今の剣道はスポーツ的要素が強いですが、幕末の剣道は真剣での実戦を想定していたと思います。そうなると今の剣道と比べて、けいことか一本の評価はどう違っていたとかんがえられますか。お礼遅れたらごめんなさい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご存知のように真剣で致命傷を与えるには叩くのではなく挽かねばなりません。

ところが、実戦では数人を切ると引く事が出来ず、多くが叩き切る状態になるといわれています。

江戸中期頃からでしょうか、木刀から袋竹刀や防具が普及し始め、切る動作が無くなって次第に叩くのが主流になりました。
寛政年間が江戸後期かどうかは判りませんが、他流にも袋竹刀が広まりさらに得が進んで四つ割れ竹刀(?)とか言う現代の物に近い物が出始めました。
つまり、江戸後期には実践的な剣術より、剣道に近い剣術が主流だったと思われます。

明治の帯刀の禁止以降剣術が廃れ、戦意高揚と共に明治後期~大正に一時期復活しましたが、やはり切るという動作は軽んじられていたようです。
何度か真剣に近い剣術と修正は試みられたようですが、第二次大戦後の占領下で再び冷遇されて、昭和に入って復活した際にはすっかりスポーツ剣道に変化せざるを得なくなったのでしょう。
つまり、真剣の剣術は江戸時代という平和と引き換えに廃れてきました。
一部残っていた剣術も薩摩や会津など一部の藩だけであって、明治維新と共に消えていきました。

幕末~大正は競技ではないので一本と言う考えがあったかどうか?
「参った」と言うか戦意喪失するまでは終わらなかったのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

歴史的講義をいただき、よくわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/12/17 13:38

剣道と剣術は別物です。

剣道は当時ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/17 13:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q剣道の試合で胴の一本が少ない

テレビで剣道の試合を何度か見た見たのですが、審判が胴で一本をとるのがすごく少ないと思うのですが、どうしてですか。新聞で剣道の大会の結果をみても胴はほとんどないのですが。お礼おくれたらごめんなさい。

Aベストアンサー

打突の有効性を見るときに、体勢や気合、打突後の残心を確認します。
面や小手の場合、正面からの振りで打突を行うため、打突後の体勢は崩れにくいです。

しかし、胴の場合、青眼で構えた場合には打突部位が隠れてしまうため、
自分から打ち込むことは難しく、どうしても相手の攻撃に乗じたカウンター的な
打突が多くなります。しかし、相手の攻撃をかわしての打突になるため、
どうしても体勢が崩れることが多くなります。
このため、「体勢が不十分」「残心がとれていない」と判断され、
有効打と見なされにくいのではないでしょうか?

Q大相撲はけいこ足りないんではないですか?

スポーツのなかで勝負後のインタビューで

ぜ~ぜ~言ってるのは大相撲くらいですが、

練習不足ですか?あるいは太りすぎですか?

Aベストアンサー

野球や、サッカーなどと違って相撲は 一瞬で決まるスポーツです。


慎重になるし、その一瞬に集中します。

一瞬に力を入れるから終われば あんな感じになるのも当然です。

Qどれが実戦的ですか?

喧嘩になった際、
キックボクシング、ボクシング、極真空手の中で、
どれが役に立って、
強いと思いますか?

もちろん、
こういった事は個人個人素質にもよるので、
すべて同一人物であると仮定します。

(※空手家とキックボクサーとボクサーが喧嘩したら、
誰が強いか?
という意味ではありません)

Aベストアンサー

極真会館の元指導員です。
高校時代は伝統派を部活動でやっておりました。
現在は、顔面ありと総合へ移行してます。

NO1さんが、すでに的確な回答をされていますので、私からは少し違う角度から回答させていただきます。


1,ボクサー
私の周りのかたは、ケンカっぱやい人間が多く、街のケンカで負けなしの人間が多いです。

2,キックボクシング
ボクサーは足への攻撃を嫌う、極真空手「選手」は顔面攻撃が(攻撃も受けも)苦手
上記について、入門してきたボクサーや元極真空の選手がキックの道場の練習で最初にカモにされることが多いことは確かです。
以上から、極真やボクサーを見下す傾向があります。

3,極真空手
パワー、持久力などの体力はケタはずれです。
技も多彩です。
ただし、ウエイトトレーニングとサンドバッグだけしかやらない人が結構増えています。稽古自体が、試合のためだけになってきてるのですね。
一般の人間であれば、黒帯レベルにケンカを売りません。

4,伝統空手
習った技を、自分で実戦向けに改良できるのであれば、伝統派の空手も強いです。実戦技の多彩さは、一番です。
寸止めはあくまでも競技であって、実戦で寸止めする訳ではありません。型も、実戦のときまであの姿勢で戦う訳ではありません。
反応も機敏で早く、踏み込みの距離と早さは一番です。
サンドバッグ、砂袋、ウエイトトレーニングなどを混ぜ合わせて、すべての技を練習していれば実戦ではものすごい強いと思います。(競技のみで終わってしまっているかたは、やはり体力不足であり、技に威力が足りないのです。)

5,柔道
掴んだ瞬間に打撃の嵐を受けることがありますが、打撃対策が出来ていればかなり強いです。
柔道家は皆、柔道が最強だといいます。私も、PRIDEの吉田選手ぐらいになると打撃のみの選手には負けないと思います。

以上から、時間をかけて全部やってみては・・・

極真会館の元指導員です。
高校時代は伝統派を部活動でやっておりました。
現在は、顔面ありと総合へ移行してます。

NO1さんが、すでに的確な回答をされていますので、私からは少し違う角度から回答させていただきます。


1,ボクサー
私の周りのかたは、ケンカっぱやい人間が多く、街のケンカで負けなしの人間が多いです。

2,キックボクシング
ボクサーは足への攻撃を嫌う、極真空手「選手」は顔面攻撃が(攻撃も受けも)苦手
上記について、入門してきたボクサーや元極真空の選手がキック...続きを読む

Q実戦?格闘技の目的

格闘技をやって世界何とかレベルになってもナイフで刺されても死なないからだや刃の貫通しない腹筋、弓矢をかわせるすばやさが得られるとは信じられません。
実戦とは何ですか?
居酒屋の用心棒ですか?

Aベストアンサー

【格闘技を学ぶこと】
柔道、空手などは、剣道と同じく、相手の攻撃から身を守ることから出発しています。
暴漢、野獣、侵略者の攻撃に備え自らの体を強靭に作り、
相手を倒すことが目的です。
もちろん相手が、銃、槍、爆弾を持って攻撃してきた場合は、
いくら格闘技を学んでいたとしても、攻撃をかわすことは困難です。
あくまでも身を最小限度守るというが基本です。
【実戦】
格闘家の多くは相手を倒すとこと同時に、自らの心身を鍛えるために日々鍛錬しています。
その為、実戦は街で喧嘩をするのではなく、道場で行います。
例外としては前田日明が、酔っ払い相手に喧嘩を売って、
実戦を積んだことがあるぐらいです。
多くの格闘家は戦場で人を殺すためにに学んではいません。
自らを相手の攻撃から身を守り、同時に心身を鍛えるために学んでいると思います。

Qぶっちゃけ、合気道って実戦で役立ちますか?

習おうかどうか迷ってます。実際、いきなり本気で殴りかけられたり、襲われたりしたときに勝てるのでしょうか。

Aベストアンサー

 別に合気道を習ってるわけでも何でもないんですが、一応ご参考になればと思い、回答させていただきます。
 合気道に限らず、どの格闘技を習ったからといって、暴漢に襲われたときに相手を撃退できるかというと、そうでもありません。特に相手がナイフ持ってたり、背後から襲われたら格闘技習得がどうってのは関係なくなります。(まあ、達人の域に入ってる人は別だと思いますが・・・)
 実際、空手を三年習った有段者の知り合いは、夜道で後ろからナイフを突きつけられたとき、抵抗するどころか声も出せなかったそうです。
 ただ、知っている相手と喧嘩するとき、自分から攻撃するとき、などの状況では格闘技というのは効力を発揮すると思います。合気道も、もちろん強力な格闘技です。以前、合気道を習ってる後輩に技をかけてもらったことがあるんですが、腕を後ろにひねられ、全く動けませんでした。
 暴漢や強盗に対するための技でしたら、護身術を習われたほうがいいかと思います。相手の急所を狙う、噛み付く、手近なものを武器にするなど、格闘技ではありえない実戦技を教えてもらえます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報