【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

前回のなぜホンダが緊急通報にとりくまないのかという質問でいい意見をいただきました。携帯を車に積んでJAFに入会していたらそれでいいじゃないかというお答えです。つまり、事件や、病気に再々あっているわけでもない危険意識が薄いみなさん(悪く言うわけではありません、そういう方の方が絶対多いと思います 汗)にとってはそのレベルでも現状満足なのかもしれません。また、みなさんがそう言い切れるだけヘルプネットは発達していないのだと思います。ホンダさんにサービスの見直しをしてほしいとは思いますが、それ以前にヘルプネットはあまりにもみなさんに浸透していない上、未熟で役割不足だと思います。
携帯による通話通報との差別化を計るためにワンボタン、通話なしで通報できたらいいと思うのですが、現実的にそういうシステムは無理なのでしょうか?
やはり、被害者、病人の具体的な怪我、容態がわからないので、そもそも、救急車、パトカー、消防車どれを向かわせていいかも、どれくらいの人数、準備で向かわせていいかわからないので、センターが対応に困るなどの問題点が浮上しますか?

もし、そうならこの問題点の解決策はありますか?

ワンボタン、通話なし なら
例えば、言語、聴覚障害者の方でも通報できますし、外国の方でまだ日本語が上手く話せない方、
それから、
病気の状態によって話せない方、
通話で通報したら外にいる犯人が逆上して、凶行におよびかねないから不安、また、極度の緊張状態で話せる状態ではない  

などいろいろな状況への対応策になると思うのですが?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 前回の質問、みなさまのご意見を参考にさせていただきました。

embraceさんのおっしゃる通り危機意識が薄い人、自分は関係無いと思っている人が多いと感じました。
 ロードサービスに加入していて、そして必ずすぐ来てくれることが前提ですよね?ちなみにJAFは出動が重なるとすぐには来てくれませんよ。知人が大雪の日に車が埋まって動けなくりJAFに出動を依頼しましたが、「いついけるかわかりません」とのこと。知人は「何のために会費払ってるんだ?」と不満をもらしていました。それにJAFは作業内容にも制約があります。
 また携帯電話があれば大丈夫っていうのは携帯電話を所有していてなおかつ必ず通話できる電波状態である事が前提のですよね?みなさんは裕福かもしれませんが、いろいろな事情で携帯電話を持っていない人もいますよ。
 また携帯電話もみなさんみたいに都会にお住まいなら問題ないかもしれませんが、私の住んでいる地域では通話圏内でも電波状態の悪い場所もありますし、山間部の道路(国道でですよ!)では圏外の場所もあります。それに緊急通報が必要なことが起きた場合にそれが旅先や見知らぬ土地、周りに何も無い場合だってあります。そうゆう時はどうするのでしょうか?例え携帯が使えたとしてもパニック状態だったりしたら正確に自分のいる場所を把握し通報できるものなんでしょうか?多分、大多数の人ができないと思いますよ。
 最近では高齢者マークを付けた車も見かけます。日本は高齢化社会ですし緊急事態が発生する可能性が高いお年よりも年齢によってはまだまだ運転もするでしょう。それに免許取得の条件が緩和された障害者の方々、そして外国人の方も運転する機会は多くなって来ていますよ。そういった方々のためにもこうゆうシステムの普及は必要だと思います。試行錯誤を重ねながらより良いシステムが出来ればいいと思います。

 私の考えではワンボタンで通報しセンターから通報があった車に問いかけ会話により状況把握し関係各所に連絡で緊急出動。現在地などはGPS等で把握が良いかと・・山間部などでも使えるものがほかにもあればもGPS以外でもいいかと思います。
また会話の以外に緊急事態ではナビの画面をタッチパネル方式にして画面の案内で簡単に状況をセンターに伝える方法も用意したらいいと思います。
 また通報が無くとも車の状態をセンサーによって感知し自動通報するシステムとかなどもあってもいいかなと思います。(どこかのメーカーにはもうあるんですよね?)
もし会話、ナビ方式や自動通報などで状況が把握できない場合は警察も消防も救急も出動させるとか・・税金の無駄かもしれませんが、こうゆう緊急出動は無駄で終わる事が一番良いと思います。

 企業によっては利益にならないものには投資はしたくないということもあるでしょう。社会的責任といことをあんまり意識していないのかなと思うことも確かにありますね。自動車アセスメント結果もあまりいいとは思えない。ただ衝突の時の想定や実験方法が違うから結果が悪くても関係ないらしいですが・・自動車アセスメントではどのメーカーも売れ筋グレードで実験しているのですからユーザーにもわかりやすく安全性を証明するのにはいい機会だと思うのですが・・どの車種も社内の規定では非常な安全な設計らしいです。

地域によっては車が無いと生活が不便な地域もあります。緊急事態が発生しても通報から、緊急車両が到着まで数十分という場所もたくさんありますし、それに自分や身内、友人などに万が一の事が起こった場合に少しでも助かる可能性が高くなるのであればこうゆうシステムが早く整備、確立し広く一般に広がればいいなと思います。特に深夜や人通りが少ない場所での単独事故などに効果があればいいなと思います。
 こうゆうシステムがもっと早く整備されていたらなぁと思ったのでいろいろと関係ない話まで長々とすいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。私の意見にこれほど共感していただける方がいるだけでも、凄く嬉しいです。
そうですよね、どれほどの方が見知らぬ土地に出掛けたり、周りに何も無い場所で正確に自分の現在位置を伝えることが出来るのでしょうかね~。正確に現在位置を伝えることは、私は限りなく可能性は低いと思います。おっしゃる通りだと思うんです。
JAFの対応、それから、携帯電話の機能にだって限界があるはずですよね。私もその意見にはものすごく賛成です。
それと通話ができない状態の場合の、(程度の低い故障など、本人が完全に通話できる場合は通話でいいと思います)タッチパネル式、もしくは極端にいえば、警察、消防、救急等総動員させる方法が有効かと思います。私の意見に賛同していただいた上に通話なしの場合の対策を考えてくれて、有難うございます。
今のところ通話なし に有効なのは
(1)誤報を防ぐためにあらかじめ個人情報も同時に送信される仕組みにしておく
(2)GPSによる現在地の通報
(3)タッチパネルで選択肢を選択していってあらかじめ自分の状態をしぼりこんで伝えられる仕組み
例えば、女性が1人で運転される場合、ワイセツ目的の被害  が心配な方はあらかじめ、その状態を通報できるように短縮でお気に入りに入れておくなんていう方法もいいと思います。ある人物はからストーカー被害にあっているようなので前もって 短縮
お気に入り なんていうのもいいと思います。
因縁をつけられて襲われる被害から逃げ切れたものの、報復、もしくは、ターゲットにされての追加被害が心配という方は それを短縮お気に入り みたいな感じで。
(4)通話なしの場合にどのような体制を現場に向かわせるのか、急行体制マニュアルをつくる。
 
かなぁ という気がします。
私も人通りが少ない場所での単独事故、事件に大きな効果を産むものであってほしいです。
あぁ、こういう話をしていると徳島県で起こった自衛官の事件(事故?)を思い出します・・・

お礼日時:2003/05/16 09:42

緊急ボタンを押したらライトがついてオペレーターが車内の様子を確認できるようにすればどうでしょう


強盗のときには防犯ベルみたいな警戒音を鳴らすとか
病気なら119にかけてくれるとか
あと車の利点を生かして緊急の救急病院の位置をナビゲートしてくれると便利かも
でもこれは携帯の電波網の下で年会費もうん十万円の世界でしょうね、僕なら使わないです
他の車の価格にも関係してそうなのでそのメーカーの車は避けるかも
    • good
    • 0
この回答へのお礼

強盗のときの防犯ベル結構いいですね~。
年会費が高いというデメリットがなければいいんですけどね~

お礼日時:2003/06/09 09:40

>社会の責任ですよ。



いえいえ 加害者の責任でしょう

どうもハナシが飛躍しすぎていませんか?

>健常者とドライブに出掛けてなんらかの影響で健常者が通報できない場合に聴覚障害者の方は通報できないと?同乗する権利さえ与えられていないのですね~。初めて知りました。

に関しても別に聴覚障害に方を差別してはいませんよ
免許の制度として確かそうであったな と書いただけの事です あなたが推進するシステムを非難するつもりは毛頭ありません しかし不要とする方も多く居る事は事実でしょう あなた自身の回答の中でオプションと言う言葉があるのですから それはそれでいいと思います
しかしそれを車会社の「責任」というのにはどうかと
またあなたの考えに賛同しないものを差別者であるように捕らえるのはどうかなと思いますよ

昔火災報知機が街中にあったのですが
電話の普及とともに姿を消しました
あなたがおっしゃるワンボタンでの効用は
携帯にでも対応出来るものですし位置情報もこれにより
捕らえる事は出来るでしょう
それを標準化しない通信会社は遅れているのでしょうか?

この回答への補足

お礼のつづきです
(3)また、事なかれ主義の方が多い中で、事故ではなく事件にばったり遭遇したとします。つまり目撃者になったとします。身ひとつをさらしている環境ではその犯人が通報をしている方に矛先を変えるかもしれないという不安がある中、車内のタッチパネルからなら通報してもいいかなと勇気を出せる方がいるかもしれないじゃないですか~?
犯罪を起こした場合に通報されるかもしれないという恐怖心が犯罪を犯そうとするものにはたらけばいいのです。警察官立ち寄り所というステッカーが犯罪を犯したものよりも、犯そうとするものに効果があるように・・・間違っていたら指摘してください。
少なくとも私が襲われた現場はそういう現場でした。

補足日時:2003/05/16 12:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私はあなたの反論に感謝していますよ、こういうやりとりの中で問題点に気づくことが出来るのですから。だから私にはあなたの質問を論破することが私の責任という気はします。ところで、携帯電話機メーカーのお話ですが、自動車会社よりもそっちが先に動くべきなのかもしれません。が、自動車会社だからの利点もあると思います。例えば、
(1)携帯電話の電波が圏外の場合や通話が向こうに聞き取りにくい などのケースはどうでしょうか? 
(2)その他の警備サービスと組み合わせることによって車内はより安全な空間になるでしょう。携帯電話1つで身をさらしているよりは車内は安全な空間だと思います。つまり、世の中に安全な空間を増やしてほしいのです。この意見についてはどうでしょうか?
例えば客待ちをしているタクシーに(ナビ付のタクシーというのはありますが、予算の都合上、ここまでのシステムの搭載は実現しないかもしれませんが 汗)こういうシステムが備わっていればタクシードライバーさんの目は犯罪を犯そうとするものへの抑止の目となり、また、被害にあった女性や小学生が駆け込む、即席の避難所になると思うのですが?甘いでしょうかね~。世の中に抑止の目が増えれば(それがまずタクシー会社だと思います)、犯罪が起こる前に犯罪者が産まれるきっかけを抑制していく事につながると思うのです。特に、軽犯罪なんかどうですか?
例えば痴漢とか恐喝、警察のやっかいになる前に、
逃げ切れると思うからやってしまうのではないですか?罪の意識が少ないから。だから弱いものをターゲットにすると思うんです。でもターゲットになったものにとってはそういう犯罪にあわない人の予想を超えた恐怖を経験しているとは思うんです。監視の目が犯罪を抑制する時代になればいいと思います。
タクシーのドライバーさんに、ただのカップルの喧嘩を通報されててもたまったもんじゃないので、そこはタクシー会社と警察機関が綿密な話し合いを重ねてマニュアルを作成すればいいと思います。
まあ、そういうのをタクシーのドライバーが取り違えることよりも、監視の目によって犯罪が減ることの方がよほど大事なことのようには思いますがね・・・

お礼日時:2003/05/16 12:14

面白いご意見なので


お付き合いさせて頂きます
屁理屈ではないですがワタシの疑問(?)

(1)聴覚障害の方は確か免許が取れなかったような・・・
(2)携帯にTEL出来ないほどの重病を抱えている方は
 本来運転を控えるべきでは?

 と ふと思ったのですが
 いかがなご回答をいただけるのでしょうか?
 というのも世の中「他人への責任転嫁」が多すぎると
 ワタシは思っています 何かが起これば管理責任がどうだとか社会背景がどうの自己の責任は何処へ行ったんだ?とも思えるのです・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1 確か、1度免許センターの方で適正検査を受けてから、その結果を持って自動車学校に入校することはできると思うのですが? それ以前に同乗さえしてはいけないのですか? 聴覚障害者の方の名前を上げて差別でもするおつもりですか? 健常者とドライブに出掛けてなんらかの影響で健常者が通報できない場合に聴覚障害者の方は通報できないと?同乗する権利さえ与えられていないのですね~。初めて知りました。
有難うございます。また、知識が増えましたよ。
2 名前に急性とつく病気の発生をあなたは全て予測しえるのですね? それとも経験者ですか? 
通報はできるけれど、苦しくて通話できない、また、そういう精神状態に陥るパターンだってあると思うのですよ。それはどうでもいいのですか?

他人への責任転嫁ですか~。あなたは犯罪に会われたことがありますか~。男性がささいなことで因縁をつけられて、詰め寄られて、抵抗して逃げたら、それはそれで後日の報復につながった。女性がワイセツ目的で襲われて必死の抵抗をして逃げたら後日からその加害者のターゲットになって報復された なんてケースは多々あるはずですよ。その場合は抵抗したのがきっかけだから。それも自己責任ですか?
ちなみに緊急通報について もう一言
小学生が指をきられたのは、火達磨になったのは、成人男性がコンビニで後ろから刺されたのは自己責任ですか? 社会の責任ですよ。
例えば、通報の時に警察に伝えなければいけない何項目かを、何割の人が知っていると思いますか?
現在位置の報告の仕方にあるコツがありますが、何割
の方が知っていますか?各都道府県の警察のメールアドレスを何割の方が知っていますか?
それは小、中学生にも浸透していますか?
避難訓練や、初期消化訓練を、自治体レベルや、各学校レベルで行うのも結構ですが、日本はあまりに通報への知識に欠けると思う。
学校に不審者が侵入した場合に備えるようになったのもあの事件が起きたあとようやくではないですか。
基本教育にもっともっと取り入れるべきだろうと思う。

屁理屈いうひまがあったら、被害者達の気持ちを考えたらどうですか?
私が回答して1 2 に明確な返答が出せるなら
話は別ですがね

お礼日時:2003/05/16 09:19

危険意識の薄いものです(失礼)


勉強不足もあったので、ヘルプネットのHPで内容を再確認させてもらいました。
発達していないというよりもメーカーのアナウンス不足というのもあるのではないでしょうか?一時期トヨタはTV-CMをやってましたが、最近見たことがありません。携帯各社ではTV-CMをみた記憶すらありません。

言葉が不適当かもしれませんが、保険を買うような物ですし、自分自身の体に不安がある等の自覚がなければ自ら進んで取り入れる人は少ないと思いますし、存在を知らない人も多いでしょう。

>ワンボタン、通話なし

このシーンを自分なりに考えてみました。
ヘルプネットの利用形態として一番多いと考えるのは不測の事故、運転者、同乗者の容態急変しかも地理がよく分らない。通報したけど、通話なし、であるならばオペレータはまず救急車を呼ぶべきではないでしょうか?強いてあげればレスキュー隊もでしょうか?まずは怪我人、病人の搬送が優先されるべきですから。オペレータマニュアルがどのようになっているかという事だと思います。しかし、おくるべき適切な人数、こればっかりは道路上に監視カメラでも設置されていない限り不可能ではないでしょうか。

>通話で通報したら外にいる犯人が逆上して、凶行におよびかねないから不安

仰りたいことは理解できなくはないのですが、ヘルプネットは想定外と考えているのではないでしょうか?
なかなか、完璧なシステムを作るのは難しいですね。

日本緊急通報サービスへの出資、どうやらホンダもしているようですね。しかしながら、国内の自動車主要メーカー、輸入車ではダイムラークライスラーも出資しております。出資者に名を連ねているのであれば導入すべき道義的責任はあるかと思います。そういった意味でホンダだけを引き合いにだすのは賛同しかねます。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。申し訳ありません。シェアの高さから大手メーカーの責任を考えていましたが、もちろん、どのメーカーもできる限りの尽力をすることが治安向上への第1歩ですよね。協力が大事ですね。ホンダさんだけの責任ではないです。
それからあなたがおっしゃるように、トヨタにも大きな責任逃れを感じます。せっかくサービスを導入しておいてほとんど最近ではCMをやっていないんですよね~。ニューエスティマとウィッシュとプリクラッシュのCMは結構見ますけどね~笑 せっかくここまでの通報サービスをつくったのであれば、治安向上のために通報サービスを一般ユーザーの常識になるくらい浸透させるべきですよね。これはこれから被害者となる人物に効果があるだけではなく、これから加害者となる人物を食い止める結果になるでしょう。トヨタさんほど経済力があり余ったメーカーなら、王者の貫禄で次は世の中のために動いた会社として有名になっていただきたいです。
それから過去に確認をとったので大丈夫だと思いますが、へるぷねっとは、犯罪被害は想定外ではないはずです。トヨタのへるぷねっと広報担当の方にさんざん昔確認をとりましたから。
それと、あなたの意見は大変参考になります。通話なしの形態なら、救急車とレスキュー隊が駆けつけるのが一般的なのかもしれませんね。それにしても、オペレータマニュアルを何度も検討し直せば、何とかなるかもしれませんね~。

お礼日時:2003/05/15 21:03

間違えて押してしまったり、いたずらで押した場合はどうなりますかね?その都度サービス側もおつきあいすることはできないような。


一般家庭の救急電話もいたずらなのかホントに電話をかけるのがやっとだったのかなど、本人確認などいろいろと苦慮があるようですが・・・。

直接関係ないですが、自分の安全は自分で守るのがいいとおもいます。
なんでもかんでも車に頼りすぎのというのもアフォかと?
車に乗っている時間はせいぜい1日数時間、車から下りているときに不慮の事故や事件に巻き込まれたり体調を崩すこともあるでしょうから。

まあ将来的な話で行くと、自動車の位置、車の破損状態、
停車or走行中か、エンジンがかかっているかどうか?運転手は意識があって自分の意志で運転しているかくらいの情報も一緒にボタン一つで送れるようにはなると思いますね。

車の緊急ボタンを押す。運転者の携帯にコールバックされる。本人に状況を確認して発動。
もし運転者が電話にでなかった場合、車が壊れてなければ警告音が鳴るそこでもう一度押すなど・・・やってやれないことはないかと思いますが・・・。

まーホントにそこまで必要かわかりませんね。
過剰なサービスも車の値段が高くなるだけでしょうし、使用料もかかるでしようし・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分の危険を自分で守りきれる人は通報なんかしなくてもいいですよ。ただ、例えば、恐喝にあって、抵抗してうまく逃げて後日、その報復をくらった なんていうケースはあるのですよ。プロがもっと頑張るべきだと思いますよ。そして、車から降りている状態でこの場合、携帯電話機が有効だと思います。同様のサービスとして、auがヘルプネットを採用していますね。
しかし、おっしゃる通り、誤報というのが1番の問題のような気はします。問題提起をしてくださって、ありがたいですが、なかなかその解決方法も難しいですよね~。
私は必ず必要だと考えます。実際にそういうシーンはよく見かけますし、自分もあいますから。
とりあえず、問題提起をしてくださって有難うございます。
あなたがおっしゃる通り、自動車の位置、車の破損状態、停車か走行中か、エンジンがかかっているかどうか、これがセンターに伝わるだけでも、被害者の状態がある程度絞り込めるので理想だと思います。
登録者の個人情報と、あなたがおっしゃ。ような基本情報が1度に送信されるような時代になればいいと思います。今のヘルプネットは全く頼りないです。
値段の問題ですが、標準というよりはオプションで好きな人だけが付けるようなシステムになればいいと思います・・・

お礼日時:2003/05/15 20:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング