患者さんが20人もお越しになると待合室が一杯になってしまう
小さい薬局ですが、このたび待合室にティーサーバーをおいたらどうか
と言うことになりました。現在ティーサーバーをお使いの方、またどのようなモノがあるかなど、どんなことでも良いのでご意見ください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私がよく行く病院の薬局(病院とは隣接して建っており、そこで処方箋を


渡して薬をもらうシステム)にはポットに入ったやくぜん茶がおいてあります。
紙コップもいっしょに置いてあり自由に飲めるようになっています。
(とてもおいしいお茶です)
それは普通の押すだけポットで、いつも熱々でたくさん入っています。
たくさんは飲めないので小さい紙コップもうれしいです。
(子供に飲ませる時など少ない方がすぐに冷めるから)
ちなみにそのやくぜん茶もそこで購入できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ティーサーバーと、ばかり
考えていて普通のポットでも代用できることに
まったく気づいていませんでした。とても参考に
なりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/23 00:39

20名も入る待合室であれば、UNIMAT(ユニマット)さんとかに依託してしまうのも


手ではないでしょうか。一度頼んでしまえば、コーヒーサーバー(もちろんお湯も
あるので紅茶、日本茶などもtea bagでOK)の準備から、メンテナンス、内容の
補充などもすべて一括でやってくださいます。コンタクトして料金などを
確認してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、ユニマットさんのホームページを
見ようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/23 00:49

一番大事なのは利用する側が何を求めているかを考える事です。


よく失敗するのが、利用者にとってあまり意味のないものを置いて
逆効果になるパタ-ンです。年齢層によって違いますからね。
ですからまず、利用する患者さんにアンケ-トをとってみたらどうでしょう?
自分たちの独断で決めるよりは患者さんに待っている間をアンケ-トを
とらせた方が分かりますよ。

老人が多ければほうじ茶やお茶などを揃えたり、年齢層に沿った細かい気配りが
大事です。それだけでも評判はグンと上がりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もNayamuotokoさんのおっしゃるとおりだと
思います。これからも患者さんの立場で物事を
考えていきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/23 00:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個室患者と大部屋患者の差

病院の個室と大部屋、
どこの病院でも最低でも一泊2万円以上、高いところでは20万円以上の差がありますよね

そうゆう場合、やはり高いお金を払っている個室患者のほうを
優先して訪室したり、看護の質に差が生じているのでしょうか?
もちろん個室に入る患者さんはそれだけ重症度が高いということも
あるでしょうが、、、
病院実習にいって回復期や疾患も軽い患者さんが
個室を使っているのも見てきたので
現場の看護師、医師、その他医療従事者の意識に個室・大部屋患者の差など、
現状はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

いや、現場サイドとしては部屋の別なんて全然意識しませんね。

だいたい個室=富裕層かというと全然そういうことはない。個室しか空きベッドがないから個室に入るケース、感染症を持っているから大部屋に入れられずに個室に入るケースも多々あります。実際問題、生活保護受けているような人でも個室に入る場合がある。逆に個室希望している人でも大部屋しか空いてなければ大部屋に入ってもらって個室の空きが出るのを待ってもらうことになります。

訪室に関してもまあ、個室の方が周りの患者に会話などを聞かれずに我々医療者側としても世間話などにも応じてあげやすいケースはありますが、別に大部屋の患者に対してそっけなく対応するかといえばそんなことはありません。
私は医師ですが、大部屋の患者にも個室の患者にも一日の訪室の回数は同じです。もちろん、患者の重症度により頻回の訪室が必要な場合などは必ずしも全患者の部屋への訪室回数が同一とはなりませんが、基本的には朝一回、夕一回です。
看護師にしても定期的な検温、血圧測定などのバイタルチェック時と食事の配膳など決められた時以外は患者にナースコールで呼ばれた時に適宜訪室という形です。

そりゃあ部屋によって設備の差はありますよ。大部屋にはベッド以外にはテレビぐらいしかなくてしかもテレビ見るにも有料のテレビカード必要、対して個室はテレビは見放題でトイレも場合によってはバスも部屋の中にある。しかしながらそれはあくまで設備の差であって医療者側の意識とは関係ないですね。まあ、病院の経営者側からすれば個室に入って差額ベッド代出す患者と大部屋の患者の違いは関係あることかもしれませんが、現場の人間には正直どうでもいいことです。

いや、現場サイドとしては部屋の別なんて全然意識しませんね。

だいたい個室=富裕層かというと全然そういうことはない。個室しか空きベッドがないから個室に入るケース、感染症を持っているから大部屋に入れられずに個室に入るケースも多々あります。実際問題、生活保護受けているような人でも個室に入る場合がある。逆に個室希望している人でも大部屋しか空いてなければ大部屋に入ってもらって個室の空きが出るのを待ってもらうことになります。

訪室に関してもまあ、個室の方が周りの患者に会話などを聞...続きを読む

Q入院患者から預かった持ち込み処方薬を他の患者に処方している病棟は不正行為か

先日母が骨折で入院していたときの事です。
母は内科の常用薬があり、看護師さんからは持ってきてくださいと言われたので全て預けました。
入院中にその常用薬を服用させてくださるのだと思っていましたが
一部の薬がジェネリックや違う薬に差し替えられて服用させられたそうです。
その時点では入院中に処方される薬との飲み合わせで変更されているのかなと思っていましたが
母が預けている薬は他の入院患者に対して処方していたようでして
服用させていない薬は持ち帰ると申し出たら、他の人に処方したのでもう無いと言われました。

持ち込みで預けた薬は他の医療機関で処方され薬局で薬代を支払って渡さされたものです。
それを入院中に他の患者に処方してしまうって、やってはいけないことではないでしょうか?
その他の患者には薬を処方したことになる医療点数をつけているようなのです。
こういう病院はしかるべきところに告発すべきでしょうか

Aベストアンサー

あってはならない事です


まず、現場だけでやってる場合がありますので、その上位、経営者や院長に相談をしてください

電話したら、係の物から連絡させていただきますので、と言われるでしょうから
こちらは、法的な訴えをする用意がありますが、それでも院長に電話を繋いでもらえないのですか?
と強く言いましょう。

それで、ダメなら
厚生労働省に相談させていただきます、と

Q薬局の違法行為

医療事務員として働く事10年以上、今の問題ある薬局に勤め始めて5年程経ちます。
皆様のご意見をお伺いしたくてこちらの場をお借りする事にしました。
現在勤めている薬局ですが、1日の処方箋受付枚数は100枚前後です。
薬局事務員での求人面接時に「薬剤師の助手的仕事はある」と言われました。ですが仕事内容は助手の域を完全にオーバーしています。
約束処方と呼ばれる液剤の調剤はもちろん、ヒート剤を出すのは全て事務員です(準備した薬袋に薬剤師の印を押すのも事務員)。
但し最後の監査は薬剤師がします。
この薬局、薬剤師2人(内1名が経営者)なのに事務員が6人います。事務員が薬剤師と同じ「白衣」を着ています(以前勤めていた薬局は助手的な勤務もなく、薬剤師とは区別出来る「色つきの白衣」を着ていました)。
そのせいで今まで投薬過誤が起こった事が「何度も」あります。
来局される患者様は「白衣」を着て働いている事務員を「薬剤師」と思っています。
この勤務状態に疑問をもった私は経営者ではないもう1人の薬剤師に聞いてみた事があります「事務員が薬の準備をするのは違反行為ではないのですか?」と。
すると帰ってきた答えは「薬剤師が監査すれば違法ではない」「どこでもやっている」との答えでした。
監査を薬剤師がすれば違法にはならないのでしょうか?
県の薬剤師会にもメールで質問してみました。ですがやはり答えは返って来ませんでした。
こういう場合もう保健所に「通告」した方が良いのですか?
私自身現職場の退職も考えています。
どなたかご意見など御座いましたらご返答頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

医療事務員として働く事10年以上、今の問題ある薬局に勤め始めて5年程経ちます。
皆様のご意見をお伺いしたくてこちらの場をお借りする事にしました。
現在勤めている薬局ですが、1日の処方箋受付枚数は100枚前後です。
薬局事務員での求人面接時に「薬剤師の助手的仕事はある」と言われました。ですが仕事内容は助手の域を完全にオーバーしています。
約束処方と呼ばれる液剤の調剤はもちろん、ヒート剤を出すのは全て事務員です(準備した薬袋に薬剤師の印を押すのも事務員)。
但し最後の監査は薬剤師がし...続きを読む

Aベストアンサー

質問を読む限り、違法です。
保健所に通告して、あとは保健所の判断に従うのが良いでしょう。
仮に違法でないとすれば、それはそれで良しと。
多くの薬局がやっていることであっても、違法なことって多くあります。

Q薬局からの電話(家族に薬の話をする)

タイトルが分かりづらくて申し訳ありません。

簡潔にまとめる力がないので、状況の流れとして質問させてください。

先日、薬局にどうしても取りに行けない状態が続き処方箋発行から4日目の日に、ファックスを送ってもらえれば今日付けで明日以降渡すことも可能だと言われ、ファックスを送信しました。
ところがその日が金曜で、翌日(土曜)は受診した医療機関が開いていなくて医師の許可が取れないということで、今日は渡せないという連絡がありました。
ところがこの電話は自宅の固定電話にかかってきており、父が応対し、私がもらっている薬の情報やかかった医療機関の名前を私の許可なしに、本人確認もなしに父に話したようです。
薬局として、個人情報を扱うところとしてありえないだろう…と思いつつ、仕方がないと諦めました。
しかし今日また、母から、先発かジェネリックか聞かれたから先発って答えたという連絡があり、さすがに信じられないという気持ちと謝罪してほしい気持ちがあります。
本人の承諾なく、本人が電話に出られないからと言って、家族に薬のことなどを薬剤師や薬局事務の人は話していいのでしょうか?

これは当たり前のことですか?私はどうにも納得いかないのですが、これに関して文句を言うことは間違っていますでしょうか?
お詳しい方や、このような場合の対処をご存知の方、ぜひご回答をよろしくお願いします。

タイトルが分かりづらくて申し訳ありません。

簡潔にまとめる力がないので、状況の流れとして質問させてください。

先日、薬局にどうしても取りに行けない状態が続き処方箋発行から4日目の日に、ファックスを送ってもらえれば今日付けで明日以降渡すことも可能だと言われ、ファックスを送信しました。
ところがその日が金曜で、翌日(土曜)は受診した医療機関が開いていなくて医師の許可が取れないということで、今日は渡せないという連絡がありました。
ところがこの電話は自宅の固定電話にかかってきてお...続きを読む

Aベストアンサー

あなた様のご立腹はもっともですし、おそらくは法的にも薬局の過失は明らかです。
しかし、私ならその薬局を責めません。
なぜなら、そういう柔らかい対応で助かっている部分があるからです。

似た話に荷物や郵便の受け取りが有ります。
郵便でも荷物でも家族あての物って、本人以外でも大抵は受け取れますよね?
(違ってるかもしれませんが)恐らく本当はダメなんだと思うんです。
でも、家族がいるのにみすみす持ち帰られたらイラッとしませんか。
銀行で家族名義の預金を下ろせなくなったのも、
親が娘の預金を下ろしたのを娘が訴えて、
銀行が負けて賠償する羽目になってからですよね。
何でもかんでも杓子定規にやられると、不便なことも増えます。

話を戻すとあなた自身の反省として、
「薬局から電話が有るかもしれないので、かかってきたら私に繋いでね」
と家族に事前に言っておけば、薬局もあれこれ説明しないで良かったかもしれませんね。

Q札幌市豊平区で宅配してくれる調剤薬局を探しています

札幌市豊平区で、処方箋をFAXで送信すれば後で薬を宅配してくれるサービスを行なっている薬局を探しています。

知人は車椅子でしか移動できず、雪が積もる冬には道をはさんで向かいの薬局にさえいくことが困難です。病院内で薬をもらえるように頼んだのですが無理との事で困っています。

上記の様なサービスを行なっている薬局をご存知でしたら、どうぞ回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんばんわ

 1. まずはその知人が掛かられている主治医に相談して見ること(既にしていたらごめんなさい)
 
   (大きな病院でしたらば総合相談室やMSW(ソーシャルワーカー)が居る窓口があります)
 
 当然、主治医は患者さんに薬を飲んで貰わなければ治療の効果が見込めませんので
 探してくれると思います。

 2. あと、開業医の先生等で、主治医の先生がそういう調剤薬局を知らない場合は
   札幌薬剤師会にご相談 問い合わせをされてみては如何でしょうか?

   下記にHPのURLを掲載しておきます。
   (HP内にメールでの問い合わせフォームもありました)

   http://www.satsuyaku.or.jp/search/index.htm

  近くの保険調剤薬局じゃなくても宅配してくれる薬局があるかもしれません。

   ご参考までに

参考URL:http://www.satsuyaku.or.jp/search/index.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報