です。
ところで、dy/dxとは、Δy/Δxにおいて、Δx→0としたときの極限値として
定義されますから、Δxは、むろん0ではないはずです。
しかし、Δu≠0であるという保証はないのです。

実際、xの値によっては、Δxが十分小さいとき、
f(x+Δx)と、f(x)は等しいこともありうるが、このとき
Δu=f(x+Δx)-f(x)
は、0になります。

そこで、証明を改良します。
Δu=0のとき、Δy=0ですが、y=g(u)は、微分可能であるから、連続です。
したがって、
Δu→0のとき、g(u+Δu)→g(u)
ゆえに、
Δu→0のとき、Δy→0

ここで、uとΔuとの関数を、
Δu=0のとき、k=0
Δu≠0のとき、k=(Δy/Δu)-(dy/du)
と、定義しましょう。

すると、Δuが0かどうかにかかわらず、
Δy=(dy/du)*Δu+kΔu・・・(★)
が成立します。

さて、y=f(x)は微分可能であるから、もちろん連続です。
したがって、Δx→0のとき、Δu→0
Δx→0のとき、limΔu=0
       Δx→0
ですから、k=0

(★)の両辺を、Δx≠0で割ると、
Δy/Δx=(dy/du)*(Δu/Δx)+k(Δu/Δx)
となるので、ここでΔx→0とすれば、

dy/dx=(dy/du)*(du/dx)+0*du/dx
すなわち、
dy/dx=(dy/du)*(du/dx)
となります。

無茶苦茶ややこしいですね。私も高校3年のときに
これを読んで理解できませんでした。
これについては、あまり深く考えないでもいいですよ。
#1の回答だけご理解いただければ、充分だと思います。
頑張ってくださいね!!
    • good
    • 0

pami97さん、こんにちは。



>u=f(x),y=g(u)がともに微分可能のとき、合成関数
y=g(f(x))=g・f(x)
も微分が可能であって、次式が成り立つ
dy/dx=dy/du*du/dx

を証明したいと思います。
u=f(x),y=g(u)は、それぞれ微分可能であるから、
xの増分Δxに対するu,yの増分を、それぞれΔu,Δyとします。
このとき、
Δu=f(x+Δx)-f(x)
Δy=g(u+Δu)-g(u)
と、おけば、
limΔu/Δx=du/dx
Δx→0
limΔy/Δu=dy/du
Δu→0

Δy/Δx=(Δy/Δu)*(Δu/Δx)ですから、
limΔy/Δx=limΔy/Δu*limΔu/Δx
Δx→0  Δu→0   Δx→0
ゆえに、
dy/dx=(dy/du)*(du/dx)

これは、すなわち
y'=g'(u)*f'(x)
であることになります。

高校の数学では、この証明でよいと思います。
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
すごく気になったのですが、大学の解き方だとどのようにとくのですか?
できれば、おしえてください

お礼日時:2003/05/14 21:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング