ワ-クの問題デ、説き方がよくわからないやつなんですけど、できれば簡単に詳しくおしえてください。

川幅がL,速度がVの川を静水時に速さv(v>V)で進む船がある。

(1)この川距離Lだけ上り下りする往復の時間t1をもとめよ

(2)この角を直角に進むためには、船をどの方向に向ければよいか。また、直角に川を往復する時間t2を求めよ

(3)どちらの往復時間がどれだけ多くかかるか

以上です。どうぞ、おねがいします。

A 回答 (1件)

考え方を簡単に優しく説明します。


(1)は船が川をLだけさかのぼって、川をLだけ下ってくるということです。上りの船の速度は(v-V)、下りの船の速度は(v+V)ですね。あとは考えて下さい。
(2)船は当然、斜め上流に進まないと流されますね。このとき、結果的に直角に進むためには、V=v×sinθが成立する必要があります。
このとき船が川を横切る速度はv×cosθとなります。
(sinθ)^2+(cosθ)^2=1 から cosθが求まります。
往復時間は計算して下さい。
(3)どちらの時間が短いかは、計算してのお楽しみです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
とても助かりました。

お礼日時:2001/03/22 21:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハリス付きチヌ針での仕掛けについて…

ハリス付きチヌ針での仕掛けについて…
ハリス付きチヌ針を購入したのですが、チヌのフカセ仕掛けを検索したものと比べると、ハリスの長さが短くてどう使ったら良いのかがわかりません…教えて下さい!延長するのでしょうか?

Aベストアンサー

現在売っているハリス付きのチヌ針は(ハリス1m~2m未満)は用途としては海上釣り堀や
カゴ釣り仕掛けなど、軽い仕掛けでハリスを長くして狙う本格的フカセではなく
上記のような釣りで、チヌを釣るためではなくいろんな魚に対応しやすい形状で、尚かつ
初心者やご年配の方などで自分で針を結べない方に的を絞った商品になると思います。

もちろんこれにハリスを足して2ヒロに延長したりはしませんし、無駄に結び目が1個
増えるわけですから一気に強度が落ちてしまいます。

以前はがまかつでも2ヒロのハリス付き針を多く売っていましたが、今では大半の方が
ご自身で針を結ぶようになったのでラインナップから消えてしまいましたね。
長期在庫の古いものが残っている釣具店などには若干あるようですが、これからもずっと
釣りを続けるなら針結びは必須項目ですから、覚えた方が経済的にもグッとお得です。
http://item.rakuten.co.jp/auc-prayjapan/10003778-1/

針結びを覚えるなら是非「スネルノット」を覚えましょう。
針結びでは間違いなく最強の結び方で、外掛け部分も出来なく結びが非常に固いので
魚が掛かっても結び目が回転してズレることなどもほとんどありません。
http://www.geocities.jp/kick_rainart/others/kabura_jisaku.html

ダイワの鵜沢さんが必ずこの結びをしますから、鵜沢結びなどとも言われますがルアーや
ジギングなど超大物釣りには常識的なぐらいの強度を誇る結び方です。

間違いやすいのが必ずハリのチモト方向に巻き上げていくことです。
チモトから巻き下げると外掛け結びになり強度が非常に弱くなりますから注意が必要です。

現在売っているハリス付きのチヌ針は(ハリス1m~2m未満)は用途としては海上釣り堀や
カゴ釣り仕掛けなど、軽い仕掛けでハリスを長くして狙う本格的フカセではなく
上記のような釣りで、チヌを釣るためではなくいろんな魚に対応しやすい形状で、尚かつ
初心者やご年配の方などで自分で針を結べない方に的を絞った商品になると思います。

もちろんこれにハリスを足して2ヒロに延長したりはしませんし、無駄に結び目が1個
増えるわけですから一気に強度が落ちてしまいます。

以前はがまかつでも2ヒロのハリス...続きを読む

Q静水中を16[m/s]の速さで進むボートがある。流

静水中を16[m/s]の速さで進むボートがある。流速12[m/s]。川幅が32[m]の川でこのボートを進ませる。


i 川岸からボートで対岸へ向かうのに最短時間で移動した。この場合のボートの合成速度の大きさはいくらか。

また移動に要した時間はいくらか。

ii 川岸からボートで対岸へ最短距離で移動した。この場合のボートの合成速度の大きさはいくらか。また移動に要した時間はいくらか。

iii 川の流れに乗って桃が川上から川下へと流れてきた。この桃を川の流れに沿って川上へと進んでいるボートから見たときの相対速度の大きさはいくらか。

iv 前問の桃をiのボートから見たときに相対速度の大きさはいくらか。

iとiiの問題は三平方を使ってとくのでしょうか・・・?
よくわからないので、教えてく下さい。

Aベストアンサー

(iv)川上から川下へはどちらも同じ速度で動いているので相対速度は 0
だけど、ボートは川岸から対岸へ 16m/s で進んでます
桃は対岸へは進みません。
なので、川岸から対岸への相対速度は 16m/s  になると思いますっ!

Q川釣りの仕掛けが乗ってる詳細なサイト

川での小物釣りの仕掛けが乗ってる詳細なサイトを探しています、探しても見つかりません

Aベストアンサー

こちらで

参考URL:http://ushisan.web.infoseek.co.jp/shikake-iroiro/shikake-ohanashi.html

Q光の速さで進む光速船ができたらその船は飛んでるときどんなことになるのですか?

光の速さで飛ぶことができる宇宙船ができたとします。

今の物理学でわかっている段階では、どうなるのですか?
私の読んでいる本には質量が光速に近づくにつれ無限大になる、としか書かれていません。そうなると密度も無限大になり星みたいに破裂しちゃうのですか?でも、別の本にはビックバンのときにできた塊は光速で宇宙の端にむかって飛んでいるとかかいてあります。ということは、物体のままなんですよね?

ん~、よくわかりません。もしかしてタイムワープとかできちゃったりするのですか?

Aベストアンサー

簡単に説明しますね、
まず、光は一番早いものです。これに近づいた(同じではなくても)速さをもつ宇宙船にのったとすると、あなたの体重はどんどん増えます。質量が増えていくのです。また、あなたはどんどん縮んでしまいます。
 でもこれは船の外から観測したときの話しで、乗っているあなたは別に異常は感じないのです。船の外をあなたが見たときに、周りの風景が縮んで見えるのは感じられますが。
 E=mc2 エネルギーは質量×光速の二乗 有名なアインシュタインの方程式です。どんなに小さな質量でも、光速に近づけば近づくほど、ばく大なエネルギーを持つことになるというものです。
(原子爆弾がこれの応用ですね)
次に、宇宙の端とありますが、宇宙には端はありません。ニュートンの時代には、絶対座標という宇宙の中心があると考えられていましたが、中心とか端はないというように、今は考えられています。
(じゃ、ビックバンが起きた所が中心じゃないのか?と思うでしょうが)
最後にタイムワープと書いてありますが、光速に近い船の中は、時間の進み方が遅くなります。近光速で5年旅行して地球に戻ったら、地球上では50年過ぎていたということはありえます。これは、45年先にタイムスリップしたと考えられますし、地球にいた人から見れば、過去からタイムスリップして来た人とも考えられるのです。
以上、大雑把に説明しましたが、かえって混乱させてしまったら、ゴメンなさいね。
本屋さんに行くと、NEWTONという科学雑誌があります。いろいろな主題で、写真やイラストを多く使用して、意外とわかりやすくておもしろい雑誌です。
ご質問の内容なら、相対性理論のバックナンバーを見てもらえば、自分のへたな説明よりもっとすっきり理解できると思いますよ。(内容によりますが、1000~2000円くらいです。)宣伝じゃないよ。
以上 ご参考までに。

簡単に説明しますね、
まず、光は一番早いものです。これに近づいた(同じではなくても)速さをもつ宇宙船にのったとすると、あなたの体重はどんどん増えます。質量が増えていくのです。また、あなたはどんどん縮んでしまいます。
 でもこれは船の外から観測したときの話しで、乗っているあなたは別に異常は感じないのです。船の外をあなたが見たときに、周りの風景が縮んで見えるのは感じられますが。
 E=mc2 エネルギーは質量×光速の二乗 有名なアインシュタインの方程式です。どんなに小さな質量で...続きを読む

Q道糸とハリス

自作で仕掛け(海釣り投げで、キス・マダイ・カレイ・クロダイ用)を作っているのですが、ハリスってとても高いですよね。6号から1号で、ハリス用の糸ではなく、安いナイロンの道糸をハリス代わりに使っているのですが、やっぱりだめですか?ちなみに3号の道糸のハリスでキスは釣れました。道糸とハリス用の糸ではどのように違うのか教えてください。また、通販などで、安くていいものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

私も仕掛けを作りますが、ハリスはフロロカーボンを使用しています。

船釣りが主でダイワの「ディーフロン船ハリス」などを使用しています。
100mで1000円~2000円程だと思います。(号数により違います)

フロロカーボンハリスは、ナイロンハリスと比較すると、比重が重いため早く仕掛けがタナまで沈むためフカセ釣り等に向いているのではないでしょうか。また、潮の流れの影響も受けにくいとされています。

吸水性も少ないため強度もナイロンハリスよりあると思います。

キスはナイロンハリスでも釣れるかもしれませんが、真鯛のフカセなどは釣果に差がでるように思います。
また、折角釣れても強度不足でハリス切れがあったのでは困りますから信頼性のあるものを使用した方が良いと思います。

ダイワ以外にも100m大型スプールのフロロカーボンハリスがあると思いますが、大型のスプールで巻いてあるため糸ぐせがつかず、気に入っています。

QV=V0+at → X=V0t+1/2at^2 ?

タイトルの前者の単位は〔m/s〕ですよね
で、後者の単位は〔m〕ですよね

僕は、〔m/s〕を〔m〕に直したいなら〔s〕をかければいいと思ったので
t(V0+at)をしました
けれどそれだと、後者の式の"1/2"が抜けてしまいます
一体この"1/2"がどこから出てきたのかが疑問です

学校の先生に質問しても、積分がどうとやらといっていてよくわかりませんでした

v-tグラフの面積を利用して出すときは、加速度が斜めで出てくるから
三角形の公式を利用したときに"1/2"を使うということは分かりました
けれど、こうして式で考えようとすると、なぜ1/2が出てくるのかよくわかりません
単純にtをかけるだけではダメなのでしょうか

どなたか分かる方いたら解説お願いします

Aベストアンサー

時刻"0"から"t"までのt秒間に進んだ距離を考える場合、その中間時刻"t/2"の時の速度で"t"秒間進んだ、と考えましょう。
時刻"0"の時の速度でt秒とか、時刻"t"の時の速度でt秒よりも正しそうな気がしませんか?

時刻"t/2"の時の速度はV0+a(t/2)=V0+(1/2)atです。この速度でt秒なら
{V0+(1/2)at}t=V0t+(1/2)at^2
となります。

これは等加速度運動の場合だから成り立つのであり、常に成り立つわけではありません。
ただ、t秒間での移動距離=t秒間での平均速度 × t は必ず成り立ちます。

Qハリスがオモリに絡まってしまう原因とは?

延べ竿で浮きを使わずに道糸にサルカンで中通しのオモリ(5号)を付けて、
袖針のハリス(4号)にイソメというシンプルな仕掛けで、脈釣りをしても、
何回かやっているうちに必ずハリスがオモリの付け根付近に絡まってしまいます。

ナス型のオモリを使って、その付け根にハリスを付けても同様です。

原因は何が考えられますか?

Aベストアンサー

ハリスがナイロンで細いからでしょう

オモリが先に沈むので、ハリスが折れ曲がって後から沈みます
その時に、オモリの近くにハリスが達しますから、からみつくんです

フロロ系のハリスにするか、号数を上げるか、一部だけパイプを通すかなどして対処します。

あと、仕掛けを上から下に落とすのではなく、遠くに投げて斜めに(手前に)沈むようにすると絡みが防げます

Q【川の流れの衝突問題は数学?物理学?】 川A(水量2)と川B(水量1)を衝突させて1本の河川C(水量

【川の流れの衝突問題は数学?物理学?】


川A(水量2)と川B(水量1)を衝突させて1本の河川C(水量3)を作る土木工事。

川Aと川Bを直接衝突させるのでは2流の衝突を弱めて合流させるためにAとBのCの合流箇所に縦一本の防波堤?堤防を作るとする。

その衝突が最も弱まる堤防の長さと角度はどうやって求めたら良いのか教えてください。高さはぶつかったときに水面に出ている高さとする。

これって数学の問題ですか?物理学ですか?

Aベストアンサー

これを扱うのは「物理工学」という学問です。むつかしそうですが、専門家にはこれしか出来ないので難しくは無いのだそうです。

Qブラクリ仕掛け

ブラクリ仕掛けについての質問です。
防波堤(テトラでの穴釣り含む)で、ブラクリ仕掛けをたまに使っていますが、あまり釣れた記憶がありません。
通常の仕掛け(オモリもハリスも赤とか色つきでないもの。ハリスもブラクリより長い)のほうがどこでやってもよく釣れる気がします。
根掛がりしにくいという利点はありますが、ブラクリは本当に効果的な仕掛けなのでしょうか?
ブラクリ仕掛けを使ったからこそかなりの釣果をあげることができたという経験をしたことがある方はいますか?その場合は使い方のコツを教えていただければと思います。
エサ、場所、誘いなどいろいろな要素があるので一概には言えないと思いますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

今日は。
ブラクリ仕掛けですが、やはり根掛かりしにくいのが最大の利点だと思います。
根掛かりしない、 手返しが早くなり多くの穴を探れる、
釣れる確率がたかくなる、と言ったところでしょうか。
また穴の大きさによりオモリの大小、ハリスの長さなど変えてみてはどうでしょうか。
ブラクリ仕掛だから色は赤でハリスの長さは何センチと決まったものでもないと思います。
釣り場に合わせた、貴方だけのブラクリ仕掛がきっとあると思います
寒い時季、御身体大切に。

Q交流回路の位相についてなのですが、 RL直列回路があり、R=8Ω、L=6の時Rには16V、Lには12

交流回路の位相についてなのですが、
RL直列回路があり、R=8Ω、L=6の時Rには16V、Lには12V掛かります。
この時、電源電圧を求めるには16V、12Vをベクトル合成して20Vです。
ここまでは理解できます。

電圧は位相をふまえベクトル合成するのに電流をベクトル合成してもとめないのはなぜでしょうか。
電流もR、Lで位相差が出るので位相をふまえ計算しなければならないのではないでしょうか。

この回路ですとRに流れる電流2A
Lに流れる遅れ電流2Aをベクトル合成し2√2Aとなぜならないのでしょうか。

Aベストアンサー

補足の図Aと図Bで、電圧は共に左に向いた矢印Ⅴ
を使ってますが、これが誤り。
まず記号をVRとVLに分けるべきでしょう。

図Aの電圧VRを右向きとすると
図Bの電圧VLは上向きです。

結果IRとILは同じ向きになります(大きさも同じ)。
IR=ILだから、そこからVRとVLの向きが決まるのです。
何処にも電流のベクトル合成は有りません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報