AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

電気製品の絶縁抵抗計の使い方を教えて下さい。

施工説明書に
漏電検査 500V→100MΩ
     250V→50MΩ 
以上まで確認して下さい。
と記載されています

ここで分からない事はどうやって測定するのか?という事です
様々なサイトを読みましたが

1.電気製品に電気が流れていないか確認
(SWを切る・ブレーカーをOFF・コンセントから外す)

2.黒のクリップをアースへつなぐ
※ここで疑問です
今回の電気製品はアースの必要が無いため近くにアースがありません
何に黒のクリップをつなぐのでしょうか?
分電盤のメインSWをOFFにしコンセントなどにつなぐのでしょうか?

3.レンジを250vか500vに合わせスイッチON!

という流れだと思うのですが
黒のクリップをどこにつなぐのかが分かりません教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「黒のクリップをどこにつなぐのかが分かりません教えて下さい。


近くにア-スが無い、とのこと。
その回路を分電盤で一括して計ってもよいと思います。
○その回路のブレ-カを切る。
 コンセントに電気製品はつないだままにしておく。
 計る電気製品のスイッチを入れる。(電気が入った状態にする。実際 はブレ-カは切りなので電気は流れませんが)
 普通の片切スイッチだとよいのですが両切ちかマグネットがかんでい る場合は注意が必要です。スイッチが切れているとその先は縁が切れ ているので計れないからです。
 単純に普通のスイッチと仮定して。
○ブレ-カの2次側(切れた側)のそれぞれと生きたニュートラル線(真ん中の白線)とで計る。(生きた白線をア-スにすると言うことで す)
○メガ-の電圧は100 Vとか実際に近いほうがよいです。
○それでO,Kなら大丈夫でしょう。
○それと違い商品単体で計りたいなら、ア-ス線の変わりに生き    たニュ-トラル線を使う。延長コ-ドなどで別回路から近くま    で引っ張ってくる。コンセントのニュ-トラル側をア-スとして使  う。同じ事ですが。

それで悪ければ電気製品単体で計っていくわけです。
だんだんどこが悪いのか絞る(特定していくのです)

以上、ご参考まで。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

遅くなりました。
ご丁寧にありがとうございました。
今回は途中にリモコンでon、offしますので
ブレーカーを切りにするとダメですね

なので今回教えて頂きました

ア-ス線の変わりに生きたニュ-トラル線を使う。延長コ-ドなどで別回路から近くまで引っ張ってくる。コンセントのニュ-トラル側をア-スとして使う。
この方法でやってみることにします

ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/15 20:10

 メガーに黒のクリップと赤のテスト棒が、有るかと思います。


アースに黒を繋げとの記載は、一般的には絶縁不良で漏電・感電を起こすので
アース(大地)と測定箇所の絶縁抵抗を、測ります。

 質問者様の、測定したい部分の片端に黒のクリップを付け、もう一方に赤の
テスト棒を接触させれば、良いと考えますが。
 感電防止にて、測定したいのあれば、仮設でも大地アースを取るべきかと
思います。
 また、絶縁抵抗値と充電時間も確認してくださいね。
充電時間が長いと、その機器の起動時の突入電流が大きい事につながりますし
スイッチを切っても直ぐには零電位にならないので、万が一の時はより重大な
結果を招きます。

この回答への補足

早速ありがとうございます。
放電しなければいけないのですね
再確認できました
放電って読んで字のごとく
何もせず少しの間ほおっておくのですよね

補足日時:2009/12/12 20:05
    • good
    • 6

基本的何を測りたいのですか?


電気製品の外箱に黒、それぞれのプラグ測れば、漏れ「漏電解ります」
内線規程の一般住宅の漏電で500vレンジ使用しますが、機器によっては
250Vで測定します、又弱電機器は測定すると機器が壊れます。

漏れ電流の測定は
例:洗濯機に漏れて感電してはいけないので、
外箱と電源差し込みプラグで測定して問題無ければ感電しません、
その様な考えで測定です。

この回答への補足

早速ありがとうございます。
文章で表現すると難しいのですが
プラスチック板の様な物に熱線が入っています
電源をONにすると暖まります
ホットカーペットの上敷きが無い物
あるいは中身 と言った方がいいかもしれません

外箱ですがプラスチックの場合はどうするのでしょうか?

補足日時:2009/12/12 20:03
    • good
    • 8

物が何か書くとさらに正確な答えになるのですが。



アースがない場合には筐体の金属部分と電源のプラグの間の絶縁抵抗を測ります。

この回答への補足

早速ありがとうございます。
文章で表現すると難しいのですが
プラスチック板の様な物に熱線が入っています
電源をONにすると暖まります
ホットカーペットの上敷きが無い物
あるいは中身 と言った方がいいかもしれません

補足日時:2009/12/12 20:00
    • good
    • 13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメガーの測定原理を図解付きで教えてください。

はじめまして、絶縁抵抗測定器の原理について教えて欲しいのですが、図解付きで説明してくださいませんか?

設備の絶縁不良箇所を特定するのに使っているのですが、測定原理を詳しく理解していないもので恥ずかしながらお願い致します。

お手数ですが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

原理は単純に、指定の直流電圧(100Vとか500Vとか1000Vとか)をかけて電流を測り、抵抗値(=電圧/電流)として表示するというものです。
テスタの抵抗測定と違うのは、かける電圧が高い(テスタは数V程度)という点です。

昔は手回しの直流発電機が内蔵されていてそれで高い電圧を発生させていたようですが、現在普通に用いられる電池式の絶縁抵抗計では、電池の電圧をDC-DCコンバータ回路で昇圧して高い直流電圧を得ています。

日本財団図書館の事業成果物(財団から助成を受けた事業の成果)から
・初級講習用指導書(電気機器編)3・13・5 抵抗の測定(2)絶縁抵抗測定
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/00395/contents/069.htm
には、回路例の図が載っています。

メーカーのHIOKIが出している日置技報
http://hioki.jp/report/index.html
の、
・高電圧絶縁抵抗計 3455
・ディジタルメグオームハイテスタ 3454
(それぞれpdfファイル)あたりも参考になるかと。
絶縁不良のときに大電流が流れないよう、電流を一定値で制限する(電圧を下げる)ような回路も、実際の絶縁抵抗計では使われています。

原理は単純に、指定の直流電圧(100Vとか500Vとか1000Vとか)をかけて電流を測り、抵抗値(=電圧/電流)として表示するというものです。
テスタの抵抗測定と違うのは、かける電圧が高い(テスタは数V程度)という点です。

昔は手回しの直流発電機が内蔵されていてそれで高い電圧を発生させていたようですが、現在普通に用いられる電池式の絶縁抵抗計では、電池の電圧をDC-DCコンバータ回路で昇圧して高い直流電圧を得ています。

日本財団図書館の事業成果物(財団から助成を受けた事業の成果)から
・初級...続きを読む

Q絶縁抵抗測定の使用方法

まだまだ電気の知識が初心者なので、教えてください。
1、絶縁抵抗測定とはなんですか?
2、使用方法ですが、どんな時に使用し、何ボルトではかればよいのですか?
3、絶縁抵抗が0の時にかんがえられることはなんですか?
説明不十分ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.絶縁抵抗測定とは絶縁抵抗測定器(通称メガー)で、測定するもので、主に電路と対地間で測定します。その基準値は電気設備に係る技術基準で以下のように規定されいます。
 ・使用電圧が300V以下で、対地間電圧が150V以下の電路:0.1MΩ
 ・使用電圧が300V以下で上記以外の電路:0.2MΩ
 ・使用電圧が300Vを超える低圧電路:0.4MΩ

2.メガーの測定電圧を規定しているものは特にありませんが、内線規定で以下のように推奨しています。
 ・100V電路 : 125V
 ・200V電路 : 250V
 ・400V電路 : 500V
これは、昔(といっても、私の会社も3年前まではそうでしたが)は低圧回路は500Vメガーで、高圧回路は1000Vメガーで測定していました。
しかし、100Vや200Vの回路に対地間とはいえその数倍の直流を印加した場合にインバーター等の半導体機器の損傷や雷ガード付OA用コンセントのショックアブソーバー機能などにより、正常にもかかわらず放電されることにより、あたかも不良かのような値が測定されてしまう(500Vメガーで、0.2MΩだが125Vメガーではinf)事が頻発したので、現在年次点検の際は、前述した通り、当該回路の使用電圧に近い電圧で測定しています。したがって、回路によっていちいち測定電圧を変える為、測定器は4レンジ(125V,250V,500V,1000V)のものを使用しています。

3.絶縁抵抗値が0MΩであれば、対地間では完全地絡、線間では短絡であると考えられ基本的にはいずれの場合もブレーカトリップとなると考えます。しかし、その値がメガーによるものであれば、0MΩと表示されても幾分かのインピーダンスがあると思われますので、遮断には至らない場合もあります。
ご質問の”絶縁が0”と言うのがどういう回路かにより説明が異なってきますので、宜しければもう一度投稿していただければ再回答致します。

1.絶縁抵抗測定とは絶縁抵抗測定器(通称メガー)で、測定するもので、主に電路と対地間で測定します。その基準値は電気設備に係る技術基準で以下のように規定されいます。
 ・使用電圧が300V以下で、対地間電圧が150V以下の電路:0.1MΩ
 ・使用電圧が300V以下で上記以外の電路:0.2MΩ
 ・使用電圧が300Vを超える低圧電路:0.4MΩ

2.メガーの測定電圧を規定しているものは特にありませんが、内線規定で以下のように推奨しています。
 ・100V電路 : 125V
 ・...続きを読む

Q一般家庭の電気配線絶縁抵抗測定方法(メガーの使い方)

電気工事業の方教えて下さい。

一般家庭(単相3線式)の電気配線の絶縁抵抗測定で、

1・メガーに500V、250V、125V、100Vといろいろ種類がありますがどのメガーを購入すれば良いですか?

2・絶縁抵抗を測定をする場合コンセントにささってる電気製品(洗濯機、エアコン・・・etc)を抜かないといけませんか?(直付け照明の取り外しも必要ですか?)

3・絶縁抵抗を測定する時メガーの片方の線をアースにつなぐと思いますが配電盤にアースがない場合はどのようにして絶縁を計ればよいですか?

4・何年かに一度電力会社の方が来て電気の点検をすると思うのですがあれは絶縁を測定しているのではないでしょうか?またブレーカーを落とさずに電気製品を使用したまま絶縁を計ることは出来るのでしょうか?

素人みたいな質問ですが電気についてお詳しい方、ぜひ教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>素人なのですいませんがもうすこし詳しく…

質問者さんは電気工事士のひよこかと思い回答しましたが、素人さんですか。
素人さんに感電の危険性が否定できないことを教えるのは、ここの利用規約に触れるのですが・・・・。

>ほとんどの電気製品は100V使用ですが250Vの電圧をかけても…

問題ありません。
もともと 500Vメガが標準でしたが、電子機器を組み込んだ製品が多くなってきて、250Vに落とした経緯があります。

>125V、100Vのメガーはどのようにつかわれるの…

弱電用です。

>メガーの接地線(ワニ口なっている?)をそれにつなぐということ…

素人さんなら絶対にまねしないでください。

>「絶縁測定」と「絶縁抵抗測定」とはちがうものですか…

揚げ足を取られましたね。
まあ、「絶縁測定」には「耐電圧測定」という意味がないわけではありませんが、一般には「絶縁抵抗測定」のことです。

>配電盤に貼ってある「点検済」シールは何を意味している…

それは貼った人に聞かねば分かりません。
私の地方の電力会社は、「絶縁抵抗測定」しかしていきません。

>的を得ていない質問かもしれませんが…

「的を得る」という言葉はありません。
『的を射る』または『当を得る』。

>素人なのですいませんがもうすこし詳しく…

質問者さんは電気工事士のひよこかと思い回答しましたが、素人さんですか。
素人さんに感電の危険性が否定できないことを教えるのは、ここの利用規約に触れるのですが・・・・。

>ほとんどの電気製品は100V使用ですが250Vの電圧をかけても…

問題ありません。
もともと 500Vメガが標準でしたが、電子機器を組み込んだ製品が多くなってきて、250Vに落とした経緯があります。

>125V、100Vのメガーはどのようにつかわれるの…

弱電用で...続きを読む

Q絶縁抵抗計の使い方を勉強したい

電動機器を納入するような仕事があります。
会社に絶縁抵抗計があるのですが、使い方を
知っている者がだれもいません。
webなどで、絶縁抵抗の具体的な測り方、
メガーの使い方を詳しく紹介しているページが
ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

通常はメガーとよばれており、測定は無電圧の状態でメガーのLINEに機器の電源側を、EARTHに機器のケース(筐体)を接続して、中央にあるボタンを押すと針が指示します。その値お読みます。単位はMΩです。
 測定前に測定ボタンを押してLINEとEARTHのリード線を短絡して、指示値が0に成ることを事前にチェックしておく、0を指示しない場合は内蔵の電池を替える、それでも駄目なら、故障です。
 古いメガーは手回しのものもあります。
指示した値の良否は、使用状態では
・静止機器:定格電圧/{定格出力(kW orKVA)+100}[MΩ]
・回転機器={定格電圧+定格回転数(rpm)}/(定格出力(kW or KVA)+2000}MΩ
低圧メガーは一般的にDC500Vを印加します。
 例えば10MΩと言うことは50μAのリーク電流と言うことです。
 電子機器はもっと低い電圧で測定します。 

Q絶縁抵抗測定時に電気機器はコンセントから外した方がいいのでしょうか

海外に旅行中の知人の自宅であるマンションが、法定の絶縁抵抗試験をすることになりました。
各階ごとに試験をするとのことです。

管理者から入居者に、試験時には機器のコンセントを抜いておくように、また、抜かなくても結果的に問題がなければいいんじゃない?と気軽に連絡があったようです。
知人は自室で遠隔操作不能なWebサーバや各種PCを常時起動しているため、出来ればコンセントを抜く方が良いでしょうし、ネット情報によるとコンセントに機器が付いていると絶縁抵抗の正しい測定結果が出ないとのこと。

コンセントを刺したままというのは避けた方がいいのでしょうか。

Aベストアンサー

電気配線部分だけの絶縁測定をしたいのなら、機器をコンセントから抜く必要があるでしょう。
しかし、そうであれば機器の絶縁抵抗測定は別途行う必要があります。
法定点検ということからすれば、機器の絶縁抵抗も対象(日本では)となります。
おそらくマンションの管理者からすれば、入居者の所有する機器のために「絶縁不良」の判定を出したくないからではないでしょうか。

Q漏電の測り方

漏電があるかないかというのは、メガーという計測器を使うと思うのですがどのように使うのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>メガーというのは抵抗値だけを計測するものなのでしょうか?

絶縁抵抗の測定単位はM・Ω(メガ・オーム)なので、絶縁抵抗計の事をメガーと呼びます。
よってメガーとは絶縁抵抗を計測する機器を指しますが、機種によっては交流電圧や低抵抗の計測機能が付属しているものもあります。


>あとテスターでは漏れ電流をはかることはできないのでしょうか?

クランプテスター、アーステスター、バッテリーテスター等色々なテスターがありますが、御質問は一般にテスターと言われた場合の
回路テスター(マルチメータ)を指すものと思います。回路テスターで電流を測定する場合はテスターを電流が流れている回路に
直列に接続する必要がありますので計測は難しいです。

Q絶縁抵抗測定時、アースが間違いなく取れているかどうかの確認の方法を、お

絶縁抵抗測定時、アースが間違いなく取れているかどうかの確認の方法を、お教えください。

Aベストアンサー

絶縁抵抗測定時の事前チェックとして
1.内蔵バッテリー確認
2.0MΩ確認
3.ラインプローブを接地側から離した状態で∞を示すことを確かめる。

2の0Ω確認ではアースプローブのクリップを接地端子に取り付けて、ラインプローブを接地側端子と電気的に接続されていると考えられる他の点に接触して”0”を示す事を確認する。

絶縁抵抗は、MΩ(100万オーム)の単位を測定するので絶縁された端子などに誤ってアースプローブのクリップを接続してしまわない限り失敗はありません。
しかし、接地がまったく効いていない端子にアースプローブのクリップを接続すると1000Vメガーでは、0MΩ確認において0を示さない。
低圧絶縁抵抗測定に於いては接地相(B種接地)を利用して接地が効いていることを確認すると良いです。

Qモーターが焼損しているかどうか調べる方法

三相200vのモーターが焼損しているかどうかを調べるにはどうすれば最も良いでしょうか??メガテスターをつかって調べると良いようなのですがよくわかりません。匂いである程度わかりますが、もっと確信が持てる方法を知りたいと思います。どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

モータの主な故障原因とその確認法について私見ですが書いて見ます。
(1)ベアリング故障:小型モータであれば、軸を手で回転させて、滑らかに回るかどうかを確かめる。
(2)断線:テスターの抵抗レンジで、巻線間の抵抗値を測定する。アンバランスがあると断線の可能性あり。
(3)絶縁破壊:メガー(500V)で巻線と外枠の間の絶縁抵抗を測定する。JISC4004の基準では0.2MΩ以下が不良とされるが、これは水中ポンプなど使用環境の良くない場合であり、通常の環境なら1MΩを下回るようであれば要注意。
(4)総合:通電して無負荷で運転中の電流、振動、騒音、臭気などの異変を確かめる。

Q絶縁抵抗計を使って電動機の絶縁抵抗を測定したいのですが、黒い線(クリッ

絶縁抵抗計を使って電動機の絶縁抵抗を測定したいのですが、黒い線(クリップ)と赤い線(針)はどこらへんに使えば(接触?)いいのでしょうか?
使い方がまったくわからないので、わかりやすく教えていただけないでしょうか。電動機は交流200Vで使用してます。

Aベストアンサー

電動機および配線を含めた全回路の絶縁が正常か否かを確認するのが目的であれば、元のブレーカを切るだけでいいのですが、電動機単体の絶縁抵抗を測るのであれば、電動機の端子箱で配線をはずして電動機のみとします。
黒線のクリップは電動機のアース端子あるいはボルトなどに挟みます。(塗装や錆のない箇所を選ぶ)
赤線はモータ巻線の端子あるいはリード線に接触させて、絶縁抵抗計のスイッチを押せば測定出来ます。

Qメガーの測定方法教えて下さい。

最近、設備管理に職場が変わり電気のことがわからず困っています。自分なりに勉強し、電気工事士2種の資格も取り1種も受かりました。しかし、実際に職場で漏電警報等が出ると、メガーの使い方(何処を測定していいのか)(測定した値は何Ωまでいいのか)(125V・250Vどのレンジを使えばいいのか)など、基本的なことがいまいちわかりません。上記3点だけでもいいので、教えて頂けませんか。又、私のような者が見たらいいホームページ・本などありましたら、ぜひ教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
漏電遮断器であれば漏電系統を遮断出来るのですが、
電気室のブレーカーはほとんどがMCCBなので
その様になります。
>最初にクランプメーターで、B種接地線を計測しその電流値が漏電の値ということでいいですか?
その通りです。
漏電警報器の誤作動も考えられるので、実際の漏洩電流を測定するのです。漏電警報器の整定値を確認しましょう。>ブレーカーを切りメガーで測定ということで理解してよろしいですか?
私はその順番でやっています。
1.クランプメータにてB種接地の漏洩電流測定
2.クランプメータにてどの幹線が漏電しているか調査
3.系統が判明したらブレーカを遮断しメガ測定
4.上位から下位に絶縁不良調査
5.不良箇所の修理
6.漏電警報器のリセット
7・クランプメータにてB種接地の漏洩電流測定
終了


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング