【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

この前、スポーツニュースの珍プレーでやってましたが、打球が審判に当って一方のチームに有利となった場合どういう扱いとなるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



野球規則6.08(d),6.09(c),5.09(f) により、つぎの2通りのいずれかの状況により異なる判定が下されます。

状況(1) 内野手(投手を除く)の股間または側方を通過したり、または内野手(投手を含む)に触れたフェアボールに、審判がフェア地域で触れた場合は、そのままボールインプレーです。 (「審判は石ころ」)

状況(2) 内野手の手前に位置している審判に打球が当たったら。
前記以外の状況(たとえば二塁塁審がダイヤモンドの中へ位置している時など)で、審判がフェアボールにフェア地域で触れた場合は、審判は石ころではありません。以下の処置がとられます。

・ボールデッドになる。
・打者はヒットの記録が付き、一塁へ出塁。
打者が一塁へ進んだために押し出された走者は次塁へ進塁。
・その他の走者は元の塁へ戻る。

また、投球が審判のマスクや用具にはさまった場合。
・ボールデッドになる。
・各走者は次塁へ進塁。
・投球が四球目の場合、打者は一塁へ。
・投球が第三ストライク目の場合、打者は三振で、
無死か一死で一塁に走者にいる場合は打者アウト、その他の場合は振り逃げで一塁が与えられる。
    • good
    • 0

ありましたね。


審判に当たって抜ければ2塁打間違いなしが、内野安打でしたっけ?

審判は通常石ころとかと同じ扱いになりますので、審判に当たって不利益になっても判定は覆りません。
    • good
    • 0

審判は石ころと同じです。


有利になろうが不利になろうがプレイは続行されます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング