質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

フィギュアスケートが好きで良く見ていますが、「ジャンプはもう限界?」という疑問が生まれてきました。
採点表にはありますが、素人考えでも、4A(4アクセル)は不可能そうです。

現在の男子最高難度が、単独で4T、4S。コンビで3A+3T、4T+3Tと理解しているのですが、以下のうち今後可能なジャンプは、どれなのでしょう?

4Lo(4ループ)
4F(4フリップ)もしくは、4Lz(4ルッツ)
5S(5サルコウ)もしくは、5T(5トウループ)

わたしは、全部「人間には不可能なんじゃないか」という気がしています。もちろん、できてほしいし、見てみたいのですが・・・
皆さんはどうお考えですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

4ループについては、浅田真央選手が一時期、練習していました。


(練習段階では成功していたという話もあります)

4ルッツについては、アメリカのマイケル・ワイスという男子選手が、2004年頃にフリープログラムに入れています。
練習では成功させています。

4アクセルについては、日本の本田武史選手が練習していました。
本人は「跳べる感触はある」と言ってましたが、そのために故障して、現役を引退していきました。

現在の採点システムでは回転不足などを厳しく見られるので、今後、難しいジャンプには挑戦していく選手はいなくなると思います。
ただ、人間の可能性としては、4アクセルは可能だそうです。
人間の体重とスケートのスピード、そして人間の筋力などを計算して、物理学的に可能だということです。

それに重要なことですが、スケートは機材スポーツです。
ジャンプの回転数が20年ごとくらいに増えていくのは、人間の運動能力の進化というよりも、スケート靴の進化に寄るところが大きいのです。
ですから今後、もっと靴が改良されていけば、5回転という時代も来るかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>4ルッツについては、アメリカのマイケル・ワイスという男子選手が、2004年頃にフリープログラムに入れています。
練習では成功させています。

知りませんでした。すごいですね。4ルッツは無理だろうと思ってましたが、やった人がいるとは! まさに驚きです。

物理的に4アクセルが可能なのも驚きです。ぜひ見てみたいものですね。

いろいろ為になるお話をありがとうございました。

お礼日時:2009/11/29 13:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング