『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

 マルクス資本論の体系において、異なる使用価値を持つ諸商品同士が商品として――貨幣を媒介にするか否かにかかわらず――交換されうるのは、それらの商品それぞれが唯一の同質的なもの、すなわち抽象的人間的労働を含んでいるからだ、と説明されます。

 しかしながら、現実の交換の領域では、ある人が手に入れる商品の中に、交換で手離す商品と同質的なものが含まれていようがいまいが、それぞれの人間の利己心と必要にしたがって交換は行なわれるわけですよね。その結果として、大量生産され、競争に晒される商品に関しては、ごくごく当然のこととして、非常に手間のかかった(大量に労働が投下された)商品の価値が相対的に手間のかかっていない商品の価値に比べて高くなります。このことは労働価値説を用いるまでもなく、事実である上に誰でも出来る推論です。

 当然のことながら土地その他の資産やブランド品の取引きでは成立しない原理であるし、労働生産物に限ってもすでに出来上がった平均的な価格体系を後付で大雑把に説明する原理にしかなりえません。げんに多くの批判がされてきたとは思うのですが、これほど批判のしやすい理屈があれほどまでに支持された理由は何なのでしょうか?。「交換されあうもの同士が共通の尺度で測られなければならない」理由の妥当性が突き詰められて議論されたことはあったのでしょうか?。

 マルクス経済学は労働者の視点に立った体系であることを自認する学問だとはいえ、労働全収権論を主張するために労働価値説を採用したなどと言えばマルクスは激怒するわけですよね。でも労働全収権論以外に理由がないのではないかと思えるほどに論理的な弱さがあります。労働価値説など用いなくとも、階級社会の弊害や資本主義の暴力性を批判することは可能です。労働力の価値と労働生産物の価値の乖離(剰余労働)というマルクスの専売特許を披露するため・・・だとしたら悲しすぎる理由です。

 正解がはっきりする質問ではないかもしれませんが、これほどまでに破綻した理屈を学者や活動家が必死に守りぬいた理由の真髄部分は何だったのか?・・・ということが疑問になっています。マル系をガチでやっている方に面と向かって聞くと怒鳴られるか煙にまかれるかしそうなので、この場をお借りして、ガチの方もそうでない方も、見解をお聞かせいただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>労働価値説が規範的だとして


規範的という言葉の意味を「~であるべきだ」という内容だとすると、まさに労働価値説が規範的に主張されたからこそ、社会運動などに影響を与えたのではないでしょうか。

純粋に経済学説としてみたとき、社会運動との相互作用とは別に<実証科学として>価値があったかということの方が興味深いと思いますが・・。

その点からみると、19世紀から20世紀初頭にかけては労働力は生産要素とはみなされても需要者として分析される対象になっていませんでした。労働分配率が低くて、まさに「搾取」されていた面があったのだろうと思います。しかし20世紀初頭に米国を先頭に大衆消費社会が拡大すると労働分配率の上昇に伴って消費者概念が現実的に重要になってきたという面があると思います(これは社会思想とかと関係の無い事実認識の問題です)。1870年代初頭に限界革命→効用理論は存在したわけですが、現実問題として消費者の需要分析が理論的に重要性を持つようになったのは第一次大戦後の不況および30年代の大恐慌以降です。労働価値説に実証的な意義があると思われていた、ということではないでしょうか。

日本についていえば、おくればせながら戦後の経済成長の中で資本対労働の図式で労働分配率が問題となりました。しかし経済成長の進行にともなって所得が倍増していったのが事実で、労働価値説が実証的に支持されなくなりました。学問的にも、廣松渉といった厳密なマルクス研究者が政治的・規範的なマルクス主義とは一線を画していろいろな説を唱えたけれど、60年代に期待されていた「真のマルクスの発見」は結局徒労に終わったとった動きも影響したと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
 かつての経済システムの実証分析してみたときに、労働価値説が妥当だと考えられる時期があった、という点については、思い当たりませんでした。確かにその点は重要かもしれないですね。意外な盲点でした。
大変勉強になります。ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/10 18:08

#1の回答者様も仰ってますが、経済学には規範的な部分と実証的な部分があります。

新古典派経済学とマルクス経済学では同じ「経済学」を名乗っていても「科学」としての学問のあり方が根本的に異なるため、同じ経済現象を論じていても議論が全く噛み合わないことがよくあります。

新古典派経済学は価値自由を根底にして、モデルを公理的に作り、それを統計的に実証するという方法論を持っています。マルクス経済学は弁証法的唯物論という思想基盤があり、両者はまったく相容れません。

なお、マルクス経済学の内容が記述的で数学的でないというのは少し違います。たしかに数式をあまり多用しませんが、置塩信雄の数理マルクス経済学などのかなりしっかりとした業績があります(古いですが)。また海外では数理マルクス経済学の研究はいくらでもあります。日本のマル経の研究者の方法論が単に偏っているだけかと思います。
 むしろ、数学的にマルクス経済学を構築したときに、集権的な計画当局が国民経済における分配を上手く設計することができるのかという経済計算論争が1920年代以来あります。現在では計算量の理論などで「理屈では可能だが実務的な経済運営上は不可能」とされています。実際、ソ連や東欧で経済運営が破綻した理由の一つは当局が全能でなかったという至極当たり前の点にありました。

こうした点とは別に、なぜ「あまり機能しなかったマルクス学説が全世界で長期にわたって支持されてきたのか?」という疑問についてです。19世紀以来の「帝国主義からの解放」「民族自決」「労働者の権利拡大と生活向上」といった政治・社会の動きが根底にあると思います。マルクス経済学自身(というかマルクス本人)は資本制的生産様式の未来の形について実は具体的なことはほとんど何も言っていませんでした。英国のような先進資本主義国でプロレタリアートの革命が起こる、とは予想したようですが、結果は後進資本主義国・農業国のロシアで革命が起こり、その後も後進国でしか共産革命が起ったことはありません。これは上記のような政治的・社会的要請の方が実際には大きく、共産主義≒一党独裁による開発主義に置き換えられてしまったと考えられます。その中で西側陣営への思想的対抗軸として「労働者の解放」のバックグラウンドとして労働価値説は一般大衆に受け入れられやすかったのではないでしょうか。しかし社会が豊かになり、労働者が市民、知識層、消費者として成長してくると労働価値よりも効用価値の方が現実を近似しているし、価値観が多様化して労働者概念で一括りできなくなって労働価値説への支持は自然と衰退していったとみることができます。日本や欧米で1970年代初めに共産的な大衆闘争が終了したのは偶然ではなくて、経済・社会の成熟化によるのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

 回答♯1の下のお礼文は、一部明らかに誤解を招く書き方をしてしまいました。実際に言いたかったことは・・・「マル経の中には高度に数理的な理論分析をやっている人もいるし数理を使わない人もいるが、それはそれぞれに狙いがあってやっていることだ。そもそもある学問が数理的であるがゆえに高度だと単純に考えるのは間違いだ。」ということでした。

 質問の本旨である「なぜ支持されたのか?」に対するご回答は、ある意味で♯1の方と同じように、労働運動・社会運動を促進する立場と整合的だから、ということですね。結局のところ体裁のいい労働全収権論の主張だった、ともいえる。いったん労働価値説の論理的根拠が疑われ始めると、労働運動などの信用にも悪影響を与えるわけで、逆効果だったという評価も成り立ちますね。
 ・・・現役のマル経プロパーの研究者の方々の中には、違う解釈をする人も多いでしょうね。質問者のわたしも回答者さんも、支持されてきた理由として社会運動上の理由を重視しているわけですが、ほかに重要な理由はあるのでしょうか?。労働価値説が規範的なものだとして、それが分析上役に立つ側面をもっている、とか・・・?。

お礼日時:2009/12/19 21:14

まず最初に、マルクスが生きた時代には、まだ労働価値説が一般的でした。


限界革命後には労働価値説から脱却していくのですが、それ以前の経済学は労働価値説が主流であり、現在の効用価値説はその萌芽が見えた程度の段階です。
したがって、マルクスに労働価値説を採用した責めを負わせるのは誤りであろうと思います。

マルクス以後、様々な思想家がマルクスの理論を共産主義という思想に組み込んで行きました。その過程で、労働者が自分が働いた分だけ報酬を受け取る、という世界を理想として確立していきました。その結果、最もわかりやすい指標である労働投下量(≒何時間分の労働をしたか)に応じた価値体系を理想として考えていくことになります。
この思想を経済学として体系的に表現するものとして、マルクス経済学が確立されていくことになります。


経済学には二つの側面があります。
実際の経済を説明する、という実学的な側面のほかに、こうであるべきだという規範的な側面です。現在の近代経済学においても、例えば政策提言などは後者に近い性格を有しています。
この後者の側面が非常に強いのがマルクス経済学、という形で私は理解しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
 資本論当時のマルクスが当時の支配的理論の上で自論を展開したということについてはなるほど納得です。だとすると、あの当時に最適化手法で主流派経済学が構成されていたら、マルクスも最適化手法を使った・・・かもしれないですね。
 規範としてのマルクス経済学という点は、そうかもしれないと思うわけですが、現在において労働価値説を採る人たちの諸説を見ていると、むしろ今でも現実そのものとして労働価値説を考えているように思えます。
 マルクスの言ってもいないことを批判して反マルクスを唱える風潮があって、マル経の学者はすべて数学もできないゆえに馬鹿だ、というとんでも発言さえまかり通っているのですが(わたしは数学音痴です)、当然マル経の学者さん頭のいい人いっぱいいます。使い勝手の悪い労働価値説を使わずに資本主義批判をやろうという潮流も結構ある中で、あえてやっぱり労働価値説に拘ってきた人たちというのは何なのでしょう。「規範」だからでしょうか。うーん、まだちょっとすっきりしないものが・・・。

*蛇足。一部のマル経の学者が、新古典派は主観的価値論だから客観的であるべき科学としての経済学には適用できない、という批判をしてるのもトンでもな感じですね。人々の主観は集団の中で相互作用しながら客観的に存在しとるやんっ、とわたしは思う。

お礼日時:2009/12/17 22:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労働価値説は誤りではないですか?

マルクスの労働価値説は誤りではないですか?ソ連の歴史を見ますとマルクスの労働価値説は誤りではないかと思いますが如何でしょう。
理屈で考えても汗流して労働して価値を生み出すというのは、おかしいと思います。「頭の良い人は知恵をだせ、頭の悪い人は汗を出せ。」と言うではないですか。それに、発明をして、技術進歩して、人間の労働力なしに生産することで経済が進歩してきたのですから、マルクスの労働価値説は誤りだと思うのですが、マルクスは経済学者として一流だと言う人が多いようで良くわかりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

19世紀のイギリスには、生産面から商品の価値を考える労働価値説という経済学派があり、それを完成させたのが、マルクスということになっています。

『資本論』第一巻が出版された頃、消費の面から商品の価値を考える、限界効用価値説という経済学説が発表されました。普通の経済学は、限界効用価値説を発展させたもので、マルクスが属した学派とは、系統が違います。

労働価値説では、商品の価値は、生産過程で、どれくらいの労働時間が投入されたかで決まると考えます。簡単に言うと、コストをかければかける程、商品の価値は大きくなると考えるのです。

逆に、希少なものであっても、生産に必要な労働時間が少なければ、価値は小さいと考えます。労働価値説では、汚い川の水を浄水施設で殺菌した飲料水と、そのまま飲める湧き水では、コストをかけて飲めるようにした川の水の方が、価値が大きいと考えます。

限界効用価値説の方は、商品が市場で、どのくらい評価されるかで決まると考えます。簡単に言うと、どんなにコストをかけて作った商品でも、市場で売れなければ、価値はないと考えます。限界効用価値説では、汚い川の水から作った飲料水と、そのまま飲める湧き水の例では、湧き水を欲しがる人の方が多いですから、湧き水の方が価値が高いと考えます。

ソ連や昔の中国は、労働価値説で経済運営をしたために、コストを下げようと努力するどころか、無駄なコストをどんどんかけたので、経済が崩壊してしまいました。

希少な自然資源は、価値が小さいと考えられたので、無駄遣いされ、世界第三位の大きさのアラル湖が干上がるというような、自然破壊を起こしました。

『資本論』は、加減乗除という、小学校レベルの算数だけで構成されていますので、マルクス経済学には、数学の出来ない人が集まってしまいました。そういう人たちは、高度な数学モデルを駆使する普通の経済学には転向できませんから、大学のお荷物になっているそうです。

科目名をマルクス経済学にすると、学生が逃げるので、総合経済学とか、経済原論とか、政策経済学と言った科目名にして、学生を騙しているようです。

19世紀のイギリスには、生産面から商品の価値を考える労働価値説という経済学派があり、それを完成させたのが、マルクスということになっています。

『資本論』第一巻が出版された頃、消費の面から商品の価値を考える、限界効用価値説という経済学説が発表されました。普通の経済学は、限界効用価値説を発展させたもので、マルクスが属した学派とは、系統が違います。

労働価値説では、商品の価値は、生産過程で、どれくらいの労働時間が投入されたかで決まると考えます。簡単に言うと、コストをかければ...続きを読む

Qassume と presume は両方とも「推定する」という意味がある?

assume と presume を辞書で引くと
両方とも「推定する」という意味があるのですが、
違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

american heritage dictionary を引くと次のように説明されています。
http://www.bartleby.com/61/53/P0545300.html
より引用
presume, presuppose, postulate, posit, assume These verbs signify to take something for granted or as being a fact. To presume is to suppose that something is reasonable or possible in the absence of proof to the contrary: “I presume you're tired after the long ride” (Edith Wharton). Presuppose can mean to believe or suppose in advance: It is unrealistic to presuppose a sophisticated knowledge of harmony in a beginning music student. Postulate and posit denote the assertion of the existence, reality, necessity, or truth of something as the basis for reasoning or argument: “We can see individuals, but we can't see providence; we have to postulate it” (Aldous Huxley). To assume is to accept something as existing or being true without proof or on inconclusive grounds: “We must never assume that which is incapable of proof” (G.H. Lewes).

ということです。
つまり、assume は、To assume is to accept something as existing or being true without proof or on inconclusive grounds: “We must never assume that which is incapable of proof”ということで、ともかく何か実体のあるものを本当だと信じてみようと言う感覚があります。それに対し、presumeは、To presume is to suppose that something is reasonable or possible in the absence of proof to the contrary: “I presume you're tired after the long ride”つまり、実体そのものでなく、それの理由付けというか可能性というか、そういうものに対して使うと言うことだということですね。

>I assume you've come to borrow money. さては、金を借りに来たな。
の assume を presume にすると、「金を借りに来ると思っていたよ。」のような感じになると思います。つまり、今までの経過などがあって、事前に、それから推測していたと言う意味になるわけです。

>I presumed that Tom was an Irish from his accent. そのアクセントからトムはアイルランド人だろうと(私は)推定した。
の presume を assume にすると、「アクセントからするとトムはアイリッシュになるしかない。」のような感じになると思います。こちらは、「彼のアクセントを考えれば、この結論は自分の感覚では当然だ」のような意味合いです。ただ、こちらは、多少不自然ですかね。

american heritage dictionary を引くと次のように説明されています。
http://www.bartleby.com/61/53/P0545300.html
より引用
presume, presuppose, postulate, posit, assume These verbs signify to take something for granted or as being a fact. To presume is to suppose that something is reasonable or possible in the absence of proof to the contrary: “I presume you're tired after the long ride” (Edith Wharton). Presuppose can mean to believe or suppose in advance: It is unrealisti...続きを読む


人気Q&Aランキング