今まですべて振込で回収していたので、借方)普通預金と貸方)売掛金の
科目で処理ができていました。初めてですが、4日に現金回収し、7日に普通預金へ入金したのですが(その間は個人で現金を保管)、どう勘定処理したらいいでしょうか。いままで、小口の支払いも社員の立替で処理していて、現金勘定を持ったことがありません。保管していた期間のために現金勘定を立てておかないとつじつまが合わないですね。相手への領収は4日付で発行しています。
4日 現金 10000  売掛金 10000
7日 普通預金 10000  現金 10000
ということになりますか。
ということにすれば、現金初めてなので現金出納帳の作成も必要ですね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どの位厳密に仕訳を起こすかは気分の問題でしょう。


別に
7日 普通預金10000 売掛金10000 摘要 4日現金回収済
とかでも別に構わないと思いますが・・・・
事業規模と事務の煩雑さを考えて適宜判断してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラフな考え方もありますね。つい固く考えてしまうからよく迷います。小さな会社なので、参考にして見ます。ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/08 09:23

お示しのように



4日 現金  10000  売掛金 10000
7日 普通預金 10000  現金 10000

で充分です。金額にもよりますが、一時的に個人が預っていようと会社の金庫にはいっていようと、あまり重要なことではありません。


あるいは 備忘的に

4日 現金  10,000  売掛金 10,000
   仮払い金 10,000 現金  10,000(個人預り)

7日 現金   10,000   仮払い金 10,000(個人預かり)
   普通預金 10000   現金   10,000

などとするかです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

後半の考え参考になりました。回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/08 09:20

提示の通りでよいかと思います。

振り替え伝票で会計処理しているなら、現金元帳があるので、あえて現金出納帳は必要ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

振替伝票で処理しています。元帳だけでいけますね。ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/08 09:18

>4日 現金 10000  売掛金 10000…


>7日 普通預金 10000  現金 10000…



>現金初めてなので現金出納帳の作成も必要ですね…

はい。

>いままで、小口の支払いも社員の立替で処理していて…

そういうことは良くないです。
手元にいくらかの現金を常に置いておき、その都度会社の現金で支払うようにしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。現金のことは考えてみます。

お礼日時:2009/12/08 09:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

売掛金」に関するQ&A: 買掛金、売掛金とは?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプレゼントキャンペーンの支払期限はいつ?

オープン記念に申込者対象に、抽選で10名に現金プレゼントキャンペーンをすると
発表したのですが、思ったほと売り上げに繋がらず、資金不足のため、支払いを数ヶ月延ばしたいと思っています。
もちろん、きちんと払う気はあります。

キャンペーン対象が11月ということは言ってあるのですが、
いつ抽選するか、いつ支払うか、は明記していませんでした。

この場合、いつまでに支払わないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

>いつ抽選するか、いつ支払うか、は明記していませんでした。

明記していなければいつでも構わないと思いますが、客の誰か
が「抽選はいつですか?」と聞いてきたらあなたは答えなければ
なりません。
その時点で答えたことは約束になりますし、答える内容によって
は店やあなたに対する印象がネガティブに確定するかも知れません。

抽選や支払いをトボケたとしても「景表法違反」とかで訴える人
もいないとは思いますが、商売というのは法律の前に何が得で
何が損かを考えるものです。

トボケたほうが得だと考えるならそうすればいいと思います。
大袈裟にいえば、あなたの経営哲学の問題です。

Q振り込まれた売掛金を現金で返金したときの仕訳

売掛金を普通預金口座に入金されたのですが、過入金されたので、現金で返金しました。その場合の仕訳を教えてください。

はじめの売掛金の仕訳は 売掛金/売上高
入金されたときの仕訳は ○○銀行普通預金/売掛金
その次、返金したときの仕訳がわかりません。
初心者なので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最初から数字を仮定して入力したら解りやすいと思います
1.売上時  売掛金100/売上100
2.回収時  銀行 120/売掛金120
3.返金時  売掛金 20/現金 20
よって売掛金の 貸借 120/120でゼロになります
現金と銀行は無視して下さい残高のみ合えば問題ありません。

Q「[OKWave]10周年記念プレゼントキャンペーンご当選のお知らせ」というメールが届きましたが…

「[OKWave]10周年記念プレゼントキャンペーンご当選のお知らせ」
で当選したので、住所、氏名など返信するようにとのことですが、
これは本物のキャンペーンでしょうか?

Aベストアンサー

疑心暗鬼になっているのですね?
詐欺メールもある世の中なので、見分けるのは難しいですね。
信用するか、事務局へ問い合わせるかでしょうね。

Q売掛金が入金されたとき、どう仕分けたらいいのでしょか?

連日質問すいません。現在弥生会計08を使用し、自分なりに決算をして本日税務署に持っていったのですが、数字が合わずやり直しになってしまいましたのでまた質問させてください。


(1)昨年度の売掛金が、預金口座(普通預金)に入金されました。
→預金出納帳に「相手勘定科目:売掛金」「摘要:掛代金回収」の入力でいいのでしょうか?

(2)昨年度の売掛金(¥10,000)が、預金口座(普通預金)に入金されました。
しかし振込手数料(¥500)が引かれ、¥9,500の入金でした。
→預金出納帳に¥9,500は入力したのですが、振込手数料はどこに入力したらいいのでしょうか?
現金出納帳にでしょうか??
それとも、「複数の仕分けは振替伝票で」と聞くのですが、振替伝票に入力するのでしょうか?
振替伝票の場合、貸方・借方それぞれどんな勘定科目で入力したらいいのかも教えていただけると大変助かります。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

預金出納帳に9,500円が入力済ですから、残りの振込手数料500円については振替伝票で入力してください。
借方 支払手数料(又は雑費) 500/貸方 売掛金 500

これで、売掛金の貸方が10,000円となり万事OKです。

なお、ご質問の内容では、現金出納帳は関係ありません。

<仕分け→簿記では「仕訳」です。(仕分は事業仕分の場合)>

Q現金のプレゼントって有りですか?

同じ質問を他でもしましたが、再度このカテゴリで質問します。
海外に留学している彼女に誕生日+クリスマスプレゼントを送りたいのですが、考えた結果やはり現金が一番かなと考えました。そこで国際キャッシュカードに入金し(私名義)、プレゼントとして彼女のアパートに郵送しようと考えております。
料理関係で留学しているので、そのお金でいろいろ勉強がてら食べに行ってくれればと思っておりますが
女性からして現金のプレゼントって言うのはいただけないプレゼントなのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

本当に必要と思っているのなら、現金のプレゼントでも良いかもしれません。
でも、彼女は本当に現金で喜ぶのでしょうか?

確かに、海外での生活は大変かもしれません。
で、その現金で「美味しいものでも食べて元気を出してくれれば」
というあなたの気持ちも解らなくはないです。

もし私なら「彼の存在」を感じるものが欲しいです。
食事は「その場限り」なので、残りません。
「コレを見て、彼の存在を認識し頑張っていける」ようなモノを貰いたいです。

要は、彼女が「現金」というプレゼントで本当に喜ぶのかが問題ですよね。

もしかしたら、これからのあなた方の付き合いに大きく影響するプレゼントになるかもしれません。

もう既に、しっかりと考えたと思いますが、
今一度、みなさんの意見を基に、
「本当に現金で良いのか?」考えてみては??

Q期をまたがった売掛金を取り消したい時

前年度から繰り越していた売掛金が、
実際はなかったものだと気付きました。
今年度のものならばその分の仕訳を削除すれば
いいのですが、
前年度のものなのでいじれません。
これを取り消すためには、
どのように記帳すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、商業高校の教師をしております。
 前期分は、締め切っておりますので、触れません。
 帳簿には、期首に前期繰越×××(借方)
が記載されていると思います。
 前期に仕訳したもの
 売掛金/売上

 今回は、売上/売掛金
に反対仕訳をして打ち消す方法をしたらどうですか。

Q友人の出産祝い 現金かプレゼントかで迷ってます

当方30代前半です。
中学時代からの仲の良い友人が第一子を出産したので、今度お祝いを持って遊びに行く予定です。
お祝いは現金1万を包むつもりでしたが、一緒にお祝いに行く友人2人は各自プレゼントを用意したようです。
私だけ現金というのもおかしいでしょうか。現金だけというのも味気ない感じがするので、5千円+ちょっとしたベビー用品にするか、迷ってます。
私は独身で子供もいないため、相場や喜ばれるプレゼントがイマイチよく分かりません。
出産経験者の方アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1才11ヵ月の子供1人と先日2人目を出産した者です(^^)

1人目出産した時にお祝いは物ばかり頂いてお返しの内祝いでの出費が多くなって大変だったので1番嬉しかったお祝いは現金でした(^^;)

物は他の方のお祝いでかぶったり趣味が合わなかったりするので現金が味気ない感じがするとか全く思わなくていいと思います!
きっとお友達も現金が1番嬉しいと思います。
特に初めてのお子さんだったら赤ちゃんの物を見たり買ったりするのが、お母さんの楽しみになるので(*^^*)

Q保険料の戻りの仕訳

事業用の車の自動車保険の内容を変えたので、保険会社からお金が事業用の預金通帳へかえってきました。
この場合の仕訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

保険料の支払が期中なら、
預金 **** / 保険料 ****
で、戻すことが出来ます。

期をまたいでいるのなら
預金 **** / 雑収入 ****
で処理します。
 

Qプレゼント キャンペーン

プレゼント キャンペーンに応募するときどうやったら一番当たりますか?

Aベストアンサー

「どのようなところに応募するか」が重要です。
応募している会社が不動産関係ならば、学生が応募するより今後のことも考えて世帯主が応募したほうがいいでしょう。
応募している会社が食品関係ならば、旦那さんが応募するより今後も引き続き購入してほしい主婦が応募したほうがいいでしょう。
また応募内容にアンケートが必要ならば、その会社が必要としている内容のアンケートが書かれていたほうが目に付くでしょう。ただ褒めるだけよりは、ひとつ気になる点を書いていたほうが今後の運営にいいでしょう。
あとはよく目立つようにはがきにさまざまなペンで色づけすると目立つでしょう。もし箱に応募してきたはがきを全部入れてその中から選ぶとなれば派手なほうが目立って手に取ってくれるかもしれません。

しかし最終的には運です。
当たるといいですね。

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング