ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

空売りした企業が倒産したらどうなるのでしょうか?
空売りはいずれ買い戻すのですから倒産すれば買い戻すことができないのではないでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

順を追って説明いたします。



【企業情報】
週刊経済誌でA企業が危ないという情報が書かれます。
株価は50円付近でもみ合っています。
するとまず、大量の株を持っている銀行、企業が持ち株を売ってきます。
セミプロ、機関投資家が空売りを仕掛けます。
株価は急落ですね。20円です。

【倒産】
A企業は否定しますが、更に売られます。
A企業は銀行は貸しませんので、本当に資金難に陥り、
不渡り手形を出します。
倒産ですね。

【整理ポスト】
東証は整理ポストにA企業を移します。
やっと、2円,3円で商いが成立します。
大量の株を持っている会社は2円、3円でもいいから売ります。手数料を引いたらあまり残りませんが売ります。
再建が成功すれば上がるという人は2円で10万株を20万円で買います。

【カラ売りの手仕舞い】
50円付近でカラ売りした人は、2円,3円で買戻しが出来ます。
50円で1万株カラ売りした人は、2円で買戻しをしますと、約45万円手に入ることになります。

【インサイダー情報】
A企業が危ないという情報が、A企業に勤めている人から流れ、それを知った人が株を処分したり、
カラ売りをしたりするとインサイダー取引で処罰されます。
しかし、多くの場合は巧妙な手口で処分しますので、
表面には出ません。

【東洋建設の例】
昨年の大型連休の前、東洋建設が連休中に倒産するかもしれないというニュースが流れました。
50円付近でもみ合いでしたが、一気に30円ほどに売りこまれました。
多くの投資家はカラ売りを仕掛けました。
倒産だと皆、判断しました。
しかし、連休中の倒産はなく、デマだとわかりました。
株価は50円付近まで戻しましたので、
30円付近でカラ売りした人は結局、
50円付近で買い戻しをしなければならず、損失でした。

参考になさってください。

参考URL:http://nk-money.topica.ne.jp/yougo/kabu_sa.html, …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。
ありがとうございます。よくわかりました

お礼日時:2003/05/16 07:22

証券取引所では整理ポスト,店頭では管理ポストで,


再生法や更正法の申請から半年間,売買可能です.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、参考になりました

お礼日時:2003/05/16 07:23

上場企業が倒産、即上場廃止では有りませんよ。


倒産日こそ、取引停止になりますが、翌取引き営業日より、整理ポストでしばらくの間、取引されます。普通、この間に精算取引をする様ですよ。
空売りした企業が倒産、そんなうまい話、インサイダー取引疑われますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございます

お礼日時:2003/05/16 07:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空売りをした株の会社が倒産した場合、お金はどうなるのですか?

信用取引をし、もらった株を空売りした場合、株価が下がるだけなら分かりやすいのですが、その会社が予想以上に景気が悪くなって倒産してしまった場合、お金の計算はどのようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

 もらった株、というのが良く判らないのですが‥‥。

 通常の信用売りのことでしたら、会社が倒産した場合整理銘柄に移管され、確か3か月で上場が廃止されます。
 それまでは通常に取引は行なわれ、普通1~3円位(もちろんこれより騰がることもあり)で取引されています。
 ですからこの間に返済買い注文を入れれば、売った時の建値との差額分が儲け、ということになります。
 但し、ネット証券ではおそらくどこでも整理銘柄になるとネット上での売買は出来なくなりますので電話での取引になると思います。
 ちなみに松井の取引ルール・規定を見ても上場廃止の場合について書いていないので不明確ながら、おそらく上場廃止時点直前には最終決済が強制的に行われるものと思われます。

Qカラ売りした銘柄が倒産した場合

最近は結構大きな企業でも、倒産する場合がありますが
こんな時、現物を買っていた場合は、1円か2円かの紙屑になりますよね。
逆にカラ売りをしていた場合はどうなるのでしょうか。
単純に1円か2円で返済買いできるのでしょうか。

経験がないので、まったく想像できないのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.tse.or.jp/cash/stock/stlisting_b.html
東証上場廃止基準:銀行取引の停止、破産・再生手続・更生手続又は整理、営業活動の停止、不適当な合併等、上場契約違反、株式の譲渡制限、その他

上記理由で上場廃止となった場合には整理ポストというものに入ります(以下一覧)。ちなみに民事再生、会社更正、任意整理の申請を行った段階で整理ポストに入っています。
http://www.tse.or.jp/jokan/kanri/kanri.html

信用売りは必ず買戻さなければなりませんので、整理ポストに入っているうちに実行しなければなりません。(回答は当然できるというものです)

Q空売りしていた会社が倒産した場合について

空売りした場合、損益を確定するのに"返済買い"や"現渡し"がありますが
もし空売りしていた会社が倒産したとします。
その場合、信用規制が入って空売りも空買いもできなくなると思います。
質問ですが、倒産前に空売りしていた銘柄が倒産発表して信用規制が入ると
その日に強制的に"返済買い"や"現渡し"が行われるのでしょうか?
そのような強制決済がされないのであれば、例えばその株価が1円にまで
下落したら、そこで返済買いできるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>空売りしていた会社が倒産したとします。
>その場合、信用規制が入って空売りも空買いもできなくなると思います。

一面正しいですが、禁止になるのは新規建てだけで、既存の建て玉は決済できます。買い建て玉の売り決済は難しいでしょう。空売りの方は、買戻しする必要があります。期限は上場廃止の前営業日までです。

Q倒産の時の民事再生法、会社更生法の100%減資について

現在株について勉強している大学生です。よろしくお願いします。

民事再生法や会社更生法が施行された会社の株は紙くず同然になることはわかってきました。

そのときに100%近い減資が行われるというのを聞きましたが、その資金は借金返済に使われていくということでよろしいのでしょうか?

また、やはり既存の株主は無視ということでよろしいのでしょうか?

私は最近勉強したため、上場企業の倒産についてあまり知識がありません。もし、民事再生法や会社更生法が施行された場合株価はどのようになっていくのかも知りたいです。

皆様よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

会社が倒産した場合、債権者(仕入先への支払や従業員給与、滞納税等)への弁済が優先され、
株主はその残りが財産として分配されます。
ただ、民亊再生や会社更生などを申請する会社の場合、その多くが事実上巨額の債務超過に陥っており、債権者への
配当や弁済もままならず、債権者に大きな負担(債権90%カット、10年弁済など)を強いるのが現実です。
このような場合、優先順位の問題から100%減資して既存の株主の財産権を没収し、スポンサー企業等に
新たに増資してもらい企業再生を図ることになります。上場は廃止されます。
なお、取引所の整理ポストなどで、ヒトケタ円の値がついて売買がされることがありますが、これは減資などが
決定していない時点であり、100%減資以外の再生方法を市場が期待しているからであり、もし100%減資
が決まっているならば、その株式は無価値ですので、市場での買い手は存在しないことになります。

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む

Q株式の当日売買の落とし穴

最近、株式投資を始めたのですが、質問です。

先週、東洋建設を前場寄りで116円で4000株売り
ました。113円で数日前に買ったので、1万ほど
利益が出たのですが、後場にかけてあげたので、
120円で2000株だけ買ったのです。
終値126円にまでなったので、何もしなければ、
5万円の含み益が出ていたのにと、後悔していた
のですが、翌日、自分のポートフォリオを見ると、
2000株で買った東洋建設の買値が115円になって
いました。

そのときは、なんで?ぐらいでラッキーとか
思っていたのですが、昨日、取引報告書が
届いて、利益を調べると、116円で売った
事で出たはずの利益がありません。

その時、はじめて知ったのですが、
これは、当日に同一銘柄を売って
買い戻した場合、その日の利益分を
買戻し単価から、差し引きされるという
結果になるのでしょうか?

当日売買した晩、日本人拘束の速報が
入り、翌日の東洋建設の株価は
126→117円になりました。

結果的には119円で全部売ったので、
利益は手数料を引いて、6500円でした…

こういうしくみを知っていたら、
当日売り→買いしなかったのに…

逆のパターンもあって、
高値で売った株を安値で買い戻して、
「よっしゃ~」なんて喜んだのも
束の間、翌日、安く買ったはずの
銘柄の買値が上がっていました。

なんで、こんないやらしい仕組みなんですかw

ちょっと愚痴っぽくなりましたが、
誰か、無知な私を慰めてください。
ちなみに、取引口座はイートレです。
これは、どこの会社も同じなのですか?

最近、株式投資を始めたのですが、質問です。

先週、東洋建設を前場寄りで116円で4000株売り
ました。113円で数日前に買ったので、1万ほど
利益が出たのですが、後場にかけてあげたので、
120円で2000株だけ買ったのです。
終値126円にまでなったので、何もしなければ、
5万円の含み益が出ていたのにと、後悔していた
のですが、翌日、自分のポートフォリオを見ると、
2000株で買った東洋建設の買値が115円になって
いました。

そのときは、なんで?ぐらいでラッキーとか
思っていたのですが、昨日...続きを読む

Aベストアンサー

売却株の取得原価は税法で総平均法で求める事になっています。

質問の内容は分り難いので整理しますと(本来税込の手数料を
含みますが省略します。
1.4/?? 4000株を113円で購入==>452K
2.4/9  4000株を116円で売却==>464K(利益12K)
3.4/9  2000株を120円で購入==>240K
こういうことですね?

本来なら売買の順番で計算して行くのが普通だと思いますが
お使いの証券会社は同日の売買を買い売りの順番に並び換えて
計算した結果で計算書を作成したから起きている事象だと思います。

即ち、2と3が入れ替り2の売りの取得原価を求める際に次の
計算をしています。

取得価格=(4000×113+2000×120)÷6000×4000)
    =461333
利益=4000×116-461333
  =2667
残りの2000株の単価は
  =((4000×113+2000×120)-461333)÷2000
  =115円
この計算で計算書の数字を整合性が取れると思いますが
如何でしょう?
因みに、信用で行った場合、売りと買いを紐付にして売買しますので
総平均法は無縁の話になります。

売却株の取得原価は税法で総平均法で求める事になっています。

質問の内容は分り難いので整理しますと(本来税込の手数料を
含みますが省略します。
1.4/?? 4000株を113円で購入==>452K
2.4/9  4000株を116円で売却==>464K(利益12K)
3.4/9  2000株を120円で購入==>240K
こういうことですね?

本来なら売買の順番で計算して行くのが普通だと思いますが
お使いの証券会社は同日の売買を買い売りの順番に並び換えて
計算した結果で計算書を作成したから起きている事象だと思います。

即ち、2と...続きを読む

Q貸し株注意喚起銘柄に指定されると・・・

素人の質問で恐縮です。仕手筋が逃げて売り込まれた銘柄を信用買いしましたが、買った日に「貸し株注意喚起銘柄」に指定されました。
週明けの動きが気になって仕方がありません。

「貸し株注意喚起銘柄」に指定されると、その銘柄は、
(1)その後どのような動きをするのが一般的でしょうか?(買い方、売り方どっちに有利?それとも関係無しでしょうか?)
(2)その理由は?

諸先輩の、ご教示をお願いします。

Aベストアンサー

6378は投資対象としては株価が割高にありますよね。業績は徐々に回復して復配もするようですが(掲示板信用したらあぶないかも?)いつも不安があるような感じです。

「貸し株注意喚起銘柄」に指定されたのは一日の出来高が通常に比べ異常だったからだと思います。
しかも篠原氏が360万株を信用で所有しているようで現引きした場合すぐにも逆日歩になると考えたのでしょう。
今後株価が上下に大きく動く可能性があり一般投資家に損害を与える恐れがあると判断されたのだと思います。

取り組みで動いている株ですから急落も予想の範囲内で週足で見る限り不思議ではありません。
普通なら600~630程度は返すとおもいますが?

今回の急伸は篠原氏の大量報告書が原因でしょう、思惑買いが入ったと思います。しかも300万株の大部分現物買いですね。信用売りも12万株くらい増えています。

篠原氏の買いが3/7~6/13なら(信用できませんが)あなたの買値がまだ安いことになります。

篠原氏の現引きと逆日歩にかけてみる価値はありますかね????

>週明けの動きが気になって仕方がありません。
仕手株で勝負と決めて買われたのでしょうけど心配でしたら株数を落とされたらいかがですか。

このての株は十分すぎるくらい調査してなお「買わない」くらいの用心が必要と思います。
短期で急落の可能性は低いと思いますから株数の調整か手元に現金ですね。

頑張って下さいね。 あくまで自己責任でお願いします。

6378は投資対象としては株価が割高にありますよね。業績は徐々に回復して復配もするようですが(掲示板信用したらあぶないかも?)いつも不安があるような感じです。

「貸し株注意喚起銘柄」に指定されたのは一日の出来高が通常に比べ異常だったからだと思います。
しかも篠原氏が360万株を信用で所有しているようで現引きした場合すぐにも逆日歩になると考えたのでしょう。
今後株価が上下に大きく動く可能性があり一般投資家に損害を与える恐れがあると判断されたのだと思います。

取り組みで動...続きを読む

Q空売りの方がコンスタントに儲かるのでは?

現物取引をしている者です。スタイルはスイング(4、5日以内)です。

最近、スクリーニング(投資金額100万円以下)をしていて感じるのですが、抽出された銘柄の8割以上は、ここ1年のチャートが右下がりで、右上がりの銘柄を探すのに苦労します。

そこで考えたのですが、今の状況では、空売りの方が現物取引よりは、コンスタントに利益が出るような気がしてきました。

この考えは合ってますでしょうか?????

また、空売りをやっている人は、一般投資家の何%くらいいるものなのでしょうか(これはカンでかまいません)。

現物で買う場合は、利益確定ポイントと損切りポイントを決めてから買っています。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

おっしゃるように空売りのほうが利益が出ます。
よく買いは家まで売りは命までといわれますが、
それは建て玉の大きさに対する怠慢によるもので、
玉の捌き方からいうなら、圧倒的に売りのほうが簡単です。
たとえば2003年や2005年、今年の前半のように、
買いのほうがとりやすいときもあります。
しかし、買いで取りやすい地合いのほうが実は希で、
大半は売りのほうが取りやすいのです。
理由はいくつかありますが、買いで取れる投資家というのは、
本当の資産家(金融資産少なくとも数億円)だけです。
ほとんどの個人投資家は数百万から数千万レベルで動かしています。
ですから、市場に流れているお金の動きに乗っていくしかありません。
上がる、下がるはツキもありますが、玉の捌きは技術です。
空売りをしている投資家は多くても10~20%くらいだと思いますが、
勝っている投資家の割合とおなじくらいと思います。

いずれにせよ無理をしてはいけません。
たとえ口座に5000万あっても、最小単元レベルで利益を上げている投資家は多いと思います。


人気Q&Aランキング