僕は昔から織田信長に興味がありました。それで信長に関する本は何冊か読んだのですが、最近信長以外の人物にも興味を持ちはじめました。というより戦国時代ってどんなものだったのか知りたくなってきました。信長に興味があったのでそれなりには戦国時代についてわかりますが、詳しく全体的なことを知りたいのです。
そこで何かいい本、できれば小説はありませんか?
教えてください、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 司馬遼太郎といえば「新撰組」が有名ですが[国盗り物語]も彼の代表作としてお薦めします。



 国を取るのでなく「盗る」とした題名の意図、これこそ将に戦国時代の申し子「斎藤道三」に相応しいタイトルです。

 派生して出てくる信長、濃姫ほか人間模様の多さと司馬遼太郎の筆の軽やかな運びに魅せられる作品です。
    • good
    • 0

私自身が司馬遼さんのファンという事もあり、お勧めするのはやはり司馬遼さんの戦国物でどうでしょうか?中でもお勧めは、秀吉の生涯を描いた『新太閤記』・秀吉の参謀であり秀吉の恐れた黒田如水を描いた『播磨灘物語』、後は変り種で戦国時代の傭兵戦闘集団?である雑賀衆を率いた雑賀孫一を描いた『尻喰らえ孫一』などはどうでしょうか?司馬遼さんの小説の面白いところは、読み終わったときにその場所に行って見たくなるところではないでしょうか。

是非、一読してみて下さい。
    • good
    • 0

織田信長に興味があるのなら、既にご存知かもしれませんが、明石散人の『二人の天魔王-「信長の真実」』という本をお勧めします。

講談社出版で、もう文庫本にもなっています。
この本自体は小説ではないのですが、他の作家とは全くといっていいほど信長に対する評価が違っているので、一読の価値ありです。戦国時代がどういう時代だったのか、理解するのにも役立つと思いますよ。
    • good
    • 0

最近読んだ本の中に、白石一郎の「海将」がありました。


小西行長の若い頃から、肥後の領地を与えられるまでがかかれていました。
私は読みやすかったのですが、いかがでしょうか?

私的には「十時半睡事件帖」が好きなのですが、以前、NHKでドラマ化されていたように戦国時代ではありません。
    • good
    • 0

戦国時代全体を網羅しているわけではありませんが、


小説でしたらやはり山岡荘八の『徳川家康』がまずおすすめです。
家康を中心として彼の父親の世代から同時代の武将たち、子供の世代に至るまで
歴史上の人物たちが大勢登場しますし、小説としてもおもしろかったです。
ながーいのがちょっととっつきづらいですが、
最初のあたりはぐいぐいひきこまれていく感じなのですぐ慣れると思います。
私は最初と最後が特におもしろかった記憶があります。
信長がかっこよかったなあ…。
    • good
    • 0

こんな本はどうでしょう?


http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30507044
少々違う角度からみる戦国時代も面白いですよ!

参考URL:http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30507044
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学の歴史について質問です。 戦国時代に織田信長が、1568年にほかの戦国大名よりも早く京都を抑え、

中学の歴史について質問です。
戦国時代に織田信長が、1568年にほかの戦国大名よりも早く京都を抑え、足利義昭を将軍としたのに、1573年に足利義昭を追放して、室町幕府を滅ぼしたのですか?

Aベストアンサー

元々、室町幕府はあまり他の大名を統制できるような力を持っていませんでした。
そして、応仁の乱を抑えられなかったことにより、完全に幕府、将軍の権力はなくなり、その時々の実力者が、自分の意向を世に広めるために、将軍の名前を使って命令をする、というような状態でした。
そのため、都合が悪くなると、将軍を退位させ、別の将軍を立てる、なんていうことも珍しくない状態でした。実際、足利義昭が将軍になる3年前には、義昭の兄である13代将軍・足利義輝が、近畿地方で一大勢力を持っていた三好氏によって殺害され、替わりに義栄が14代将軍として擁立される、ということまで起きています。

信長が義昭を将軍に添えたのも、理由としては同じです。
世の中に色々と命令などを出したいが、自分の名前で出すと周囲の大名たちの反発を生んでしまう。義輝を殺害して、義栄を擁立した三好氏と同じように信長も、義栄を追放して、義昭を擁立することで、義昭の名前を利用しようとしたわけです。
実際、足利義昭を将軍に添えてから数年で近畿地方における勢力を確立しました。
しかし、信長の力が伸びることに反発した義昭は、周囲の大名に対して信長を討って自分を助けよ、というような書状を出すなどしました。
信長としては、近畿地方をほぼ制した上に、自分の敵ばかりを作る義昭、室町幕府はもはや用無し。なので、追放し、幕府を滅ぼした、ということになると思います。

元々、室町幕府はあまり他の大名を統制できるような力を持っていませんでした。
そして、応仁の乱を抑えられなかったことにより、完全に幕府、将軍の権力はなくなり、その時々の実力者が、自分の意向を世に広めるために、将軍の名前を使って命令をする、というような状態でした。
そのため、都合が悪くなると、将軍を退位させ、別の将軍を立てる、なんていうことも珍しくない状態でした。実際、足利義昭が将軍になる3年前には、義昭の兄である13代将軍・足利義輝が、近畿地方で一大勢力を持っていた三好氏によ...続きを読む

Q【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。 戦国時代の

【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。

戦国時代の日本人口は1000万人くらい。

少なく見積もっても800万人。

で、大名に万石という土地を分け与えて国を管理していた。

そのときに3番目に多くの土地を貰っていたのは九州の大名で86万石。

天皇の朝廷
その時の天下人
でこの3番目の九州の大名

3番目の九州の大名で86万石。

日本で3番目に多くの領地を貰っている大名で最大で86万人しか食べられない。

ということは最低でも800万人国民いたとしたら、大名の数が当時の数と合わない。

本当はもっと総人口は少なかったのでは?

天下人と天皇の朝廷は大名に年貢を納めさせたので大名の万石から譲り受けたわけだからノーカウントとして、残り714万石。

あとの大名は10万石とかですよね。

当時の大名ってそんな数いませんよね?

おかしくないですか?

Aベストアンサー

士農工商のうち、武士以外が米を食っていたとでも?

Q【日本史・織田信長の死際の行動の謎】織田信長は本能寺に滞在中に家臣の明智光秀が攻めて来たという一報を

【日本史・織田信長の死際の行動の謎】織田信長は本能寺に滞在中に家臣の明智光秀が攻めて来たという一報を受けて、自分が普段座る鎮座に影武者の家臣を置いてその影武者に短い手槍を渡した。

織田信長本人は奥の間に移動して、明智光秀が攻め込む前に自害することを決意してすぐに自害用に家臣を連れて奥の間に行き介錯(かいしゃく)=自ら切腹した織田信長の首を跳ねる役の家臣を同行させて奥の間で自害した。

明智光秀がまだ攻め込こんでいないのになぜ明智光秀が攻め込むという一報を聞いて、明智光秀が攻め込む前に奥の間で自害したのか。

自害する必要がどこにあった?

なぜ織田信長は明智光秀と戦うという選択ではなく、最初から自害の道を選んでいたのか不思議じゃないですか?

おかしな話ですよね。

何かひっかかりませんか?

Aベストアンサー

光秀が攻めるときは、理詰めの確実な方法を取るはず。信長が前に出て戦闘状態になったら光秀の注文通り。
信長自身がしばらく生死不明という状況にするのが、あの夜の最善手だったからでしょう。
 事実、秀吉が引き返して山崎の合戦になったとき、秀吉側は、信長は脱出に成功、自分は信長の指示で指揮を取るという噂を流して、精神的動揺を誘ってます。

Q【歴史・安土桃山時代】安土桃山時代の100文って現在の貨幣価値で幾らですか?織田信長は安土城を地

【歴史・安土桃山時代】安土桃山時代の100文って現在の貨幣価値で幾らですか?

織田信長は安土城を地方の大名に見せるときに見学料として100文を摂取したそうです。

Aベストアンサー

当時は、金1両は約4000文でした。
1貫文は1000文で、1貫=10万円程度なので、4000文は4貫=40万円。
したがって、100文は1万円程度だと思います。
なかなか金儲けに長けている金額ですが、当時の安土城が見られるならば、私だったら1万円でもいいかな。

Q織田信長 人物相関図

織田信長の人物関係を調べているのですが、イマイチ
わからないので、どこかわかりやすい人物相関図が
あるHPなどを教えてください。

Aベストアンサー

お尋ねのサイトの案内が齎されれば言うことはないのですが、楽観できないような気もします。その際にどうしても知りたいと思われる場合に備えて本を紹介します。
「織田家の人びと」 小和田哲男  河出書房新社
本の帯…信長を軸とした織田家五百年の興亡史。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報