痔になりやすい生活習慣とは?

シーバス(ルアー)の月別の狙う場所を教えて下さい。
たとえば11月は河川上流・中流、12月は河口・港湾部、1~4月は沖防波堤にようにお願いします。
主に河川中流・上流でやっていますが、12月は人も少ないし、産卵に下ったのか魚の気配を感じられません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

NO、5で回答した者です。



fuusan1212 様と釣りのパターンが違うようですので
何とも言えませんが、

私の釣りは一言で言えば、「磯マル」のような感じです。
磯マルのような感じで釣りをするので、足元に「サラシ」が必要です。
そして、釣り座の正面から風が吹きつける方が
足元にサラシが出来て有利です。
おまけに、正面から風が吹き付けると、波が沖から押し寄せるので、
その波にベイトが押されて岸まで流されて来ます。
そのベイトを捕食しに来ると思われます。
おまけに時化た海なので、警戒心が薄いです。

大阪湾はこの時期北風又は北西風がよく吹きます。
地図で見ればわかると思いますが、北、北西が吹くと
大阪南部が真正面から風を受けることになります。
なのでこの時期は大阪南部がよろしいかと思います。

デメリットは、波しぶきをかぶりながらの釣りになるので
超寒い事です。
あと、ルアーの距離が出ませんので
大き目のルアー持参で頑張って下さい。
私は25~35グラムの目安でルアー選んでます。

ちなみに、この土日(19、20日)は時化てましたよね。
メッチャ波しぶきかぶりながら釣りしてきましたよ。
もちろん大阪府南部です。
2日間とも日の出から1時間半、のみ釣りしました。
9ヒット、5キャッチ。65~78でした。

この回答への補足

情報ありがとう御座います。
こちらは風邪でダウン、自宅でハンドメイドルアーを作っていました。

大阪南部、面白そうですね。
大きめのルアーをもっていってみようかなと思っています。

補足日時:2009/12/21 17:05
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大阪泉南エリアに下見に行ってきました。
数多く失いましたが、使えるルアーも解ってきました。

北西風が吹くようになれば朝マズメを狙ってみたいと思います。
この時期(1月)はこのエリアしか釣れないのかも知れませんね。

情報ありがとう御座いました。

お礼日時:2009/12/26 07:45

大阪南部で波止(外向き)やごろた浜やサーフ等でシーバス釣ってます。

河口はあまり行かないです。

真冬でも普通に釣れます。
私が一番好きな(よく釣れると思われる)時期は
11月~1月です。マジ良く釣れます。
サイズも大きいです。
その他時期でも釣れますけど、やっぱり冬が好きですね。
今年は特に多い感じがします。

ただし、海が時化ている時の方が断然よく釣れます。

この回答への補足

アドバイスありがとう御座います。
正直、この時期が一番釣れるとは思いませんでした。
寒さに強いので頑張ってみます。

大阪南部と北部、地域差があるのでしょうか?

補足日時:2009/12/17 18:06
    • good
    • 1

河口やサーフにも行きますが、普段は河川の上・中流域で釣りをしてます。


マルしか居ない地域やタイリクも居る地域では差が出ると思います。
確かに産卵で海に下って数も少なくなりますが自分の地域では満潮時に河川最上流域でもそれなりに釣れます。
一年を通してみれば自分の中では1~4月の間が一番釣れます。

この回答への補足

アドバイス有り難う御座います。

私が通っている河川の上流でも、1~2月に大型が上がるので有名であり、正月なんかには竿の放列ができるそうです。
その場所の状況が把握できるまでそこに通うつもりをしています。

補足日時:2009/12/17 17:50
    • good
    • 0

まず、貴殿は大阪ですか?


では関西エリアに絞って、情報出します。

下の方々の言われる通り、冬は沖に出てるので船で沖に出てメタルジグのジャーキングで釣ります。
じゃあ陸っぱりは無理かと言うと、これこそ地域によって様々です。

雪がちらつく山陰でも12月までは河口付近、1月2月でもサーフや磯から釣れる事があります。
そして3月に鮎を追いかけて少しずつ川に遡上してきます。
瀬戸内エリアや四国では真冬でも河口の第一堰堤までシーバスは上がって来ることがあります。(わざわざ遠征に行く人もいます)
また、意外に厳冬期でもこそっと港湾に入ってきたりしてて、こそっと狙ってる人もいます。
大阪湾なんてボートマンがかなり開発してるからルアーでも1年中狙えますね。

ちなみに落ち(産卵)に入るシーバスが定置網に沢山入ってきます。
だから1年で移動の多い冬~春までがシーバスの漁獲量が多いです。
セリ市でもよく見るし、水産庁にもデータがあったと思います。

そうそう、書いてて思い出しました。
皆さん、メバル釣ってるとセイゴとか来たりしません?
だから冬でも港湾からワームで釣れるであります。
それに1月末に港湾からヒラスズキを釣ったこともあります。
よう考えたら私は全ての月でシーバス釣りましたね。

ちなみにこれから春にかけてはエビ撒きでハネサイズが狙えると思います。
ですからこれをヒントに小型ワームでメバル狙いの外道風に釣ったらどないでしょう?
なので、ステップアップを兼ねて、マイエリアをもう一度調べてみてはいかがでしょうか?
河川の中、上流域はさ~すがに厳しいです。

この回答への補足

私は大阪です。
ひょっとして貴方も関西でしょうか?
鮎以外のことでもよく知っていらっしゃるのでビックリしています。
好きな人は、1年中、めいめい可能性があるところにを探し出して竿を出しているみたいですね。
厳寒期におこなわれるイベントは、和田防か、沖の防波堤ということになりそうです。

真白な冬景色の舞鶴湾のカセ、カンテキで手を暖めながら、静寂の中で数少ないアタリを待つ・・・・そんなこともありました。

補足日時:2009/12/17 17:44
    • good
    • 0

大阪府水産技術センターのHPを見ると


http://www.epcc.pref.osaka.jp/osakana/jyouhou/ka …
引用
「繁殖期は冬で、12月頃寒波が来ると沿岸を離れ、湾南部沖に集まり、12月中旬から翌年1月下旬に産卵します。」

http://www.maruha-shinko.co.jp/uodas/syun/16-suz …
引用
「大阪湾では、友が島から岩屋(淡路島)にかけ、12~1月頃に産卵する。卵は15~20万粒の分離浮性で、海中にただよい、水温が14~15度なら4~5日で孵化する。」

通常海水温は気温に対して数ヶ月遅れて下がりますが
河川は海水温より早く下がりますので12月に入れば
魚も少なくなるでしょうし人も過酷な状態になるので釣果情報も得にくく
なるのではないですか。
#1で紹介した神奈川県水産総合研究所のHPでも書かれていますが
引用
「産卵場となる海域の特徴は、外海に面した沿岸の岩礁地帯で、凹凸のある水深50~80m位の水域が選ばれています。」
「産卵には低気圧が通過して風が強く吹く日に行われます。冬季に寒波が襲来すると、スズキの移動が激しくなり、これが産卵を誘発するといわれています。この水槽実験では、12月4日から1月3日までの間に雌雄30尾のスズキが8回にわたって産卵しています」

一定の期間は沿岸部にいなくなると考えていいのではないでしょうか。

この回答への補足

引用、有り難う御座います。
大阪湾では、12~1月頃に産卵するのですね。
天気予報では、今日から寒波が襲来し、それにともない産卵を誘発しているかも知れませんね。

補足日時:2009/12/17 16:09
    • good
    • 0

スズキの移動行動の時期には地域性があるので


貴方のお住まいの地域の
水産試験場などの研究論文の検索や
発表資料を調べた方が確からしいデータが得られるでしょう。
某有名量販店の釣果情報の過去ログでも
地元アングラーのブログの釣果情報の検索でもいいと思いますが。
例:
神奈川県水産総合研究所
2003スズキのあれこれ
http://www.agri-kanagawa.jp/suisoken/Sakana/Misc …

私はスズキを
12月から3月の間に釣った事がありません。
他の魚種を狙って盛んに釣りは行っていますが
私の住む地域では産卵期にスズキを捕獲する習慣がないので
市場にも流通していません。
時期的に魅力的な釣り物が他にあればその他の情報は希薄になるでしょう。

この回答への補足

そうですね。
1~3月頃は、寒グレ、カレイ、アイナメくらいしか可能性は低いと思います。
でも、場所によっては、石鯛、チヌの超大型が狙え、好きな人はひそかに通っています。

シーバスは始めて間もないので、質問した訳です。
大阪の釣果情報を検索してもよく解らなかったですね。

補足日時:2009/12/16 12:01
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪でお勧めのバチ抜けポイントを教えて下さい。

去年からバチ抜けのスズキ釣りを始めた者です。
昨年は通称、食品コンビナート(泉佐野)しか知らないので、そこに行って釣っていたのですが、
場所が少し違うだけで、活性が違ったり、時間もズレたりするので、他にも釣れる場所を知りたいと思いました。
他のお勧めポイントを教えて下さい。
また、私は和歌山市在住なので、出来るだけ和歌山寄りのポイントを教えて頂けると嬉しいです。
勿論、泉佐野より遠くても可です。
よろしくお願いします m(_ _)m

Aベストアンサー

いえいえ、まだまだ研究の余地がある。
って言いたかったのです。

海がある以上、ゴカイ類は絶対に居る。
ゴカイ類が居る以上、バチ抜けは絶対にある。

バチパターン、私もまだまだ研究中です。

和歌山での釣りはしょっちゅう行きますが
和歌山でシーバスはあまりやらないですね。
スイマセン。
和歌山ではイカか青物かな。

でも、私のホームグラウンドの泉南方面では
この時期、バチパターンを探すより、
シラス、イカナゴ、パターンを探す方が
簡単確実で良く釣れる様な気がしますが
いかがでしょうか??

最近始めたばかりのブログです。

シーバスの記事も書いていくつもりです。
よかったらどうぞ。

http://kaziyann.blog70.fc2.com/

参考URL:http://kaziyann.blog70.fc2.com/

Q大阪 メバリング アジング ポイント

釣り初心者の学生です。
メバリングやアジングに挑戦してみようと思っていますが、大阪の南港からりんくうぐらいまでの間で、メバリングやアジングにピッタリなポイントがあれば教えて下さい。住所なども教えていただけたら嬉しいです(^○^)

また、やっぱり夜の方が釣れるのでしょうか?
よろしくお願いします(^^)

Aベストアンサー

メバルはどこでも夜しか釣れませんが、関西のスポットなら以下のURLが詳しいです

参考URL:http://fishing.ne.jp/archives/category/howto-lure/howto-mebaring

Q堤防での釣り。風速何mまでなら問題なくできますか?

こんにちは。
女だけのグループで釣りに行き、その楽しさにはまってしまった者です。
今年もグループで釣り(堤防で投げサビキ)に行くことになりました。
候補のひとつの釣り場の風速予想は5~7mとのこと。
しかし5~7mと言ってもどの程度の風なのかわかりません。

と、言うのもl昨年、風のとても強いときがありました。
風で仕掛けが作りにくかったり、軽いものが飛んでいってしまったり結構たいへんでした。
そのときの風速値を帰ってから見ておけば良かったのですが…
あの風は何mだったのか数字でわかりません。
気象について詳しい人もひとりもおらず…(^^ゞ

あのときのような風ならば、またたいへんな思いをするだけなので今回は行くのは止めようということになっています。

風の感じ方は人それぞれと思いますので一般的なご意見で構いません。
5~7mの風とは支障なく釣りができる風速でしょうか?
何mを超すと釣りに支障があるのでしょうか。
ちなみに陸から海への追い風です。

やさしく教えていただければうれしいです(*^_^*)
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

植木の葉っぱがずーとバタバタと揺れている、旗がずーとバタバタと揺れている
台風来たの?と思うようなのが風速5mです。

防波堤に置いた物が風で飛んでいくのが5m

海に落ちそうになるのが7m

普通は、釣りに行ってはいけない風速です。

風速1.5mの天気予報まで待ちましょう

Q加太大波止のローカルルールについて

近々、加太大波止へショアジギングに行こうと考えています。
昨年、バイクでのアプローチを教えていただきましたが、なかなかいけませんでした。今年こそはと考えています。

本題ですが、青物狙いのジギングの場合は周りに配慮が必要とは思いますが、加太大波止ではかご師の地元老人がはばをきかせていてトラブルが多いとネットでみかけました。

青物狙いの場合、潮通しのいい先端がいいとは思いますが、良いポイントに入れても地元のかご師に囲まれるとキャストなどできなくなるとおもいます。
加太大波止では、かご師のエリア、ルアーマンのエリア等のローカルルールがあるような気がします。
時間帯は早朝からせいぜい9時頃までの予定です。
ご存知の方、教えていただきたいのです。

どこの釣り場でも地元老人にはその様な人が居るものですが、揉め事は極力避けたいと思います。
まぁ、かご師が延々と流してくることも考えようですが、正論を持ち出す気はありません。
あくまでローカルルールを知りたいです。

あと、すいません。
ネットはどのくらいの長さが必要ですか?

Aベストアンサー

早い物勝ち&多い者勝ちルールです
確か先端は投げ禁止です
先に入った者が優先権が有ります 1人で釣っていて取り囲まれたら負けです
私が行ったときは シーバスのルアーが多くて 流し釣りは出来なかった
時期にもよりので 最寄りの釣具屋 フィッシングマックス(近くに有った)聞いてみればどうですか
私ならロッドはそのままで 呑ませのセットと サーフ天秤で応用を利かせます サビキもね

Qシーバスロッドでバス釣りをしないのは?

よく『バスロッドでシーバス』というのは目にしますが、
逆に『シーバスロッドでバス釣り』はあまり聞きません。

・バス釣りがメイン・シーバスは遊びなのでバスロッドで代用
・バス専用ロッドがたくさんあるのでわざわざシーバスロッドを使わない

この辺りがメイン意見かと思うのですが、
他にシーバスロッドでバス釣りをするのに
何かしら決定的な不都合があるからなのでしょうか?

もしロッドの硬さ・長さ等で問題があるとすれば
バスロッドでシーバスを釣る場合やその他色々な専門の釣りを
専用のロッドで行わない場合にも当然問題が出るでしょうから
『シーバスロッドでバス釣りをされる方が少ない』
理由としてはどうなのかなと思いまして。

Aベストアンサー

まずは入り口の問題があると思います。一昔前のバスブームでバスロッドを持っている人が沢山似ます。「バスは最近釣れないし、外来種問題などで風当たりが強いから、今人気のシーバスをやってみようかな」と言う感じです。逆のパターンもありますが少ないでしょう。タックルの問題で言えば、一番のネックは長さです。バスロッドは6ftをメインで長くても8ftくらいですよね、シーバスロッドは、釣る場所にもよりますが7ft前後から12ft位まで有ります。
海や河口部など広いエリアに出ると遠投したくなりますが意外とバイトがあるのは足元です。足場の低い護岸からでしたら、6ftできれば7ftのバスロッドで十分対応できます。ところが、シーバスロッドをバスエリアに持ち込むとほとんどの場合長さが邪魔になり使い物になりません。ちなみにバスロッドはほとん対象魚に対してオーバースペックなので、ミディアムクラスのバスロッドではシーバスには硬すぎます。

Qデイゲームでシーバスがつれません。

いつもナイトゲームで釣っているシーバスポイントに昼間行って見ると、50~60クラスのセイゴがわんさかいました。フローティング、シンキングミノーやホッパー、ペンシルなど、投げてみましたが反応しません。皆さんはどのようにして釣っていますか?
ポイントは河口のシャローで、満潮でも水深2mぐらい。干潮ではほとんど干上がってます。ナイトゲームではフローティングミノーのデッドスローで80cmオーバーがよくつれます。水質はにごりがきつく。浮遊物も多い場所です。

Aベストアンサー

デーゲームはワインド釣法みたいに派手なアクションでリアクションバイトさせます。
障害物やかけあがりなど変化のあるところを中心に広範囲に探っていきます。
まぁナイトゲームの5倍以上動くつもりで釣り歩きです。
実際にワインド釣法(特にラメ入り)は釣れますので試してみてください。
ちなみに満潮の前後3時間以内が一番良いです。

なんたかて、雨後の茶濁りから笹濁りにかわる辺りの水質なら、昼でもフローティングで普通に巻くだけで爆ることがあります。

Q海のルアー釣りでボウズは普通?

今日は防波堤で13時から18時までルアー(ミノーとバイブレーション)とワーム(メバル用)でずっとやっても1匹も釣れなかったんですが、ルアー釣りならこれが普通ですか?
周りの人はサビキや餌釣りで何匹か釣れてはいましたが少なかったと思います。

Aベストアンサー

どこなのか場所が分かりませんが、釣れないのは下手だからです、

これに尽きます。

魚(シーバス、メバル等のルアー対象魚)の全くいない場所なら釣れないかもしれませんが、
そういった場所でやってましたか?


よく、釣れない=魚が居ないと勘違いする人がいます。

周りも釣れてないと安心する人もいます。


上手な人は、

釣れる条件を知ってます、釣るための方法も知ってます。周りにそういった人は居なかったのでしょう?
釣れる条件ではないから上手い人が居なかったんです。
もちろん、釣れる時ばかり釣りが出来る人も居ないですから、暇つぶしにサビキをやってる人も多いです。

子供連れファミリーフィッシングや、老後の楽しみですね。


リールに付いていた糸・・・、

安いリールには最初から糸が巻いてあります。

ルアーで釣るための道具の見直しも必要です。本当に上手な人には道具は関係ないですが、
下手な人には道具のフォローと、上手な人にガイドをして貰う必要があります。

私もそのおかげでルアーで普通に釣れるようになりました。

みんな最初に一度は通る道です。

メバルをルアーで釣るなら、時間帯を選びます。

メバルの魚影が濃い地域なら昼間でも釣れますが、そうではない場所ならまず夜間がよいです。

常夜灯があるところがポイントになります。

時間帯は夜間であっても、潮の満ち引きでそれぞれ条件が異なります。

これは、その場所に通じた上手な人にガイドして貰う以外確実に釣る方法はありません。

ダメなら数回の失敗でめげずにひたすら通う、上手そうな釣れている人に声を掛けて仲良くなる・・・。

他にありません。

仲良くなればいろいろな情報、釣り方、ヒットワームや釣れたタナ・・・。等々教えてくれるはずです。


道具ですが、

ルアー釣りでは各種の専用タックルがあります。

シーバス、エギング、メバリング・・・最近流行のアジング・・・。等です。

それぞれ投げるルアーが違う、アクションが違う、釣れる魚の大きさが違う・・・等々で細分化されています。

それぞれの応用は最終的には投げるルアーが使えるかどうかになります。


私はメバリング・アジングがメインですのでこちらを詳しく説明します。

まずは竿、せめて1万円位のSiCガイドリング搭載の物がよいです、チューブラー・ソリッドと二種類ありますが、最初はソリッドがよいです。
アジング用のソリッドは張りが強いため、メバリング用のソリッドをオススメします。

ワームを投げて巻いていれば魚があたったときにそのまま巻いているだけでフッキングします。
もっと簡単に釣るにはリフト&フォールというテクニックが良いです。

ラインですが、メバリングで使うルアーはジグヘッド+ワームをメインと考えてください。

重さで0.5~3gです。

これを投げるためには細い糸が必要になります、ずばり銘柄まで言うと、クレハR18フロロリミテッド・・・。これの2.5lbを巻いてください。

ラインがしなやかなのでほとんどトラブルはありません。

リールは細いラインを使うのでせめてダイワならセルテートやルビアスやカルディア。シマノなら5月発売のレアニウムかツインパワー。

ラインまでの予算で4万円弱ほどだと思います。

ルアーはワームがメインなので、クリア系、クリアラメ入り系、オレンジ、グリーン、ピンクなどがあれば良いです。形状はストレートで。

ジグヘッドは0.5、1、1.5、2、3g迄は最低必要です。

0.5や1gはスプリットリグやキャロライナリグなどでも使います。


私は道具にはこだわっています、もちろんまだ下手だからです。

竿はブリーデン、リールはシマノもダイワも使います、最近は新しく出たイグジストを2台買いました。
シマノはステラをメインで新旧5台使ってます。ツインパワーも新旧3台使ってます。

このくらい本気でやれば人並みにはすぐ釣れるようになります。



最後に、

ブリーデンというメーカーにレオンさんというテスターが居ます。
この方はDVDで5本、本も数冊出してます。

それらをすべて見ればメバル・アジは確実に釣れるようになると思います。

どこなのか場所が分かりませんが、釣れないのは下手だからです、

これに尽きます。

魚(シーバス、メバル等のルアー対象魚)の全くいない場所なら釣れないかもしれませんが、
そういった場所でやってましたか?


よく、釣れない=魚が居ないと勘違いする人がいます。

周りも釣れてないと安心する人もいます。


上手な人は、

釣れる条件を知ってます、釣るための方法も知ってます。周りにそういった人は居なかったのでしょう?
釣れる条件ではないから上手い人が居なかったんです。
もちろん、釣れる時ばかり...続きを読む

Qショックリーダーの長さはいくらが適正ですか

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点を養う為等の一般的な目的の他
遠投時に思い切り振る時に、トップガイドの部分だけは
太いリーダーのほうが、投げる時に切れたりのトラブルが無い気がするからです。

もしこれが遠投時の指の所まで太いリーダーが来ているほうが良いですか?
それとも、トップガイドより外までPEでも遠投時その瞬間切れたりしないものでしょうか
どちらのほうが良いのでしょう?

過去に一度だけ、青物を掛けた後、遠投したら
リーダーが擦れて切れてジグが飛んで行った事がありましたが
遠投時、リーダーはロッドより外にあったほうがいいのでしょうか
自分は、トップガイドの部分に負荷がかかる気がするので
リーダーがトップガイドに必ずあるようにはしています

アドバイスお願いします
個人的な考えでも何でも結構です
日々の釣りの参考にさせて頂きたいので

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点...続きを読む

Aベストアンサー

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い越して
ガイド絡みを起こすと言うのを嫌ってると言うのが一番の理由です。
以前友人が投げ竿でPE3号でキャストしていた際にガイド絡みを起こし、
キャスト切れせずガツンと凄い衝撃が来たと言ってました。
PE3号は即切れし難いので横で見ててよくロッドが破損しなかったなと言うぐらいでした。
リールの番手やガイドの大きさにもよるでしょうけど、
リーダーをリールに巻き込むほどの長さは自分的には無いですね。
投げ釣りの様なテーパーラインなら話は別ですけど。
ゆったりキャストするならまだ良いですけど、
大遠投しようとして絡まると・・・自分にはちょっと出来ないかも~

最近リーダーはフロロ一辺倒になってきてショックを吸収するリーダーでは無く、
根や歯に対する防御と言う意味のどちらかと言うとファイティングリーダー
そんな思考に自分はなってます。
ショアジギは掛かったら安全圏まで一気のパワーファイトですからね。

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い...続きを読む

Qタコ釣りは夜?それとも日中?

 よく行く防波堤で結構タコが釣れており、今度挑戦してみようと思っています。そこでいくつか質問させてください。

1 タコ釣りは夜がよろしいのでしょうか?それとも日中でしょうか?また上げ下げどちらの潮がよいのですか?詳しくお聞かせください。

2 地元では死んだカニを使っている人が多いようですが、カニはテトラにいるカニを使っては釣れないのでしょうか?

3 仕掛けは底にをたたくように動かすのでしょうか、それとも底ギリギリをふわふわと移動させるのでしょうか?

以上三点、ご教授の程どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ごめんなさい、3日ほどアクセスしていませんでした。

あたりは、動かした時に重くなっているのでわかりますよね?
スッと動かして、重ければイッキに上げていますよ。
ユックリしていると、餌を咥えて、足を岩に吸いつかせてふんばって食べようとしますので、そうなると上がってきません。

そうそう、板の上に蟹を縛り付けますよね?
大きめの板を使うこともコツかな?
餌を板ごと抱きかかえるのにたくさんの足が必要になりますから、岩に吸いつかせる足が減り、力が入らなくなります。

Qソルトウォーターでバス用ベイトリール

ソルトウォーターでバス釣り用のベイトリールを使うのってやはりリールにはよくないのでしょうか?
シーバス釣りで使いたいのですが、錆や塩が気になってしまいます。
海にはスピニングリールの方が向いているのでしょうか?
また、海で使った後のよい手入れ方法などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

 一般にバス用に使われるベイトリールは淡水以外での使用を勧めていません(取説内に記載してあると思います)。ちなみにスピニングもメンテナンスフリーではありません。ほっておくとえらいことになります…。

 シマノは少し前?にベアリングを改良しています。ダイワにもベイエリア用のベイトリールがあります。共に「塩」に対する防食性能は高いと思われますが、完全・永久ではないですから、釣行前後のメンテナンス・定期的なベアリングの交換は必要だと思います。

 楽なのは、バスワンやトライフォース等の軸にベアリングを使用していない(はずの?)リールを買って、使用するという選択です。オーバーホールも簡単だと思います。
 寿命・巻き心地を気にしないならば、買ってすぐに全部ばらし、CRCなどで全部グリスを落としておき、釣行前にシリコン等の皮膜スプレーを吹き付けておけば大丈夫だと思います。釣行後、オイル等の濁りはありますが、グリスを落として再び…そしてオイルも…という作業を考えると、「お湯でザブザブ…乾かしてプシュー」が楽だと思います。

 シリコンスプレーをスプールの軸に吹き付けると、CRCよりも回転性能が悪くなりますので、軽いミノーは投げにくくなりますが、バイブレーションならばリールの性能はカバーできると思います。

 個人的にはフックのメンテナンスの方が面倒だと思います。(ヒットの確率はフックのシャープさがキモだと体験的に思いましたので…)

 参考になれば幸いです。

 一般にバス用に使われるベイトリールは淡水以外での使用を勧めていません(取説内に記載してあると思います)。ちなみにスピニングもメンテナンスフリーではありません。ほっておくとえらいことになります…。

 シマノは少し前?にベアリングを改良しています。ダイワにもベイエリア用のベイトリールがあります。共に「塩」に対する防食性能は高いと思われますが、完全・永久ではないですから、釣行前後のメンテナンス・定期的なベアリングの交換は必要だと思います。

 楽なのは、バスワンやトライフォー...続きを読む


人気Q&Aランキング