よろしくお願いします。
今年11月に結婚、今月初めに主人の会社から年末調整の書類が送られてきました。
会社の労務士の方に書き方を教えてもらい、一昨日提出しました。

私は今年2月に勤めていた会社を退職し、現在専業主婦です。
先日、源泉徴収票を退職した会社から取り寄せると年間収入18万円でした。

主人の年間収入は400万に少し届かないくらいです。

この場合配偶者控除で38万円の控除を受けられるそうなのですが、これはまるまる38万円をいつか決まった時期にポンと振り込まれるものなのでしょうか?
それはいつで、私の場合はどの時期で、手続きはどのようにすればよろしいのでしょうか?

そもそもポンともらえるというのが間違っていて、他の質問の回答者の方がおっしゃっていたように、税率ナントカで主人の来年の住民税、所得税が少し安くなるだけなのでしょうか。

主人の会社の労務士にはなんとなくそこまでは聞きにくくて・・・
どなたか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>この場合配偶者控除で38万円の控除を受けられるそうなのですが、これはまるまる38万円をいつか決まった時期にポンと振り込まれるものなのでしょうか?



いいえ、夫が配偶者控除を受けられて38万の1割から2割ぐらいの金額の税金が安くなるということです。
質問者の方がその金額をそっくりもらえるということではありません。

>それはいつで、私の場合はどの時期で、手続きはどのようにすればよろしいのでしょうか?

ですからあくまでもらえるのは夫であり

>会社の労務士の方に書き方を教えてもらい、一昨日提出しました。

手続きとしてはこれで済んでいます。

>そもそもポンともらえるというのが間違っていて、他の質問の回答者の方がおっしゃっていたように、税率ナントカで主人の来年の住民税、所得税が少し安くなるだけなのでしょうか。

まさにそういうことです、一応安くなるのは夫の今年の所得税と来年の住民税です。

質問者の方自身は

>先日、源泉徴収票を退職した会社から取り寄せると年間収入18万円でした。

この源泉徴収票の源泉徴収税額の欄に数字が入っていませんか?
入っていれば税務署で確定申告をすればその金額がそっくり戻ってきます。

質問者の方の住所を管轄する税務署に行きます。
確定申告は還付の場合ですと税務署も年明け早々の1月頃から受け付けています、このころはまだ人もまばらで職員もヒマなので結構親切に教えてくれますよ。
2月半ばを過ぎると一般の個人事業の人が確定申告のために殺到して戦争状態です、初心者がゆっくり説明を聞くなどという時間は殆どないのでなるべく早めに行くと良いでしょう。
確定申告の際に必要なものは会社からもらった源泉徴収票と印鑑です。
それから還付は振込みになりますから口座の判るもの、キャッシュカードや預金通帳、あるいは必要事項、金融機関名(銀行、信用金庫、信用組合、郵便局)、支店名、口座種別(一般には普通預金口座でしょうが)、口座番号、口座名義人(当然本人自身になりますが)をメモして行ってもいいでしょう。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご丁寧に教えていただきありがとうございました!
こちらで聞いて良かったです!

お礼日時:2009/12/10 14:05

>この場合配偶者控除で38万円の控除を受けられるそうなのですが…



配偶者控除は夫の税金に関わる話です。

>それはいつで、私の場合はどの時期で、手続きはどのよ…

夫の税金に関わるだけですから、この件に関する限り、あなたは何もすることはありません。
夫が会社員等なら年末調整前に会社に『扶養控除等異動申告書』を会社に提出。
年末調整に間に合わなかったとか、会社員等でない場合は、3/15 までに「確定申告」。

>これはまるまる38万円をいつか決まった時期にポンと振り込まれるものなのでしょうか…

そんな虫のいい話ではありません。
夫の課税される所得が 38万円少なくなるだけです。

>税率ナントカで主人の来年の住民税、所得税が少し安くなるだけなのでしょうか…

「所得税」は今年分で、400万ほどなら税率は 5%か 10%ですから、19,000円か 38,000円の減税です。

「住民税」は翌年分が一律に 33,000円安くなります。

どちらも夫の税金が安くなるだけであって、あなたのポケットマネーが増えるわけではありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 7
この回答へのお礼

おー!わかりやすい回答ありがとうございました!
夫の税金安くなるならいくらかは助かります。

お礼日時:2009/12/10 12:05

はじめまして、よろしくお願い致します。



>この場合配偶者控除で38万円の控除を受けられるそうなのですが、これはまるまる38万円をいつか決まった時期にポンと振り込まれるものなのでしょうか?

>源泉徴収票を退職した会社から取り寄せると年間収入18万円でした

年収が18万円?180万円の間違いですか。

そもそも、余分に支払った税金分が還付されるだけです。
年収18万円では、千円ぐらいもどるぐらいです。

補足要求します。失礼ですが年収は本当はいくらですか。

この回答への補足

わかりにくくてすみません。。けど18万円なんです。
今年1月から2月15日までの給料です。
2月15日に退職してから現在まで仕事はしていないので年間収入18万円なんです。。。

補足日時:2009/12/10 11:51
    • good
    • 5

還付になるのはご主人で


金額は、配偶者控除の38万に税率を掛けた金額位
 (税率5%で19000円、税率10%で38000円)
年末調整をした時に、今までの源泉分の合計と、実際の税額を比べて(新たに配偶者控除の対象になったので当初より税額は少なくなる)
その差額が(多く払いすぎた分)が戻ってきます
通常なら12月の給与支払日に還付がされます・・給与明細の所得税欄が-○○円になっています・・この金額が還付分
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!わかりやすい回答ありがとうございました!
今月末にもらう給与明細で確認してみます。

お礼日時:2009/12/10 11:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q配偶者控除、配偶者特別控除でいくら税金が変わりますか?

サラリーマンの妻です。
夫の年収は510万円程で、家族は夫婦二人だけで子供はいません。私の収入は年末までで、多くて80万円です。よく、配偶者控除38万円、38万円が受けられると言いますが、それが反映されて私の条件で実際にはいくら税金が変わるのでしょうか?
目先の数字に目がいってしまいがちですが、まだ子供もいないので、控除を考えずに働こうかなとも考えているのでよろしくお願いします!

Aベストアンサー

配偶者控除や配偶者特別控除は、所得控除ですので、実際に税金として反映されるのは、控除額に税率をかけた金額となります。

それと、今年から改正により、従来は、配偶者控除と配偶者特別控除がダブルで控除できたのが、配偶者控除を受ける人は、配偶者特別控除が受けられない事となってしまいました。
ですから、bostonian-mxさんの給与収入が103万円以下であれば、従来は38万円の配偶者控除プラス、その所得に応じた配偶者特別控除が最大38万円別に受けられたのですが、今年からは38万円のみとなりました。

参考までに、配偶者特別控除は廃止された訳ではなく、配偶者控除から外れる給与収入103万円を超える人のうち、141万円未満までの人に対しては、所得に応じて最大38万円の控除を受けられます。

ですから、ご主人の年収から所得等を推計すると、税率で言えば10%の区分ですので、配偶者控除38万円を受けられなくなった場合の税額は、38万円×10%=38,000円で、さらに現在は定率減税が20%ありますので、38,000円×80%=30,400円が、ご主人の負担が増える税額となります。
しかし、扶養から外れても、141万円未満の場合は、配偶者特別控除が受けられますので、それぞれの所得に応じて#1の方が掲げられているサイトで控除額を割り出し、それに8%かけた金額が税額として反映される金額になります。

と仕組みは説明しましたが、#1の方が掲げられているサイトのシミュレーション、良くできていていいですね(^^;

配偶者控除や配偶者特別控除は、所得控除ですので、実際に税金として反映されるのは、控除額に税率をかけた金額となります。

それと、今年から改正により、従来は、配偶者控除と配偶者特別控除がダブルで控除できたのが、配偶者控除を受ける人は、配偶者特別控除が受けられない事となってしまいました。
ですから、bostonian-mxさんの給与収入が103万円以下であれば、従来は38万円の配偶者控除プラス、その所得に応じた配偶者特別控除が最大38万円別に受けられたのですが、今年からは38万円のみとな...続きを読む

Q専業主婦・収入が38万円を超えます。

はじめまして。
ご相談させてください。

私は育児休業を取得していましたが子供の看病のため会社を退職、
今年4月から専業主婦になり夫の扶養に入りました。

育児休業中の今年(2013年)3月からインターネットビジネスを開始し、毎月10万円程収入を
得ています。
パートなどの給与所得ではない場合は年38万円を超えると税金面の扶養から外れるということ、
年130万円を超えると社会保険(健康保険・年金)の扶養から外れるということを知りました。

私は給与所得ではなく個人でやっているネットビジネスなので税金面の扶養からは完全に
外れますが、年130万円には収めるつもりでいます。

そこで質問です。

(1)私は確定申告をするつもりでいるのですが、今年(2013年)3月からの収入だと確定申告は
2014年2月からの確定申告で行えばいいのでしょうか?

(2)来年行う確定申告は、開業届を出していない場合経費などを差し引くことはできないのでしょうか?

(3)いずれは控除のため青色申告を目指しているのですが、青色申告をするには開業届を出さなくてはいけないのでしょうか?

(4)年38万円を超える収入を得た場合、住民税の徴収はいつから行われるのでしょうか?
また、38万円を超えた時点で何か区にに届け出などをするのでしょうか?


素人で申し訳ありません。
よろしくお願い致します。

はじめまして。
ご相談させてください。

私は育児休業を取得していましたが子供の看病のため会社を退職、
今年4月から専業主婦になり夫の扶養に入りました。

育児休業中の今年(2013年)3月からインターネットビジネスを開始し、毎月10万円程収入を
得ています。
パートなどの給与所得ではない場合は年38万円を超えると税金面の扶養から外れるということ、
年130万円を超えると社会保険(健康保険・年金)の扶養から外れるということを知りました。

私は給与所得ではなく個人でやっているネットビジネスなので...続きを読む

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>(1)…今年(2013年)3月からの収入だと確定申告は2014年2月からの確定申告で行えばいいのでしょうか?

はい、大丈夫です。

「所得税の確定申告」の受付期間は「2/16~3/15」で、「前年の1月1日~12月31日に生じた所得」を申告して、「所得税の精算」を行います。

『No.2020 確定申告 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

つまり、「2013年(平成25年)1月1日~12月31日に生じた所得」は、「平成26年2月から始まる【平成25年分】所得税の確定申告」で申告します。

『Q2 所得税の確定申告は、いつからいつまでにすればよいのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q02

ちなみに、「3/15以降は申告できなくなる」わけではありません。

『No.2024 確定申告を忘れたとき』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm

>(2)…開業届を出していない場合経費などを差し引くことはできないのでしょうか?

「開業届」は、あくまでも、「このたび事業所得を申告することになりました」という届け出なので、「必要経費の計上」とは直接の関係はありません。

ただし、「開業届」とともに「事前承認」を受けておかないと「青色申告の特典(税の優遇)」は受けられません。

※「青色申告」ではない(事業所得などの)申告=白色申告

『個人事業の開廃業等届出書は、出さないと怒られる?』
http://kojinjigyou.columio.net/

>(3)…青色申告をするには開業届を出さなくてはいけないのでしょうか?

上記の通りです。

>(4)年38万円を超える収入を得た場合、住民税の徴収はいつから行われるのでしょうか?

「【平成25年分】所得税の確定申告」を行うと、平成26年(2014年)の6月くらいに、「平成26【年度】個人住民税」の納付書が届きます。

なぜかといいますと、「所得税の確定申告」は、「個人住民税の申告」を兼ねているからです。

『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08

ちなみに、「個人住民税の申告」は、「無収入でも、原則、要申告」としている市町村も多いので、詳しくは【お住まいの市町村】にご確認ください。

(多摩市の場合)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』
http://www.city.tama.lg.jp/16853/11/14703/003807.html
(福井市の場合)『個人の市民税>申告の仕方』
http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#01_shinkoku
>>学生等で所得のなかった人の申告 -全員申告が基本です-

>…38万円を超えた時点で何か区にに届け出などをするのでしょうか?

「所得税」「個人住民税」ともに、「【年間の】所得金額」で税額を算定しますので、「途中経過の報告(届け出)」は不要です。

ちなみに、「税務申告に関すること」は、「収入(売上)」ではなく、「所得金額」で考えます。

『一宮市|所得金額とは』
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shiminzei/guide/shiminzei/syotoku.html

*****
(参考)

>…年38万円を超えると税金面の扶養から外れる…

「税金の制度」には、「【tigger69さんが】扶養に入る・外れる」という制度はありません。

【ご主人が】、「配偶者控除」という「所得控除」を【申告できなくなる】ということです。

※ちなみに、前述のとおり、【所得金額で38万円】です。

なお、

・「【tigger69さんの】年間の合計所得金額」が「38万円」を超えても、
・「【ご主人の】年間の合計所得金額」が「1千万円」を超えなければ、
・【ご主人は】、「配偶者【特別】控除」を申告することができます。

『No.1191 配偶者控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
『No.1195 配偶者特別控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

※ちなみに「年間の合計所得金額」は、「青色申告特別控除」を控除した後の「事業所得の金額」で計算します。

>年130万円を超えると社会保険(健康保険・年金)の扶養から外れる…

「健康保険の被扶養者」の認定基準は、「保険者(保険の運営者)」によって違いがあります。

たとえば、以下のような「認定基準」の保険者もありますので、【ご主人の加入している健康保険】の認定基準をよくご確認ください。

(リクルート健康保険組合)『被扶養者認定:自営業を始めたばかりで収支が赤字です。扶養申請できますか?』
http://kempo.recruit.co.jp/asp/faq/faq.asp?articleid=557&categoryid=4

『けんぽれん>よくある質問』
http://www.kenporen.com/faq/index.shtml

なお、「国民年金の第3号被保険者」については、「健康保険の被扶養者」の認定のタイミングに合わせるのが「原則」です。(イレギュラーなケースの場合は、年金事務所にご確認ください。)

『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『第1号被保険者』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152

※字数制限にかかりましたので、いったんここまでとさせていただきます。

*****
(その他参考URL)

『「家族手当」とは、どういう意味ですか?』
http://employment.en-japan.com/qa_1094_1010/
『扶養』
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/194845/m0u/
---
『第1回 税務署に疑われない「必要経費」の区分』(2009/2/4)
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/kakutei/01/01.html
『白色申告と10万控除or65万控除の青色申告、どれを選ぶべき?』(2012/01/24)
http://www.blue-return.info/?p=673
『平成26年1月から記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm
---
『国税庁>簡易な質問や相談の窓口』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『ご意見・ご要望に対する取組(平成25年1月現在)』
http://www.nta.go.jp/kohyo/kocho/keijiban/01.htm
『大阪国税局からのお知らせ>記帳の仕方がわからない方へ』
http://www.nta.go.jp/osaka/topics/shotokuzei/kicho.htm
---
『日本税理士会連合会>相談事業のご紹介』
http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/consultation.html
『まだまだたくさんいる「偉い税理士先生」』(2012/06/07)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1359.html
---
『青色申告会に行ってきた!』(2007/01/30)
http://tax.f-blog.org/QandA/Aoiroshinkokukai.html
『起業・独立開業の相談相手は、商工会議所・商工会が一番!!』(個人サイト)
http://www.shoko-navi.com/kaigyou/soudan
※「民主商工会(民商)」は【別団体】です。

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>(1)…今年(2013年)3月からの収入だと確定申告は2014年2月からの確定申告で行えばいいのでしょうか?

はい、大丈夫です。

「所得税の確定申告」の受付期間は「2/16~3/15」で、「前年の1月1日~12月31日に生じた所得」を申告して、「所得税の精算」を行います。

『No.2020 確定申告 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

つまり、「2013年(平成25年)1月1日~12月31日に生じた所得」は、「平成26年2月から始まる...続きを読む

Qアルバイト いくら稼げば配偶者控除??

ちょっと理解ができていないため質問がちぐはぐな感じになっているかもしれませんがバイト先の人から一年で103万くらいの収入になると大学生で僕は扶養家族から外される?というような事を聞きました、これはどのような意味なのでしょうか?
僕は学生ですが一ヶ月単位で見た場合いくら以上稼ぐと面倒な事がおこるんでしょうか??

Aベストアンサー

まず
あなたは大学生なのですか?
配偶者控除とタイトルにありましたので。。

まず一年の所得が38万円以下でなければなりません。

この38万円とは給与として支給された額面合計から「一定の給与所得控除額」を差し引いた金額です。この「一定」は給与の金額が162万5000円以下は65万円です

ですから38万円以下とは所得合計が103万円以下となります。

1ヶ月ではなく1年として換算されます。
給与支給月となると思います。
たとえば12月に働いた分であっても1月に支給されれば翌年として
みなされます。
単純に12で割った額をずっと超えなければこえることもないのでは。。と思いますが。。月ごとにばらつきがありましたら
たとえ一ヶ月10万円を越える月があっても
合計として越えなければ大丈夫です。

あなたが20歳以上で親御さんが国民年金などをおさめていれば
それも控除の対象にはなりますので
多少は103万円より越えても扶養となりますけど
だいたい100万円を越えないように調整する必要はあると思います。

Q収入103万 所得38万、、、?どういう意味?

1年を通しての収入が103万以下なら親からの扶助が外れず、無駄にお金を払わないで給料が受け取れると聞きました。

ただ所得が38万以下なら、とも書いてありますが
どういう意味ですか?
そうしたら実際手に入るのは38万ってことになりますよね?

わかりやすい説明お願いします

Aベストアンサー

>1年を通しての収入が103万以下なら親からの扶助が外れず、無駄にお金を払わないで給料が受け取れると聞きました。
そのとおりです。

>ただ所得が38万以下なら、とも書いてありますがどういう意味ですか?
給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります。103万円の年収だと65万円)」を引いた額を「所得」といいます。
なので、「年収103万円」と「所得38万円」は同じです。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/04.pdf

法律では「所得38万円以下」が扶養になれると書かれていますが、給与所得者は年収で言ったほうがわかりやすいので、「年収103万円以下」という言い方をすることが多いです。

なお、自営業者は、「収入」から「経費(収入をえるためにかかった費用)」を引いた額が「所得」といい、同じ年収でも経費の額によって「所得」が変わります。
なので、「所得38万円以下」が、扶養でいられる額です。

>そうしたら実際手に入るのは38万ってことになりますよね?
いいえ。
前に書いたとおりです。
手取りの額とは違います。

>1年を通しての収入が103万以下なら親からの扶助が外れず、無駄にお金を払わないで給料が受け取れると聞きました。
そのとおりです。

>ただ所得が38万以下なら、とも書いてありますがどういう意味ですか?
給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります。103万円の年収だと65万円)」を引いた額を「所得」といいます。
なので、「年収103万円」と「所得38万円」は同じです。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/04.pdf

法律では「所得...続きを読む

Q住民税の配偶者控除について

先日、主人の「市県民税特別徴収税額の通知書」が届きました。
所得控除欄を確認したところ、配偶者控除がされておりませんでした。
(空欄になっている)

今年、09年6月1日より主人の扶養に入りました。
08年1~12月の給与収入は3,030,254円あり、
09年1~5月の給与収入は1,184,202円です。(09年12月まで働きません)
住民税は昨年度の給与で計算されると耳にしたのですが、だから配偶者控除がされていないのでしょうか?
来期、2010年に通知が来る際は配偶者控除が適用されるのでしょうか?

また、私の給与収入をいくらに抑えれば配偶者控除を利用できますか?
(申請は必要ですか?)

無知で申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>今年、09年6月1日より主人の扶養に入りました。
健康保険の扶養ですね。

>住民税は昨年度の給与で計算されると耳にしたのですが、だから配偶者控除がされていないのでしょうか?
そのとおりです。
住民税は前年度の所得に対して翌年課税です。
今年度の住民税は去年の所得に対する課税です。

健康保険の扶養と税金の扶養(正確には「控除対象配偶者」)は別物で相互に関係ありません

>来期、2010年に通知が来る際は配偶者控除が適用されるのでしょうか?
いいえ。
来年度も配偶者控除は適用されません。

>また、私の給与収入をいくらに抑えれば配偶者控除を利用できますか?
配偶者控除は貴方の給与年収が103万円以下の場合に、ご主人が受けられる控除です。
でも、103万円を超えても141万円未満なら「配偶者特別控除」を受けることができます。
この控除は38万円~3万円の額で、貴方の年収が増えるにしたがって控除額は減ります。
貴方の収入なら26万円の控除額で、所得税も住民税も同じように受けられます。

>(申請は必要ですか?)
「配偶者控除」は、年末もしくは年の初めに「扶養控除等申告書」という書類をご主人の会社から渡されますので、そこの「控除対象配偶者」の欄に貴方の名前を記入し提出すれば受けられます。

「配偶者特別控除」(今回貴方の場合はこれに該当)は、今年の年末調整のとき会社から渡される「保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に、貴方の収入や所得(1,184,202円から65万円(給与所得控除)を引いた額を記入し提出すればいいです。

>今年、09年6月1日より主人の扶養に入りました。
健康保険の扶養ですね。

>住民税は昨年度の給与で計算されると耳にしたのですが、だから配偶者控除がされていないのでしょうか?
そのとおりです。
住民税は前年度の所得に対して翌年課税です。
今年度の住民税は去年の所得に対する課税です。

健康保険の扶養と税金の扶養(正確には「控除対象配偶者」)は別物で相互に関係ありません

>来期、2010年に通知が来る際は配偶者控除が適用されるのでしょうか?
いいえ。
来年度も配偶者控除は適用さ...続きを読む

Q主婦(現在無収入)が、不動産収入(賃貸収入)で年間38万円以上の収入が

主婦(現在無収入)が、不動産収入(賃貸収入)で年間38万円以上の収入があった場合は、

これまで通り、継続して夫の扶養に入ることはできないのでしょうか?

ちなみに、パートの方の場合は100万ほどまでは、扶養範囲で認められているとのことを税務署に確認しています。

しかし、わたしのようなケース(不動産所得)は、パート収入と同じ計算にはならないようで、

38万以上の場合はもちろん確定申告も必要ですが、それ以外に、扶養に入ることもできないようなことを聞いた気がしますが、少し曖昧でわからないので、詳しくご存じの方がおれば、ぜひ教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>38万以上の場合はもちろん確定申告も必要ですが、それ以外に、扶養に入ることもできないようなことを聞いた気がしますが、少し曖昧…

前半部分の確定申告うんぬんはあなた自身の税金に関すること、後半の扶養うんぬんは夫の税金に関わることであり、次元の異なるものを混同してはいけません。

>パートの方の場合は100万ほどまでは、扶養範囲で認められているとのことを税務署に確認しています…

せっかく税務署まで行ったのなら、もう少し正確に聞いてきましょうね。
税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

しかも、税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

>不動産収入(賃貸収入)で年間38万円以上の収入があった…

収入では判断しません。
「所得」がいくらかです。
【不動産所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1370.htm

1年が終わったときに「所得」が 38万以下なら、夫はその年の分について「配偶者控除」を、38~76万円なら「配偶者特別控除」を、(夫の) 年末調整または確定申告で取ることができます。
76万円以上なら何もありません。

>わたしのようなケース(不動産所得)は、パート収入と同じ計算にはならないようで…

「収入」で考えるから違ってくるのです。
「所得」に換算すればパートも不動産所得も同じです。
パートの「所得」は、
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>38万以上の場合はもちろん確定申告も必要ですが、それ以外に、扶養に入ることもできないようなことを聞いた気がしますが、少し曖昧…

前半部分の確定申告うんぬんはあなた自身の税金に関すること、後半の扶養うんぬんは夫の税金に関わることであり、次元の異なるものを混同してはいけません。

>パートの方の場合は100万ほどまでは、扶養範囲で認められているとのことを税務署に確認しています…

せっかく税務署まで行ったのなら、もう少し正確に聞いてきましょうね。
税法上、夫婦間に「扶養」はありませ...続きを読む

Q年の途中で配偶者控除が配偶者特別控除になった場合

年の途中で配偶者控除が、配偶者特別控除になった場合の所得税について質問お願いします。

毎年、配偶者控除で年末調整されていましたが、今年はどうやら103万円を越えそうなので、年末調整は配偶者特別控除で提出しようと思っています。

その場合、配偶者特別控除で年末調整されるのはわかるのですが、
その年の所得税の課税は、異動の月日までは配偶者控除でされて、異動の月日の後は配偶者控除なしで課税されるのでしょうか?
それとも、その年は年の初めから配偶者控除なしで課税されるのでしょうか?

わかりにくい質問ですいません、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>その場合、配偶者特別控除で年末調整されるのはわかるのですが
 ・つまり、1/1~12/31の収入によるわけです
>その年の所得税の課税は、異動の月日までは配偶者控除でされて、異動の月日の後は配偶者控除なしで課税されるのでしょうか?
 ・上記は月に仮徴収されている所得税のことでしょう
 ・前年に、今年の分の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出していれば
  >その年は年の初めから配偶者控除なしで課税されるのでしょうか? ・・・で1月から所得税が仮徴収されています
 ・年度途中で、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出し直せば、翌月分から扶養者を1名減らした税額で仮徴収されます
  で、最終的に年末調整で最終調整をすることになります

Q義父が副収入で120万円ほど収入をえるように

なります。それ以外に年金もあるのですが、今までは私の扶養になっておりましたが、こういう場合扶養から外れることになるのでしょうか。また、税金はどのようになるのでしょうか。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>義父が副収入で120万円ほど収入をえるようになります。それ以外に年金もあるのですが、今までは私の扶養になっておりましたが、こういう場合扶養から外れることになるのでしょうか。

「扶養から外れる」=「健康保険の被扶養者資格抹消になる」として回答させていただいます。

「健康保険の被扶養者」の認定は、各保険者(保険の運営者)が独自に行なっています。

保険者は全国で1,000以上ありますので、【加入している】保険者の要件をご確認ください。

なお、「厚生省(現厚労省)」が以下のような通達を出していますので、これを逸脱するような保険者はいませんが、逸脱しない範囲で要件は違っています。

『[PDF]収入がある者についての被扶養者の認定について』
http://www.itcrengo.com/kitei/1-5nintei_kijun.pdf

『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/?rt=nocnt
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964
『けんぽれん>よくある質問』
http://www.kenporen.com/faq/index.shtml

(協会けんぽの場合)『健康保険の扶養にするときの手続き』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278
(公文健康保険組合の場合)『Q9 自営業をしている妻の収入が130万円を超えた。』
http://kumon-kenpo.or.jp/hoken/qa_minaoshi.html#box09

>また、税金はどのようになるのでしょうか。

あいにく、現在の情報だけでは、概算でも回答が難しいです。

ただし、「所得税」は「国税」ですから、きちんとした統一ルールがあります。
「住民税」も「地方税」ではありますが、自治体の条例などによる変更がなければ、原則、全国一律です。

また、たとえ親子でも「納税者」としては、それぞれが、それぞれの所得に応じて納税することになります。

間接的に影響があるのは、「扶養控除」などの「所得控除」ですが、これも明確な要件がありますので、それに従うだけです。

『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
※所得控除が増えても「所得金額」は変わりません。変わるのは「課税される所得金額」です。

税金のポイントは、「収入」と「所得」はまったく別のものとして扱われるということと、「所得の種類」によって「所得金額の求め方」も「課税の方法」も違うということです。

『収入と所得は何が違うの?』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14775/

『所得額の計算と課税方法』
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto318.htm
『所得の種類と課税のしくみ』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto319.htm

(備考)

会社が支給する「○○手当」については、給与規定によって支給されるものなので、勤務先へご確認ください。

(参考)

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/case2.htm
※税務相談はいつでも可能ですが、「2/16~3/15」は非常に混雑します。
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/
(多摩市の場合)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』
http://www.city.tama.lg.jp/seikatsu/11/14703/003807.html

※間違いがないよう努めてはいますが最終判断は【必ず】各窓口に確認のうえお願いいたします

長いですがよろしければご覧ください。

>義父が副収入で120万円ほど収入をえるようになります。それ以外に年金もあるのですが、今までは私の扶養になっておりましたが、こういう場合扶養から外れることになるのでしょうか。

「扶養から外れる」=「健康保険の被扶養者資格抹消になる」として回答させていただいます。

「健康保険の被扶養者」の認定は、各保険者(保険の運営者)が独自に行なっています。

保険者は全国で1,000以上ありますので、【加入している】保険者の要件をご確認ください。

なお、「厚...続きを読む

Q配偶者控除と配偶者特別控除

税金には無知ですが、よろしくお願いいたします。

配偶者控除を受けている人が、103万を超えるが、105万円に満たない範囲で収入がある場合、
配偶者控除からは落ちると思いますが、
配偶者控除額と同様の38万円を、配偶者特別控除という形で受け、追徴金を課せられることはないですよね。

本来なら、配偶者特別控除で申請するべきかと思いますが、このように控除される額が変わらず、追徴金も課されないのなら、配偶者控除のまま、105万未満まで稼いでも問題ないのではないですか?

それとも、配偶者控除で申請していて、その後、配偶者特別控除になるとなにかデメリットでもあるのでしょうか?

センスのない質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

○ご主人はサラリーマンの方でしょうか?もしそうでしたら、

・「配偶者控除」の申請はあくまでも、その年の配偶者の収入が103万円を越えないと思われるときに提出します。ですから、結果的に103万円を越えると、ご主人の年末調整で「配偶者控除」を受けられないだけで、ご主人に追徴金が課せられることはありません。
 
・ちなみに、追徴金とは納めた税金に収め漏れがあったときに、追加で納める税金です。上記のように、配偶者の収入が「配偶者控除」の対象額を超えると、控除が受けられなくなり源泉徴収(天引きですね)される税金が高くなりますから、収め漏れはありません。

○もう少し詳しく書きますと、
 
・配偶者を扶養している方は、毎年年末調整の時期、翌年の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の『控除対象配偶者』欄に、扶養する配偶者の名前と、年間所得の見積り額を記入しているはずです。
 これはあくまで見積り額ですから、配偶者の一年先の収入が正確にいくらかなんて、この時には分からないと思いますから、大抵の方は奥さんの前年度の収入を勘案して記載されると思います。

・ですが、年末調整の季節に、今度は、「給与所得者の配偶者特別控除申告書」がご主人の手元に届きます。
 これにも配偶者の所得額の見積り額を書く欄があります。ですがこの時は、見積りだからと、適当な金額を書かず、きちんと見積もった収入を記入する必要があります。

・先に提出する「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は、年末にもう一度確認があると思いますから、その時に扶養控除の対象から外し、「給与所得者の配偶者特別控除申告書」を提出する必要があります。 
 ただし、お書きのとおり105万円以内でしたら、失念されても実害はないです。

 こんにちは。

○ご主人はサラリーマンの方でしょうか?もしそうでしたら、

・「配偶者控除」の申請はあくまでも、その年の配偶者の収入が103万円を越えないと思われるときに提出します。ですから、結果的に103万円を越えると、ご主人の年末調整で「配偶者控除」を受けられないだけで、ご主人に追徴金が課せられることはありません。
 
・ちなみに、追徴金とは納めた税金に収め漏れがあったときに、追加で納める税金です。上記のように、配偶者の収入が「配偶者控除」の対象額を超えると、控除が受けられ...続きを読む

Q配偶者特別控除38万→33万の差額5万円はどのように影響するのですか?

今までは、パートで70万円未満で働いていて、配偶者特別控除は38万円だったのですが、
平成13年分は70万円を少し超えてしまいました。
75万円未満ということで、配偶者特別控除は33万円になりました。

70万よりほんの少し上回っただけで、配偶者特別控除が5万円も違ってくるのですね。
・・とはいうものの、具体的にその5万円というのが、どのような形で、
いつ夫の給与に反映されてくるのかなど、分からず気になっているのです。

今回確定申告は既に済ませてきましたが、昨年より控除が減った分の5万円は、
どのような形で(夫の給与天引きの税金?)、いつ(支払い期間は?)余分に
支払うことになるのか、具体的に教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

【控除が5万円少ないということは、税金が今年は5万円余分に引かれるのか?】

引かれません。

その理由ですが、まず、その「控除が5万円少ない」というのは、あくまでも平成13年のご主人の税金の計算をする場合のことであって、平成14年のご主人の税金の計算には全く関係ないからです。
もちろん、ご主人が、扶養家族などの状況を申告する用紙に、「今年も、妻のパート代は72万円くらいの予定」って記入して提出していると、控除が5万円少ないことを前提に、給与天引きの源泉徴収額が決められてしまいますが、これはあくまでも「源泉徴収」(仮払い)なので、年末調整の時に正確なパート代を申告すれば、もし払いすぎていたら、還付してもらえます。
今回の配偶者特別控除の金額が5万円少なかったことが、自動的にご主人の給与天引きの源泉徴収額に影響するわけじゃないです。

それから、5万円っていうのは、あくまでも控除額なんです。
控除額っていうのは、税金の金額じゃないんです。所得から、いろんな控除を引いて、さらにその金額に所定の税額を「かけ算」したのが税金の金額です。

【控除が5万円少ないということは、税金が今年は5万円余分に引かれるのか?】

引かれません。

その理由ですが、まず、その「控除が5万円少ない」というのは、あくまでも平成13年のご主人の税金の計算をする場合のことであって、平成14年のご主人の税金の計算には全く関係ないからです。
もちろん、ご主人が、扶養家族などの状況を申告する用紙に、「今年も、妻のパート代は72万円くらいの予定」って記入して提出していると、控除が5万円少ないことを前提に、給与天引きの源泉徴収額が決められてし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報