アメリカで大学生してるものですが、
毎日のように英語の発音の悪さに四苦八苦してます。

そこで、個人的にネイテイブにレッスンを頼む予定のですが、どなたかお勧めの本やWEBサイトご存知でしたら、
アドバイスください。
また、こうしてネイテイブなみの発音をマスターしました。
などありましたら、あわせてお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私もアメリカで留学中です。



自分のしていることは。

 常に英語で考え、英語でしゃべる。です。

 Comcomyamaさんは、英語でものを考えることが出来るでしょうか?これが一番重要なことでしょう。英語のスピーキングは、リズム感をつけることが需要になってきます。

それは、いかに速くしゃべれるということではなく、文章文章に抑揚をつることです。まず最初は、肯定文と疑問文の文章全体のイントネーション。そして単語自体の発音のリズムをつけていく・・・。

5音しか母音がない日本語しかしゃべっていないと、舌があまり英語を発音することが出来るまでにかなりの「運動」が必要ですが、ある程度、発音のリズム感を掴んでいると、理解してくれる人もいます

ということで、いかにスムーズに(しゃべる速度が速いという意味ではない)発音していくと言うことは、頭のそこから英語でしゃべるというのが一番大切です。ひとまず、日本語で物事を考えて、頭の中で英語に翻訳してしゃべっていると、頭の中は、日本語で考えているので、英語をしゃべっていても日本語でのリズム感でしゃべってしまう・・・ということで、日本語特有の、はきはきしすぎて、リズム感のない英語になってしまいます。

私のやっていることは、常に英語でものを考えるように心がけ、そして、とにかく、たくさんしゃべる。

また、留守番電話のメッセージを定期的に代えてみたりして、自分の英語を確認する。そして、ネイティブの人の発音と自分の発音が同違うかをよく聞き取ってみる。でしょう。

「レッスンを頼む」のではなくて、とにかく話して話して話しまくるのが一番でしょう。また、発音の練習と言うのは、「舌」と言う筋肉を鍛えることですので、他の運動と同じように、1週間運動を休んじゃうと、また元に戻ってしまいます。

実は、日本語での事なんですが、自分は、日本語はほとんど全然話していない状態が続いており、一週間、日本語を一言もしゃべらなかったこともありました。そうして、そういうことが続いていると、自分の日本語の発音がおかしくなってきて、時々舌がきちんと動いてくれないと言うことがありました。舌というのは筋肉の塊で、「練習」が必要。そして、その練習をしていないと、だめになって市k舞うと言うことでした。
    • good
    • 0

こんにちは!私もアメリカのボストンで大学生していました。

卒業後は日本に帰国して、今はアメリカ相手のお仕事をしています。

私自身特に発音ということで苦労した事はないのですが、質問で「英語の発音の悪さに四苦八苦.....」というのは、発音が原因で相手に通じないとか、よく「え?」などと聞き返されてることか多いのでコミュニケーションがうまくとれなく誤解が多いといったことなのでしょうか?

以前、日本語を習っている外国人に「日本語の発音は母音であるアウイエオをはっきりと発音するのがポイント!」とアドバイスした記憶がありますが、他に友人のイギリス人に、冗談でコテコテのJapanese-Englishでしゃべってやろう!!なんて時にアイウエオの母音をはっきり発音した英語で話したりします。やっぱりおかしく聞こえるらしく相手にはウケるんですが...

私が発音に関して行ってきたことは、映画やラジオ、テレビ番組などのシャドーイングと洋楽が好きなので英語でカラオケ!が主ですね。そもそも私自身はアーチストなので、五感をフルに活用して感覚で英語をマスターしたタイプです。日本の無味乾燥でクソ真面目な語学教材が大嫌いなので、帰国時に探し回って買ったお気に入りの本を紹介します。

Title:"American Accent Training"
*A guide to speaking and pronouncing American English for everyone who speakes English as a Second Language.
Author:Ann Cook
ISBN 0-8120-7763-6
Publisher: Barron's Educational Series, Inc.
Price:$39.95

です。日本人やドイツ人、フランス人特有の英語の発音の比較が載っていたり、練習も数多くあります。専門書のように小難しい内容ではなく、子供向けのような初級者向けでもありません。買って本が黄色くなってるほど時間が経っているのですが、今でもよく引っぱり出してカセットテープを聞いたりしてますよ。特に単語の発音のつながりなどは、この本ではっきりと理解できたと思います。あとは練習のみですね。

でも経験上、中には米語の発音を毛嫌う人もいますのでご注意を。

Good Luck !!
    • good
    • 0

発音が上手になるには耳がよくないといけないと英語の先生達が口をそろえて言ってたのをおぼえてます。



私は昔から英語と映画が好きでアメリカ映画をみては台詞を真似てました、そうしてるうちに自然と発音が身についてきました。

アメリカにすんでいらっしゃるのなら、テレビをみて(ニュースが一番発音がきれいだと思います)シャードーイング(後について発音していく)するのも良い練習だと思います。
アメリカには日本以上にお金掛けなくてもどこでも発音だけでなく英語を身につける素材はいっぱいあるとおもいます。がんばってください。
一つ参考になるかわかりませんが、URL乗せます。
もしかしたら優しすぎるかもしれませんが。:)

参考URL:http://www.netryugaku.com/index.shtml
    • good
    • 0

 ネイティブに発音を習うようですが、プロの方ですか。

失礼なことを言っていたらごめんなさい。謝ります。プロなら問題ないのですが、ネイティブでも発音の説明がきちんとできない人は多いです。わたしの経験ですがプロなのにダメな人もいます。ホントに彼らはプロかしら、と首を傾げたくなります。
 さて、わたしがお勧めするのは「30音でマスターする英会話」と「英語・発音・語彙」です。URLをご覧下さい。日本人に英語の発音を教わるなんて、と思わずに行って見てください。読み応えがあります。ネイティブの彼らが答えられなかった英語と日本語の発音の違いがよくわかりました。参考になると思います。

 

参考URL:http://www.awa.or.jp/home/uda/,http://www.scn-ne …
    • good
    • 0

★alamoana★と申します。



今まで,ずっとアメリカ英語の表現と発音に
気を使ってきました。
アメリカ人「以外」のネイティヴ・スピーカーには,
「あなたはアメリカ人のようですね」
と言われていますので,一応自信はあります。

私がアメリカ人のように発音できるようになった秘訣
は以下のとおりです:

●アメリカ発音とイギリス発音の違いが明記されている辞書
をずっと使ってきた。

●各単語のアメリカ発音のほうの発音記号をよく見て,
そのとおりに発音できるようになるよう,練習してきた。

●コツは,最初は分析するようにゆっくりと,そして,
だんだん速く,ナチュラルに発音できるようにしていく。

●練習した発音の単語を意図的に北米人(アメリカ人,カナダ人)
との会話の中で使うように心がける。

●事情がゆるせば,北米人に,その単語を発音してもらうように
頼み,自分の発音と比較する。

●各単語の発音だけでなく,文として話されたときの聞こえ方
にも注意を払う。たとえば,

(1) What are you going to do?

は,

(1)' Waddayagonna do?

などと聞こえることを認識する。

●それを認識した上で,(1)を単語ごとにはっきり発音したものが
なぜ(1)'のように聞こえるようになるかを,
(1)をすばやく発音することで確認する。

●このように,単語が「かたまり」として発音されたときの
聞こえ方というものも認識し,自分と
ネイティヴ・スピーカーの発音の違いを注意深く観察する。

***

こんなところでしょうか。
以上,ご参考になれば幸いです。

頑張ってください。
    • good
    • 0

下記URLにある「ハミングバード」さんの広告をよくUSの雑誌で見ました。


でも実際に良いかどうかはわかりません・・・・・。

あと、私が発音の練習の為にしたことは(帰国子女ですが、そんなにめちゃくちゃ
幼い頃から行っていたわけではないので、最初はめちゃくちゃな発音でした)
結構、恥ずかしいのですが自分が好きなアーティストの歌を歌詞カードを見な
がらとにかく同じように歌うんです。声に出して。最初はついていけないような
早い曲なども、何度も何度も聞いて歌って、発音がわからなくてもとにかく
耳で聞いたとおり、そのアーティストの歌い方を真似して歌っていました(笑)。
結局、そのアーティスト、または曲が好きだからいつも聞いているわけで、
いつも聞いているとそうとう聞き込んでいることになり、何度かやっているうちに
結構自分でも気持ちいいように歌えるようになります・・・・っていうことを
やっていると、気付けばなんとなく発音ってわかってますよ!
ちなみに、まあこの練習だけが理由ではないでしょうが、今では私でも一応
発音はnativeと同じ、と日本人からも現地の人からも言われます。

参考URL:http://www.humming.co.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q毎日5分ランニング ダイエット効果について教えてください。

21歳女です。
最近、体のお肉が気になりだしてランニングダイエットを始めました。

毎日5分走るだけでもダイエット効果があると友人から聞いて5分程度の筋トレ+5分ランニングを毎日と食事制限を行っています。

ですが、他のインターネットサイトを見てみるとダイエットには20〜30分を3日に1回程度が効果的と書いてある記事を見つけました。

やはり毎日5分では健康増進程度の効果にしかならないのでしょうか?
20〜30分の時間は少し抵抗があり、何より飽き性なので3回に1回程度だと自然消滅してしまいそうで、、、わたしの性格には合ってないと思います。

また、毎日5分のランニングでも痩せた経験のある方などおりましたらどのくらいの期間で効果が出たのかなど、教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

そのわずかな時間でも確かにやらないよりはやった方が良いという程度だと思います。
筋トレすれば筋肉がついて、基礎代謝が上がり、獲ったエネルギーを燃やしてくれるのです。脂肪を消費するには有酸素運動が欠かせませんが20分以上でないと効果は期待できないと言われています。

私も退職してから時間があるので色々と試みました。
退職時から約2年間近く筋トレ(腹筋、腕立て伏せ、スクワット等)30分、ストレッチ10分、有酸素運動(散歩)40分以上、毎日やってきました。
食事制限は無しでしたが約10kg余り痩せました。

今は維持することを目的に中身を少し軽くしていますが、有酸素運動は8,000歩以上毎日持続しています。
筋トレはやる量、時間を減らし、負荷を少し上げて効率的に3つのパターンを作り中2日空けて筋力の超回復を図るようにしています。

体内年齢も20歳以上若くなっています。肩こり、膝痛、頻尿なども全く無くなりましたので今後も継続します。記録しながらやっています。
やりだしたら案外それが当たり前になり、今は全く苦に感じません。

運動は現代病、ガンなどにも効果があると言われ、様々な病気に対する抵抗力がつくことが言われています。

食事制限で体重バランスを取ることは、危険なリスクがあることも判っています。とにかくしっかり食べて筋力をつけ、関節痛も身体を動かすことで防げる構造になっていることに気づかされました。

貴女も10分とか言わず、テレビ観てる時なども利用して極力毎日行う習慣をつけてみて下さい。継続することで実感が必ず得られます。

そのわずかな時間でも確かにやらないよりはやった方が良いという程度だと思います。
筋トレすれば筋肉がついて、基礎代謝が上がり、獲ったエネルギーを燃やしてくれるのです。脂肪を消費するには有酸素運動が欠かせませんが20分以上でないと効果は期待できないと言われています。

私も退職してから時間があるので色々と試みました。
退職時から約2年間近く筋トレ(腹筋、腕立て伏せ、スクワット等)30分、ストレッチ10分、有酸素運動(散歩)40分以上、毎日やってきました。
食事制限は無しでしたが約10kg余り...続きを読む

Qオンラインレッスンでの発音練習

オンラインレッスンに通い始めました。
発声の教材は20種類ほどあります。

しかし、RとL等の発音は一度のレッスンの30分では身につかないと思うのです。
数年外国で暮らしていても、相手が自分の発音を理解できないときがあると聞きます。
同じく、Sの発音の違い等も身につかないと思います。
(個人的な意見であり、間違っていたら大変申し訳ないです)

なので、このレッスンを受けることはあまり有効な時間活用ではない。かなと思っています。
発声練習は、先生の発音を自分がとにかく繰り返し発音します。
もちろん、間違えたことを矯正してくれます。

RとL、Sの違い、fとvの発音等、どうしても最初から日本人が難しい発音があると思います。
このようなレッスンは受けて良いのではないかなと思っています。

どのように発声レッスンは受けるべきでしょうか?
(RとLは2時間以上はマンツーマンで講師に徹底的に指導してもらって、体に染み込ませる等。)

初歩的な質問で大変恐縮です。ご指導いただけると光栄です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

それはとらえ方の問題です。間違いなく一日25分の講義で英語が話せるようにはなりません。
レッスンは、スクールであれネットであれ、実践の場の提供です。
日常的には、個人的に毎日、より多くの練習をする必要があります。
週1~2回英会話学校へ1年通っても、全く話せないであきらめる人が多いのは、
スクールへ通っていれば達成できると勘違いしているからです。
大切なのは個人的な家庭学習の方です。発音にしても同じです。
初期には毎日1~2時間、同じCDを合計で100回以上聞くことは常識ですが、
レッスンより自習の方にはるかに時間をかけないといけません。
授業で教わらなくてもLとRやfとvなら身に付きます。
コツならネット検索でも得られるし、youtubeでもやってます。
スクールやネット英会話をただの学習の場にするのはもったいない事ですよ。
自分の力を試す場にしたいですね。そこでアドバイスを受けたならもうけものです。
LとRの発音練習に退屈な2時間をかける必要はありません。
確認してもらえるレベルまでは自力で持っていきましょう。
どうしても要領を得ない場合はもちろん、質問できる事はレッスンの特権です。
自習で、毎日英語の音声を聞いていますか?
同じCDを100回以上聞いて来ましたか?
1例文5秒程度の英文を、リピートで50回聞けば耳がなじみます。
通しで聞くのはすべて100回聞いた後でOKです。
全例文を100回聞いたら、通しで100回聞いたらどうでしょうか?
英語の出来る人はみなやって来た事だそうですよ。私はその過程ですが。
くだらないCDを200回も聞かなくてもいいですけどね。気に入ったのがあれば。

それはとらえ方の問題です。間違いなく一日25分の講義で英語が話せるようにはなりません。
レッスンは、スクールであれネットであれ、実践の場の提供です。
日常的には、個人的に毎日、より多くの練習をする必要があります。
週1~2回英会話学校へ1年通っても、全く話せないであきらめる人が多いのは、
スクールへ通っていれば達成できると勘違いしているからです。
大切なのは個人的な家庭学習の方です。発音にしても同じです。
初期には毎日1~2時間、同じCDを合計で100回以上聞くことは常識ですが、
レッス...続きを読む

Q口笛を毎日5分以上吹けば頬がこけるというのは本当ですか?

口笛を毎日5分以上吹けば頬がこけるというのは本当ですか?

Aベストアンサー

嘘でしょう。
頬の筋トレになるだけです。
だから頬の筋肉がついたら、少し顔つきは変わるかもね。

Qハミングバード英語学院と津田塾会の発音レッスン

発音の勉強をしたいと思ってます。

現在、都内にある「ハミングバード英語学院」と「津田塾会」のレッスンに興味をもっているのですが、通学している方はいらっしゃいますか? 又は、評判などご存知ですか?

私は基本的に自宅で独学より、スクール通いの方が自分には合ってるのですが、発音、アクセント、イントネーションを独学(or 通い)で勉強している方がいらっしゃいましたら、参考にさせて下さい。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは
津田塾会については何も知りませんが、現在ハミングバードに
通っている者です。
まだ入門コース(全12回)の後半ですが、引き続き延長コースを
取ろうと思っています。
理由は、たった12回では物足りなく、本当に「基礎」だけで
終わってしまうので応用力をつけたいからです。
英会話レッスンもあるので、先々それも受けようかと思っています。
渋谷にあるビルの十階の教室の雰囲気は、こじんまりしていて
アットホームで良い感じです。日本人の女性にしかあたったことが
ありませんが、先生も熱心で丁寧です。
英語の発音を日本人に習うのか?と思われるかもしれませんが
口の中の舌の動きとか、顎をどう動かすか、顔の筋肉はどうか
などをこと細かく説明されるので、日本語でないと理解
できません。
入門は、本当にアルファベットA・B・C・・・から発音練習します。
これがあなどれない。難しいし、毎回「目からウロコ」の体験です。

私が思うに、発音練習というのは「頭脳」より「身体」に深く
関わる領域です。
つまり「勉強」より「エクササイズ」と思った方がここの練習方法に
早く馴染めると思います。
恥ずかしがっていてはできません(笑)
また、ヨガとか舞台経験とかで腹式呼吸をマスターしている人、
自分の身体をリラックスさせるコントロール能力がある人は
絶対的に有利です。
そういうことができなくても、ここでの発音練習を通して
腹式呼吸やリラックス法など考えざるをえないようになるでしょう。
といっても、別にジャージ姿で汗を流すわけではないんですが(笑)
だから、「勉強」の延長のつもりで「英語ができるようになりさえ
すればいいのよ」「リスニングとスピーキングのコツをはやく
教えてよ」みたいなせっかちなスキルアップを目指す人は
イライラするかも・・・。
私は、英語の勉強を2年ほど続けて壁にぶちあたっていて、気分転換の
つもりでここに通いはじめたので、最初から「ゆるゆるモード」
だったんです。これが逆に良かったのかなと思います。
もちろんいいかげんに通っているわけではないですよ。
授業料のモトはとらなくちゃいけないですから(笑)
家でも、練習はわりと真面目にやっています。
でも本当に「楽しくエクササイズ」の感覚ですねえ~(笑)

かんじんの効果ですが、私はまだ入門コースなのでなんとも
言えないですね。
でも、以前よりTVから聞こえてくる英語が聞き取れる率は
上がっている気はします。「ふと耳に飛び込んでくる」感じ。

最後に注意点がふたつ。
ひとつ目は、予約制なのですが希望の予約日時を取るのが
至難のわざ。結局第三希望くらいまで出して第三希望でようやく
決まるという感じです。これは改善してほしい点です。
ふたつ目は、ここでの発音はアメリカンイングリッシュです。
イギリス式の発音を身につけたいのなら、他を探した方がよいです。

こんにちは
津田塾会については何も知りませんが、現在ハミングバードに
通っている者です。
まだ入門コース(全12回)の後半ですが、引き続き延長コースを
取ろうと思っています。
理由は、たった12回では物足りなく、本当に「基礎」だけで
終わってしまうので応用力をつけたいからです。
英会話レッスンもあるので、先々それも受けようかと思っています。
渋谷にあるビルの十階の教室の雰囲気は、こじんまりしていて
アットホームで良い感じです。日本人の女性にしかあたったことが
ありませんが...続きを読む

Qこれから毎日5分瞑想をやっていきたいと思うのですが、効果としてはどのような事がありますか? 過去にい

これから毎日5分瞑想をやっていきたいと思うのですが、効果としてはどのような事がありますか?
過去にいじめられた事があり心の調子が良いともいえない状態なのですがこれらにも効果はありますかね?

Aベストアンサー

瞑想の効果は
・習慣的に行えば頭脳が明敏になる
・人格が改善され、人間的に成長する
・心が穏やかになり落ち込みにくくなる
5分はちょっと短いですね。
慣れたら10~20分ぐらいはやってみましょう。
専門的に言えば自律神経系の調整です。
ストレスが繰り返し起こし継続すると交感神経系は闘争,闘争反応が
起こりやすくなり心身のトラブルになります。
注意すべきはメリットがあればデメリットもあるということです。
人によって「自律性開放」という反応が現れることがあります。
感覚反応,運動反応、自律反応,感情興奮、幻覚反応です。
ちょっとおかしいなと思ったら止めましょう。
数日休んで再開すれば良くなります。
人の脳は不思議ですね。
瞑想で穏やかな気持ちを持てるようになったら、一歩踏み出しましょう。
良い考えは実行して初めて活かせます。

Q発音の矯正本とLの発音

アメリカに留学中の者です。
9月のクォーターから普通の授業を取り始める予定で、今はESLだけ取っています。

先生に他の英語の力に比べて発音だけ一段階下に位置してると言われました。
自分でも母音の使い分けは正直意識してない、というかできない、と思っています。
日本語でいう「あ」です。
あとLも苦手です。Rは大丈夫なんですが…。

発音の矯正にオススメのCD付本がありましたら、教えてください。

あと、Lの発音の仕方なのですが、2ヶ月通っていた私立の語学学校では、
舌を見せるようにして発音するように教わりました。
本当は舌の先をちょっと丸めて上の歯の裏に付けますよね。
でもそれは今の私には高度だから、舌を見せる方法でとりあえず慣れなさい、と言われました。

今の大学のESLでは上記の本物の方法じゃないと駄目~って言われます。
私はとりあえず舌を出す方法で慣れたいと思っていたのですが、やっぱり最初から本物の方法を練習するべきですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1ですが、私が音声学を勉強したのはもう30年も前のことになりますので、お薦めの本はちょっと分かりません、ごめんなさい。

「舌を見せる」というのはアッカンベーをするようになさっていたとのことですが、それではLの発音は全くできないのではないでしょうか。語学学校の先生の言わんとしていたことがよく理解できません。

Lを発音するために必要なことはあくまでも舌の先を歯の根もとの歯茎のふくらんだところに押しつけるということです。これなくしてはLの音とは認識されないと思います。

vowels の発音より簡単な、たとえばappleで説明したいと思いますが、よくカタカナで書けばアップルよりアポーが近いと言いますよね。このポーと発音するときに舌の先を歯茎に押しつけたまま離さずに音を出してみてください。

ただの日本語の「アポー」の発音だと、舌の先はどこにもつけずにやりますが、英語の場合は舌の先を歯茎に押しつけたままでするといいのです。

vowelsの場合ですが、最後のsを抜かしてvowelだけで練習してみてください。このvowelを発音したとき、舌先の位置はどこで終わっていますか?歯茎に押しつけられたままで終わるのが正解ですよね。
そのあとにsが来るのですから、すぐに[z]の発音に移行すればいいわけで、[z]の音を出すときに舌先を歯茎から離せばいいのです。
ただし、日本語のラ行のように舌先で歯茎をポンとはじいてしまってはいけません。くっつけていたものを離すだけです。

#1ですが、私が音声学を勉強したのはもう30年も前のことになりますので、お薦めの本はちょっと分かりません、ごめんなさい。

「舌を見せる」というのはアッカンベーをするようになさっていたとのことですが、それではLの発音は全くできないのではないでしょうか。語学学校の先生の言わんとしていたことがよく理解できません。

Lを発音するために必要なことはあくまでも舌の先を歯の根もとの歯茎のふくらんだところに押しつけるということです。これなくしてはLの音とは認識されないと思います。

vowe...続きを読む

Q少しの時間遅刻する人・・5分とか

いますよね、題名どおりです。
その人たちの神経がわかりません。だらしないのでしょうか?

ちなみに、友達との待ち合わせなどでは5人集まれば1人はいます。
会社でも毎日5分きっかり遅刻する人がいます(5人しかいないのですが
その人が店では一番上なので皆何も言わない)。
辞めた前の会社でも同じ人いました。

一番分からないのは、30分も遅れるというのなら電話なりして
遅れる旨連絡来るけど、5分ほどの遅れだから悪びれる様子はないんです。
5分位だったら走って来いよ!と思うんですが・・・。
やっぱダラシナイだけなんでしょうか。
それにイチイチ腹をたてていらいらする私は小さい奴なんでしょうか。

Aベストアンサー

#2の方のご意見になるほど~…とうなずいたところで、私の経験談ですが…

私は時間より5分以上は早めに行動するタイプなんですが、私の友達は遅れがちな人が多いんです。
特に、いつも遊びに行く友達が5~10分は必ず遅刻して来てたんですが、ある時から割り切って私もその人との待ち合わせに意識して遅れるようにしてみました。わざと電車を1本遅らせてみたりして…
そのうち、相手の方も待つ身の辛さ(?)が分かったらしく、時間きっかりに来るようになりました。
作戦成功です。

ただし、相手が安心してより遅れるようになる可能性もあるという諸刃の剣…なので、私の場合はたまたま成功しただけかも。
それに仕事などでは使えませんね。

相手に「早めに来て」といったことが言えない場合や、自分で待ち合わせ時間を決められない場合などは、5分程度の遅れははじめから覚悟して、気にしない方がいいと思います。
相手が時間にルーズなのはその通りなのですが、一つ一つ気にしてたら身が持ちませんよ(^^;
多分、その人たちは他のところでも同じように思われているんでしょうし。
さすがに30分以上遅れられると「連絡ぐらいしてよ!」って気になりますが…

#2の方のご意見になるほど~…とうなずいたところで、私の経験談ですが…

私は時間より5分以上は早めに行動するタイプなんですが、私の友達は遅れがちな人が多いんです。
特に、いつも遊びに行く友達が5~10分は必ず遅刻して来てたんですが、ある時から割り切って私もその人との待ち合わせに意識して遅れるようにしてみました。わざと電車を1本遅らせてみたりして…
そのうち、相手の方も待つ身の辛さ(?)が分かったらしく、時間きっかりに来るようになりました。
作戦成功です。

ただし、相手が安心...続きを読む

Q『L』の発音と『N』の発音

”link”や”doll in it”は『L』の発音と『N』の発音が連続します。
発音する時、『L』『N』共に前歯の後ろに舌をあてると思います。
ネイティブスピーカーなど正しい発音をする人はこの時、舌を上につけたままにするのでしょうか?
それとも『L』の後一度離し、『N』でまたつけるのでしょうか?
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 舌の動きについて再度明確にしておきたいと思います。

 /l/も/n/も子音の音を生成する場所=「調音点」が同じ「歯茎音」(上歯茎の裏側で閉鎖が行われる)ですので、/ln/と連続する場合には舌先が離れることはありません。(更に詳しくは、/l/は舌の側面から息を出すので「歯茎側面音」、/n/は『歯茎鼻音」と呼ばれます。)


 例:illness, wellness, kilnなど ←試しに発音してみてください。

 /lt/や/ld/でも同様です。

 例:volt, coldなど

 一度歯茎から「舌先が離れる」ということは、子音を発音するときの必要条件である舌や唇による閉鎖や狭窄がなくなることですから、その間はたとえ一瞬でも母音が発せられることになります。当然弱母音ですから/ə/になります。

 例:fallen [fɔ:lən]など

Q朝礼を始業5分前にすることは合法?

細かい話なのですが、10時始業の会社で9時55分から朝礼を始めるので、それまでに出社してくださいと言われました。細かい話ですが、これって、9時55分から仕事を始めるということなので、5分に対する給料は請求できるのでしょうか?
たとえば、毎日5分早めに出勤して200日/年として2年後に退職=残業代の時効は2年なので400日=2,000分=33時間=5万円(時給2,000円くらいとして)になりますか?

Aベストアンサー

当然勤務時間です
しかし、それを言い出したら 会社側は社員が所定の休憩時間1時間なり以外に 少しでも休憩(トイレに行く時間やお茶を飲む時間を含む)したら その分を就業時間から除外することになります。
どちらがいいですか

Qhaveの発音について haveの発音hǽv はh

haveの発音について
haveの発音hǽv はhが消えると記述されていました。そして実際は əvである。
なぜəvなのでしょうか?hが消えるならǽvなのではないでしょうか?

Aベストアンサー

 haveの発音を辞書で確認すると、大体/hæv/と/(h)əv/の二つが確認できると思います。前者は本動詞で使われるなどで強アクセントを受けたとき、後者は助動詞として使われるなど弱アクセントのときの発音です。

 強母音/æ/を伴う[hæv]の時は強アクセントを伴いますので/h/は脱落しません。弱母音/ə/を伴う/həv/の時は弱アクセントですので勢いがなく、無声音の/h/が脱落して/əv/になったり、弱母音/ə/まで脱落して/v/になってしまうことが生じます。

 元々/h/は息の勢いだけで発音される無声音ですから、文中でアクセントがないと脱落しがちです。ですからshould haveなどを作家などでもshould ofと綴る人がいる程です(庶民の会話などで)。/ə/もshould'veと短縮形で綴られるように頻繁に脱落します。


人気Q&Aランキング