私は、卵巣嚢腫茎捻転という病気にかかり左の卵巣をのけました。
その後、病院にも行き検査を受けて片方は大丈夫です。
この病気について知っていることがあれば教えてください。生理はちゃんときてます。でも、これから先が心配なんです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「妊娠初期の卵巣嚢腫」
「卵巣嚢腫について」
さらに
http://www.ladys-home.ne.jp/faqsite/ans-files/FA …
(茎捻転ってどういうものですか?)

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://www.keiju.co.jp/q-ovcyst.htm, http://member.nifty.ne.jp/SH/ransou_noushu.htm
    • good
    • 0

一般的に生理がある方で子供が希望される場合でも、卵巣が捻れて8時間すればその卵巣は死んでしまいます。


 そして6cm未満ですと捻れても自然にもとに戻る可能性が高く、10cm以上では捻れ余地がありません!従って、6cm~10cmがもっとも捻れて取ってしまう可能性が高いですね!!また、緊急手術(突発する激痛)のため、腹腔鏡手術を施行できる病院は限られていますね。私達の病院でも夜間は開腹になると思います。日中でしたら腹腔鏡下の摘出可能だと思います。問題は、開腹でも短時間に手術を終わらせ、癒着防止を行っておけば、妊娠の問題は少なくなります!!もちろんちゃんと複数の子供ができた人はたくさんいて証拠になるでしょう!
 ただ、特に皮様嚢腫(髪の毛、脂肪、骨など)の場合は、反対の卵巣にも、できやすくなりますので、反対の卵巣が正常であったのか、主治医によ~く聞いておいてください!!また、年に1回は婦人科で経膣超音波で残した卵巣をチェックしておいてください!!また、3ヶ月は基礎体温をつけてきれいな2相性(低温と高温がはっきりと別れている)であればいいのですが、はっきりしなければホルモン検査を受けておいたほうが、将来の妊娠には有利ですよ!
    • good
    • 0

ぼんやりとした記憶なのですが、


サザンオールスターズの桑田さんの奥さんである、原坊ですが、
amonさんと同じ病気かわかりませんが、
確か片方の卵巣を取ったそうです。
それを承知で桑田さんは結婚なさって、
子供も2人?産まれています。
いまの所、原坊がまた病気という情報は流れていないですよね?

同じ病気なのかハッキリわかりませんが、
同じように卵巣を片方失った原坊が、元気で活動し、
またお母さんとしても、元気に生活していらっしゃるので、
amonさんも、不安でしょうが元気を出してください!
病院にもちゃんと通っているのだし、定期検診などを
ちゃんと受けていれば大丈夫ではないですかね。
頑張って!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。まだ16歳でこの病気にかかったのが
小学6ねんのときなんです。不安がいっぱいで何も分からなくて。
安心しました。本当にありがとう!

お礼日時:2001/03/22 23:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卵巣嚢腫摘出手術後の生理について

7月に卵巣嚢腫の手術をしました。(腹腔鏡下手術です)
術後2週間位で生理が来たのですが、今までに経験した事がないくらい
すごい生理痛で2日間位動けませんでした。ちょうど術後の診察があった
ので医師に聞いたところ、「ホルモンのバランスが変わるからしばらくは
いつもよりキツイ生理痛になる」と言われました。

8月もとても痛く、また9月もかなり痛くてほとんど1日横になっている
・・・という感じです。

これはまだこの先何ヶ月もこのような状態が続くのでしょうか?以前はあまり
生理痛が酷くなかったので結構堪えています。

どなたか同じような経験をされた方いらっしゃたら教えていただけますか?
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

私もまったく同様の手術を行いました。

出産を期にうそのように楽になりました。
もし出産の予定が無いなら、生理を止めるなどの治療が必要かもしれません。
医師と相談してください。

ちなみに、生理を止めると更年期障害と同じような症状があるそうです。

Q心の病気とはどんな病気ですか。 発達障害も心の病気なのでしょうか。 私には発達障害があり心の病気か脳

心の病気とはどんな病気ですか。
発達障害も心の病気なのでしょうか。
私には発達障害があり心の病気か脳の障害なのか知りたいんです。障害とか心の病気に詳しい人教えてください。

Aベストアンサー

支援学校教員です。

医学上「心の病気」と言う項目はありません。ただ、世間一般的なイメージで「心の病気」=「精神病」と言うのはあります。

また「発達障がい」は「脳の機能不全」で、いわゆる「精神病」と言う日本のイメージには当てはまりません。ただし、あくまで「日本のイメージ」です。

現在、多くの「精神病」が「脳の中のホルモンバランスのくずれ」などが「原因ではないか」と言われ出しています。ですので「色々な薬」が開発されているのです。

また、アメリカの精神医学会の診断基準「DSM―5」では「発達障がい」は「精神病」の分類になっています。取り扱う医師が「精神科医」であるのは、その「分類」があるからです。

あなたは「発達障がい」=「精神病」となって欲しくないのは、「精神病」のマイナスイメージが嫌だからですか? それならば「発達障がい」は「脳の機能不全」と説明をされるといいでしょうね。

Q鼻の片方だけが痒いというのはどういう病気?

友人が『前から左の鼻の中も外も痒い。』と言っています。
なにかの病気の症状なのでしょうか?
花粉症などのアレルギーであれば、両方とも痒くなると思うのですが、左側だけのようです。
それともアレルギーでも片方だけ症状がでることがあるのでしょうか?

病院に行くことをすすめているのですが、医者嫌いでなかなか行こうとしません。
『こんな病気の可能性があるから、病院にいますぐ行きなさい』って言えば行くんじゃないかと思いまして・・・。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

その友人さんの症状は痒いだけでしょうか?
痒いだけでしたらアレルギーか、鼻カタル、急性副びくう炎ではないでしょうか?
もし、その部分に鼻づまりを併発しているようでしたら、年齢や性別、合併症状によりますが、鼻茸(はなたけ・ポリープ)か肥厚性鼻炎、(もちろん、蓄膿や鼻カタルも)。恐ろしい場合ですと上顎がんが疑われます。
上顎がん以外はさほど恐ろしい病気ではないのですが、参考までにこのような症状と以下の項目に該当があるか確認してみてください。

該当項目
1:50歳以上
2:男性
3:長い喫煙歴
4:ほこりの多い職場(木工所や、建設業、倉庫仕事などは特に)

症状としては
1:片側の鼻づまり
2:血の混じった黄色い臭みのある鼻汁
3:鼻づまりのある側から、何もせずに涙が出る
4:ほっぺや頭の痛み
5:眼球突出
6:鼻づまりのある側の(特に上の)歯の痛み

これに該当してたら、上顎がんの疑いもありますが、その病気自体は人種別に分けると黄色人種が圧倒的に多いのですが、胃がんや糖尿病に比べると発症頻度は極めて少ないです。

その友人さんの症状は痒いだけでしょうか?
痒いだけでしたらアレルギーか、鼻カタル、急性副びくう炎ではないでしょうか?
もし、その部分に鼻づまりを併発しているようでしたら、年齢や性別、合併症状によりますが、鼻茸(はなたけ・ポリープ)か肥厚性鼻炎、(もちろん、蓄膿や鼻カタルも)。恐ろしい場合ですと上顎がんが疑われます。
上顎がん以外はさほど恐ろしい病気ではないのですが、参考までにこのような症状と以下の項目に該当があるか確認してみてください。

該当項目
1:50歳以上
2:男...続きを読む

Q胃軸捻転症について教えてください。

どんな病気で、治療法はなんですか。

Aベストアンサー

◎http://akimichi.homeunix.net/~emile/aki/medical/pediatrics/node56.html#SECTION015220000000000000000
(胃軸捻症,胃軸捻転症)
●http://www.kitano-hp.or.jp/section/shonigeka/contents2.htm#6
(肥厚性幽門狭窄症)
◎http://www.yumezaidan.or.jp/guidbook/ind_02.html
(嘔吐)
◎http://www.tottori.med.or.jp/igakkai/12haru/html/t4208c/
(A-19 内視鏡で整復できた胃軸捻転症の1小児例)

ご参考まで。

Q目の病気?あるいは神経の病気?

40台半ばの男性です。 最近時々PC画面や雑誌を見ると通常画像なのに3D画像のように奥行きがある画像に見えます。例えば背景が奥に見え,ディスクトップアイコンが浮き出て見えます。

Aベストアンサー

可能性としては両方でしょうね。

40代半ばともなれば、目の筋肉もかなり老化してきて、動きが悪くなってます。
老眼が始まっているわけですけど、両方ともどもなら逆に「平板」に見えるはずで、立体誇張になるということは、片目だけ顕著に現象がおきてるということだと思います。

脳の可能性もありますし、筋肉そのものかもしれません。
画像が脳に入ってからの、処理の問題かもしれません。
原因がさまざまなので、まずは眼科医での精密検査だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報