最新閲覧日:

 医薬部外品と医薬品の違いがいまいち分かりません。どなたか分かり易く教えてくださいませんか?よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

薬事法において明確に定義されています。


第二条 この法律で「医薬品」とは、次の各号に掲げる物をいう。
一 日本薬局方に収められている物
二 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物で器具器械(歯科材料、医療用品及び衛生用品を含む。以下同じ)でないもの(医薬
部外品を除く)
三 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、器具器械でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く)
2 この法律で「医薬部外品」とは、次の各号に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和な物であつて器具器械でないもの及びこれらに準ずる物で厚生労働大臣の指定するものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、前項第二号又は第三号に規定する用途に使用されることもあわせて目的とされている物を除く。
一 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
二 あせも、ただれ等の防止
三 脱毛の防止、育毛又は除毛
四 人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除又は防止

医薬品は病気の診断・治療・予防に用いるもので、医薬部外品は定められた効能効果の範囲内において、作用が緩和なものであり、かつ、昨年施行された新医薬部外品(ビタミン剤、滋養強壮剤)以外は服用しないものですネ。
製造や輸入については、薬事法により、業態許可が必要とされますが、医薬品と異なり、販売は自由です。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1

医薬品とは、病気を治すために必要な成分を配合し、有効性や安全性、品質などについて審査され承認されたもので、薬剤師の管理のもとで販売資格を得た薬局・薬店で取り扱うものを言います。

一方、医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間にあるもので、人体に対する作用が医薬品に比べて緩和なものをさし、どこでも販売できます。参考URLでは具体例をあげて説明してあります。

参考URL:http://byair.myrice.com/article/soc/036.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ