大学で史学(特に日本史)を勉強したいと思っています。今現在、史学の分野で有名な大学はどこでしょうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

日本の歴史の研究体制が整っている所と言うと、文書関係を優先して言えば結局の所、東京大学と京都大学が大多数を締めているのが現状です。



つまり総論においては、上記両校にかなう[第一級資料]というものは日本にはない訳で、それを利用しようというのであれば東大と京大以外なかなか見当たらないでしょう。

しかしこれは別にその資料を充分に活用しているということではなく、かといって死蔵している訳でもないと言う・・・曰く言い難い状況と言えるかも知れないのです。

では、これ以外の大学研究機関や各地方の歴史関係の研究所では、何も出来ないのかと言うと今や各地方の独自な地道な研究は地方文化とどう係わったかとか、古文書至上主義ではなく別の切り口から価値観を見出そうと努力を重ねているわけです。

その意味では各地方の史学科を擁する国立大学であれば、そこそこの研究をする事ができるでしょうが、私立でも早稲田、国学院、立命館、天理大など多数あると思います。
__________________________

 歴史は我々にとって身近で親しみやすい存在なので、アマチュアの遊び道具になりやすく今年騒がれたような
考古学のような捏造事件が起きかねません。

 私は歴史を研究する人間は、学問の厳しさと怖さを知った上でアマチュアとは一線を画したほうが良いと考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見有難うございました。ご回答いただいた文章を読んで、あらためて「歴史を学ぶ、研究する」ことの奥深さを考えさせられたような気がします。

お礼日時:2001/03/23 16:35

再びEivisですが、sassy氏には過分のお言葉をいただき、更にはmateki氏と共に足らない所を補っていただき、有難うございました。



今朝の新聞の訃報に接し、この場をお借りして[奈良本辰也]氏のご冥福を祈りたいと思います---合掌。

京大を出てから立命館に奉職し、立命館の歴史学の名を高められた方で故林屋辰三郎と「日本史研究」を創刊した方です。
    • good
    • 0

さらに屋上屋のような感じですが,


大学によって所蔵資料に特徴があります。

東京大学は,もともと歴史的に唯一の帝国大学として自国の歴史編纂の重責を担わされた歴史から、
またそれ以前の江戸時代政府資料を受け継いだことなどから、資料としてはダントツに揃っていると思います。

それに大して京都大学は、都だった時期が長く,京都を中心とする関西関係の資料の特徴があるのではないでしょうか。

また所在する資料だけでなく,その大学の研究室の伝統的な“特徴”なようなものもありますが、
そこまでは余り気になさらずに、
むしろ大学ぜんぱんの気風のようなものを大事にされてえらばれた方がいいかもしれませんね。
    • good
    • 0

すでにEivisさんが良回答を出されているので、屋上屋を架すことを覚悟で投稿します。


関東に限って言えば、東大のほか、学習院大学と國學院大學が穴場であると言っていいと思います。國學院は考古学が中心でしょうか。学習院は児玉高多以来の充実した教授陣が自慢です。
栗本慎一郎の大学評価以来、悪口を叩かれている早稲田大学も、文学部だけは非常によいと言われます。

Eivisさんに補足。
なぜ東大が良いか。
山川出版社の『詳説日本史』の著者をご覧下さい。大部分が東大名誉教授、または東大教授ですよね。それだけよい研究が東大でできるということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。実は私の娘が、大の歴史好きなものでして、大学では歴史の勉強をしたいと申しまして・・・・。しかし、私は史学の分野には知識もあさく進路を決定するにあったて、なかなか良いアドバイスをすることができませんでした。参考とさせていただきます。

お礼日時:2001/03/23 16:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京都新聞、毎日新聞、朝日新聞のなかで一番多く読まれてるのはどこですか?

京都新聞、毎日新聞、朝日新聞のなかで一番多く読まれてるのはどこですか?(京都で)

ふと思ったのですが、どこが一番多いのでしょうか?


京都新聞が多いっていうのは聞いたことがありますが、やはり全国展開してる朝日とかの方が人気があるのかなぁとも思います。

京都内ではどこが一番多いのでしょうか?

また、毎日新聞ってどうなんでしょうか?
京都に限らず、毎日新聞ってあまり聞かない名前だと思ったのは自分だけでしょうか?


人気順に並べてもらえたらありがたいです。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 2009年7~12月平均の新聞販売部数で京都府で上位3紙だと以下の通りです。

1位 京都新聞 販売部数432,915部 普及率39.11%
2位 朝日新聞 販売部数199,657部 普及率18.04%
3位 読売新聞 販売部数198,527部 普及率17.94%
 
 毎日新聞は入っていないですね。関東では毎日新聞が3位に入っている県がいくつかあります。

 このデータを引用した都道府県別上位3位の販売部数を掲載したサイトのリンクを張っておきます。
参考までにどうぞ↓

参考URL:http://adv.yomiuri.co.jp/yomiuri/busu/busu09.html

Q世界史Bと地理Bを勉強するか。世界史Bと日本史Bを勉強するか。

どちらが覚えやすいですか?
記憶量だけみれば、世界史Bと地理Bのほうが少ないらしいです。
しかし、日本史Bと世界史Bは重なる部分もあり、関連づけがしやすそうです。
どちらのほうが覚えやすいとあなたは思いますか?
自分の経験をもとにした回答を希望します。
歴史のカテにするか地理のカテにするか迷いましたが、受験を経験した大学生の方に意見を聞きたいのでここにしました。

Aベストアンサー

自分は日本史と世界史です。
決めた理由は単純に自分が文系だからです。
地理は覚えるより計算の方が多くなってしまうのでそれが
苦手な私は暗記科目を選びました。
勿論日本史世界史にも計算はありますが、
計算か暗記か自分が得意な方で決めてみてはいかがでしょう。
因みに地理と世界史も地名によって関連付けがしやすい、と
聞いたことがあります。

調べてみたらわかりやすく書いているサイトがありましたので、
アドレスを張っておきます。

参考URL:http://jukennavi.blog13.fc2.com/blog-entry-96.html

Q京都地区の情報が最も豊富なのは京都新聞ですか?

京都に転居予定なのですが、ずっと関東でしたので知識がありません。
なのでまずは地域情報や広告チラシ等が充実してるであろう、
地域のメジャー紙を購読したいのです。

少し調べたところ京都新聞かなと思ってるのですがどうでしょう?
チラシ等の豊富さでは全国紙に劣るのでしょうか?

また京都新聞の報道傾向は、
産経・読売・朝日・東京など、各紙のどこに近いでしょうか?

もしお分かりの方がいらっしゃいましたら
教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

京都市に於ける京都新聞のシュアはダントツです。
ですので折り込み広告も地域単位で入りますし紙面広告も最も有力ですのでデパートなども争うように広告欄を埋めています。

全国紙の場合、紙面広告は多くが大阪地区のもので役に立ちません。

Q西洋史(特にドイツ史)が学べる大学

大学で西洋史を学びたいと考えている高校生です。
西洋史、特にドイツ史(18世紀~現代のあたり)を学びたいと思っているので、その分野の研究をされている教授がいらっしゃる大学があったら(なるべく国公立の大学を)教えていただきたいです。
お願いいたします。

Aベストアンサー

http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/70044857
http://ci.nii.ac.jp/search?author=/%E7%94%B0%E6%9D%91%E6%A0%84%E5%AD%90/
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/30335400
など
http://kaken.nii.ac.jp/ja/searchr.cgi
ここで、ドイツ近代史 で検索すると出てくる

Q京都新聞の発行部数について

質問タイトル通りですが、地方紙である「京都新聞」の発行部数(朝刊)はどれくらいでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

2007年4月 朝刊 509,985部 です。

http://www.kyoto-np.co.jp/ad/profile/busuu_01.htm

Q史学科(出来れば日本史)に行っている方、

史学科(出来れば日本史)に行っている方、
行かれていた方、志望している人など・・
みなさんはなぜ史学科に行こうと思ったのですか?
参考までにお聞かせください!

Aベストアンサー

 私は、大学では史学科所属で日本史(日本文化史)の専攻でした。
 何故、日本史学を志したかと言うと、小学生の頃から日本史が大好きで
(特に日本文化史の分野)、将来は日本史学や日本文化に関わる仕事をしたかったからです。
その為、学芸員、教職、社会教育主事等、取得が出来る資格は全て取りました。

 在学中に恩師の研究を手伝わせて頂く(史料翻刻等)機会を頂き、
恩師のご研究姿勢と学問研究の楽しさと苦しさを知りました。

 卒論に取り掛かる3年次から研究熱が昂じたので、研究・教育職を目指すべく、
大学院に進学をすることに決めました。

 現在は某私大で教員をさせて頂いており、小学校時代の夢がちょっと異なる形ではありますが、
日本史関係の職業に就けたことに喜んでいます。

Q宿題で、京都新聞を作っています。

中学生なのですが、冬休みの社会科の宿題で、都道府県の新聞をつくるというものをしています。
昔から京都に憧れがあり、京都の新聞を作ろうと決めたのですが、
そのなかでいくつかの記事を書かなければいけません。

今、「舞妓」についてと「八ッ橋」についての記事を書き終えました。
他に、京都らしいいいネタないでしょうか?

あと3つ、記事を載せたいと思います。
参考程度でいいので、どなたかアドバイスやアイデアお願いします。

Aベストアンサー

こちらは、本物の「京都新聞社」のサイトです。
http://www.kyoto-np.co.jp/

これを見て、「イメージと違う」「本当の京都市民や京都府民は、こういう問題を考えているんだ」と気付いたことが有ったら、それを材料にするといいでしょう。
同級生や先生にも、喜ばれるでしょう。
但し、この新聞に書いてある記事には、両隣の滋賀県と大阪府のニュースも多いので、地図で地名を十分に確認してください。

他に京都らしい記事というと、冬休みで初詣の時期ですから、
「あんなに神社や寺が多い京都だけど、京都の人は何処へ初詣に行くのだろう」というテーマでもいいと思います。
正月前なら、変わった由来や御利益の寺社の紹介記事が探せます。
正月後なら、実際に初詣客の人数や賽銭の多さが記事になります。

参考URL:http://www.kyoto-np.co.jp/

Q国公立大学の世界史、日本史

予備校時代(1990年代)に代ゼミの図書室にある赤本で私立ての大学は何十校と試しましたが、国公立大学は一校も試したことがありませんでした。
最近試しにブックオフで地元の福島大学の赤本を購入したら歴史科目がありませんでした。国公立大学の歴史科目は論述問題オンリーなのでしょうか。またどのような問題が多いでしょうか。

Aベストアンサー

そもそも国公立大学で地歴はセンターでしか課されないのが
ほとんどで、文系の二次試験は『英数国』が主体です。

二次試験で英数国以外に社会科(地歴)を課すのは、
東大京大一橋などの難関大に限られ、形式は論述です。

『エウレカ!!受験世界史』というユニークなサイトでは、
国公立大についても過去問(問題のみ)が収録されています。
下記「資料室」のページからのぞいてみてください。
http://eurekajwh.hp.infoseek.co.jp/

日本史ではこれほどの内容のものは見たことがありませんが、
入試の性格としては似たようなものでしょう。

Q速報レベル

地震速報にある【速報レベル】についてですが、
地震が発生してから速報がありますよね?

震度(3)の揺れがあっても【速報レベル】が(1)だったり【速報レベル】が無かったりするのに対し

無感地震でも【速報レベル】が(5)の時も多く見掛けます

やはり危険度に比例して【速報レベル】が高くなるのですか?

大雑把に
どの様な観測で算出され速報レベルは決まるんですか?

ツイッターで地震速報が多くて気になりました。

質問下手で申し訳ありませんが
地震速報に知識のある方、情報をお持ち方はご回答をお願いします。

Aベストアンサー

気象庁は速報レベルなんてのは出してないし,何のことかわからなかったので調べてみました.

もしかしてここ
http://earthquake.transrain.net/
がやってるものでしょうか?だとしたら基本的に,防災科研AQUA,Hi-net,気象庁の地震情報を使っているだけで,個人で独自にやっているもののようですね.公表される情報を自動で集めて,それをtwitterに定型文にして流すというシステムを構築された人がいるということのようです.
FAQによると速報レベルは,危険度とは全く関係なく,ただ単に防災科研からの情報発出した時間の早さだけのようです.twitterみてると同じ地震の「速報レベル」が変わっていくのがわかりますよね.FAQがありますから読んでみるといいです.

Q国立大学で日本史や古典を学ぶのであればどこがいいですか?できるだけ専門的にしたいのですが…

国立大学で日本史や古典を学ぶのであればどこがいいですか?できるだけ専門的にしたいのですが…

Aベストアンサー

京都大学はいかがでしょうか。
京都にすめますから、生きた資料が沢山ありますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報