痛くなり始めたのは、かなり昔です。
まず、階段など上る際に膝の痛みが辛く、降りる際も辛いので身体を斜めにするといくらか楽です。
正座は出来ませんが、あぐらをかいても、時間がたつと膝が辛くなり何度も組み替えないと、座っていられません。脚立や梯子などの上り下りのような膝を屈伸するような動きも辛いです。
日ごろの運動などで改善を図れるものでしょうか?また、医師の診断と治療を受ければ直るものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは



整形外科で見てもらうことと
その時にどんな運動をした方が良いか
聞いてみてはどうでしょうか?

お大事に
    • good
    • 1

>日ごろの運動などで改善を図れるものでしょうか?また、医師の診断と


治療を受ければ直るものでしょうか?

全て医師なしには分かりません。確実にいえる事は、炎症が起きている
ということです。痛みの原因は炎症ですから。 

病院には早く行ったほうがいいと思います。関節の炎症は軟骨の破壊を、
ものすごいスピードで進めていきます。今の医学では軟骨再生は出来ま
せんから、痛みにすぐ対処することが非常に大切です。とりわけ、病院
のお薬は重要です。様子を見てメリットは一つもありません。


~治療院について~
 
 整体・カイロプラクティック・・・「骨盤矯正・骨格矯正」 これは
  全て真っ赤な嘘です。そもそも彼らは公的資格が一切ありません。
  早い話、無資格の素人です。誰でも明日からすぐに営業できます。
  素人さんですから、勿論健康保険は使えませんし、自賠責だって保
  険屋からは相手にされません。背骨と背骨の間に椎間板というクッ
  ションがありますが、整体やカイロで薄くなるということが確認さ
  れています。一回ぐらいでは大丈夫だと思いますが、一年も通えば
  驚異的なスピードで椎間板は劣化します。長期的に見れば確実に悪
  化します。

 整骨院・・・柔道整復師という国家資格者で、接骨院、骨接ぎとも呼
  ばれています。肩コリや腰痛など治療する所だと勘違いされている
  方もいますが、ここは捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などのい
  わゆるケガを治療する施設です。
  
  一番下の Q:接骨院や整骨院はどのような時にかかったら良いんで
  すか? をご覧下さい
  http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html
  
  腰痛や肩コリの治療は一切出来ません。 「歯医者で眼の治療」 
  をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯
  し、慢性膝痛を「膝のねんざ」など嘘の受傷理由を添付して、健康
  保険を偽装請求し荒稼ぎしています。不正は業界ぐるみで行われて
  おり、全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険
  から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あ
  り、2007年度で約3000億円かかっています。言うまでもなく、保険
  料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほ
  とんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納
  得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度に
  して浮いたお金が3000億円です。

 鍼灸整骨院・・・鍼灸師と柔道整復師の免許をもている方、もしくは
  それぞれの施術者いる施設です。ここも整骨の保険を悪用している
  可能性があります。鍼灸は保険が使えますが必ず医師の診察の上、
  同意書が必要です。保険証を窓口に提示して即保険で鍼治療の場合
  は、整骨の保険(ケガの保険)で鍼をしているケースが多いです。
  これは例えていうなら、出産時自然分娩にもかかわらず、帝王切開
  として保険請求するようなことです。これが普通の病院なら大問題
  です。マスコミに大きく報道され、二度と再起できない状態に追い
  込まれるでしょう。しかし鍼灸整骨院に関してはお咎めなしです。


 鍼灸・マッサージ・・・国家資格者ですから、代替医療にかかるのな
  らこれしかないでしょうね。マッサージは肩凝りでは保険が使えま
  せんが、鍼であれば使えます。しかし医師の診断が必要です。



痛い所があれば患部にシップを貼って下さい。自己流のマッサージやス
トレッチは筋肉や神経を傷め、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる
恐れがあるので控えましょう。

レントゲンは病院でしか取れませんので、整体、接骨院、整骨院ではなく
必ず整形外科を受診してください。


長文失礼しました。ご参考になれば幸いです。
「膝関節を曲げたり、階段の上り下りの際に痛」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中ご回答頂きまして有難うござします。
早速整形外科に行ってみます。

お礼日時:2009/12/14 21:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正座すると、膝が痛いのですが(膝の下が出ていて)

膝の下の出っていて、正座するといたく、次の日になるとひどいときは、少し気持ち悪くなります。(足のこうは少し青ぽく変わります。)

周りの人に聞くとそんなのみんな、でているといわれるのですが。自分ではサッカーをしていたせいだと思っているんですが。

正座をしないといけないことが多く、正座イスみたいのも使えないんで困っています。

病院で診てもらったほうがいいですか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

無理せず、「身体的な理由により」と断って、正座椅子を使ったほうがいいですよ。
病院で見てもらっても、簡単には改善しないと思います。
顔かたちが違うように、身体は個人差(個体差)が結構あります。

Q膝の屈伸時の音について

つい最近からしゃがんだ姿勢から膝を伸ばすとポキッと聞こえる音がします。どうしてなったのか心あたりはなく、なんら痛みもなく普段の歩行も以前と変わりません。改善する方法はあるでしょうか。
いずれは手術になるのかと心配です。

Aベストアンサー

体中のどこの関節もそうですが、ボキッと音がすることがあります。その時に痛みを伴わないのであればそのまま放置しても構いません。しかし、その際に痛みが伴うのであれば、早急に病院で検査を受けるようにしてください。
膝の音がなる部位は人それぞれ違うとは思いますが、多くは腱(膝蓋骨:お皿の上下にある腱)が固くて、膝を曲げた時・伸びた時に音が生じていると思います。
痛みがないというので、気にしなくていいと思います。

Q(脛骨粗面)正座をしようとしたとき、右足の膝に激痛が走り、その後その周

(脛骨粗面)正座をしようとしたとき、右足の膝に激痛が走り、その後その周辺に広がりました。痛みはほとんどないものの、以前両足に出ていた、膝の下の脛骨粗面(?)が右足だけへこんでいるようです。特に足をすこしずつ曲げていったときに、脛骨粗面がはっきりと見えていました。車のアクセルを力を入れて踏み下げられず、もどかしい感じです。気遣って放っておけば、治るのでしょうか。

Aベストアンサー

よくなりません。
根本的な治療法はないので整形外科に行っても
「現状を維持してください」
と言われます。
ただ、現在どのような状態なのかはわかりますから一度受診なさるとよいでしょう。

コンドロイチンを飲むとか、ひざの周囲の筋力をつける体操をする。
正座はよくないので絶対にやめる。

歳をとるとしょうがないです。
私もひざは悪いですから。

Q正座できない膝の痛み

右側の膝の外側に痛みがあり、階段の上り下りの時に痛みを感じ、しゃがんだり正座も出来ない状態です。多分ハイヒールで足を挫いたのか打撲したのかだと思うのですが、そのうち自然に治るだろうと考えていたのですが、1ヶ月も経過して痛みは変化なしです。
コノ場合は医者に行かないと治らないのでしょうか?

Aベストアンサー

>1ヶ月も経過して痛みは変化なしです。

膝の痛みの可能性はたくさんあります(半月板損傷、変形性膝関節症、
十字帯断裂 その他)。

そして自然治癒しない部分の損傷も多いです。

1ヶ月痛みが変わらないので有れば、整形外科医に診断して頂いた方が
良いかと思います。

理想的には、膝専門の整形外科、しかも大きめの病院に行けるといいです。
整形外科は専門がはっきりしているので、手の専門の方は膝はわからない、
ということが多々あります。

大きめの病院というのは、X線しかないと膝の異常がわかりにくいですが、
たとえばMRIを使用するとそれがわかります。高価な装置は大きな病院
でないともてないので、大きめの病院をおすすめします。

早めに通院の予約をとり、当日症状を説明できるよういままでの状況を
まとめ的確に医師に症状を伝えることができるよう準備していきましょう。

はやく痛みの原因がわかるといいですね。

Q正座のあと、左の膝が踏ん張れずに立ち上がれない

少し正座したあと立ち上がろうとしても
左膝が踏ん張れないのか立ち上がれません。
しびれて立ち上がれないのとは違います
痛みはありません。
普段は階段や自転車で問題なく膝は動きます。
正座のあとだけです。
整形外科に行った方がいいでしょうか?
歩くのも早いので、骨ではないように思いますが
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

筋肉が弱いのではないでしょうか?
少し運動をしてみるとか
筋の力が弱いとか脚の筋伸ばしとかできますか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報