ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

投票率が落ちていますが、
政治に対する関心もあまりない人が多いです。
政治に対して無関心だと、どんな弊害があると思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

組織票を規制する必要はないと思います。


なぜならば、日本の選挙は無記名投票ですので、実際に誰に投票するかは、個人の勝手だからです。
組織票が大きな影響力を持ったとしても、
それは、利害の一致する人たちが多くいた結果なのです。

今の日本では、身近でわかりやすい問題はあまりありません。
それだけ、日本が、充実した国だといえるわけで、その結果、政治から人が遠ざかり、投票率が下がったとしても、それほど悲観することではないと思います。

実際には、常に政治を見つめている人が少なからずいるので、直ちに何らかの弊害が起こるということはまずありえません。

けれど、政治に無関心な人が増えると、政治を見つめる目が減るわけで、不十分な点に目が行き届かなくなるかもしれませんし、きちんとした議論が行われなくなるかもしれません。
また、日本をよくしようと志す人たちが減ることにつながり、政治の現場から優秀な人材が減ることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

それほど特には弊害はないということですね。
利害の一致する人たちで組織されてる組織票ということでしょうか。

なんだか、多数決みたいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/20 13:57

政治に無関心な事も問題ですが、政治に関心を持たないもとになる考えも問題だと思います。

政治に関心がない人は、自分が何かしても何も変わらないと思っているか、人の痛みが分からないのではないでしょうか。新しい技術を使ったものが出回るとそれに適応できない(アルコール、ゲーム、賭博等)それを使った犯罪が起こる(写真付携帯で顔写真と共に悪口をメールで不特定多数に広める、電子掲示板、小型カメラ)それらを解決しようとすれば、政治や社会的な活動に関心を持たない事はないと思います。もしかしたらこれ等の問題に直面して解決した人にも無力感からシステムを変えることをあきらめてしまったか、もう自分には関係ないと何もしようとしようとしないかだと思います。そういう雰囲気がものすごく危険であると感じます。(参考URLは携帯の事を載せます。)

参考URL:http://www.mainichi.co.jp/digital/netfile/archiv …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
回答ありがとうございます。
政治と別のことも無関心と関係があるのかもしれませんね。

極々身近な小さなことから解決していく姿勢が大事なのかもしれません。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/24 23:08

選挙政治を作ることに殉じて命おとした竜馬さんらがうかばれなくなる。



という、思いでつねづね考えてます。

わかりやすい政策を提示できる候補がたたないのがげんいんでしょう。

アメリカのように、数字を具体的に挙げて説明できる人がすくない。

この公約が達成できなきゃやめると言い切れる候補がいない。

緑の党的一発政策型政党を考えてみるサイトを紹介します。

参考URL:http://hyper2.amuser-net.ne.jp/~rgrp1/r1/usr/Joh …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
回答ありがとうございます。

政策についてはにかりよったりな印象があります。
サイト、ありがとうございます。参考にします。

お礼日時:2003/05/24 23:04

投票率は有権者の関心をしめすバロメーターではあると思いますが、必ずしも高ければいいというものではないと思います。


むしろ一票の質が問題ではないでしょうか。
候補者の公約を吟味し、熟慮を重ねた上での一票も、
義理や利権誘導のために入れた一票も、同じ一票としてカウントされますから。

(政治の無関心が投票率に現れているとして)政治に無関心だとありえる弊害としては、利権誘導がしやすくなることだと思います。
投票率が低いと、圧力団体をバックにした組織票の率が高くなり、そういう票に支持された候補者が当選する確立が高くなるからです。
ちょっと質問からはずれた回答になったかもしれませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「質」確かにそうですね。
組織票の存在がどれくらいなのかはわかりませんが、最初から結果が分かっているような選挙の1票ってなんの意味も無いような気がします。

利権誘導とは、なにかいいことを言っていたら飛びつくということですか?

ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/20 13:49

投票率が低いのは、国民の大部分が今の政治にある程度満足しているからだという話を聞いた事があります。


だから、低投票率自体はそんなに悲観する問題ではないのだとか。

もし仮に国民が『今の政治じゃいけない』と思い始めて、国を変えなければならないという意識が高まれば、必然的に投票率は上がると思います。

日本という国は諸外国に比べて不平不満も比較的少なく、国民の大多数が日々安定した暮らしをしているわけですから、今のところ政治に無関心でも弊害は出ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

前に調べていたら、同様の話を聞きました。
何か大変なことを決める時、
原子力発電、ダム建設など・・・が関わると投票率は少しは上がるみたいですね。
あと、有名人が立候補した時など。

確かに政治が悪いからご飯が食べれなくなる・・・ってこともないですし。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/20 13:46

長文失礼します。



>投票率が落ちていますが、
>政治に対する関心もあまりない人が多いです。
日本の文化がそうさせているので仕方が無いでしょう。
政治家を見ていると世のジジィどもに重なって仕方が無いっす。
都合の良いように都合の良いようにしか事が運びませんからね
しかもそれが国家を形成して法律を作れて…やりたい放題になる…

確かに私は正論や御託を並べることが多いですが言わせてくださいな…
いい加減に『馬鹿な年上でも偉い』と言う単純な年功序列を廃止して
『長いものには巻かれとけ』から『老いては子に従え』という言葉へ変わって欲しいです。
という考えを持つ人間が政治家として成立しないんです。
『仕事と掛け持ちが出来て、政治家としての給料は不要or国民が金額を査定する』そして『立候補時に大金不要』ならば立候補したいものです。

お金を使うと結局何とか取り戻そうと考えるのが人間ですから良い政治家なんぞいないんでしょうな。
そして選挙活動にしても『名前連呼の選挙カー』なんぞ公害でしょう。名前だけ覚えて貰うって、よっぽどアホなCMでもやりませんがな。
本来は一番しっかりしなきゃいけない政治家がこうしてどんどん腐っていくわけです。

『政府が腐る=国が腐る』会社が腐ればまぁ倒産するなり合併するなりすれば良いわけです。国内が駄目ならば外資系企業との併合ですね。
どんどん腐っていくでしょうから 日本国が崩壊する、他国と1つの国家となる、他国の植民地になる。まぁいずれかでしょう。

でも結局はギリギリで踏みとどまるんでしょうけどね…そしてそのツケは若者にのしかかる…
そして『先輩・後輩間でのルール』のように『やられて辛いからやり返したれ!』この堂々巡りですが当然内容も過激になる…

傍目ですが『最近の若者は…』と言っているけど『良い歳して…』と言う人のほうがはるかに多いと思う。
でもよく考えれば『クズはクズ、ゴミはゴミ』歳が違うだけです。
年功序列だから金持ちの年配を慕い、今まで良くがんばって日本を築き上げてきてくれたから慕う…
それすら崩壊ですからね…そうしてどんどんアナーキーになりみんながみんなやりたい放題になっていく…

私のような異論を唱える奴は社会から抹殺される。それが大人な世の中なんです。
『思考力の低下』なんぞ言われているけど『長いものには巻かれとけ』という世の中なんだから
考えるだけ無駄なわけです。合理的に生きる為には知らない方が楽な事の方が多いし、自分の正しい考えですら揺らいでくる。

諸先輩がアホならば『巻かれるわだかまり』このストレスはもの凄いでしょう。そしてそのストレスから逃れたいけど的確な逃げ道を知らない上に先立つものが無い…結果犯罪に手を染めるのでしょう…
両極端では大問題ですが私はジジィより若者の方が好きです。単に『それが悪だと知らんだけ』ですからね…
話がもの凄く反れましたが最後に
『低投票率だから「無関心」と決めるより、推したい候補がいねぇんだよ、誰がなっても同じなんだよ、正論言ってる奴は叩かれて結局は「何もしない奴だ」と言われて終わるんだよ』
以上マスメディアさんへ…

私に対し『お前なんかに何が出来る!』と叱られるかもしれませんが、
少なくとも『あんたらの汚い策略に潰されなければ出来るぞ!』って思います。
まずは『老いては子に従え』じゃ死に損ない!でしょうか…
確かに正論だけの社会だったら、これほど詰まらん社会は無いな、軍隊の行進のような社会…
でも、乱れすぎてやしないかを良く考える事が大切なのかもしれないね…
少なくとも『正しい事をきちんと正しいと言える世の中』になって欲しいな…
政治が変わるのはそんな人が集まりだして、団結して候補を立てて徐々に馬鹿どもを侵食して…それからかもしれません…
結局政治家は後手に回るのか(失笑

まぁこんな私も歳を取るほどに『めんどくせぇ~』が口癖になりつつあります…
結局は大して変わらないのかもしれませんね…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見をどうもありがとうございます。
低投票率=関心ない というわけではないということですね。

弊害をあげるとしたら、
国が傾いて、ツケが若者にのしかかるということでしょうか。

率直な意見をありがとうございました。 

お礼日時:2003/05/20 13:41

 男女ともに年齢層が高ければ高いほど投票率は高くなるという傾向があります。

逆に言えば、若年層であればあるほど投票率が低くなると言うことです。
 世代間によって政策のちがいがあります。(例えば、景気回復重視か財政再建重視かは、高年齢層は景気回復重視を、若年層は財政再建重視を選びます。これ以外にも、年金や環境は世代間に考え方にギャップがあります)
 これは高年齢層の投票数が多いと、それだけ政策決定が保守的・高年齢有利な方向に進んでいきます。
 少子高齢化と言われますが、仮に若者の声を集めれば、高年齢層とはりあえる勢力になります。
 ただ、悲しいかな若者は「政治家=キタナイ」という概念が出てきて、ますます政治離れが進んでいます。これはもちろんムネオ問題に象徴されるように、現役政治家の責任があります。
 でも、政治そのものに関心がないというわけではなく、NPOやボランティアに積極的な若者も数多くいます。
 そこで必要になってくるのは「政治教育」です。というと、○○党がいいとかというのではなく、政策について(ここでいう財政再建か景気回復か?)といった対立軸が見えやすいテーマなどでディスカッションするとか、自治体合併で合併に是か非かということで地域や家庭と一体となっていけば、投票率低下に歯止めがきき、けっして若者だから知識がないと言われることはありません。
 私は、こうした問題に取り組んでいるNPOの理事をしておりましたので、詳しいことはこちらのURLを参照してみてください

NPO法人 ライツ

参考URL:http://www.rights.or.jp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
投票率は周りでも結構行っていない人が多いです。

世代間によって政策の違いがある・・・というのはない見方でした。ありがとうございます。
確かに、立候補者の年齢にもよるのかとも思います。
どちらかというと年配に当たる人は福祉の充実、女性は保育施設の充実・・・というものが結構見られたように思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/17 21:28

再度回答します。


組織票について。
昔だとNTTとか、郵便局とか。
これらは全国区で影響力がありました。
今だと宗教団体とか、農業団体とかです。
これらの影響力はローカルなものですが、小選挙区制の導入によって国政に強い影響力をもってます。
選挙制度改革も組織票の影響力の保持の為かもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
組織票の影響力は大きいようですね。
NTTとか郵便局とか・・知りませんでした。
こういうのは規制できないのでしょうか?

ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/16 19:00

弊害、ツケ、後遺症・・・やがて国民一人一人に返ってきます。


投票権は一人に与えられた権利です。義務ではありません。それを自ら放棄していては何もいえないはずです。
もちろん支持基盤、支援団体があるところは当然有利になります。
天気により投票率が変わったりもします。
一番いけないのは、「誰がやっても同じ」「自分ひとりが一票を投じなくても」という諦めや傍観する姿勢・態度や無関心なこと。
なんか、あたかも政治が雲の上の高いところで行われているから関係ないや、なんてもってのほかです。
これをいうと強行的にとられますが、なんらかのペナルティを課せばいいんでは嫌でも投票率は上がります。

例です。
税金を2倍3倍いや10倍とるとか?
罰金制度を設ける。
検挙権剥奪・・・など。
行ってほしいから言っているので実現はしないでしょうが。

みんな自分のことや日常の生活、娯楽、趣味、レジャー、買い物、家族のことなどを最優先されている結果でしょう。どうしてここまで視野が(心が)狭いのか呆れることしばしばです。
保守的、家庭や家族のことばかり考えていて政治に無神経、無関心、無頓着になりつつ感覚が麻痺しているのかもしれません。

いかなければ当然?悲観的に言えば国がよくならなくなると思います。
そういうより、国民が政治を監視、公約を守るか守らないか?先生などと呼ばれ呼ばさせ腐敗、堕落しないか?
利権を貪り、甘い蜜の味を吸う政治家か?よく見極めることです。
問題を起こした政治家が再び当選する立候補できるのも相当おかしな現象です。

ただ「よいことはカタツムリの速度で進む」言葉があるように急にはよく変わらないです。

日本人からして当たり前でも世界から見れば嘲笑されちると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
投票率が上がればそれでいいのか?ということに疑問がありまして。
私の周りに、政治についてよく理解しているわけでないから・・・と棄権した人もいます。
基準とか政党に関する情報もあいまいということは、私にも周りにも当てはまることです。
それで、例え若者の投票率が100%になったとしても、国はよくなるか?というと疑問です。
50%に満たない人で決まっている現状の選挙はどうかとも思いますが、実際行かなかったから弊害を受けることもないような・・・そのときは投票者も一緒に弊害をこうむるわけですし・・・。
なんだか、選挙ってなんだろう??って疑問に思ってしまいました。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/16 18:57

組織表の影響力が大きくなるため、組織票を持つ、特定の集団の利権を重視した立法が行われる可能性があります。


また、日本においては立法と行政を結び付きが強いため、行政も特定の集団の利権を重視したものとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
組織票はどういうものを組織票と言うのでしょうか?
また、その存在は大きなものなのですか?


ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/16 10:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング