ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

こんにちは、以前から知りたいと思っていたことです。

私は福井の者ですが、
福井では器(コップなど)に水が今にも溢れそうになった状態を
「つるつるいっぱい」と言います。
(よく友人に「『つるつるいっぱい』の定義は?」と聞くと、ほとんどの人が「表面張力が……」と小難しいことを言います。とにかくそんな状態です。)

高知出身の友人から「高知弁では『まけまけいっぱい』と言うよ」と教えてもらいました。

もしかして、他の地方でも似た表現ってないのかなーと思い、質問しました。
なんか、無性に知りたいんです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

住んでる愛媛の方はでてましたので・・・出身地(宮崎)の方のをひとつ。

「つついっぱい」父親とか使ってたかな?ってぐらいにしか覚えてないのですが。
つつ=筒=いれもの に目一杯って意味だったと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

「つついっぱい」なんか雅な感じがしますね。
また、意味もはっきりとしてるし。

今後おしとやかに使ってみようと思います。(笑)

回答、ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/26 18:00

大阪で子供の頃、



ズルズルいっぱい

と言ってました。

今は神戸に住んでいますが、

ぎりぎりいっぱい

と言っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなりまして、申し訳ありません。。。

>ズルズルいっぱい
コップを持っちゃうとこぼれちゃうから、テーブルの上に置いたままの状態で、
口をつけて『ずるずるっ』と飲む姿を想像しちゃいました(笑)

『ぎりぎりいっぱい 』は
「もう少し(水とか)入りそう」な感じしません?(私だけ?)

回答、ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/20 12:05

方言じゃあないかもしんないけど「やまもりいっぱい」というのを聞いたことが数回あります。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事が遅くなりまして、申し訳ありません。。。

「やまもりいっぱい」
という表現もあるんですか。ふむふむ。
でも「やまもり~」っておそばやカキ氷を連想してしましました。(笑)

お礼日時:2003/05/20 11:57

こんにちは。



こちら北海道です。
「なみなみいっぱい」ですね。
でも、これは方言ではなく標準語でしょうか?
あまりに普通?

まけまけもつるつるも初めて聞きました。
気に入りました、今度絶対に使おうと思います!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなりまして、申し訳ありません。。。

「なみなみいっぱい」
普通っぽいけど、「~いっぱい」という表現は同じなんだっと思いました。

高知の「まけまけ~」は『まける;水などが溢れそうになる』という意味から派生した言葉だと聞きました。
じゃあ「つるつる~」はというと、分かりません(笑)なんで「つるつる~」なんだろ?でも、ある意味的確な表現だとなぜか思ってます。

>今度絶対に使おうと思います!
ぜひ、使ってみてください。
私は他県に遊びに言ったときなど好んで使ってます。
聞いてる人には馬鹿にされてるかもしれませんが……(^_^;)

お礼日時:2003/05/20 11:42

愛媛です。


私の周りでは高知の方と同じように
「まけまけいっぱい」を使います。
その他「ぎりぎりいっぱい」とも言ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなりまして、申し訳ありません。。。

やっぱり四国だからなんでしょうか?
結構好きな言葉です、「まけまけいっぱい」(笑)
「ぎりぎりいっぱい」は広く使われている言葉っぽいですよね?

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/20 11:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


人気Q&Aランキング