ちょっと変わったマニアな作品が集結

プリンタのコピーで黒だけでなくなってしまいました。

リサイクルインクを使用しているので、それが原因と言われてしまったら終わりなのですが・・・。

今までもこのようなことが何度かありましたが、その時だけ正規のインクを購入して使用すると改善していました。
今回も同様にしたのですが、最初は良かったのですが、数日したらまた黒インクだけでなくなってしまいました。

修理に出せばよいのですが、それ以外に何か良い方法ありますでしょうか?

A 回答 (4件)

ヘッドが詰まっていますね


湯洗いしてみました?

プリントヘッドを取り外します
重ね折りしたティッシュに50度くらいのお湯をしみこませます
その上にプリントヘッドを置きます
 (ノズル側をティッシュに押し当てる)
上から押してやるとインクの吸い込み口の変化をみれば詰まってるインクだけ液体が浮き上がってきません。
押したり冷めたら湯を足したりティッシュを交換しながら何度か繰り返しているとほかのインクと同じように吸い込み口の上に液体があふれてきます。
貫通です!
※基盤があるので溜めた湯の中に入れないでください

荒技なので壊れても責任もてません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

試してみましたがダメでした。

結局インクジェットにはコリゴリで、レーザープリンタを購入しました。

お礼日時:2009/12/08 13:29

NO.3さんの通り、ヘッドが詰まっています。


お書きの裏技も試した事ありますが、
なかなかなんですよね。
難しいです。
昔は、プリンタヘッドも通販で、手に入っていたのですが、
(4千円くらいで)
今は手に入らなくなったので、修理に出すしかないですね。
キャノンで、修理を調べたところ、
一律料金で、家から、宅配業者の受け渡しで、
9450円ですね。これにプラス宅配料が1575円が、掛かるようです。
この金額では、新しいプリンターが買えますね。
微妙な修理代金を出していますね。
http://repair.canon.jp/sc/html/ScxbESelectMethod …
上記webから修理申し込みできます。

インクが余っているなら、オークションで売るか、
逆に対応のプリンターを買うかですね。
(後者は、またヘッドがすぐ傷んだら、おしまいですね)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

試してみましたがダメでした。

結局インクジェットにはコリゴリで、レーザープリンタを購入しました。

お礼日時:2009/12/08 13:30

追加


カラーだけで黒が出せるとか。
参考URL(根拠など)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4907772.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

試してみましたがダメでした。

結局インクジェットにはコリゴリで、レーザープリンタを購入しました。

お礼日時:2009/12/08 13:29

>修理に出せばよいのですが



リサイクルインクを使用した場合の故障はサポート対象外です。
修理業者に依頼すると(部品も少なく)新たに購入した方が安いと思います。

インクヘッドが詰まってる。
(1)ヘッドリフレッシングを何度か繰り返す。
(2)リフレッシング・クリーニングでも直らない場合はヘッド交換
参考URL(根拠など)

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私も面倒なので壊れたら買うつもりだったのですが、同じ機種がすでに売ってませんでした。
同じ機種でなくてもいいのですが、『BCI-7e』『BCI-9BK』のインクが大量に余ってるので、
それを使えるプリンタを探しているのですが、ネット上では売ってませんでした。
新しい機種は、インクが違うみたいです。

このインクが使えるプリンタがあればいいのですが・・・。

お礼日時:2009/12/02 10:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCANON プリンター 白紙がでるが印刷できない

CANON MP490 プリンター を使用しておりますが
最近まで普通に印刷できておりましたが
いきなり白紙がでるが印刷できてない状況になりました。
メンテナンス類 クリーニングなどはすべて行っても
変わりません
どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

機種が機種ですので、対応は微妙ですね。
まず、この機種の場合、ヘッドとインクが一体型になっていますので、クリーニングで変化が無ければインクを交換するという事になります。

質問では触れられていませんが、詰め替えなどを行っているのでしたら、インク交換で直る可能性は充分あるでしょう。
もし、純正インクばかり使ってきていたのでしたら、本体故障の確率も考えなければなりません。

また、何を印刷したのかも問題。
一番はっきりするのはノズルチェックパターンを印刷することです。

全く何も出なければ、本体の故障か、両方のカートリッジがダメになっています。
でも、同時に両方のカートリッジがダメになるという事も考えにくいので、本体の故障の可能性があります。
これをはっきりさせるにはインクカートリッジを純正品に交換するしかありません。


微妙といったのは価格の問題。
この機種はシリーズの中でも一番安いクラスの機種で、我々の見方としては(ホンネですけど)パソコンのオマケに付けるくらいの機種という感覚です。
そのため、価格的には矛盾っぽく感じる部分も多く、それが悩みになります。
この機種は現在は販売されていませんけど、後継機種のMP493があります。
同じインクですけど、インクを両方購入すると、5,000円近くします。

ところが、MP493は5,000円以下で入手可能です。

もし、本体の不良と判断してメーカーに修理に出すと、修理代金は7,350円の定額。
引取修理を使うと、+1,575円です。
ただ、この機種は部品交換はせずに、現品交換で対応します。
さらに、交換用のMP490は無かったはずで、現在はMP493に化けてかえってくるはず。


新品が5,000円以下で購入できて1年の保証つき。
修理は9,000円近くかかって、3ヶ月の再故障の保証のみ。

どっちが得かは考えるまでも無いでしょう。

プリンタの修理屋です。

機種が機種ですので、対応は微妙ですね。
まず、この機種の場合、ヘッドとインクが一体型になっていますので、クリーニングで変化が無ければインクを交換するという事になります。

質問では触れられていませんが、詰め替えなどを行っているのでしたら、インク交換で直る可能性は充分あるでしょう。
もし、純正インクばかり使ってきていたのでしたら、本体故障の確率も考えなければなりません。

また、何を印刷したのかも問題。
一番はっきりするのはノズルチェックパターンを印刷するこ...続きを読む

QキャノンMP610 修理期間終了どうしたらいい?

とっても使いやすくてお気に入りのキャノンプリンターMP610が、きのう突然電源が入らなくなりました。
キャノンに問い合わせたところ、ちょうど先月で修理期間が終了。
ヤマダ電機に問い合わせても、答えは同じ。

こんな場合、誰か修理してくれる人いないですか?
どこにもって行けばよいのでしょう?
自分で直せるなら直したいですが、電気、機械はオンチです。でもできるだけはやってみます。

お気に入りの機種だし、まだまだピンピンだったからなんとか直して使いたいんです。
5年でもう修理さえできない=ゴミだなんて、ひどいですよね。
買い替えを、なんてキャノンは言っていたけど、こんなことだから環境がどんどん破壊されていくのです。物さえ売れればいいのか~~?!
それに5年経ったら壊れるように出来てる気もします。ソニーは2年といううわさもありますが。あれだけの精密機器つくれるなら、中に時限爆弾のような自殺機能もつけられそうですよね。

とにかく、こういった使い捨て社会には賛同したくありません。
なんとか修理する方法、知っている方教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

インクジェットプリンタの部品保有期限(修理サポート期間)は生産完了後5年です。
2004年頃のモデルから短縮されています。

元々、部品の保有期限は7年程度が普通でしたが、これは法律の決まりではなく、国の指導だったと聞いています。
商品の販売価格がどんどん下がってきて、メーカーが修理体制を維持するのが難しくなってきたために、調整して5年に短縮したようです。


ただ、こうなった理由はメーカーの収益の問題だけではありません。
本体価格が安くなったために、修理せずに買い換えてしまう人が増えてしまったからです。
私のところでも、修理の件数は1/10くらいまで減っています。
メーカーの修理センターも同様と聞いています。

修理用の部品を在庫していても、使われることも無く処分されることが多くなりました。
お金を、そのままドブに捨てるような結果になるのです。


また、プリンタの設計上の想定は5年間の使用です。
MP610 は2007年秋の登場ですから、妥当だと思います。



「こういった使い捨て社会には賛同したくありません」・・・・使い捨てるのはメーカーではなくユーザーですからね。自分達がそうしたくないのなら、市民運動などを起こしてメーカーに折衝すれば良いこと。
「修理期間を伸ばせ」とか「古い品物は引取れ」とかね。
そういうユーザーが多くいれば対応はしてくれるはずですよ。

まあ、後者に関しては政治家に頼むほうが早いかも知れませんけど。



ちなみに、MP610 の修理サポートは終了しましたけど、FAX付のMX850がサポート期間中なので、流用できる部品はあります。
ただし、メイン基板はMP610専用なので、これが壊れるとどうにもなりません。


この時期にMP610の電源が入らないという事でしたら、プリントヘッド、メイン基板、廃インク吸収体の3点セットの交換が必要でしょう。
ほとんどオーバーホールのような仕事ですから、かなりの信頼性は確保できると思います。

修理代金は15,000円程度はかかります。(送料は別)


私のところは、ある程度の部品は確保していますので修理は可能です。
ただし、送料は別途負担していただくことになりますし、再故障の保証も出来ません。

こんな金額がかかるのなら、新しいものを購入したほうがはるかに良いと思います。
私も、よほどの理由が無ければ引き受けないことが多いです。


こういう場ですから、具体的な情報はかけませんけど、大村さんが知事の県です。
おそらくこれだけの情報でたどりつけるでしょう。
こんなことを商売にしている業者は滅多にいませんので。


HPをもって営業している修理屋さんもありますよ。
http://www.kantocs.co.jp/
http://www.ismedia.co.jp/

どちらもメーカーとの関係は深いところのようですから、メーカーと同じ回答になるかも知れませんけどね。

プリンタの修理屋です。

インクジェットプリンタの部品保有期限(修理サポート期間)は生産完了後5年です。
2004年頃のモデルから短縮されています。

元々、部品の保有期限は7年程度が普通でしたが、これは法律の決まりではなく、国の指導だったと聞いています。
商品の販売価格がどんどん下がってきて、メーカーが修理体制を維持するのが難しくなってきたために、調整して5年に短縮したようです。


ただ、こうなった理由はメーカーの収益の問題だけではありません。
本体価格が安くなったために、修理せず...続きを読む


人気Q&Aランキング