半年くらい前に7才下の男性と知り合いました。

その時は彼女もいなく私から遊ぼうとメールを入れると食事やドライブにつきあってくれました。会った時は楽しく過ごせたと思います。ラブラブな雰囲気になりかけたことはあったけど、私自身「友達」を意識してしまい、何もないし起こせませんでした。

けど年末頃から、メールや電話をしても返信が少なくなり、今月になり3回(少ない?)電話を入れましたが留守電で返信もありません。

ただ、彼は自分の仕事や趣味を最優先したいらしく、その次に「女」の存在があるそうです。実際に前の彼女の事もかまってなかったそうです。

会えなくなって、好きだという気持ちに気づいてしまい、今では連絡すら取れない状態です。人の気持ちは変わるといいますが、タイミングを逃してしまったでしょうか?もう遅いでしょうか?

A 回答 (4件)

人生に遅いということはないと思います。


また彼への気持ちが本物ならやはりアタックあるのみだと思いますよ。
しかし、彼の性格上、彼女が2の次ということであるならば(自分もそれに納得した上で)少し、距離をおいて付き合っていくのがいいでしょう。また、彼の趣味なども一緒にしたりしたつきあっていくのが理想かな?同時に自分の趣味もだんだんわかってもらえれば尚。良いと思います。

自分の思う気持ちに素直に行動するのが一番だよ
    • good
    • 0

タイミングが悪いという時点で、縁がない気がします。


簡単に縁という言葉は使うべきじゃないといわれるかもしれませんが。

ゆったり構えていいと思います。本当に縁があれば、何年か後に再開して
付き合うことになったりという展開にもなりえます。
長い目でみるのもいいかもしれません。縁なんて死ぬまでわからないし。

冷たい意見と思われるかもしれないけど、最近、縁だな~と感じたことが
周りで多くあったので書いてみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに普段の生活でも、男女を問わず、縁がある人とは、しばらく連絡がなかったとしてもまた会えたりして、ずっとつきあえてるような気がします。彼のことは、恋人にはなれなくても「大切な友達」ではずっといたいと思っているので、そういう縁も大事にして、長い目で接していくのもいいかなと思いました。優しいアドバイスありがとうごさいました。

お礼日時:2001/03/23 13:31

相手方の男性に「好きな人」または「彼女」がいれば話は


違ってくるのでしょうけど、そうでないのであればアプローチした
ほうが良いと思います。

タイミングを逃したのかどうかは、もう一度あって話をしてみると
わかるのではないでしょうか?
その相手から二人で会っているときに何かしらの違和感を感じることが
あるかもしれません。

私の場合、何もアプローチしないまま・・自分の気持ちを伝える機会
もないまま、相手に彼氏ができてしまい。
とても後悔した経験があります。

女性からアプローチはかけにくいかもしれませんが、
がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!焦らずにアプローチしてみます。ただ、連絡がつかないので接する機会をまず作ることから始めます!ガンバ!

お礼日時:2001/03/23 13:37

こんにちは。


まだ遅くないでしょう。彼の仕事の休みの日とかに電話してみましたか?
もうちょっと電話回数多くてもいいと…。
私は彼に電話したい時何度もかけなおした事ありますよ。
携帯がずっと留守電で(いつもと違う!って感じて)不安になり日付変わる頃に
やっとつながって「いや~、携帯忘れて出かけてた~。ゴメン」って。
その時だけですけど。しつこくしちゃったの。
でも1度そのくらいかけてみたらどうですか?
「ぜんぜん連絡とれないから心配になってさ。何回もごめんね」って。
「ちょっと怖いよね~私!でもちゃんと返事してよね~。心配するし」
などとできませんか?
もしかしたら彼に連絡できない理由があるかも。
彼女ができたとか。
なんにしても連絡とりましょう!
電話つながるといいですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も実は電話が得意な方ではなくって、留守電になってたりすると、余計イヤになるんです。でも、電話の時間帯や曜日など変えたりして、もう少しチャレンジしてみます。たとえ彼女が出来てたとしても、それを彼の口から直接聞けば後悔もないだろうし・・・。(ちょっとつらいだろうけど、涙?)うじうじ考えるより行動あるのみ!ですよね。(それが、なかなか出来ないのですが。)勇気が出てきました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/23 14:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ