今、とても悩んでいます。 今年の初めから不妊治療を始めました。一通りの検査が終わり、軽い黄体機能不全といわれました。まずタイミング法から始めましょうといわれ、計画をたててもらいました。先生はとてもわかりやすく教えてくださるのですが、この黄体機能不全という点で悩んでいます。高温7日めで血液検査と子宮内膜検査をしたのですが、プロジェステロン値が16.1ng/mlで、病理組織検査報告書の結果は、mid secretory phaseと書いてありましたが、先生はeary secretory phaseだから、内膜の状態があまりよくない、とおっしゃいました。先生のいうことなので、それを信じて治療をはじめました。卵胞の大きさ20ミリになったところでhcg(卵胞を刺激するものと着床しやすくするもの)をうち、その4日後にもう一回注射をしました。その二回目の注射の後から不正出血が始まったのです。3月16日からず-っと続いています。一度21日に病院に行ったところ
気にすることはない程度だからもう一度注射をしておきましょうといわれたのですが、まだ今日になっても微量ですが出血しています。どうしてなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

産婦人科医です。


『高温7日めで血液検査と子宮内膜検査をしたのですが、プロジェステロン値が16.1ng/mlで、病理組織検査報告書の結果は、midsecretory phaseと書いてありました』

 これは正しくて、『先生はeary secretory phaseだから』は誤りです。7日目はearyではなく、適切な時期です!!プロジェステロン値は11ng/ml以上が正常ですから、エストラジオールの値が100pg/ml以上が正常ですので、この値が低いか プロジェステロン値のそれぞれの単位で1割以上ない時、この質問者のばあいでは、170pg/mlとかあると着床しにくくなります。
 出血にかんしては、内膜が厚すぎて表面から出血仕手しまった可能性があります。おそらく質問者の場合では
HCGでなくて黄体ホルモンの注射の方がいいのではないでしょうか??????

この回答への補足

ありがとうございます。とても分かりやすく適切なお答えを感謝します。始めての質問なのでお礼と補足の違いがわからないので重複してしまいますが。子宮内膜が厚くなりすぎても妊娠は可能なのでしょうか。エストラジオールというのの値は151.1pg/mlでした。ちなみに排卵期のエストラジオールというのの値は197.6pg/mlでした。また、hcgによるホルモンバランスの崩れは生じないのでしょうか。とても不安です。

補足日時:2001/03/25 19:44
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。とても分かりやすく適切なお答えを感謝します。子宮内膜が厚くなりすぎても妊娠は可能なのでしょうか。エストラジオールというのの値は151.1pg/mlでした。ちなみに排卵期のエストラジオールというのの値は197.6pg/mlでした。また、hcgによるホルモンバランスの崩れは生じないのでしょうか。とても不安です。

お礼日時:2001/03/25 17:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QN値による軟弱地盤の判定

ある本にN値による軟弱地盤の判定
ってあったのですが、粘性土はN値4以下、砂質土はN値10以下が軟弱地盤とあったんですが、どうして粘性土と砂質土では、数値(N=4、10)が違うのですか?同じN値でも土質によってN値の評価が違うのですか?教えて下さい。

Aベストアンサー

 N値から離れて、しばらく経つので、以下は予想です。

 まず同じ土質なら、N値が低いほど軟弱、これは良いですよね?。次にN値って何だったかと言うと、簡単に言えば、鋼管を地面に垂直に立てておいて、パイルドライバー(←だったっけ?)で杭頭を何回ぶっ叩いたら、鋼管が一定量地盤に貫入するかの回数だったと思います。この際、地盤の主な抵抗は、圧縮作用によるものと思われます。

 粘性地盤を基準に取ります。砂質土は粘性地盤より脆いはずなので、貫入試験で砂質土のN値が、粘性地盤を上回ったとしても、主に圧縮抵抗を測っているだけだとすれば、叩いた回数はそのまま信用できません。その辺りが、土質別のN値評価に関わりそうです。

>同じN値でも土質によってN値の評価が違うの・・・?

 だと思います。


 N値の解説は、Googleしてみれば専門サイトで沢山出ると思います。ここはどちらかと言うと、理論物理系の板
なので、ここよりもっと良い解説を見れる気がします。


 調べてみて下さい。

Q病理検査の結果は先生から提示してもらえますか?

先日、乳ガンの手術をしました。
どんな薬でも効く種類のガンですと言われましたが、投稿を見ると、細かい内容が示されていて、私は何も知らない状態です。
こんなものなのでしょうか?
抗がん剤治療EDを三ヶ月、アブラキサンを三ヶ月、ハーセプチンを一年、ホルモン剤、放射線と続くと言われています。再発のリスクを抑えるための抗がん剤としか説明がありませんでした。質問をすると、逆ギレされてしまいました。ほんとに転院するには、実際どこにいけばいいのかわかりません。大阪府下でご存じないでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

色々な方法があるでしょうから、私の経験が絶対的なものとは考えずに、ひとつの参考として頂ければ幸いです。

私の病院では病理結果は必ずプリントアウトして渡してもらえます。
手術の病理結果に限らず、針生検などの細胞検査結果も同じです。先生がお忘れになっているのか、頂けないときは、お願いして頂いています。快く応じてくれます。
血液検査の結果なども、先生によって若干異なるようですが、お願いすれば快くプリントアウトしてくれます。私は必ず頂いて、ファイルに保存しています。
自分のデータを頂くのは、患者として当然の権利だと私は考えています。

治療内容を見るとトリプルポジティブなのでしょうか。
ホルモン受容体の強弱とか、何より切除断端とか、脈管侵襲の状態とか、今後の為に詳細を把握しておくべきです。

私は術後の病理結果の一部に納得できない点があり、「病理のセカンドオピニオンに出す」とお願いして、標本を病院から頂き、セカンドオピニオンに提出したところ、大きく結果が変わりました。
私が手術を受けた病院は、手術の症例数は全国で5位以内ですが、自分の命に関わる大切なことなので、しっかり納得したかったからです。
二つの異なる病理結果のどちらが正しいのか、治療内容にも影響するので、オンコタイプDXにも出して確認しました。

さて大阪府下とのことですが、私は東京ですし、他人の人生に関わることですから安易に病院名をここに提示することは控えたいです。
このような方法で検索してみると、ヒントが得られると思います。
「乳がん 症例数 病院」と入れると、色々でてきます。
そこで出てくる病院名はサイトによって違います。一つのサイトを信じるのではなく、いくつものサイトから出てくる病院を、私なら選びます。

問題は、術後の治療から受け入れてくれるかです。
大きな病院は、手術まではそこで、でも術後の治療は地元の病院で・・・というところもありますので、あらかじめ病院に電話して、転院を受け入れてくれるか聞いてみたほうがいいと思います。
或いは「術後の病理結果についてセカンドオピニオンを受けたい」と申し出て、行った先で転院を申し出る、といいう手もありです。手術を受けた病院で資料を頂くには1週間くらいかかるかもしれません。

手術から既に1ヶ月くらい過ぎているなら急いだ方がいいと思います。頑張ってください。

色々な方法があるでしょうから、私の経験が絶対的なものとは考えずに、ひとつの参考として頂ければ幸いです。

私の病院では病理結果は必ずプリントアウトして渡してもらえます。
手術の病理結果に限らず、針生検などの細胞検査結果も同じです。先生がお忘れになっているのか、頂けないときは、お願いして頂いています。快く応じてくれます。
血液検査の結果なども、先生によって若干異なるようですが、お願いすれば快くプリントアウトしてくれます。私は必ず頂いて、ファイルに保存しています。
自分のデータを頂...続きを読む

Q戸建て判断 ボーリング結果のN値の見方

木造二階建て住宅の建築(ベタ基礎)を予定しております。

1年前まで水田で現在は盛土2メートルの造成がされています。
地盤が気になるので、契約前に周辺のボーリング結果を見せてもらいました。

地下2mまで粘土混じり砂礫 N値3
2m~3m  砂       N値11
3m~7m  砂混じりシルト N値1~3
7m~8m  砂礫  N値40
8m~15m  礫混じり砂  N値11~40
15m~16m シルト  N値11
16m~18m 砂       N値18~35
18m~19m シルト     N値8
19m~20m 砂       N値22

地下水位2m

以上ですが、何分素人な物で地盤が弱いのだろうな・・くらいしか分かりません。
これに適した地盤改良は何でしょうか?
施工業者は、地盤改良の必要は無い、との判断なので不安になります。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ANo.5です。「この回答への補足」欄に疑問点が書かれていましたが、返答が遅くなり申し訳ありません。

「10センチ以内程度」と書いたのは3~4センチかもしれないし7~8センチくらいかもしれないということで、最大10センチ見ておけば良いのではないかと言うことです。
地盤改良等を何もせずに建て、仮に10センチ沈下すると想定した場合、建物も均等に10センチ沈めばあまり問題は起こらないのですが、たいていの場合は不同沈下し傾くことが多いようです。
傾き量は建物の重さがどの程度偏りがあるか、敷地内で地盤がどのようにどの程度不均一なのかによって違うようで予測は難しく、10センチ以内で傾くとしか言いようがありません。

傾いた場合は建て替えをせず、傾きを修正する工事をすることになります。
実際に私が担当したことがあるのは、傾いてはいるがこれ以上沈下する確率が少ないと判断して、基礎はそのままにして土台をジャッキアップして修正し、土台と基礎の間にスペーサーを入れた工事。
杭打ちをしているのに支持層まで達しておらずに傾き、杭頭にジャッキを掛けて基礎から持ち上げ(この場合建物の自重で元の杭を支持層まで押し込みます。)足りなくなった杭長分を鋼管杭で足して修正した工事です。
前者の工事で百数十万円、後者の工事で8百万円程度、もちろん建物の大きさで変わりますが、いずれにしても建てかえるよりは安いのですが多額の費用でした。

地盤の保証は10年を超えて行うことはないのではないでしょうか。
例えば20年の保証に応じてくれる施工会社があればいいのですが、まずしないと思いますし、大手の会社じゃない限りいくら信頼できる会社であっても、会社そのものがいつまで存続するのかの問題もありますよね。
理想ですが、これだけやれば大丈夫だ、保証なんかいらないよって言うくらいにご自身が納得できる方法のとれることが一番だと思います。

ANo.5です。「この回答への補足」欄に疑問点が書かれていましたが、返答が遅くなり申し訳ありません。

「10センチ以内程度」と書いたのは3~4センチかもしれないし7~8センチくらいかもしれないということで、最大10センチ見ておけば良いのではないかと言うことです。
地盤改良等を何もせずに建て、仮に10センチ沈下すると想定した場合、建物も均等に10センチ沈めばあまり問題は起こらないのですが、たいていの場合は不同沈下し傾くことが多いようです。
傾き量は建物の重さがどの程度偏りがあ...続きを読む

Q縫合不全の経過観察による造影検査

主人が直腸がんの手術で縫合不全により すでに2ヶ月の入院をしいられています。腸の横に空洞ができてしまい そこに膿がたまって発熱するのを既に3回くりかえしています。その度に縫合不全の場所から管を通し骨盤内の洗浄をしてよくなり その後造影剤検査で空洞の大きさを検査 それから2日ぐらいすると発熱 また洗浄という繰り返しです。
 
造影剤を使った検査に問題はないのでしょうか?先生は造影剤は吸収されるので大丈夫と言っています。使用している造影剤の種類はわかりません。

腸は一時的な人工肛門、縫合不全の横にはドレーンが入っています。

Aベストアンサー

#1さんには多少誤解があるようですが、さておき。

造影検査がきちんとされているなら、その検査と発熱には関連はないと思います。
おそらく質問者さんのご主人の場合、空洞に溜まった膿で発熱しているのが「現在の普通な状態」で、洗浄することで一時的に熱が下がるが、その効果がきれるとすぐに元に戻って発熱するという状態におちいっているのかもしれません。感染が十分に治りきっていないのかもしれません。
こまめに洗いながら、膿を除去し、治癒させていくしかないのかもしれませんね。

QN値と換算N値

N値と換算N値では、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

N値は「標準貫入試験」という地盤調査を行って得られる値で、今ではもっとも標準的な地盤の強さを表す指標となっています。
換算N値は、それより簡略な地盤調査で得られる指標を、N値に換算したものです。標準貫入試験に比べて誤差が大きく、よくつかわれる「スウェーデン式サウンディング」では、2倍ぐらい誤差がある(値半分)と思ったほうがよいです。

N値を地盤の耐力に換算する式としては、建築基準法の告示H13年第1113号の式が標準的につかわれます。
http://www2.ashitech.ac.jp/arch/osakabe/semi/foundation/low/r93k1113.html

Q乳がん検診 エコー検査で異常あり 経過を見ましょうと言われました。

乳がん検診 エコー検査で異常あり 経過を見ましょうと言われました。
人間ドッグのマンモグラフィーで、腫瘤の疑いあり、とのことで、癌で有名な病院に再検査に行き、マンモとエコーをしました。すると、人間ドックの判定の反対側の胸にしこりが見つかりました。マンモには移っていなかったのですが、エコーの方で私の目にも見えるくらい、細胞の色が違いました。先生は、「悪性には見えないから、まぁ半年後くらいにもう一度エコーやってみて。本当に心配なら細胞診ってのもあるけどね・・・」というコメント。その先生は乳がんの治療などで有名な方なので、その先生が悪性に見えないと言っているということは良性と考えてよいのかな、それに細胞診は痛そうだし。。。と思い、半年後にまたエコーをすることにしました。
エコーを見ただけで、悪性か良性かわかるものなんでしょうか??また、良性が悪性に変わることはあるのでしょうか?
それとももしかして、もう一箇所、乳腺外科に行って検査をしてみた方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、数年前にあなたと同じような状態で、当時の乳がん専門医師からエコ-とマンモで良性だろうと言われ続け、半年ごとの受診を四回ほど続け、安心した頃に何だか大きくなっていておかしいなと他院を受診。
細胞診の結果、悪性と診断されました。

その後は、かなりキツイ抗がん剤フル治療、全摘と体へのダメ-ジはかなりのものでした。今は、落ち着いているものの抗がん剤の後遺症が残っていますし、、再発への不安は常にあります。
あのとき安心せず、くわしく調べていれば・・・乳がんは、早期発見であれば、ほとんど完治する病気です。早期なら、温存できるし、抗がん剤も必要ありません。

有名な病院の診断だからと、映像診断だけで安心するのは、危険と思います。
是非、細胞診をお勧めします。痛いと言っても一瞬のことですし、それで、良性なら本当に安心できますから。

Q数学の問題です。 A=4n+6/n-3の値が整数となるような整数nの最大値を求めよ。また、Aの最大値

数学の問題です。

A=4n+6/n-3の値が整数となるような整数nの最大値を求めよ。また、Aの最大値も求めよ。

解説お願いしたいです。。

Aベストアンサー

A=(4n+6)/(n-3)とのことですので、先ほどの修正含め説明します。
nに注目すると4nをnで割るので、
(4n+6)=4(n-3)+18と変形します。
つまり、4余り18と表現できます。

Aが整数となるので、18はn-3の倍数です。
18の約数は1,2,3,6,9,18です。
n-3はこれら6個に±を付けた12個に絞られます。

よってnが最大となるのは18+3で21です。

また、Aが最大となるのは18/(n-3)が最大となる時なので、n-3=1
よってn=4
この時A=22/1=22です。

QPET検査とヒアルロン酸注射

知人が今度、PET検査を受ける予定です。

加齢による膝に痛みがあるため近所の診療所でヒアルロン酸を注射してもらっています。

PET検査を受けるのに影響がありますか?
あるとすれば検査を受けるまでどのくらいの間隔があれば大丈夫でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

PET検査の目的,おそらく癌の検査であろうと思いますが,その癌の部位がヒアルロン酸注射をしている膝の近辺でなければ問題ないです。
ただし,PET検査前に注射をするのであれば,「何月何日に,どこの膝にヒアルロン酸注射をした」旨を検査担当医,もしくは技師,そして主治医にきちんと伝えることでPET検査の結果判定には問題を生じることはありません。
もしも可能であれば,PET検査後に注射を受けるように変更可能であれば,その懸念は無用です。

Q(1+(1/n))^nの極限でeの値を求める

lim_n→∞ (1+(1/n))^nのとき値がeに近づいていくということは知っていますが、(1+(1/n))^nを計算機に入力し、nの値をだんだん大きくしていくと(1+(1/n))^nがeより大きくなってしまいます。

何故このようなことが起こっているのか詳しく説明してくれる方いませんか?

Aベストアンサー

大きくなる原因をより詳しく言うと
2進数で表現すると n=10^p に対する 1+1/n の値は正確に表現できず, 常に 0.5 ulp 程度の誤差は考えられる. IEEE754 の倍精度実数であれば 2^-53 程度. つまり, もとから (1+1/n)^n の真の値を計算しているわけじゃなくて (1+1/n+ε)^n の計算をしている (手元計算機における ε は絶対値でだいたい 10^-16 くらい).
この ε の存在は n が小さいときには ((1+1/n)^n の値が e から離れているので) 無視できるが, n が大きくなると無視できなくなる. で, n=10^9 のときに破綻した, と.
実際, n を 2 のべきにすると p=52 まできちんと計算していくはずです.

Qアレルギー検査の注射の結果はいつまで聞けるんでしょうか?

昨年2014年10月頃に咳がとまらなくなり呼吸器内科において、アレルギー検査の注射を受けました。
その日は、アレルギー用の薬をもらい、先生に「一週間飲んでみて、治らなかったらまた来てください。」といわれ注射の結果を知らされないまま帰りました。
一週間後、咳の症状はほぼなくなったので病院には行きませんでした。ですので結局アレルギー検査の結果を聞いていません。
もう注射を受けてから8ヶ月ほど経ちますが、まだ結果を聞くことができるでしょうか?
7000円ほど費用がかかりましたし、最近また咳が出てきましたが何のアレルギーなのかわからないままなので対策のしようがありません。
ご存じの方がいればよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

カルテに医師が記載してます(処方した薬も)から、
今回、咳が酷いと受診して、アレルギー原を診察時に聞いて下さいませ。 メモも持参。
 あと、調剤薬局で薬の情報を記載した紙が貰えると思います(無い時は、お薬手帳を作ると管理が楽ですょ)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報