昨年の夏ごろ購入したフィカスベンジャミンです。丈は40センチ程度、樹形は直径20センチ程度の球形をしています。
(1) 放っておいても幹は自然に格好良くねじれていくんでしょうか。
(2) ねじれ始めている部分の幹あたり(そのまま成長していくと、枝が幹のねじれに巻き込まれてしまいそうなあたり)の枝はどうしたら良いのでしょうか。
(3) 球形をした樹形の中は、葉っぱがうっそうとしているのですが、多少はすきこんでやった方が良いのでしょう。
(4) 剪定など、樹形に手を加えるのはいつ頃の時期が最適なのでしょうか。
 今は,日当たりの良い窓際に置いて、土が乾かない程度の水遣りをしています。肥料は、マグァンプを数個入れてあります。

A 回答 (2件)

 下記のURLに詳しく出ていますが、三つ編みのベンジャミンは小さい時に編み上げて造ります。



 上を平らに剪定して直径50cmくらいの平たい刈り込みにして、植木の高さも70cm以下でテーブル状に仕上げると上にお盆など置いてビアグラスなど置けるようになります・・・一度3年がかりでお試しください。

http://www.jaac.or.jp/engei/flower/p92/index.htm

http://www.koyama-engei.com/sakuin/kanyou/benja. …

参考URL:http://www.jaac.or.jp/engei/flower/p92/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません。
 早速JAのホームページを見てみました。
 ちょうど私にはお好みの情報のようで、ご紹介感謝してます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/31 11:49

テレビで、出荷前のベンジャミンの苗を数本まとめてねじっているのを見たことがあります。


そのままではまっすぐ育つそうです。
ですので、すでにねじれている部分以上のところは、通常の木として育つのでしょう。
これ以上は分かりませんので、「ねじり」についてのみお知らせさせていただきました(^_^;

参考URL:http://www2.wbs.ne.jp/~leno/01info/01prof.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
でも、どうやってあんな上手にねじるんでしょうか。
 新たな疑問です。

お礼日時:2001/03/23 18:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシャラに似た樹形の樹を教えてください。

シンボルツリーを探しています。

庭は、まだ更地で、フェンスもありません。
方角は、南向きで、日当たりは良好(すぎる)。
広さは30坪ほどあります。
通年、風当たりが強いです。冬には、雪が積もります。

いろいろ検索したり、お店を回って、シャラの樹がとってもステキで、私の好み!なんですが・・・
西日に弱いとのことで、うちのような日当たり良好の場所では枯れてしまうかもとの助言をいただいています。
樹形が、シャラに似ていて(シュッ!とした感じの)、日当たりが良くても対応できる樹を教えていただけませんか?
特に、樹形が気に入っているので、もちろん、花や紅葉が綺麗だと言う事なしですが、その希望は後に回します。
初心者なので、育てやすいのが良いですが、気に入れば頑張って育てます!
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

前回回答した者です。
シャラに似ているといえばヒメシャラですが、こちらはシャラ以上に枯れやすいです。
人気の樹種で洋風の家によく植えられますが、大抵2~3年のうちに枯らせてしまっています。

シュッとした感じがお好みとのことなので、「エゴノキ」をおすすめしたいと思います。
エゴノキはシャラ同様枝が立ちますので、すらっとした樹形をキープします。
春にはかわいい花をたくさん咲かせますが、紅葉はしません。
黄色くなって落葉するだけです。
http://kamikawa-zoen.blog.ocn.ne.jp/photos/albam8/1.html

エゴノキの赤花種で「ピンクチャイム」というのもあります。
http://item.rakuten.co.jp/shop8463/pinkchime01/

ただ、樹形は白花のほうがいいようです。

Qサザンカの幹から枝は出るでしょうか?

サザンカの幹から枝は出るでしょうか?
近い将来、お風呂場をリフォーム予定なのですが、
室内が狭い為、外側にはり出すことになりそうです。
お風呂の横がトイレ、その横が玄関のため、
玄関に続く小道の横にサザンカのアプローチというか、生垣が作ってあります。
背丈ほどで低いのでお風呂の目隠しにはならないぐらいです。
丁度、その株元の辺りまで浴室が出てくると思うので、
サザンカを小道の近くにギリギリまでずらそうかなと思っています。
そのままだと枝葉が玄関への小道を塞ぐので、
幹の所ギリギリでバッサリ切ってしまおうかと思うのです。
まるで杭を打ったような感じになるとは思うのですが
そこから枝葉は伸びてくるでしょうか?
枯れなければOK!なのですが、
もし植え替えるとすれば何月頃が適期でしょうか?
今、厚みが80cmぐらいあるので今度は薄く仕立てたいのですが、
サザンカでは難しいでしょうか?
無理せず、別の所に植え替えるべきかちょっと悩んでいます。
良いアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

サザンカの植え替えは普通の地域で春と秋9月から10月ごろです

ちなみに切り株になっても切り株を移植してもよほど下手な植え替えでない限り芽が出てきます。

前の回答者のチャドクガですが今虫食いのはがなければよほど大丈夫だと思いますが
切り株から沢山吹いた芽のうちの一本を残して風通しをよくすればおさえられます。

薄く仕立てたいとのことですが毎年刈り込みを去年と同じところまで刈り込めば薄く維持できますよ。
庭師にお願いしているならよく伝えておくことが必要ですね

移植するついでに薄くなるようにばっさり剪定するのがいいかなと思います。
枝葉を出来るだけ落としたほうが移植の成功率がいいですしサザンカは剪定に強くよく枝が吹きます

Qその樹なんの樹きになる樹

スクーターに乗って通勤しています。大都会のいわゆる産業道路を通っているため、大型車の排ガスがたまらない毎日です。そんな空気を吸いながらの通勤ですが、帰り道の道路でほんの一瞬だけ、距離にすれば数メートルの決まった間隔で、柑橘系のようなすごくいい香りがします。はじめは何かショップが近くにあるのではと思いましたが、どうやら街路樹のようなのです。街路樹は何十メートルに渡り、かなり大きな樹木が並んでいますが、香るのはその場所だけです。一年中です。不思議とその一瞬の香りに癒されます。場所柄わき見や停車が難しく、それでも一度確かめてみましたが香る樹木を見つけられませんでした。何の樹でしょうか?

Aベストアンサー

>香るのはその場所だけです。一年中です。
 一年中が難しい。

柑橘系とは言えませんが、樟脳の匂いはご存知でしょうか?
今は合成品の防虫剤がほとんどですが・・
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/fujisawa_shono/index.jsp
もしもこれに近ければ、原料となるクスノキは街路樹でも使われ、大木になり、葉などが匂います。
http://www.skr.mlit.go.jp/kagawa/gairojyu/syurui/jkoboku/j.html

他に アベリアは低木で花期が今頃からで、長く咲きます。
http://www.skr.mlit.go.jp/kagawa/gairojyu/syurui/teiboku/t.html

参考URL:http://www.skr.mlit.go.jp/kagawa/gairojyu/syurui/syuindex.html

Qサクラの木(幹・枝)が真っ白に

桜の木の幹、枝・・・地面からすぐ上の太い幹、それに伸びる太い枝が真っ白になりました。最初、部分的なものだったため、放置していました。現在では、ほぼ全体に広がってしまいました。木の高さは、4m弱か?そばに、柿、もみじ、きんもくせいがあり、若干、風通しが悪いかもしれません。白い部分は、若干、手に粘っとした感じで、繊維状、綿状(菌糸か?)のものが、全面についています。「葉」には異常はありません。近くには洗濯干し場(お隣さまと我が家)もあり、伐採する方が良いでしょうか。木が大きすぎて、薬剤散布は無理と考えます。もし、伐採しか方法がなければ、どこに依頼をすれば良いでしょうか。厳しい年金生活。費用が心配です。

Aベストアンサー

膏薬病(こうやく病)です。
カビ菌の一種ですが、樹から直接栄養を摂っておらず、カイガラムシの排泄物を栄養分として寄生します。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm(吸汁性害虫で種類が多いです。)
手に粘っとした感じなのは、このカイガラムシの排泄物と思われます。
風通しが悪いのも、カイガラムシが好んで寄生する条件です。

伐採するのも樹そのものがやられている訳ではないので、もったいない様な気がしますが、カイガラムシそのものの駆除が先決でしょう。
成虫は足を落としてもう動けないので掻き落としてしまえば死んでしまいますが、幼虫は発生期においては次々と孵化し、樹をよじ登って来て場所を決めると足を落として成虫となります。大量にカイガラムシに寄生されると樹が弱り、終いに枯れ死に至ります。

発生期間が長いので厄介な害虫ですが、幼虫はスミチオン乳剤等、一般的な有機リン系殺虫剤の散布でも効果がありますが、定期的に散布する必要があります。
成虫は殻で覆われていますから、それらの殺虫剤では効果が期待できません。
落葉している冬期に、マシン油乳剤の20倍希釈液を噴霧器で散布します。(越冬します。)
http://www.engei.net/Browse.asp?ID=14037(ホームセンターあたりでも販売しています。11月あたりになれば大量に仕入れるでしょう。)
http://www.afftis.or.jp/kaigara/bouzyo.htm#4
油分が殻の中まで浸透し、カイガラムシの成虫を窒息死させます。
(ボルンというスプレー剤もありますが、期待薄でしょう。それに不経済です。)

膏薬病については被害部分を削り取り、殺菌剤を散布しておきます。
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/byouki/kabi_ka3.html

カイガラムシの駆除が重要ですね。今いる成虫を掻き落とし、定期的な薬剤散布(春~秋、9月いっぱいまで。)をし、冬期におけるマシン油乳剤の散布を行います。
来年は初夏までにカイガラムシの発生がなければ、定期的散布は不要かも知れません。
薬剤散布は噴霧器を使います。脚立も必要でしょう。ご自分で無理だと思えば植木屋あたりでもやるでしょう。あるいはシルバー人材センターあたりでも安くやってくれるかも知れません。

膏薬病(こうやく病)です。
カビ菌の一種ですが、樹から直接栄養を摂っておらず、カイガラムシの排泄物を栄養分として寄生します。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm(吸汁性害虫で種類が多いです。)
手に粘っとした感じなのは、このカイガラムシの排泄物と思われます。
風通しが悪いのも、カイガラムシが好んで寄生する条件です。

伐採するのも樹そのものがやられている訳ではないので、もったいない様な気がしますが、カイガラムシそのものの駆除が先決でしょう。
成虫は足を落としてもう...続きを読む

Qツツジの幹や枝に白斑がびっしり。枯れる。

庭のツツジ(ヒラドツツジ?)が最近弱ってきました。
よく見れば、幹や枝に直径1~2ミリの白斑がびっしり付いています。3~4個の集団になっている場合が多いようです。小枝が黒くなって枯れてしまいます。
白斑は一見カビのようでもあり、菌類が付着しているようにも見えます。白斑部分が盛り上がっているということはありません。かなりしっかり付着していて、爪でこすっても落ちません。
白斑部分やその周辺にカイガラムシは見あたりません。
一応カイガラムシを疑い、アクテリックとオルトランの混合液を6月中旬から4週連続で散布してみました。
対処法を教えてください。

Aベストアンサー

>ツツジの幹や枝に白斑がびっしり。枯れる。

                  ↓

文面からだけですが、害虫と病気の両面(複合被害:害虫の直接被害と、害虫が原因となって起こる病気)を疑ってみます。
容疑者は以下の面々です。

害虫:カイガラムシ・ハダニ・カミキリムシ・アブラムシ

病気:うどん粉病・すす病・斑点病


対策→見つけ次第捕殺、歯ブラシや竹べら等で削ぎ落とす、被害場所の切断除去で感染拡大の防止。
その上で、用途用法用量にあった、殺虫剤の散布をホームセンターや園芸店で相談して数度に分け小まめに実施、症状の改善&効果の有無のチェックをしながら→原因の特定と対策の絞込みを行い処置する。


特に、小枝が黒くなって枯れている現状では、病気に、よりウエートが掛かっていると思います。

「うどん粉病」:ベンレート・トップジンMを散布して駆除、以降は被害場所を中心に摘葉・摘枝を同時に行い日当たり、風通しを良くして再発の防止。

「すす病」:ダイファー・トップジンMを散布して駆除、原因となるカイガラムシやアブラムシを捕殺、歯ブラシ等での削ぎ落としを小まめに行いながら、さらにオルトラン・スミチオンで同じく駆除する。


「斑点病」:被害場所の除去、周辺にベンレート・トップジンMの散布。


参考URL
http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query=%82%C2%82%C2%82%B6&index=log&key1=2008&key2=01
http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?index=log&config=&query=%A4%B5%A4%C4%A4%AD&set=1&num=50
http://nao-k.jp/engei/nouyaku/nouyaku.html
http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/zukan/niwa.htm
http://www.sc-engei.co.jp/guide/guide11.html


uranodai様に於かれましては、皆様方からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、大切なツツジを病害虫から守って上げ、きれいな花が咲きますよう、心より祈念申し上げております。

>ツツジの幹や枝に白斑がびっしり。枯れる。

                  ↓

文面からだけですが、害虫と病気の両面(複合被害:害虫の直接被害と、害虫が原因となって起こる病気)を疑ってみます。
容疑者は以下の面々です。

害虫:カイガラムシ・ハダニ・カミキリムシ・アブラムシ

病気:うどん粉病・すす病・斑点病


対策→見つけ次第捕殺、歯ブラシや竹べら等で削ぎ落とす、被害場所の切断除去で感染拡大の防止。
その上で、用途用法用量にあった、殺虫剤の散布をホームセンターや...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報