「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

ベンゼンのlewis構造式は表記できるのでしょうか。色々と調べてみたのですが、複数存在するとかかんとかが分かっただけで肝心の表記が分かりません。
ベンゼンのlewis構造式はどう書くのか教えてください。もし表記の載っているサイト等があれば、教えていただければ嬉しいです。

A 回答 (1件)

ベンゼンの各C-C結合は、共鳴によって1.5重結合になっているというのはご存知でしょうか。


ルイス式(電子式)では整数重結合しか表記できないので、1.5重結合は表記できません。
無理やり表記するとすればこんな感じでしょうか。
実際にはこの中間状態になっています。
注意してほしいのが、「行ったり来たりしてる」わけではなく、「中間状態をとっている」ことです。

詳しくは
http://ja.wikipedia.org/wiki/共鳴理論
をご覧ください。
「ベンゼンのlewis構造式」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

画像までつけてくださりありがとうございます! 助かりました。

お礼日時:2009/12/03 06:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有機溶媒相互の溶解性

4本の試験管にクロロホルム、ジエチルエーテル、アセトン、酢酸エチルを約2mlずつとり、それぞれにメタノール約1mlを加えた後振り混ぜて放置したところすべて溶解しました。溶媒の溶解性は極性溶媒同士、無極性溶媒同士が混じり合うのに、なぜ極性溶媒であるメタノールに無極性溶媒であるクロロホルム、ジエチルエーテル、酢酸エチルは溶けたのでしょうか?ちなみにこの3つは極性溶媒である水には溶けませんでした。これだと矛盾してしまいすよね??
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

極性が関係していることは確かです。
レポートの考察ということであれば、以下のことを考えてみて下さい。

非常に単純化すれば、炭素原子(あるいはアルキル基)は極性を下げます。酸素原子は極性を上げます。なぜなら、酸素原子は水の水素原子と水素結合を形成できるために、水との親和力が大きいのです。
したがって、炭素の数が多いほど水に溶けにくく、酸素の数が多いほど水に溶けやすいということです。
塩素はどちらとも言い難い面があります。

上記の考えに基づいて、各溶媒の炭素数と酸素数を数えてみて下さい。酢酸エチルは微妙ですが・・・
また、メタノール、エタノールなどではどうでしょうか。
・・・あとは自力で。

Qキレート滴定について。

度々失礼します。

キレート滴定の実験で、溶液のpHを緩衝溶液で特定のpH範囲に調整しなければならないのはどうしてでしょうか?
どなたか解る方教えてください。

Aベストアンサー

理由1:金属イオンとキレートが結合する強さ(安定度定数)は、pHによって変化する。
 pHが低いほど結合は弱くなるので、できれば高pH域でやりたい。
理由2:しかし、金属イオンはpHが高くなると水酸化物の沈殿になり、キレート滴定できない。
 水酸化物が出来ないpH領域でなければならない。
理由3:キレート剤は酸であり、金属イオンと結合する際、水素イオンを放出すし、溶液のpHを変化させる可能性がある。
 このため、溶液にpH緩衝性を持たせている。

参考:少し前の質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=857044

Q四塩化炭素って・・・

四塩化炭素というのは、どういう薬品なのでしょうか?
この間、事情があって、取り扱ったのですが、
「危険な薬品(劇薬)」ということを聞きました。

知らないで使っていた自分が恐ろしいです
教えていただければ、うれしいです。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「国際化学物質安全性カード」
毒性等に関してさらに詳細が知りたいのであれば補足お願いします。

参考URL:http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0024c.html

Qアセトアニリンの再結晶で

粗アセトアニリンを再結晶しアセトアニリンを生成したところ85%近くあった収率が38%まで極端に下がりましたなぜだかわかる方教えてください。

Aベストアンサー

要は、再結晶の目的にもよります。

純粋な物質を取り出して正確な物性を計りたいのであれば、収率を犠牲にしても純度の高いものを得ることが必要でしょう(収率38%でも純度が高ければよい)。

多段階の合成の途中段階などで、次の反応の原料に使いたい場合、次の反応に影響がなければ、No.2の方が書かれているように、再結晶条件を検討すべきでしょう。また、次の反応の原料でなくても、例えば、新しい反応の収率として85%と言えそうなものが、38%では具合が悪ければ、同様に検討すべきでしょう。

正確な物性も知りたく、また収率もあげたいという場合は、祖結晶の一部を使って、精度を上げた再結晶を行い物性を測り、また一方で、必要な程度の再結晶(ある程度純度を犠牲にしても収率を確保)、を行うことも可能です。といいましても、再結晶というからには、収率も確保した条件で、かなり純度の高い(スペクトル的に問題のない程度の)再結晶を行うべきではあります。そのテクニックについては、ここで質問するよりも、先輩や先生に聞いたほうが確かでしょう。

なお、アセトアニリンと書いておられますが、置換アセトアニリンなのか、アセトアニリドなのか、誤解が生じる恐れのある表現だと思います。正確に記すべきです。

要は、再結晶の目的にもよります。

純粋な物質を取り出して正確な物性を計りたいのであれば、収率を犠牲にしても純度の高いものを得ることが必要でしょう(収率38%でも純度が高ければよい)。

多段階の合成の途中段階などで、次の反応の原料に使いたい場合、次の反応に影響がなければ、No.2の方が書かれているように、再結晶条件を検討すべきでしょう。また、次の反応の原料でなくても、例えば、新しい反応の収率として85%と言えそうなものが、38%では具合が悪ければ、同様に検討すべきでしょう。

正確...続きを読む

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Q有機化学に良く出てくる記号 Ph とか Meってなんですか?

たとえば

Ph3P=CH2

とか

MeOH

とか良く出てきますけど、そんな原子記号ってないですよね?

Aベストアンサー

Phはphenyl基(C6H6-)、MeはMethyl基(CH3-)をあらわします。
他にもEtはEthyl基(C2H5-)などあります。

Q双極子モーメントの求め方について

薬学1回生です。有機化学の教科書で、双極子モーメントというものがあるのですが、求め方がよくわかりません。教科書にはμ=q×r(q:電荷、r:両電荷間の距離)と書いてあります。
いったいどこを見て電荷や両電荷間の距離がわかるのですか?表などがあるのでしょうか?
お分かりの方がいらっしゃいましたら、詳しく教えていただけるととてもありがたいです。

Aベストアンサー

>いったいどこを見て電荷や両電荷間の距離がわかるのですか?表などがあるのでしょうか?

薬学1回生ということなので、これからいろいろ知識を獲得していかれることと思います。さて、直接的な答えにはなりませんが、参考URLの「電気陰性度と極性」のところは一読の価値があると思います。また、次のサイトも覗いてみてください。簡単な分子の双極子モーメントが与えられていたり、分子の形と双極子モーメントの関係などが載っています。
 http://www.keirinkan.com/
   ↓
  化学(2)
   ↓
 共有結合によって結びついた物質
以上、ご参考まで。

参考URL:http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/chem/lec6-2.html

Q極性と溶解性の関係

「物が溶ける」という現象について正確に知りたくて、いろいろ勉強しています。
その中で、極性の高い溶媒(例えば水)には極性の高い物質が溶解しやすく、極性の低い有機溶媒等には極性の低い物質が溶解しやすいという内容を良く耳にします。

これは何故なのでしょうか?

具体的な例を挙げて教えていただけるとありがたいです。

ごく簡単な高校生向けの説明から、分子・エネルギーレベルの詳細な説明まで、様々な視点からの回答を期待しています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

極性が大きいもの同士はお互いに引っ張り合いますので、極性が大きいもの同士でくっついている方が安定です。したがって、極性が大きい溶媒には極性の大きな物質が溶けやすいです。
極性が小さな溶媒に極性の大きな物質を入れると、極性の大きな物質同士で引っ張り合っている方が安定ですから、あまり溶けません。
極性が小さな溶媒に極性が小さな物質をいれると、分子同士の引っ張り合いが弱いので、上記のようなことは起きず、溶けることができます。

溶ける際には、同じもの同士でまとまっているよりも、別のものと混じる合った方がエントロピーが大きくなることも大いに関係しています。

Qマウスの実習です

胃と小腸(十二指腸・空腸・回腸)、大腸(盲腸・結腸・直腸)のPHとそうなる理由が知りたいです。知ってる方、またはそういったサイトがあったら教えてください。

Aベストアンサー

昔実験したときに、
胃は胃酸で強酸ph2ぐらい
小腸は胆汁や膵液で弱アルカリ
大腸は細菌の影響で不安定
だったと思います。

参考URL:http://www7a.biglobe.ne.jp/~bitoken/newpage46.html

Q溶解性

クロロホルム、メタノール、ジエチルエーテル、アセトン、酢酸エチルにそれぞれ水を加えてよく振り混ぜると、クロロホルム、ジエチルエーテル、酢酸エチルは水と混じり合わず、二層に分かれました。なぜクロロホルム、ジエチルエーテル、酢酸エチルは水と混じり合わないで、メタノール、アセトンは水と混じり合ったのですか?
教えて下さいm(_ _)m
また、クロロホルム、ジエチルエーテル、アセトン、酢酸エチルにメタノールを加えてよく振り混ぜると全て混じり合って二層に分かれませんでした。どうしてですか?酸素や炭素の数が関係するのですか?
教えて下さいm(_ _)m

よろしくお願いします★☆

Aベストアンサー

非常に大雑把な話として、有機化合物の場合、酸素の割合が多い分子ほど水によく溶けます。逆に炭素の割合が多ければ水に溶けにくくなります。

つまり、酸素は水の水素と水素結合を形成することができるために、水との親和性を増す作用があるからです。
逆に、炭化水素基は極性が小さく、疎水性の原子団です。そのため、大きなアルキル基があれば、水に対する溶解度が低下します。

ただし、酸素原子の位置関係(すなわち、関連する官能基)にもよりますので、おおよその目安にしかなりません。一般に炭素数が3以下の分子で、酸素原子を持つものは水と混ざりあいますが、炭素数が4になると完全には混ざらないものが多くなります。

有機化合物同士は混ざりあう組み合わせが多いですが、メタノールなど、極性の大きい分子は、単純な炭化水素とは混ざりあわない傾向があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング