どなたか題名を教えてください。
短編なのか、長編の一節なのかも判りません。

離れて暮らしている息子に対して父親が手紙を書き続ける。
とても意味のある文通になる。
息子は立派に育つ。
父親が最後に「手紙だったので自分の良い所も悪い所も
さらけ出すことが出来た。毎日接していてはこうは行かなかっただろう。」
といったような「あらすじ」だと聞いています。
宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

お訊ねの作品は覚えがないのですが、(まだ全作品の半分位しか読んでないもので)下記のページにヒントがあるかもしれません。

山本周五郎の作品のかなりの数のあらすじを紹介しています。大変愛読していらっしゃる方のようです。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/jaken/yama1.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最初短編で発表されて後に長編に書きなおされた小説を教えてください

エンターティンメントの小説がよいです。
そのようなものでお勧めがありましたらお教えください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

レイモンド・チャンドラーはどうでしょう?

◎「長いお別れ」
   元は「カーテン」という短編。
◎「大いなる眠り」
   元は「雨の殺人者」という短編。

チャンドラーは短編→長編という手法や短編(習作)同士を組み合わせて一編の長編に仕上げたりすることがよくあります。

Q長編・短編の定義と新書について

よく、「長編」「短編」って聞きますが、具体的に何ページ以上は長編で何ページ以下は短編っていう基準はあるのですか?

あと、「新書」はなんで(古くなっても)新書という呼び方をするのかご存知の方教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

以前にも新書についての質問に回答として書いたことなんですが、
昭和10年代に岩波書店が風雲急を告げる時局について考え、解説する、コンテポラリな話題を取り上げるシリーズを発刊することにしました。そして内容・サイズ・体裁など英国のペリカンブックスというシリーズに範を取ったのですが、その際岩波文庫が古典を主としているのに対して、こちらは時代に副った新しい話題をとりあげるシリーズという意味で「岩波新書」と名付けたわけです。
戦後各社が同様のサイズのシリーズを発刊するようになり、内容の如何に関わらず「新書」という名前を踏襲したわけです。
しかし現在でも「新」しい話題を取り上げた「書」き下ろし(小説でも)という色合いは残っていますね。

Q文庫本小説 短編集と長編のみわけかた

文庫本の短編集と長編小説の簡単な手っ取り早い見分けかたを教えてください。

長編かと思って読んでたら短編だったり(>_<)慌てて買うからいけないんだと思いますが。

Aベストアンサー

多分画一的な方法はないと思います。

大まかには目次を見て1話、2話(章)……などとなっていれば長編、番号がなくただタイトルだけが並んでいれば短編が多いとは思います。

ただ登場人物が同じで1話完結の短編集などだと1話、2話……となっていたりするので一概には言えないですね。

Qライトノベルのお勧め長編作品を教えてください。

ライトノベルのお勧め長編作品を教えてください。

・8冊ぐらい、もしくはそれ以上の巻数がでている、3冊ぐらいでもOK
・ファンタジー、SF風な世界観の冒険もの
・でも現代ものでも学園ものでもイケます
・ラブコメの要素がある
・女の子が可愛い
・男の子が可愛くてOK
・文章があまり癖がなく、読みやすい
・展開が上手くて、とにかく続きが気になり、途中でやめられない
・できれば既に完結しているシリーズ

上記のいい加減な条件にあてはまってても、あてはまってなくても構いません
ライトノベルでなくても構いません
とにかく面白くてがっつり読める長編シリーズを教えてください

Aベストアンサー

自分も川上稔先生の「終わりのクロニクル」全14冊を超お勧めします

正直これ以上に質問者様の希望に合致したラノベを上げるのが難しいです

ファンタジーかつSFかつ現代学園ものかつラブコメあり女の子も男の子も可愛く
展開が素晴らしく続きが気になり途中でやめられなく、完結している
唯一の難点は一冊一冊が分厚すぎて読んでいて手が疲れる位でしょうか

伏線の張り方が上手すぎて感動を覚えるくらいです1巻から匂わされていた伏線が13巻で
見事に(本当に見事すぎて、今までヒントがあったのに気づかなかった自分に唖然としました)
回収される様はそれだけで一読の価値ありです。

今は境界線上のホライゾンを書かれていますが、こちらもお勧めです
現在6冊まで発売中で9月に7冊目(正式な巻数表記では3の下ですが)が発売予定で
自分は楽しみで楽しみでしょうがありません

是非是非お勧めしますので、一読をお願い致します

あとは「デルフィニア戦記」と「卵王子カイルロッドの苦難」もお勧めします。
両方とも完結済みのラノベで傑作ですのでラノベ好きなら躊躇無くお勧め出来る作品です

以上です

自分も川上稔先生の「終わりのクロニクル」全14冊を超お勧めします

正直これ以上に質問者様の希望に合致したラノベを上げるのが難しいです

ファンタジーかつSFかつ現代学園ものかつラブコメあり女の子も男の子も可愛く
展開が素晴らしく続きが気になり途中でやめられなく、完結している
唯一の難点は一冊一冊が分厚すぎて読んでいて手が疲れる位でしょうか

伏線の張り方が上手すぎて感動を覚えるくらいです1巻から匂わされていた伏線が13巻で
見事に(本当に見事すぎて、今までヒントがあったのに気づかなかった...続きを読む

Q長編恋愛ミステリー

恋愛ミステリーに挑戦したいのですが、1巻で完結してしまうものが多く
何巻かに続くものはあまり見つけられません。

・長編
・恋愛要素有
・ミステリー
・日本人作家

この条件に当てはまるものがあれば教えてください。
おねがいします。

Aベストアンサー

村上春樹の三部作(いずれも講談社文庫)

「風の歌を聴け」
「羊をめぐる冒険」(上、下)
「ダンス・ダンス・ダンス」(上、下)

はいかがですか?厳密に言うと、いわゆるミステリーではありませんが、ミステリーの要素が強く、同じ主人公がこのシリーズを通じて登場し、相手役の女性は変わりますが、内容的に繋がっています。私はこのシリーズが村上の長編小説の中では一番好きです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報