出産前後の痔にはご注意!

無機化合物の有機溶媒への溶解度を調べています。
難溶などの記述は見られますが具体的に数値データとして知りたいと思っています。
このような情報が見られるような便覧やデータベース等はないでしょうか?

具体的にはNaClのキシレン、トルエンなどの有機溶媒への溶解度を調べています。
化学便覧は調べましたが、有機溶媒がエタノールなどに限定されていました。
もし何か情報ありましたらよろしくお願いします。

A 回答 (1件)

SciFinderから、CASの物性データベースにはアクセスしましたか?


そこに載っていなければ、信頼されるデータを見つけ出すのは難しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
SciFinder始めて知りました。
近くに無償で使える環境がありましたので探してみたいと思います。

お礼日時:2009/12/02 13:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q溶解性の高い有機溶媒について

有機溶媒で溶解させたい物質があるのですが、適当な溶媒が無くて困っています。
この物質はジメチルホルムアミド(DMSO)、ジメチルスルホキシド(DMF)にはかなり溶けます。しかしこれらは使用できません。
シクロヘキサノン、テトラヒドロフランにはある程度溶解しますが求められている溶解性には足りていません。
一方、キシレンやトルエン、ヘキサン、エーテル類、アルコール類には殆ど溶けません。水にももちろん溶けません。
現状、候補としてN-メチルピロリドン(NMP)、ジメチルアセトアミド(DMAC)があるのですが、これ以外に溶解性の高いと思われる溶媒をご存知の方、ご教示ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ジメチルホルムアミドでなく、モノメチルホルムアミドや無置換ホルムアミド、アセトアミドも試しましたか?
アミド類では環状のN-メチルピロリドン(正しくは1-メチルピロリジン-2-オン)もあります、便利です。
あと毒性はありますがHMPT(HMPA)ヘキサメチルリン酸トリアミドも一時流行りました。

有機溶媒ではないが「濃硫酸」も良い溶媒で、重濃硫酸はnmr溶媒です。有機物は良く溶け、容易に回収できます。


人気Q&Aランキング