先日眼科で両眼とも「網膜剥離裂孔」と診断されて、21日(水)に、網膜光凝固術(レーザー治療)をしました。その時にもちろん瞳をひらいたのですが、2日経った今でも、左だけ完全に戻っていません。右眼は明るいところを見るときちんと瞳も小さくなるのですが、左目は直径3ミリくらいのままです。そのうち自然に治るのでしょうか?眼科へ行くべきか迷っています。どなたか分かる方は教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

瞳孔を開く点眼薬によって、瞳孔が元に戻らなくなったものと仮定


して、お答えします。

まず、散瞳剤にどんな点眼薬を使用したかですが、通常ミドリンP
という点眼を使用します。これは、作用の持続時間は5時間くらい
で、自然に瞳孔は元にもどりますが、まれに薬の作用が効きすぎる
人もいます。それでも2~3日でおさまります。
散瞳剤としてアトロピン点眼を使用することがあります。この場合
は、1週間くらい瞳孔が開きっぱなしになります。通常アトロピン
を使用することはないと思いますし、その場合は説明があるはずで
すので、ご質問の場合はミドリンP点眼だろうと思います。来週に
なっても瞳孔が元に戻らないようでしたら、もう一度眼科に受診し
てみてください。縮瞳剤を点眼して強制的に瞳孔を小さくするとい
う方法もあります。

もし、眼球打撲などの外傷の既往があると、外傷性散瞳と言って、
瞳孔が開いたままの状態になってることがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。点眼薬の名前はわかりませんが、2種類点眼しました。治療が終わった後、「瞳を閉じる薬」を点眼されました。まだ2日しか経っていないので、来週まで様子をみて、治らないようだったら、眼科へ行ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/23 18:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 網膜剥離<眼の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    網膜剥離とはどんな病気か  網膜が網膜色素上皮(もうまくしきそじょうひ)から分離し、網膜の下に水がたまる病気です。おおまかに裂孔原性(れっこうげんせい)網膜剥離と非裂孔原性網膜剥離に分けられますが、普通は網膜剥離といえば裂孔原性網膜剥離を指すので、ここでは裂孔原性網膜剥離について解説します。  裂孔原性網膜剥離は網膜に孔(あな)があき、そこから網膜の下に水が入って起こる病気です(図43)。毎年1万人に1...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q網膜裂孔でレーザー手術をしました

2週間前に、右目を網膜裂孔のためレーザー手術(光凝固術)をしてもらいました。その後、手術前にしっかり見えていた距離がボヤけてしまいます。仕事で、30cmから60cmくらいの距離で100分の1mmの調整をしているような仕事なのですが、ほんの一瞬だけ焦点が合うのですがすぐにボヤけてしまいます。その影響で頭痛・こめかみの痛みもひどいです。医師に伝えたのですが、「手術によって視力に影響はない。仕事による眼精疲労」との返事でした。どなたか、私の視力の低下は一時的なものなのでしょうか?また、本当に眼精疲労なのでしょうか?手術前と後でこんなに眼精疲労とは変わるものだのでしょうか、、、。ご教授頂きたく存じます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考になれば、よろしいのですが・・・ (*^。^*)

私も2週間前の、6月6日にレーザー手術(光凝固術)をしてもらいました。

そのときもらった説明書に、次のように書いてありました。


   網膜光凝固について

・糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などの疾患に対し網膜光凝固が行われることがあります。

 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症では網膜毛細血管が閉塞し、そのため新生血管が眼内に生じ大きな出血を引き起こすことがあります。この予防のため網膜に光凝固をおこない、不良な網膜を焼き固める必要があります。
 網膜裂孔は、放置すると網膜剥離という疾患を引き起こし入院しての手術治療が必要になることがあります。網膜剥離がまだ起きていなかったり小さな範囲である場合は、裂孔周囲を光凝固して瘢痕化させることで網膜剥離の進行を防ぐことができます。

・網膜光凝固は、病気そのものを治して視力を回復させるような効果はありません。あくまでも疾患の進行をくいとめるのが目的です。

・短所として、光凝固をしたところは網膜機能が減弱しますので光凝固施工後は暗く感じるようになります。たいていは数ヶ月すると徐々に暗いのが軽くなります。

参考になれば、よろしいのですが・・・ (*^。^*)

私も2週間前の、6月6日にレーザー手術(光凝固術)をしてもらいました。

そのときもらった説明書に、次のように書いてありました。


   網膜光凝固について

・糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などの疾患に対し網膜光凝固が行われることがあります。

 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症では網膜毛細血管が閉塞し、そのため新生血管が眼内に生じ大きな出血を引き起こすことがあります。この予防のため網膜に光凝固をおこない、不良な網...続きを読む

Q網膜裂孔のレーザー手術について

昨日、ある病気の疑いで別の診療科の紹介で眼科の診察を受けました。ある病気の方はなんともなかったんですが、「両網膜裂孔」と診断され、すぐに右目の網膜光凝固術による治療(手術)をしました。その後、1時間の休憩を挟んで左目の治療をしました。眼科医からも看護師からもその日のうちにすぐにレーザー治療するのは珍しいと言われました。

そして、翌日早々に経過観察をしたところ、一部剥離しているような箇所があったためレーザー治療を追加しました(1回目よりちょ~~~痛い)。治療時間は1回目よりも短めにすみましたが、医師による目視では、しっかり網膜がくっついていない場所があると言われましたが、超音波検査(Bコース?という名前)では異常ありませんでした。

週明けに再度検査をしますが、検査次第では網膜剥離の手術を大学病院まで行ってやるらしいです。

そもそも網膜裂孔とは何が原因で起きるのでしょうか?私は近視で左右ともに裸眼0.1程度、普段はハードコンタクトで左右とも1.2程度です。これが強い近視に値するのでしょうか?

あと、治療後に目薬等が出ていません。コンタクトレンズをつけても構わないと医師に言われましたが不安です。網膜光凝固術後は特にケアはいらないのでしょうか?

ちなみに術後に病院から晴れている屋外に出た時に涙が出るくらい激しい眩しさを感じました。

よろしくお願いします。

昨日、ある病気の疑いで別の診療科の紹介で眼科の診察を受けました。ある病気の方はなんともなかったんですが、「両網膜裂孔」と診断され、すぐに右目の網膜光凝固術による治療(手術)をしました。その後、1時間の休憩を挟んで左目の治療をしました。眼科医からも看護師からもその日のうちにすぐにレーザー治療するのは珍しいと言われました。

そして、翌日早々に経過観察をしたところ、一部剥離しているような箇所があったためレーザー治療を追加しました(1回目よりちょ~~~痛い)。治療時間は1回目よ...続きを読む

Aベストアンサー

私もつい先日、同じ手術をしました。
その後はいままでどおりの生活でケア等は特にしてませんが、異常はありません。
ただし、1週間くらいは網膜がやけど状態なため、完全に治るまで激しい運動や、強く力むようなことはしないほうがいいようです。

医者に網膜裂孔の原因を訊いたところ、老化だそうです。
(もっとも私はまだ30代前半ですが)
あと、強い近視があると眼球の形がゆがんでしまっているため網膜が引っ張られ、それにより裂孔ができやすくなるそうです。
また、遺伝的に発症しやすい人もいるそうです。

予防方法は?と訊いたのですが、「ありません」ときっぱり言われました。老化により自然に発生するものだとのことです。

術前に目を開くための薬を点眼したと思いますが、術後に眩しかったのはその薬の効果ががまだ消えていなかったからだと思います。
しばらくして元にもどったのなら、問題ないと思われますが。
(あくまで素人の意見ですので、医師に確認してください)

いずれにせよ、心配であるなら早めに担当医師に相談したほうがいいのではないでしょうか。
それなりの費用をかけているのですから、納得できるまで医師と話し合ったほうがいいと思います。

私もつい先日、同じ手術をしました。
その後はいままでどおりの生活でケア等は特にしてませんが、異常はありません。
ただし、1週間くらいは網膜がやけど状態なため、完全に治るまで激しい運動や、強く力むようなことはしないほうがいいようです。

医者に網膜裂孔の原因を訊いたところ、老化だそうです。
(もっとも私はまだ30代前半ですが)
あと、強い近視があると眼球の形がゆがんでしまっているため網膜が引っ張られ、それにより裂孔ができやすくなるそうです。
また、遺伝的に発症しやすい人もいるそ...続きを読む

Q目薬で瞳孔開く検査後、どれくらいで元に戻りますか?

お世話になります。

今日ひぶんしょうの検査をするために
目薬で瞳孔を開いて検査しました。
問題はありませんでした。

病院では3,4時間くらいは目が瞳孔ひらきっぱなし
になるときいてたのですが12時間たった今も
ほぼ戻ってはいますが右眼より目薬した左眼のほうが
ふた周りくらい大きいです。

このまま元に戻らないとかあるんでしょうか?
朝まで心配です。

Aベストアンサー

過去何回も瞳孔を開く検査を受けていますが、3~4時間は瞳孔がMax全開でピントが合いづらく、それ以降は徐々に瞳孔が縮まって行き、同時にピントも合うようになってきますね。
12時間経っても多少瞳孔が大きいそうですが、私も同じような感じです。
戻らないことはありませんので大丈夫です。
完全に大きさが戻るのは翌朝ですね。

ところで、ひぶんしょうの検査は片目しかしなかったのですか?
どっちかといえば、そっちのほうが気になりました。

Q網膜裂孔のレーザー治療後

44歳、強度の近視で2年前から飛蚊症があります。先週急に目の前を飛ぶ黒いものが増えたので、眼科を受診したら網膜裂孔と診断され、本日レーザー治療(網膜光凝固術)を受けてきました。
術後は、日常生活で特に留意点はない、とのことだったので、帰宅後家の掃除をしました。
その時、不注意で棚に頭をぶつけてしまいました。さほど強くぶつけてはいませんが、不安でしかたがありません。
次の検診は1か月後と言われているのですが、早めに診てもらったほうがいいでしょうか。見え方は特に変化はないように思われます。

Aベストアンサー

ショックを与えたのですから、危険因子は増えたと思います。レザー治療は、薄い糊で貼った程度だと思います。はがれる可能性がゼロではありません。剥離ではないので危険がゼロでもないというわけでもないと思います。少しでも心配なときは受診をお勧めします。視力は大切ですもの。変化があるかどうかは医師の判断に任せましょう。神経質なくらいが早期発見には丁度いいのです。

Qレーザー網膜光凝固を受けようか迷っています

網膜裂孔があった場合、すぐさま必ずレーザー治療するものなのでしょうか?
10年前に左目に髪の毛のようなものが見え始め、眼科医で左目のみ眼底検査をし、その結果、飛蚊症と言われました。
治療法がないとのことで、それきりでした。
その数年後、右目にも飛蚊症が発症しました。
1年位前から両眼とも光視症も自覚するようになったので、先日、眼科医で10年ぶりに眼底検査をしたら、右目の方に孔が空いているかもしれない部分が見つかり、レーザー治療できる病院への紹介状を出され、その翌日、病院での検査を受けました。
そして検査後、レーザーをしますか?といきなり聞かれたのですが、迷っています。
たぶん、孔が空いているからレーザーをしますか?と聞かれたと思うのですが、孔の有無について話をされたかは確かな記憶がありません。
たとえ、網膜裂孔や網膜円孔があっても、光凝固を受けずに経過観察などをしている方はいらっしゃるのでしょうか?
裸眼視力は、0.04。47歳です。

Aベストアンサー

網膜に裂孔がある場合は、網膜剥離の前兆ですから、基本的には、孔をふさぐ必要が有ります。
その方法として、光凝固(レーザー凝固)や冷凍凝固が有りますが、一番的には光凝固を先に行ないます。

そのままにしておいて、裂孔が拡大すると、網膜剥離になりますから、通常は緊急に行なう必要が有ります。

光凝固は、レーザーを裂孔の周囲に照射して、網膜とその外側の脈絡膜を焼きつけて孔をふさぐ治療法ですが、点眼麻酔をしてから行いますから、20分程度で終わり痛みは殆ど有りません。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.oita-med.ac.jp/ganka/byoki%20folder/09.html

Q網膜剥離の手術後二週間、困っています。

網膜剥離の手術後について教えてください
50歳女性。網膜剥離で片眼の晶子体手術をして二週間です。ガスを入れたとのことで昨日まで下向きですごしていました。現在は退院し自宅で過ごしていますが、黄斑部まではがれていたとのことで、元の視力までの回復と乱視は残るでしょうとのことです。現在は、視力(乱視)の左右差がひどく、両目では物がまともに見るこませんし、目を開けていられません。家の中では家事も何とかできますが、頭もふらふらして外を歩こうとしてもまっすぐ歩けない状況です。今後どのような経過をたどるのか、片目で生活しなければならないのか不安です。経験者の方、あるいは専門家の方のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

質問に対する答えです。

網膜剥離で罹患している方が、抑制(脳の方で目から来る情報を消す働き)する事で
片方の目で見ているのと同じ状態にします。現在は良好な目と罹患している目と両方
から情報が脳に来ているために融像(左右の眼からの情報を一つに重ね合わせる働き)
する事でバランスが悪くうまくいっていないから、違和感が出ています。
人にもよりますが、ある期間をおいて抑制が働いて片方が使われなくなると、現在
よりも楽になります。それまでは辛いでしょうが、どうする事も出来ません。
再発防止は強く頭を打たない事でしょう、普通の生活で定期的に検診をしていれば
早期に発見でき大事に至らないで、治療できます。
分からない事があれば質問ください、余裕を見て返信します。

Q網膜光凝固術の術後の検査

身近で網膜光凝固術の手術を受けた人が、私も含めて二人います。
1)私は60歳ですが、3年前に近視の強い右目の網膜に穴があいているのが見つかり、レーザー手術をしました。10年前から糖尿を患い、アマリールを服薬しているので、それ以後も、右目は毎月一回、両目は3ヶ月に一度、眼底検査を受けています。

2)30歳の娘は、1年前に飛蚊症で眼科を受診したところ、それとは関係なく、両目の網膜が生まれつき薄くなっていると言われ、両目にレーザー手術を受けました。最初のうちは毎月、眼底検査を受けていましたが、半年過ぎた頃から、3ヶ月に一度になり、1年を過ぎたので次回は4ヵ月後でよいと言われました。

3)友人の61歳の主婦も、目がぼやけるので診察してもらったところ、やはり左目に網膜に穴が見つかり、レーザー手術をしました。しかし、1ヵ月後に一度、眼底検査を受けただけで、その後は、異常があったら来るようにと言われただけだそうで、本当にそれでいいのか心配だそうです。

このように網膜にレーザー手術を受けた後の眼底検査は、一般的に言って、どの位の割合で、眼底検査を受けるのがよいのでしょうか。患者の事情も違うので一概に言えないかもしれませんが、眼科によってマチマチなので、眼科医の方の意見をお願いいたします。

身近で網膜光凝固術の手術を受けた人が、私も含めて二人います。
1)私は60歳ですが、3年前に近視の強い右目の網膜に穴があいているのが見つかり、レーザー手術をしました。10年前から糖尿を患い、アマリールを服薬しているので、それ以後も、右目は毎月一回、両目は3ヶ月に一度、眼底検査を受けています。

2)30歳の娘は、1年前に飛蚊症で眼科を受診したところ、それとは関係なく、両目の網膜が生まれつき薄くなっていると言われ、両目にレーザー手術を受けました。最初のうちは毎月、眼底検査を...続きを読む

Aベストアンサー

その医者の裁量ですね。
あとは、外来の忙しさにもよります。
外来が忙しければ、経過観察の間隔は長くなりますし、期間は短くなるでしょう。

レーザーの痕自体は1~2ヶ月もすれば固まってしまうので、それ以降は別に見なくてもいいといえばそうかもしれません。
ただもっともっと長期で見ると、硝子体(目の中に詰まってるゼリーみたいなもの)が収縮してきたりする可能性もあります。

まぁ、それなりの年齢の方で何かありそうな眼でしたら、半年~1年に1度くらいは、
健診の意味を込めて(むしろこっちの意味合いの方が強いかもしれませんが)診ますかね。
何もない健康そうな眼なら、『何かあれば来てください』。

Q糖尿病網膜症のレーザー治療について

本人の状態にもよると思うのですが糖尿病網膜症のレーザー治療ってどれくらいの頻度で受けるものなのでしょうか? また、処置後半年間はレーザーの追加が必要となっても無料で施行されるという記事を読んだのですが本当ですか?

Aベストアンサー

まず、ご存じとは思いますが糖尿病網膜症のレーザー治療の目的は、網膜の間引きと血管の処置の2つが主なものです。
網膜の間引きですが、その時点で網膜の毛細血管はかなり閉塞しており、言ってみれば網膜は栄養不足、酸素不足の状態です。これを解消するために眼の中で血管増殖因子が増えて新しい毛細血管をはやそうとします。これがいわゆる新生血管で、とても脆く出血しやすい他に、増殖膜の原因にもなる非常に厄介な代物です。そこで、閉塞した血管の先にある網膜をレーザーで焼いてしまい、間引きをすることで新しい血管を生やそうとする動きを抑える(沈静化)事を狙います。
もう一つ、既に新生血管がうじゃうじゃ生えていて出血を起こしていると、網膜、特に黄斑の浮腫(むくみ)を招いたり、出血が呼び水となって更に新たな血管が生えてきます。ですので悪い血管を焼いて出血を抑えることが必要になります。

という訳で、一度や二度ではとても処置しきれないので片目につき数回ずつレーザーを入れていく必要があります。程度の差はありますが、片目だけなんて事は少なく、まず両目が対象になる事が多いと思います。私の場合、1週間おきに左右にそれぞれ3回~4回ずつレーザーを撃ちました。

ここで料金の話ですが、半年後も無料で施術というのはたとえ話の類であって、実際は次の通りになります。網膜をレーザーで処置するのは網膜光凝固術と言いますが、これは当初の目的を達するまで一連の処置を丸ごと含んで一つの治療とみなします。つまり、今の眼の状況に必要な網膜の間引きや新生血管の処置が「一通り」完了するまでを含んだ費用が初回にドンと乗ってきます。しかし、次回診察以降は、「一通り」の治療中な訳ですので、網膜光凝固術についての費用は発生しません。診察台と薬代ぐらいです。ただ、この処置は半年も引っ張るほどのんびり治療はしないとは思いますが。

さて、一連の処置が終わったとして、通常はこれで経過観察です。増殖膜や新生血管の活動が沈静化していれば、そのまま治療を続けながら経過観察が続きますが、活動が抑えられない場合や、既に増殖膜がかなりひどく、網膜裂孔や網膜剥離を起こしている(起こす危険がある)場合には、次の段階の治療である硝子体手術を視野に入れなければなりません。ただ、硝子体手術を受けるにしても、予め網膜のレーザー処置を済ませている場合と、やってない場合とでは治療成績に差が出るという調査結果を目にしたことがあります。勿論、レーザーを撃って間引きしておいた方が、手術後の視力の結果はよく保たれることが多いです。

ということで、私も両目とも硝子体手術を受けて、糖尿の治療と合わせて管理を続けながら、今は普通に仕事を続けています。途中で治療を放置すると失明一直線なので、ぜひ頑張って治療に取り組んでいただきたいと思います。

まず、ご存じとは思いますが糖尿病網膜症のレーザー治療の目的は、網膜の間引きと血管の処置の2つが主なものです。
網膜の間引きですが、その時点で網膜の毛細血管はかなり閉塞しており、言ってみれば網膜は栄養不足、酸素不足の状態です。これを解消するために眼の中で血管増殖因子が増えて新しい毛細血管をはやそうとします。これがいわゆる新生血管で、とても脆く出血しやすい他に、増殖膜の原因にもなる非常に厄介な代物です。そこで、閉塞した血管の先にある網膜をレーザーで焼いてしまい、間引きをすること...続きを読む

Q網膜裂孔でレーザー治療を行いました

先日、眼科で網膜に孔が2箇所開いているといわれ、
その場でレーザー治療を受けました。
レーザーで処置した場所は、もう剥離に進むことはないのでしょうか?
また、別の場所にも孔があく可能性はどれぐらいなのでしょうか?
色々なことが不安で不安でほかの事に集中できません。

Aベストアンサー

不安なお気持ちお察しします。

網膜裂孔のレーザー治療を受けた、とありますね。
網膜裂孔は網膜剥離の前段階と言われていますので、早期発見されてその場でレーザー治療をされたことは大変良かったことではないかと考えます。
レーザー治療された場所は、完璧に固まれば再手術も剥離も、ほとんど心配ないと思います。
しかし、別の場所に孔があく可能性はないとは言い切れません。koko0007さんの年齢などが分からないのですが、強度の近視や40歳以上の方では、裂孔する可能性やレーザー治療をしていても剥離に及んでしまう場合もあります。剥離に及んだ場合は、手術が必要になりますし、無自覚のことも多い為に失明になる場合もあります。
やはり定期的な検査(眼底検査)を受けることが必要だと思います。網膜剥離に及んでしまっていても、治療技術が進歩 した現在では、95%の患者さんが視力も視野も回復し、以前と変わらぬ生活を送っているそうです。

Q眼底出血があったのですが。

半年くらい前に右目がよく見えなくなり、
眼科にいったところ、眼底出血だと言われました。
が、たいした治療をされたわけでもなく
眼圧を下げるという飲み薬を処方され、
しばらくたったら、出血がひき、眼はもとどおり
見えるようになりました。

しかし、結局、眼底出血の原因は、医者にきいても
「よく分からない」
と言われてなぜ眼底出血がおこったのかは分からないままです。

原因が分からないため、また起こるのではないかと不安ですが
一方で医者が勧める「造影剤を入れて写真をとる検査」
というのは、気がすすみません。
なぜかというと、造影剤の検査は、ネットで調べた結果
「医療事故」があったとのことなのです。

医者に聞けば、「造影剤」の検査をしなさいと言われるのは
分かりきっているのてすが。

症状がないなら、ほっておいてもいいですか?
それともやはり造影剤の検査をうけるべきでしょうか。
造影剤によるリスクというのはどの程度のものでしょうか。
よいアドバイスがありましたらお願いします。

ちなみに健康診断をうけたばかりですが
高血圧や糖尿病はありません。

半年くらい前に右目がよく見えなくなり、
眼科にいったところ、眼底出血だと言われました。
が、たいした治療をされたわけでもなく
眼圧を下げるという飲み薬を処方され、
しばらくたったら、出血がひき、眼はもとどおり
見えるようになりました。

しかし、結局、眼底出血の原因は、医者にきいても
「よく分からない」
と言われてなぜ眼底出血がおこったのかは分からないままです。

原因が分からないため、また起こるのではないかと不安ですが
一方で医者が勧める「造影剤を入れて写真をとる検査」
...続きを読む

Aベストアンサー

眼科医です。
原因不明の眼底出血というのは時々見られますが、基礎疾患があることが多いです。
この場合は、また繰り返すことがままありえます。

原因の検索と次の出血の予防のために、蛍光色素を静脈に注射しながら眼底写真を連続して撮影する『蛍光眼底造影検査』は、一般に良く行われている検査です。

確かにショック死の重大な副作用の報告はありますが、大変稀です。
以前10万件に一人くらいと言われてましたが、腎臓機能障害や特殊なアレルギー体質の方が報告されていますので、実施前には腎機能を調べたり、アレルギーテストをしていますので、最近はまず報告を聞きません。

私も眼科医になってもう20年経ちますが、その間もう何百人の患者さんにこの検査をしたか数えられないほどです。
たまに空腹時や、逆に食事した直後に検査に来られた為に、検査中に気分が悪くなり吐いてしまった患者さんを経験してますが、意識をなくすようなショックを起こした人は皆無です。

また検査後は、しばらく注射した蛍光色素が尿中に排泄する為に、尿の色が赤ッぽく見えたり、顔色が黄色ぽく見えたりすることは誰にでもありますが一過性で心配ありません。

では、これで何が判るかというと、私たち医師が見ることの出来る網膜の下にある、医師からは見ることの出来ない”脈絡膜”という網膜を栄養している大切な組織の血液の流れがわかるのです。
まだ網膜に現れていない病気や今後起こりうるだろう出血の予想、さらには必要に応じてレーザー光線で治療する光凝固術には欠かせない検査です。

でも現在特に視力に不自由していらっしゃらないのなら、今無理に受ける必要はないでしょう。
もし万一再び眼底出血を起こした時は、ぜひ心配せずに受けてくださいね。

眼科医です。
原因不明の眼底出血というのは時々見られますが、基礎疾患があることが多いです。
この場合は、また繰り返すことがままありえます。

原因の検索と次の出血の予防のために、蛍光色素を静脈に注射しながら眼底写真を連続して撮影する『蛍光眼底造影検査』は、一般に良く行われている検査です。

確かにショック死の重大な副作用の報告はありますが、大変稀です。
以前10万件に一人くらいと言われてましたが、腎臓機能障害や特殊なアレルギー体質の方が報告されていますので、実施前には腎機...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング