帝王切開による出産で、任意で加入している医療保険から、給付金がおりることになりました。
そこで、確定申告(医療費控除)で、受けた給付金分は申告しマイナスする必要があるとのことですが、出産で費用がかかった年と、給付金・保険金が出た年が別の場合(2009年に出産、2010年に保険金受け取り)、どうすればよいのでしょうか。
回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>出産で費用がかかった年と、給付金・保険金が出た年が別の場合(2009年に出産、2010年に保険金受け取り)、どうすればよいのでしょうか



もちろん2009年の出産に対して出た給付金だから2009年でマイナスします。
ただマイナスする場合でも出産掛かった費用のみからマイナスするのであって、医療費全体からマイナスしてはいけません。
例えば医療費でも

出産に掛かった金額 52万
出産以外の医療費 20万

出産育児一時金 42万
医療保険の給付金 20万

の場合

52万(出産に掛かった金額)+20万(出産以外の医療費)-42万(出産育児一時金)-20万(医療保険の給付金)=10万

で10万ではなく

52万(出産に掛かった金額)-42万(出産育児一時金)-20万(医療保険の給付金)=0(マイナスはゼロ)

0+20万(出産以外の医療費)=20万

というように20万になるということです。

この金額から10万円か総所得金額等の5%とのいずれか少ない方の金額を差し引いた金額が医療費控除になります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3割負担のホクロ除去治療は医療費控除の対象になりますか?

去年、ホクロの除去手術を受けたのですが、確定申告の医療費控除を調べていたら
「美容整形は医療費控除にはならない」ということがわかりました。

もし、全額自己負担なら確かに医療控除対象外だってわかるのですが
社会保険の3割負担でホクロの除去手術をしています。
それでも医療費控除の対象にならないのでしょうか?

社会保険を使えたってことは、医師が治療として認めたことになり
医療費控除の対象になるのではないかと思い、質問させていただきます。

もし治療として認められないなら、なぜ、美容整形に社会保険が使えるのか教えていただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>保険が使われたということは(3割負担)、控除の対象になるのでは・

つきつめていえば、健康保険の保険請求と税法上の医療費控除は別物ということです。

税法上の医療費控除は、各税法令と通達、過去の判例・審判結果などを通じて運用されているものです。お示したとおり基本通達で「ホクロ除去」は医療費控除の対象外です。
健康保険についても,本筋からいえば美容目的のホクロ除去は保険適用外です。保険請求するDr.の解釈運用(適用拡大)を保険者が認めてきたにすぎません。

Q子宮奇形での帝王切開の医療保険について。

先月27日から切迫早産にて管理入院をし、先週に入ってから妊娠高血圧症候群と診断を受け、18日に緊急帝王切開にて出産をしました。

医療保険には帝王切開などの特約がついております。
加入は今から約3年ほど前で、当時は妊娠の経験もなく、自分が子宮奇形であるということを知りませんでした。
今年の5月に妊娠がわかり、診察を受けた結果子宮奇形であることが判明しました。

今回の切迫早産、妊娠高血圧症候群は子宮奇形だけが原因ではないという医師の話も聞きましたが、もし保険会社に提出する診断書に子宮奇形と書かれた場合、保険がおりないという可能性はあるのでしょうか。

以前どこかのサイトで保険加入時に子宮奇形を知りながら告知せず、結局保険が一番保障の少ないもので計算されてきたという話を読んだことがあります。

加入時の告知時点では知りえない事実でしたので、そのままにしていましたが万が一保険がおりないとなると不安になって質問させていただきました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

問題なく規定通りの給付金が支払われると思います。
知らなかったことと、知りながら告知をしなかったのとでは、全然違います。

Q医療費控除の対象となる医療費は?

医療費控除を行います。
インフルエンザ予防接種料、慢性疾患を保健所に届出するための文書料は、医療費控除の対象となる医療費でしょうか。

Aベストアンサー

医療費控除の対象となるのは、治療の対価としてのものに限られますので、病気の予防や健康増進のためのものは対象外となるため、インフルエンザ予防接種料は対象となりませんし、文書料についても、治療の対価そのものではありませんので、残念ながら共に医療費控除の対象とはなりません。

医療費控除については、下記サイトがいろいろとご参考になるものと思います。
http://homepage1.nifty.com/shikari/data/medical/medical_list.htm

Q医療保険の入院給付金などは、保険会社の破綻時にはどうなりますか?

万一保険会社が破綻した場合、生命保険などは保護されて、保険金の90%まで保障されると聞きました。
破綻した場合でも貯蓄性の少ない医療保険などにはあまり影響はないということもみました。

最近よくある、「掛け捨て型の終身医療保険で 病気やけがで入院したら60日まで給付金が出ます。満期金などはありません」といったような保険が破綻したらどうなるのかと、疑問に思いました。
たとえば入院日額10000円の保険が破綻したら 90%の 入院一日9000円しか給付されない保険に変わってしまうのでしょうか? それとも「うちは破綻したからこの医療保険ももうオワリ、他へいって頂戴ね。」とか放り出されるということもありますか? だとすれば、医療保険の会社の安全性も慎重に考えないといけないですね。

いろいろ見ましたが、答えが見つかりませんでした。
詳しい方、どうぞ教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険会社が破綻したとき、生命保険契約者保護機構によって、責任準備金の90%を保証することになっていますが、責任準備金の90%であって、契約内容の90%ではありません。
従って、入院給付金1万円の契約が9000円の契約として保護されている訳ではありません。それ以下になる可能性もあります。

>「うちは破綻したからこの医療保険ももうオワリ、他へいって頂戴ね。」とか放り出されるということもありますか?
「もうオワリ」や「放り出される」ということはありません。

貯蓄性の少ない=あまり影響はない、というのは、誤解です。
それは、10年定期などの短期間の定期保険(死亡も医療も含めて)の場合です。
終身の医療保険で、解約払戻金がないタイプは、貯蓄性ゼロですが、それは契約上のことであって、会社は支払いのための責任準備金をストックしています。
その責任準備金を減額されるのですから、当然、影響があると思ってください。

大雑把に説明すれば……
10年定期の医療保険の保険料が月々500円なのに、同じ保障内容で終身にすると保険料が月々1000円になるとします。
この場合、差額の500円が将来の支払いの為にストックされる責任準備金に当てられると思ってください。

ご参考になれば、幸いです。

保険会社が破綻したとき、生命保険契約者保護機構によって、責任準備金の90%を保証することになっていますが、責任準備金の90%であって、契約内容の90%ではありません。
従って、入院給付金1万円の契約が9000円の契約として保護されている訳ではありません。それ以下になる可能性もあります。

>「うちは破綻したからこの医療保険ももうオワリ、他へいって頂戴ね。」とか放り出されるということもありますか?
「もうオワリ」や「放り出される」ということはありません。

貯蓄性の少ない=...続きを読む

Q医療費控除の対象となるもの

医療費控除の対象となるもの

本年、入院し医療費控除を申請しようと思っています。そこで下記のものについて、医療費控除の対象となるかどうかご教授ください。

・ドラッグストアで購入した風邪薬、のどスプレー
 ドラッグストアで購入した薬も対象にできると聞いたのですが、どのようなものが控除対象に
 できて、どのようなものが控除対象にできないのか基準があれば、ご教授ください

・インフルエンザの予防接種の費用

・急病で救急車で病院に運ばれた際の帰りのタクシー代金
 お産の時などの交通費が控除対象になると聞いたことがありますが、上記の場合はどうでしょうか。

Aベストアンサー

医療費控除の対象は治療や診療のための費用です。風邪をひいた際に治療のために購入した医薬品である風邪薬なら控除対象になりますが、置き薬として購入したものや予防のためのものは対象外です。うがい薬は予防用であって対象外なので、のどスプレーも治療との因果関係が不明瞭で対象外でしょう。

インフルエンザの予防接種は治療ではないので対象外です。

タクシー代については、自分や家族が運転できない、公共交通機関が使えないなどの必要性があり、かつ領収書があるのであれば認められるでしょう。

下記のサイトにケース別に詳しく掲載されていますので参考に。
http://www.iryouhikoujyo.net/

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

Qガン保険、診断給付金複数回と2年以内の再発の確率について・・・?

がん保険で疑問が出てきたのですが、
診断給付金、何度でも(複数回)という保険がありますが、例えばアリコなどは2回目以降の給付は2年以上の経過が条件ですよね。
その2年以内に再発する確率ってどれくらいなのでしょうか?もし2年以内の再発の確率が高いのであれば、再発したら結局給付されないものですし、それなら複数回にこだわらず割り切って、1回だけしか出ないもの(例えばアフラック)の方が保険料も安くていいのかなぁ?と思いました。アフラックですと「通院充実プランもしくわフォルテ)・アリコですと「やっぱりこれだねがん保険」で検討しています。
ガンについて・診断給付金の考え方についてご意見をお願いします

Aベストアンサー

再発や転移についての給付は誤解がある場合があります。
再発や転移は1年以内の場合が多いようですが統計は恐らく無いかと思います。
2年以内の再発・転移は給付されない・・・わけではなく、例えばとある会社では1年後に再発してもそこから1年後の2年経過時には再発による診断給付金は再度受取れます。
また、別な会社では2年経過以降で入院があれば再度受取れます。(再発・転移・他の原発がんだけでなく、最初のがんの継続入院でも可)
2年以内の再発・転移は一切支払わない、と言う会社があるかどうか分かりませんが、いずれにしても今回のご質問のように誤解されてる方は多数いらっしゃるようです。
アフラックが安いかどうか、9月の値上げ以降はそれ程ではないと思います。通院が充実しているアフラックも通院給付金は60日が支払限度です。(その分60万診断給付金を上乗せすればOK)
アフラックも扱ってますが、別な会社の方がよく出るようになりました。(逆にアフラックからの切替組みも。)

Q不妊治療は医療費控除の対象になるのでしょうか?

 確定申告時に、不妊治療費は医療費控除の対象になるのでしょうか? 婦人科系の疾患による不妊の場合のその疾患の治療は対象になるように思うのですが。また健常な夫婦の体外受精費はどうでしょうか。
また、遠方に通院する場合、高速道利用料金は医療費控除の対象にならないと聞きましたが、高速バスの運賃はいかがでしょうか。

Aベストアンサー

不妊治療費は医療費控除の対象となります、人工授精の費用ももちろん対象となります。
健常というのが引っかかる気はしますが、健常といえでも必要に迫られての治療だと思いますので問題ないのでは、と思います。

結構、この関係で医療費控除の申告に来られている方は多いようです。

また、通院に要する交通費は、自家用車にかかる高速料、ガソリン代、駐車料等は一切認められていません。
高速バスについては、その遠方の病院でしか治療を受けられない事情があるのであれば認められるとは思います。

下記サイトも参考になるかと思います。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/shikari/data/medical/medical_list.htm

Q医療保険の保険金請求方法

手術をしました。
加入している医療保険で保険金を請求しようとおもいます。
手術は、2回に分けて行われます。今現在は1回目が終わりました。
この場合、2回の手術が終わってから一括請求するのが良いのでしょうか。2回目の手術は来年になります。
それと、医療保険に以前に初診だった分に関しては、支払いの対象になりませんとも言われました。手術を受けた病院での初診日が対象になるのでしょうか。

Aベストアンサー

なるべく早めに保険会社に連絡して書類を送ってもらいましょう。
もしかしたら入院中に病院に出さなくてはならない書類もあります。

保険の内容によっても違ってくると思いますので
ここで聞くより、保険会社です。

Q無痛分娩は医療費控除の対象でしょうか?

昨年、お産をしたので、今回の確定申告で医療費控除を
申告します。

自分の意向で、無痛分娩にしたのですが、
無痛分娩は医療費控除の対象になるのでしょうか?
ネットで検索すると、無痛分娩の事前講座は対象外、としか調べられませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご出産、おめでとうございます。
妊娠と診断されてからの医師の指示のもとで行う全てのものは医療費控除の対象です。もちろん病院での無痛分娩も分娩費ですからなります。
お書きの事前講座が、医師のもとではなく文化センターなどで行う無痛分娩講座の受講料でしたら対象外です。
でも出産自体は、出産一時金などで補填される額が多いので、医療費控除対象額は少なくありませんか。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1124.htm
http://syussan.moo.jp/iryouhikouzyo.html

Q出産一時給付金について

夫婦共にそれぞれの会社で働いており、それぞれの
社会保険に加入しています。
その場合、出産の時にもらえる
子供一人につき30万というお金は
妻が加入している保険の方からしか
もらえないんですよね?

もし主人の加入している社保からも何らかの手当てが
出る場合、教えていただきたいと思います。
私が加入している社保の手続きは全て完了したのですが、
いろんな人から両親が社保にそれぞれ加入していると
60万もらえるほずだ!とおっしゃる方がいるので
もし・・・本当なら・・・と思い質問させていただきます。

Aベストアンサー

こんにちは。
現在勤め先で社会保険の事務手続きを担当している者です。
担当している職務上「経験者」を選択させていただきました。

ご質問の件ですが、先の回答にもありますとおり、
◎奥様が被保険者として加入していて「被保険者出産育児一時金」を請求される場合は、奥様の保険から
◎だんな様が被保険者として加入していて奥様がその被扶養配偶者として「被扶養者出産育児一時金」を請求される場合は、だんな様の保険から
というふうに、どちらか一方のみしか受給できないことになっています。(重複支給は受けられません。)

また、奥様が被保険者として加入している場合、だんなさまの方の健康保険制度は利用できないはずです。(利用できるのは、奥様が被扶養配偶者としてだんな様の保険に加入している場合だけだと思います。)

ただ、社内の福利厚生規定などで「お祝い金」などが出る場合は、両方のお勤め先から頂けるとおもいます。

ご参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報