日本に対して中国から何か具体的な実績になる貢献又は援助は有りましたか?

例え:技術・経済・学術・文化(中国本土と国交始めてからのデーター)を教えて頂きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

東京都庁の石原さんがおっしゃていましたが、


今の衛星のおかげで、中国が何をやっているのか視覚的に
わかるのですが、日本が中国に差し上げた経済支援は
市民のためではなく、そのほとんどが、軍事目的で
使用されているそうです。

いまや中国のロケットはニューヨークまで飛ぶそうです。
そして、中国は日本の大都市圏に向けてロケットを配置してます。日本は経済支援をして、中国を軍事的に強めているのが現状ではないでしょうか?
それで、なぜ日本の外務長が中国に反発しないのかというと、反発すると、中国は日本を取りにいく用意をするから!だそうです。

この関係をふまえると日本と中国の関係の縮図が見えると思います。いったい日本はどんな手段を用いてこの問題に取り組めばいいのでしょうか?

この回答への補足

確かその通りだと思います。だって十数年前から沢山中国側の「特務(スパイ)」又は武器製造の太子党‥が頻繁に日本側の企業に何かしらのルートで、人に打ち明けられない、兵器
の売買交渉を知ってたり関わった人達はいるはずです。 そういった中華系の人達は現在「新華僑」と言う身分で、シンガポールや幾つかの本拠地を持って兵器を製造して、イランやパキスタン、ロシア、北朝鮮‥沢山の国に武器の売買を行っています。
日本にきても身分を隠して、色々スパイをしたり隠蔽工作‥の目的で、頻繁に出入りしたます。
普通の中国人は例え気付いても、言えないです、言ったしまったら家族全員又は親族まで被害が及ぼすので、恐ろしい存在です。
人は見掛けに依らず、日本国は警戒心が全く無いので、本当に悲しい限りです。

補足日時:2001/03/26 12:08
    • good
    • 0

日本の援助は、おもに国内産業向けのものであり、いわゆる日本の景気対策に近いものである。

つまり中国にしても金額の割にあまり貢献されていません。
そういう援助から、もっと一般的に、庶民の暮らしにもとづいた越境汚染対策を進めるべきです。

そういう観点からすると、越境汚染が押さえられるかもしれない。
    • good
    • 0

現代では、「安い労働力の提供」くらいしか貢献してもらってないと思いますが、歴史を通してみれば、ものすごく膨大な貢献・援助をしてもらっていると思います。


漢字・宗教・科学技術どれをとっても、ポルトガル・オランダ交易以前はほとんど中国から入ってきたものです。
経済的には、朝貢貿易(遣隋使・遣唐使など)で、貢ぎ物の何倍もの品物を下賜されていました。
中国なくして、今の日本の存在はありえません。
    • good
    • 0

あくまで、個人的意見ですが、これ以上は、無いとゆうほどの、「他山の石」として、人間として、国家としての、基準を示してくれてるような気がします。


 参考までに、中国についての、記事のアドレスを入れておきます。

参考URL:http://tanakanews.com/china.htm

この回答への補足

その内に日本は利用の無い国に成れば、中国の正体が明けらかになるでしょう。
素敵なWEBサイドを拝見させて頂き、もう一度新たな認識をさせて頂きました。
ありがとうございました。
(本当は個人的なレベルで付合うと中国系は本当に魅力的で、活き活きして新鮮な感じを受けます。)

補足日時:2001/03/26 12:41
    • good
    • 0

例えばユニクロが中国で生産することで安く衣服を販売できるのは、何でもかんでも値段が高い日本で、我々に経済的な援助をしてくれているようなものじゃないのでしょうか?



とりあえず私はそれで助かっています。
    • good
    • 0

私の知る限り、日本が円借款やODAなど、カネと技術を大量に投入したのに対し、中華人民共和国からは、例えば「ジャイアントパンダ」の提供などの文化交流しか行なわれていません。


今後、中国版新幹線が日本グループが落札すれば、多少経済効果があるのでしょうが、意味合いは違うと思います。
昨今の報道でも、徐々に指摘されているところであり、日本外交の在り方とともに考えていかなければならない問題であると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国との国交断絶、台湾との国交復活、具体的には?

中華人民共和国との国交を閉じて、中華民国との国交を再び開く、これを実行するのに、具体的には、どのような手順を踏んで、実際どうしていけば、いいのですか?
事実上、日本の企業も中国内に進出してしまっていますし、日本人も居住してしまっているので、これらの対処も当然ながら含めて、政治的、法律的、……、どうしていけば、まずは何をして、次に何をして、そして何をして、最後に何をして、そしてこうする?
教えてください。

Aベストアンサー

>中華人民共和国との国交を閉じて、中華民国との国交を再び開く、これを実行するのに、具体的には、どのような手順を踏んで、実際どうしていけば、いいのですか?

具体的には、

(1)中華人民共和国政府に対して国交断絶の通告を行う。
 通商などの既締結の国際条約の継続・放棄・失効について宣言も必要

(2)中華民国政府を国家承認する
 承認に関しては、中華人民共和国の位置づけなどの処理が必要。((3)で処理することもあるが)
 

(3)国際法上の承継問題に対して、日本側が中華民国政府及び関係国との協議を行う
 実は(3)が面倒。仮に承継問題を棚上げできるなら、(4)にいけるが承継問題に中華民国が”拘らない”可能性は低い

(4)中華民国政府との国交正常化宣言を行う
 宣言に対して、慣習国際法上の権利認証の通告・宣言が必要


なお、中華人民共和国の取り扱いは承継問題との関係性が強いので、中華民国の承認と「中国の承継」は個別に思慮することになる
仮に、『中国の継承』問題について放置して中華民国を承認すれば、必然的に、中華人民共和国内にある日系資本に関しての日本国政府の有意権限は適法化できないことになる

本件は”承継問題”があるので、過去の事例を踏襲して評論できない上に、断絶した国交の事後回復において慣習法的事例の拘束力については、国際法的に論説することは事例が極端に少ないことから論説できない

>中華人民共和国との国交を閉じて、中華民国との国交を再び開く、これを実行するのに、具体的には、どのような手順を踏んで、実際どうしていけば、いいのですか?

具体的には、

(1)中華人民共和国政府に対して国交断絶の通告を行う。
 通商などの既締結の国際条約の継続・放棄・失効について宣言も必要

(2)中華民国政府を国家承認する
 承認に関しては、中華人民共和国の位置づけなどの処理が必要。((3)で処理することもあるが)
 

(3)国際法上の承継問題に対して、日本側が中華民国政府及び関係国との協...続きを読む

Q日本は中国と国交を回復と同時に、台湾とは国交を断絶した。

日本は中国と国交を回復と同時に、台湾とは国交を断絶した。
しかしお互いの国民は観光やビジネス等で訪れているし、貿易もさかんに行われている。
これはいったいどういう事なのか?

Aベストアンサー

政経分離です。日本が台湾と国交を断絶する時、民間の交流は続ける約束をしていました。

現在、日本企業と台湾企業が合弁で中国市場に進出するケースが多いです。
この状況はこれからも続くと思います。

Qアメリカ/日本と中国が国交回復した経緯について質問です。

アメリカ/日本と中国が国交回復した経緯について質問です。

1971年から1972年にかけてアメリカ合州国/日本と中華人民共和国は
相次いで国交回復を果たします。

当時学校で習った限りでは
「当時のソビエト社会主義共和国連邦との対立に悩んだ中国が
ベトナム戦争の泥沼化に悩んでいたアメリカと利害を超えて国交回復し、日本がそれに追随した。」として経緯は詳しく学びませんでしたが、どうしてもその理由が分かりません。

Wikipediaを見ても詳しく分からないので、
状況を良く分かる方、詳しく教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

この相次いで国交回復した当時、日本は「アメリカは日本の頭越しに中国と国交回復した」とあわてて、それまで親しくしていた台湾を切り捨ててまで中国に行って国交回復しました。
わたしは台湾をいとも簡単に切り捨てた日本のやり方に憤慨していました。当時はそれくらいのことしか知りませんでした。
それから約10年後、国際政治学を専門とするアメリカ在住の長かったある人と親しくなり次のようなことを聞かされました。
ですから客観的ソースが示せるものではありませんので参考までに。

冷戦時代の当時、アメリカにとって中国はたいして重要な国ではありませんでした。ではなぜいきなりアメリカは中国に行ったのか。
アメリカの最大の敵はソヴィエトでした。
しかし当時そのソヴィエトは中国とも国境紛争をしていてソヴィエトと中国も互いに国境を境に軍隊を向き合わせていました。
アメリカはソヴィエトを「牽制」するために「敵の敵」中国に行きました。土産は軍事衛星で撮影した中ソ国境のソヴィエトの軍隊の配列などでした。中国は喜びました。ソヴィエトはアメリカと中国が手を結んだように見えました。気が気ではありません。

アメリカがその後積極的に中国と政治的、経済的に親交を深めていったかというとそうではありません。
あの時のあれっきりで、本当に国交回復といえるような経済的関係が濃くなっていったのはかなりの後でした。

アメリカはソヴィエトを「牽制」するため、たったそれだけのために中国と国交回復をしたのだと聞かされました。聞かされた私も「へ~ぇ!」とかなり驚かされました。

この相次いで国交回復した当時、日本は「アメリカは日本の頭越しに中国と国交回復した」とあわてて、それまで親しくしていた台湾を切り捨ててまで中国に行って国交回復しました。
わたしは台湾をいとも簡単に切り捨てた日本のやり方に憤慨していました。当時はそれくらいのことしか知りませんでした。
それから約10年後、国際政治学を専門とするアメリカ在住の長かったある人と親しくなり次のようなことを聞かされました。
ですから客観的ソースが示せるものではありませんので参考までに。

冷戦時代の当...続きを読む

Q国交を、中国と韓国の、台湾の、変換すれば…?

ここまでくれば、どうでしょう、と思います、考えます。
中華人民共和国(いわゆる中国)と大韓民国(いわゆる韓国)との国交を断絶し、中華民国(いわゆる台湾)との国交を回復する。
これを実行するにおいて、その問題点と課題、そのメリットとデメリット、等々、詳しく教えてください。

Aベストアンサー

>これを実行するにおいて、その問題点と課題、そのメリットとデメリット、等々、詳しく教えてください。

問題点:中華人民共和国や大韓民国の企業を相手に利潤をあげている日本企業の利潤が一時的に減少する。

課題:一時的に減少する利潤を保証し、または将来的にもっと大きな利潤が返ってくる事を保証・説得することが必要。

メリット:中華人民共和国や大韓民国に投下されている資本・技術・人材などが他の諸国に回ることになり、世界人類の福祉向上に資することになる。
また、メディアや映画などで中華人民共和国関連、大韓民国関連に費やされている時間がゼロになり、国民はその時間でドイツやカナダなどの非核先進国に関連する情報、あるいは台湾、タイ王国、インドネシア、フィリピン、ミャンマーなどの親日国に関する情報を得るようになる。

デメリット:特になし。

Q韓国と中国との国交を断絶・破棄、この真の+-と…?

大韓民国(韓国)と中華人民共和国(中国)、この両国と国交断絶、日本国政府がこれを宣言且つ実行したとしたら、そのメリットとデメリットは、これ教えてください。

そして、それが結実した後に、中華民国(台湾)と北朝鮮人民共和国(北朝鮮)との国交を結ぶ、このメリットとデメリット、教えてください。

Aベストアンサー

国交断絶のメリットは無いですよ、無理に取引ををしないで、やあこんにちは程度の間がらになれば良いのでは、中国と、韓国の工場撤退、ODAを止める(そもそも世界第二位の国と世界一の企業と豪語するサムソンがある国が後進国にするODAを受けている事態おかしな話なんですから)、国交断絶となれば各国に残された日本人の安否が問題となります、韓国はほっといても自滅の方向に進んでいるのでほっとけばいいのです、毎回日本が助けてたからいけないだけです。
台湾は国交あるので(1952年に締結した日華平和条約により、中華民国との国交を樹立。)別として、北朝鮮は中国とほぼイコールですからどうかと思いますが?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報