いまさらながらですが、ウェルズの宇宙戦争、原題はThe War of the Worldsですが、物心ついて目にした限り、邦題は「宇宙戦争」です。パルの1953年版の映画も邦題タイトルは「宇宙戦争」です。

いったいいつからThe War of the Worldsが宇宙戦争になったのか、突然気になりだして困っています。

真相をご存じの方、おいででしたらお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

真相は存じませんが、


『ウォー・オヴ・ザ・ワールド』のような感じの題名を付けるようになったのは近年になってからですから、日本語タイトルを付けるのは昔なら当然のことですよね。

大正時代に訳本が出ていたんですね、興味深いです。

ウィキペディアを覗いてみたら、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99% …
「他の民族に対して破壊行為を働いてきたヨーロッパ人に対する文明批判が如実に見られる。」との記載がありました。

ということであれば、"The War of the Worlds"は
ヨーロッパ世界対それ以外の世界の戦いと、
火星人の世界対地球人の世界の戦いを引っ掛けたタイトルなのだろうと推察します。

しかし「世界の戦争」「2つの世界の戦争」と言っても感じが出ないし、科学小説として売り出したい場合にはピンと来ませんから、キャッチーな『宇宙戦争』という題名を考え出したのではないでしょうか。

なお、英和辞典を見ると、worldという単語には宇宙の意味もあります。
英英辞典を見ると、場所や状況(place/situation)、他の惑星(another planet)、外の世界(the outside world)、異質なものを言うとき(something is very different)などいろいろな意味が出ていました。
http://www.ldoceonline.com/dictionary/world_1

ご存じでしたら蛇足ですが、邦題は直訳とは限りません。
直訳する場合もあるし、意訳する場合もあるし、変更して名前を作る場合もあります。
    • good
    • 0

内容的には「宇宙戦争」ですね。


ちょいと検索してみたら、1915年(大正4年)に発行された『科学小説 宇宙戦争』という本を紹介されている方がおられました。
おそらく日本で初めてこの作品を翻訳・紹介したのは、この本ではあるまいか、と書いておられます。
http://www.geocities.jp/makiitirou/book1/book002 …

何かの参考になりますでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙戦争

今回の「宇宙戦争」はリメイクだと聞きました。

時代背景等は現代にアレンジされているのでしょうが、

結末はどうなんでしょう?

今回の「宇宙戦争」も前回の「宇宙戦争」も結末は同じですか?

私は今回の「宇宙戦争」しか見ていませんので、良かったら教えて下さい。

Aベストアンサー

時代設定は現代に置き換えてますが、細かい設定は違う所もあります。
結末は前回のものと今回のものは唐突でほぼ一緒です。
余談ですが、1953年の宇宙戦争の主役を演じたジーン・バリーとアン・ロビンソンがトムの元妻の両親役で最後の最後に出演していました。

Q「代表的日本人」の原題は?絶版ですか?

内村鑑三の『代表的日本人』はもともと英語で書かれたものだと聞いていますが、原題は何と言うのでしょうか?
Amazon.co.jpでKanzoとかUchimuraで検索しても出てこないので、、、。

原題は何と言うのでしょうか?
すでに絶版なのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

出版の形をとった原著はすでに古書扱いだと思います。
(所蔵している大学図書館などもありますが・・・・・)

Japan and the Japanese : essays
Kanzo Uchimura.
Tokyo : Minyusha, 1894


もし、原著入手にこだわらず、原文(英語)を読みたいための入手ということでしたら、以下のような原文併記の本があります。
入手が一番現実的な本だと思います。ご参考までに。


「代表的日本人 」
ISBN:4770024010
265p 19cm
講談社インターナショナル (1999-03-26出版)
(バイリンガル・ブックス)

http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=99013894
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9972329305

QH.G ウェルズの「宇宙戦争」について

いまさらながらですが、ウェルズの宇宙戦争、原題はThe War of the Worldsですが、物心ついて目にした限り、邦題は「宇宙戦争」です。パルの1953年版の映画も邦題タイトルは「宇宙戦争」です。

いったいいつからThe War of the Worldsが宇宙戦争になったのか、突然気になりだして困っています。

真相をご存じの方、おいででしたらお教えください。

Aベストアンサー

真相は存じませんが、
『ウォー・オヴ・ザ・ワールド』のような感じの題名を付けるようになったのは近年になってからですから、日本語タイトルを付けるのは昔なら当然のことですよね。

大正時代に訳本が出ていたんですね、興味深いです。

ウィキペディアを覗いてみたら、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%88%A6%E4%BA%89_%28H%E3%83%BBG%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%BA%29#.E6.A6.82.E8.A6.81
「他の民族に対して破壊行為を働いてきたヨーロッパ人に対する文明批判が如実に見られる。」との記載がありました。

ということであれば、"The War of the Worlds"は
ヨーロッパ世界対それ以外の世界の戦いと、
火星人の世界対地球人の世界の戦いを引っ掛けたタイトルなのだろうと推察します。

しかし「世界の戦争」「2つの世界の戦争」と言っても感じが出ないし、科学小説として売り出したい場合にはピンと来ませんから、キャッチーな『宇宙戦争』という題名を考え出したのではないでしょうか。

なお、英和辞典を見ると、worldという単語には宇宙の意味もあります。
英英辞典を見ると、場所や状況(place/situation)、他の惑星(another planet)、外の世界(the outside world)、異質なものを言うとき(something is very different)などいろいろな意味が出ていました。
http://www.ldoceonline.com/dictionary/world_1

ご存じでしたら蛇足ですが、邦題は直訳とは限りません。
直訳する場合もあるし、意訳する場合もあるし、変更して名前を作る場合もあります。

真相は存じませんが、
『ウォー・オヴ・ザ・ワールド』のような感じの題名を付けるようになったのは近年になってからですから、日本語タイトルを付けるのは昔なら当然のことですよね。

大正時代に訳本が出ていたんですね、興味深いです。

ウィキペディアを覗いてみたら、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%88%A6%E4%BA%89_%28H%E3%83%BBG%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%BA%29#.E6.A6.82.E8.A6.81
「他の民族に対して破壊行為を働いてきたヨーロッパ人に対する文明批判が...続きを読む

Q太平洋戦争の小説

太平洋戦争の時の日本の軍人(実在する人物)を主人公にした小説で、オススメはありますか?

※第二次世界大戦の時のナチスドイツの軍人(実在する人物)を主人公にしたものも、あれば紹介して下さい!

Aベストアンサー

「大空のサムライ」坂井三郎
撃墜王坂井三郎の自伝。読み物としてとても面白いので読んでなければ、読むことをおすすめします。
文庫だから安いしね!


「レイテ戦記」大岡昇平
難解ですが、読み終えたら傑作といえるはず。オススメです。読破のコツは退屈な場面になったら読み飛ばす事です。文庫で出ているので安いですし!合わせて、「靴の話―大岡昇平戦争小説集」もオススメです。

架空戦記で主役が架空の人物ですが傑作だと思うので1つあげると

「征途」佐藤大輔
戦艦大和をある意味主役とした小説。活躍できなかった史実のやまとですが、この世界では大活躍します。46センチ砲が火を噴きます(笑)
IFは、「もしもレイテ沖で栗田艦隊が反転しなかったら」というもので、アメリカ艦隊に大損害を与えた結果日本は分断国家となってしまうという話で、大戦中~1990年代までの話です。


ナチスドイツは有名人が自叙伝を書いているのでそれがおすすめですね。

「電撃戦」 ハインツ・グデーリアン
電撃戦の父グデーリアンの自伝。面白いので読めw
ただ問題は、第二次大戦を題材とした小説のネタ元となっているため、読んだことのあるようなシーンや見たことのあるようなシーンが見られるが、すべての原点はコレ。ただし値段が高い

「失われた勝利」 エーリヒ・フォン・マンシュタイン
名将マンシュタインの自伝。最近復刻してるので買うなら今だけど価格が高い。

「ティーガー戦車隊」 オットー・カリウス
戦車150両を撃破した戦車戦のエース、オットー・カリウスの回想録。
上記2点に比べれば安いが、単行本なのでやはり高い。
でもオススメ。

「大空のサムライ」坂井三郎
撃墜王坂井三郎の自伝。読み物としてとても面白いので読んでなければ、読むことをおすすめします。
文庫だから安いしね!


「レイテ戦記」大岡昇平
難解ですが、読み終えたら傑作といえるはず。オススメです。読破のコツは退屈な場面になったら読み飛ばす事です。文庫で出ているので安いですし!合わせて、「靴の話―大岡昇平戦争小説集」もオススメです。

架空戦記で主役が架空の人物ですが傑作だと思うので1つあげると

「征途」佐藤大輔
戦艦大和をある意味主役とした小説。活躍...続きを読む

Q2001/09/25の宇宙戦争のウソ

2001年に宇宙戦争など行われていたら、現在我々は存在できないと思われますが、いかがでしょう。
(自作自演は説得力がない)

http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/summary/gif/010925/

SOHO・太陽観測衛星の一部データ漏れを宇宙戦争などというのは、疑似科学のトンデモさんだと思いますが、いかがですか?
画像上の白い線も、宇宙戦争の戦いだと言う書き込みも、別のトピなどで多いですね。これは太陽からのプラズマだと思います。詳しい方書き込みお願いいたします、

http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/

Aベストアンサー

宇宙戦争である証拠がありません。

宇宙戦争だと言っている人たちにいくら言っても彼らはなんの証拠がなくてもそうであって欲しいという願望だけで言い張っています。


SOHOの画面上の白い線はおそらく宇宙線などによるものだと思います。

Q宇宙人の贈り物?

今から20年くらい前、NHKラジオの朗読か、ラジオドラマでこんな物語を放送していました。(短編でした。)

あらすじは、

・空き地のようなところから、銀色で卵形のカプセルが発掘される。
(または、空き地へ空からカプセルが落ちてくる。)
・そのカプセルには継ぎ目がないのだが、何らかの方法でこじ開けると、中に別の物質で覆われたカプセルが何重にもなって入っている。
(その物質は、ピンク色のゼリー状のものや、甘い味のするもの、良い香りのするものなど、いろいろ。)
・それらを食べてしまったり、取り去ってしまったりなどした後、最後に固くてどうやっても開けられないカプセルが出てくる。
・それをこじ開けるのに、世界最強の核爆弾を使ってしまい、人類が滅亡する。

というものです。
(かなり昔のことになるので、違っている部分があるかもしれません。)

この物語のタイトルと作者名を知りたいのです。

なお、この話は星新一の「おみやげ」によく似ていますが、最近「おみやげ」を読む機会があり、これとは違う部分(カプセルの構造や中身の記述、カプセルが地上に現れるのが人類滅亡後であることなど)が多すぎるため、別の作品だと思っています。

今から20年くらい前、NHKラジオの朗読か、ラジオドラマでこんな物語を放送していました。(短編でした。)

あらすじは、

・空き地のようなところから、銀色で卵形のカプセルが発掘される。
(または、空き地へ空からカプセルが落ちてくる。)
・そのカプセルには継ぎ目がないのだが、何らかの方法でこじ開けると、中に別の物質で覆われたカプセルが何重にもなって入っている。
(その物質は、ピンク色のゼリー状のものや、甘い味のするもの、良い香りのするものなど、いろいろ。)
・それらを食べてしま...続きを読む

Aベストアンサー

星新一「調査」が、お探しの話に似ているかな?と思います。

カプセルではなくロケットが落ちてくるのですが、ロケットの表面がはがれ、そこからピンク色をしたゼリー状の物質が出てきたり、ゼリーをはがした後、次々に表面をはがしていく、、などが似ています。
核爆弾ではなく放射線発生装置というのが出てきます。はっきり地球が滅亡したとなっているラストではなかったです。

私の持っている星新一の本から見つけました。
ハヤカワJA文庫「悪魔のいる天国」に入っていました。

Q『宇宙戦争』を英語で言うと

ちょっと前に駅前で留学してたのですが、その時映画『STAR WARS』の話題が出てきました。

でも僕は『STAR WARS』嫌いなので "I don't like STAR WARS." と言いました。

外国人の先生は "Why ?" と聞き返してきたので、僕としてはこの作品だけではなく
宇宙戦争ものは全て苦手なんでそれを伝えたかったのですが
結局 "Because I don't like star wars." と言ってしまいました。

『宇宙戦争』って英語で表現するにはどうしたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

[space war]

でいいと思いますが。

Q冒険×危険×宇宙物理小説

映画「インターステラー」や「イベントホライゾン」みたいな冒険×危険×宇宙物理小説ってありますか??

Aベストアンサー

申し訳ない、それらの映画は知りませんが…

小川一水 「天冥の標」シリーズをどうぞ。

1-2巻はあまり宇宙観ないですけれど、3巻あたりまでで趣味にあえば、あとはもう、って感じですよ。

ちなみに現在9巻まで刊行済み(1巻が分冊のものがあるので9冊ではない)ですが、2018年完結とのことです。

Q宇宙戦争

宇宙で本当に戦争する事になったとしたらどのように(どのようにという言い方はおかしいですけれど)戦争すればいいんでしょうか。空想科学読本には宇宙船と宇宙船が離れ際に打ち合ってそれから全速力で逃げると書いてあったと思うんですが、何かしっくりこないんです。科学的に正しい合理的な方法で宇宙戦争のやり方を説明している資料、小説、その他もろもろ教えて下さい(宇宙戦争で使う武器とか戦艦とかも知りたいです)。

Aベストアンサー

音が伝わらない問題は、まぁ、高度が画像認識技術で
仮想的に効果音を再現することで
感覚的な状況把握を補助する技術ってのはあり得る。

僚機が爆発していることを知らずに
のんびり構えているようじゃ不都合なわけですし。


歩ける問題は、遠心力を使った技術以外は
いわゆる重力制御技術とかがSF考証の常識ですね。

このレベルの科学力があると、重力制御と同理論で
弾丸やミサイルを逸れさせることも可能になってしまい。
光学兵器が主力になったりもします。
ただ、光も重力などで曲げられるものなので
強大な慣性力を持った砲弾が有効となる場合も…


現実的には、宇宙空間に散乱する破片の問題は大きい。
重力制御技術があれば、破片を吹きとばしたり
積極的に攻撃に使うこともできるかもしれませんが
エネルギー消費面で戦闘機レベルでは装備しがたいでしょう。

破片を自動回避する戦闘機が実現したとしても、むしろ
加速Gによるレッドアウトとブラックアウトが深刻かもしれません。

パイロット育成コストは現在以上でしょうから
無人戦闘機等の技術は重要だと考えられます。

音が伝わらない問題は、まぁ、高度が画像認識技術で
仮想的に効果音を再現することで
感覚的な状況把握を補助する技術ってのはあり得る。

僚機が爆発していることを知らずに
のんびり構えているようじゃ不都合なわけですし。


歩ける問題は、遠心力を使った技術以外は
いわゆる重力制御技術とかがSF考証の常識ですね。

このレベルの科学力があると、重力制御と同理論で
弾丸やミサイルを逸れさせることも可能になってしまい。
光学兵器が主力になったりもします。
ただ、光も重力などで曲げられ...続きを読む

Q仮想空間やサイバー戦争を扱った小説

仮想空間やサイバー戦争を扱った小説

幻影のペルセポネのような仮想空間やサイバー戦争を扱った小説を紹介してください。
ジャンルは特に気にしません。

Aベストアンサー

 出版年代・作者など、順不同ですが。

ジェフリー・ディーヴァー 「青い虚空」 ハヤカワ文庫
 ボーン・コレクターの原作者の作品です。

グレアム・ワトキンス 「致死性ソフトウェア 上、下」 新潮文庫
 書かれた年代を考えると、まさに現代の状況を予知していたかのようです。

グレッグ・アイルズ 「神の狩人 上、下」 講談社文庫
 ネット上の攻防と現実世界でのサスペンス、どちらもドキドキします。

ウィリアム・ギブスン 「ニューロマンサー」 ハヤカワ文庫
 サイバーパンクものの原点です。

奥泉光 「プラトン学園」 講談社文庫
 ヴァーチャル学園の話です。

筒井康隆 「パプリカ」 新潮文庫
 アニメ映画化されたので、ご存知かも。

士郎正宗 「攻殻機動隊 2巻」 KCデラックス
 漫画です。ある意味有名な攻殻機動隊ですが、この原作の第2巻は、有名になっている攻殻機動隊のようなストーリーではなく、電脳戦がメインです。


 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報