今年町内の班長になり、14件で花壇を三つ植えることになりました
花は種から各自植えて、6月の中旬に花壇に植える予定です
白や赤・黄色。オレンジ・紫などの花ですが、どういう風に配列したらよいのか、わからずに、困っています なにかアドバイスしていただけませんか?
参考になる本など、あったら、是非教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

長方形の花壇が、同じ公園の中などに並んでいるのか別々の場所にあるかで違うのですが、


1つづつでデザインが完結するとして、書いておられる種類を中心に<もし私なら>どうするかなぁ?

まず、フェリシアというお花は知りませんごめんなさい。検索したけどわかりませんでした。

1・インパチェンスは、混色のままランダムに植えるかな・・・(色がばらばらにまざった状態)
  予算があれば、花壇の周りをアイビー(苗またはさし木)などでぐるっと囲みます。
  私は、インパチェンスの混色のハンギングが大好きです。インパチェンスは夏に弱いです。

2・マリーゴールドはグラデーションで2色なのでこちらも混色で中心に寄せて植えて、この花だけだと
  強いので、予算があればまわりを花が白で葉がグリーンのベゴニア(苗)で囲むかな・・・。
  ベゴニアのほうが、高さ的には低いです。マリーゴールドはアブラムシがよくつきます。
  
3・あとは、ノースポールを中心部に植えて、まわりをアゲラタムで囲むように植えるかなぁ・・・・?
  アゲラタムのほうが見た目ふわふわとこんもりなるので、それで白を囲む感じ・・・。
  ノースポールもアブラムシがたくさんつきます。

上記のお花は全部、メイン、になるお花なので、添え物としてのグリーン、控えめな花とあわせるとよいの
ですが。控えめな花としておすすめなのは、スウィートアリッサムです。横と下に広がるので足元や周りを
囲むのにちょうどよいです。今から種をまくとどうだろう??苗も売ってます。ひとつで20センチくらいの
株になります。グリーンを補うものとしては、アイビー類やコニファー類。コニファーのわかりやすいと
いえば、よくクリスマスに木が売り出される、あれです。一度花壇に植えておくと、あとは毎年、あまり
考えずにお花を植えてもよく映えます。

以上、私の考え付くのはこんなところでしょうか。どなたかベテランの方、よいアイディアをお願いします。

夏、秋の花壇の担当もされるのであれば、次回はグリーンと脇役も考慮に入れて種類を選ばれると
良いと思います。pankonyanさんが書いてられる本を参考にしてみてください。まずは高さのバランス。
高いのがあれば低いのを持ってくる。低いの中心であれば、さらに下に下がるものを持ってくる。
高いのと低いのがあれば、中間を補うのを持ってくる。それから色です。配色は、まったくのお好みです。
メインの色に、白系の花かグリーンが初心者向けのひきたて役でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても参考になりました ありがとうございます
初めてなので、不安ですが、がんばります

お礼日時:2001/03/23 22:56

自分が読んでいい配色がいっぱい載ってるな~と思ったのは、


NHK趣味の園芸ガーデニング21「花の庭づくり ガーデン草花 上手な利用とデザイン」という本。ISBN4-14-928103-3 \1300
ただし写真は海外の例が多く、日本では難しい組み合わせもありました。
色彩的にすごく参考になります。基本的な植物の説明もありますが、詳しいお手入れ方法までは記載されていないようです。

お手入れまで知りたいなら、主婦の友社「はじめてのガーデン作り」中山正範氏著 という本もオススメです。ISBN4-07-227778-9 \1380

配色は....服を選ぶのと一緒です。あまり神経質にならずに、好きな組み合わせを楽しまれてはいかがでしょう?
基本的には、背の高いルピナスやデルフィニュームなどの多年ものを背景に、手前は花期の長い一年草をベースに。(マリーゴールドとかサルビアとか)
色はあまり多いとゴチャゴチャうるさくなりがち。特に赤と黄色と紫の組み合わせは夏は暑苦しいかも。色のトーンを揃えるか、2~3色に限定するかすると結構うまくいきますが...これは...まぁ好みですので。
多色の場合は、1123、1123、とか1ユニットごとに繰りかえすのもいいですよ。迷ったら...白。白は喧嘩しない色なのでおすすめです。

自分は...ブルーが好きなので濃い紫、薄い紫、白をベースに、ピンクを一個いれてトーンを合わせるのがお気に入り。←すいません...個人的な好みでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あまり神経質にならず楽しみながら植えたいと思います
ありがとうございます 本も参考にしたいと思います

お礼日時:2001/03/23 23:01

お花の種類がありませんので、なんとも言えませんが、もし種をまかれたお花が、それぞれに


高さの違いのある植物の場合は、配色よりもまず、高低を考えて植えこみます。

花壇の場所にもよります。塀などを背にしている場合でしたら、塀側が一番背の高い植物、
手前に向けてだんだん低くなるものを植えます。もし下垂するタイプがあれば、それは一番手前です。
公園などの真中にある花壇であれば、花壇の中心部に背の高いもの、外側に向かって背の低いもの、
下垂性のものを植えます。

お花の種類、また種類別の色がわかれば、もっと具体的にアドバイスできるのですが・・・。

この回答への補足

アドバイスありがとうございます花の高低を考えるといいんですね(^O^)
お言葉に甘えて、具体的なアドバイスお願いします
花の種類、色などはアゲラタム(プルーミング)・フェリシア(ザ・フルー)マリーゴルド(ボナンザエロー・ボナンザオレンジ)クリセンセマム(ノースポール白・リトルタンゴ赤)インパチェンス(インバクトホワイト白・インパクトスカーレット赤・インパクトミックス色々)です。
各50個位苗を立てます
花壇は長方形のブロック囲いしてある花壇です

補足日時:2001/03/23 07:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Q6月に植える花(苗)でよいものを教えてください

いまから花の苗を植えようと思います。
パンジーのころまで咲く花で、今植えるのに適している花を教えてください。

少し前(4月ごろ)に調べたのでは、
ニチニチソウ、なでしこ、ほうせんか、百日草、八重咲きまつばぼたん、千日紅、早咲きコスモス、ミニひまわり、ベゴニア、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、スイートアリッサム、インパチェンス、ポーラチュカ
があったんですけど、この中で、最も適しているのを教えていただいてもありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、
は花壇に適していると思います。

八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、
は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。

スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。春に咲き、秋にもう一回咲きます。
なでしこは種類によっては春だけです。

私は冬はビオラ、春になるとニチニチソウなどを植えています。その他に秋まで楽しめるのは
★色がブルーでさわやかな
アメリカンブルー、イソトマ、ブルーサルビア(サルビアの種類ですがラベンダーに似ています)
http://www.botanic.jp/plants-ha/blusal.htm  http://www.jtw.zaq.ne.jp/tanakun/watch3/isotoma.htm
★ポイントに色が鮮やかな
カザニア、ペチュニア、ミニバラ
http://www.kcat.zaq.ne.jp/f_nakamura/toshi/photo/hana_kesiki/2002P5260606a.html
★ハンギングに
サフィニア、バーベナ、花手毬

参考URL:http://www.kcat.zaq.ne.jp/f_nakamura/toshi/photo/hana_kesiki/2002P5260606a.html

ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、
は花壇に適していると思います。

八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、
は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。

スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。春に咲き、秋にもう一回咲きます。
なでしこは種類によっては春だけです。

私は冬はビオラ、春になるとニチ...続きを読む

Q花壇 花苗の植え方

家を購入した時に、花壇が付いていて土も入った状態でした。

花に関しては全く無知で、ホームセンターの園芸コーナーで店員さんに
どうやって花を植えればいいのか聞いたら、雑草を取り除き下の方からよく掘って(最低30センチ)
土を少し出して、培養土を全体の1/3程入れてよく混ぜ込み、最後に肥料(花苗の根に当たっても安全なものを聞きました)
を混ぜ込めばいいと言われました。

その作業をしたら、すぐにでも花苗を植えていいと言われましたが、本当にすぐでもいいのでしょうか??
土作りは植える花によって違うような記述もよく見かけますし、不安です。


知人には、肥料など入れずに油粕を混ぜ込んで1週間位置けばいいと言われましたが、教えてgooのサイト内で検索すると虫がわいて大変な思いをされた方がたくさんいらっしゃったので、正直不安です。

ちなみに、掘り返した時にミミズが居たので悪い状態の土ではないような気もします。

閑散とした我が家の花壇を華やかにしたいもので…お詳しい方どうかお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

プロではありませんが。ペーハーの問題は無視したとして。

培養土を入れるのであれば、基本そのまま使えるものですからすぐに植えてもよろしいかと思います。
ですが、せっかくミミズがいるようないい土なのでしたら、腐葉土か堆肥と肥料を混ぜて1週間くらい寝かせてから植えた方が効率的でいいかと思います。
既に購入していたとしても、1週間くらいならポットの状態で育てても大丈夫でしょう。

油粕ですが、虫がわくとかの問題以前に、窒素が多く花を楽しみたい花壇では私は使用しません。(野菜を作る畑では野菜の種類によってですが、使用しています)
花付を良くするには、リン酸が多目のものを使用します。多分「花苗の根に当たっても安全なもの」とは「マグァンプK」だと思うのですが、窒素6に対してリン酸40という成分配合になっています。
初めてでしたら、私はマグァンプKを使った方がいいと思います。
でもわくほどではなくても、草花を植えると当たり前のように虫はいっぱい現れますよ。

>土作りは植える花によって違うような記述もよく見かけますし、不安です。
その多くはプランターや鉢で育てる場合です。花壇で育てる場合とプランター・鉢で育てる場合、土は別物と判断した方がいいです。
鉢植えの場合は、ベースの土に赤玉土等の粒状になった土を使用します。花壇の場合は、粒状じゃなくても握ってみて軽く固まるくらい(団粒)の土がいいとされています。
育てる花の種類によって混ぜるものを変えるより、まず今の土が砂質か粘土質か、そのような事から判断する方がいいかと思います。
そこから考えると、培養土を入れるように言ったホームセンターの店員の意見はオールマイティーに対応できる判断で、最善ではないが優良だと思います。

また、当然花壇は移動できないですから、日当りや風通しなども考慮して植える花を選ぶ必要があります。私自身の少ない経験では、花壇の場合むしろこの日当りの方が大事な気がします。
今ホームセンター等で販売されている花苗で例えると、日当りが強い花壇にインパチェンスを植えても影を人工的に作ってあげないと多分ダメだろうし、日陰の花壇にポーチュラカを植えても枯れはしなくても花はそんなに咲かないでしょう。

すいません、余計なことまで書いてしまいました。
一度綺麗に咲かせる事が出来るとはまりますよ。頑張ってください。

プロではありませんが。ペーハーの問題は無視したとして。

培養土を入れるのであれば、基本そのまま使えるものですからすぐに植えてもよろしいかと思います。
ですが、せっかくミミズがいるようないい土なのでしたら、腐葉土か堆肥と肥料を混ぜて1週間くらい寝かせてから植えた方が効率的でいいかと思います。
既に購入していたとしても、1週間くらいならポットの状態で育てても大丈夫でしょう。

油粕ですが、虫がわくとかの問題以前に、窒素が多く花を楽しみたい花壇では私は使用しません。(野菜を作る畑では...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング