どなたか題名を教えてください。
短編なのか、長編の一節なのかも判りません。

離れて暮らしている息子に対して父親が手紙を書き続ける。
とても意味のある文通になる。
息子は立派に育つ。
父親が最後に「手紙だったので自分の良い所も悪い所も
さらけ出すことが出来た。毎日接していてはこうは行かなかっただろう。」
といったような「あらすじ」だと聞いています。
宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

お訊ねの作品は覚えがないのですが、(まだ全作品の半分位しか読んでないもので)下記のページにヒントがあるかもしれません。

山本周五郎の作品のかなりの数のあらすじを紹介しています。大変愛読していらっしゃる方のようです。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/jaken/yama1.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング