痔になりやすい生活習慣とは?

現代では、日本語や英語など何らかの言語でコミュニケーションを取ったりしますが、その言葉はいつ誕生したのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

FOXP2という遺伝子が言葉能力と関わりがあることが突き止められていますが、その遺伝子を持った時期が即言葉ができた時期というわけでもありません。


言葉は化石化しないだけにその時期を特定できる証拠がありませんから、これからも特定はできないでしょう。
それと言葉なるものをどう定義するかにもよります。それ以前(人類以外の動物)のコミュニケーションは主にメロデイパターンに依っています。
ヒトが生まれてから言葉を獲得していく過程を観察すれば、初めは何を言われているかはわからないのに、親が話しかける言葉のメロデイパターンにはちゃんと反応します。この段階は他の動物と同じ反応です。
これが言葉の内容を理解しそれを真似ようと喃語を発するようになる時が言葉の第一歩を踏み出したときでしょう。
とすると単語を一つでも使えるようになった時が言葉始めでしょうね。

動物のコミュニケーションの基本は求愛行動です。これは種の保存という生き物が持つ生きるための力ですから、ヒトの場合も何語であれ最初に発した言葉は「love」を意味する単語だったろうといわれています。
ご先祖さまがこれを口にした時が言葉の始まり(^_^)

ちなみにヒトは言葉を発する専用の器官は持っていません。すべてそれ以前からあった器官を言葉のために流用しています。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/20 18:11

口蓋部の形態から、ネアンデルタール人は現生人類のように発音できなかったといわれています。


この意味では、現生人類の生まれる前までは遡ることはないと思われます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/FOXP2
この遺伝子の突然変異によって言語能力が欠落することがわかっているので、逆にこの遺伝子が現生人類型になった時点を探ればわかってくるかもしれない。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/20 18:10

二つ意味があります。


(1)言語はいつ誕生したか。言葉がつかえるのはヒトだけなので、ヒトがいつ形成されたかという問題に直結しますが、一説に10,000年前というのがあります、しかしこの数字はかわるでしょう。

(2)特定の言語はいつ誕生したのか。これは途中で何回も作られたのではなく(1)から今まで続いており、どこからどこまで切って、名前をつけるかで決ります。

 英語。インド・ヨーロッパ語(印歐語)から枝分かれしたゲルマン祖語、それから北欧諸三語(ノルウェイ、スウエーデン、デンマークなど)やドイツ系諸語(オランダ、ドイツ、)などが分かれ後者の中に英語の祖先があります。古代英語は5世紀に始まり、それ以後は「英語」の前に中世、近代、現代、などの言葉がついています。

 日本語。古代日本語は8世紀前後の文献が始まりとされ、以後、「日本語」の前に奈良時代、平安時代、などをつけて、呼ばれています。それ以前は諸説紛々です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/20 18:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人類が言葉を持つようになったのはいつごろですか?

人類が言葉を持つようになったのはいつごろですか?
鳥や動物も,鳴き声などで言葉らしいものを持つとされていますが,
もう少しレベルの高い合図の域を越えた言葉(会話など)を持つようなったのはいつごろとされているのでしょうか。

Aベストアンサー

言葉とは辞書には、「人の音声のまとまりで、その社会に
認められた意味を持っているもの。  感情や思想が音声
によって表現されたもの。   言語。」
とありますが、ここでは少し原始的な意味で言語で表現
します。
人類の言語能力の発達については、化石の研究からかなり
解ってきました。

馬場悠男著 「ホモサピエンスはどこから来たか」河出書房
によると
イスラエルで見つかった約6万年前のネアンデルタール人の
舌の骨で現代人と全く変わらず、言語発声能力ありと判断
された。(ケバラ舌骨)
ネアンデルタール人は約20~3万年前に生息したあと絶滅
したが、現代人の祖先のクロマニョン人もほぼ同じ時代に生き
同様と推定される。
その前の後期原人(約100~30万年前)は化石の咽頭の
スペースから本当の意味の言語はしゃべれなかったと解る。

発声と言語の違い。  動物でも発声で合図や指令は出来る。
これが進歩し、簡単な単語を発声してもそれだけでは言語
とは言えない。  単語と単語をつないで簡単な文法が
でき、語彙もある程度ふえないと言語とは言えない。
単語発声能力を得ても、言語能力に達するには、脳の発達と
学習が不可避である。
脳では化石からその大きさがわかり、以上を勘案し原人では
言語能力はなかったと判断される。

クロマニョン人は3~5万年時代は、装飾品を作り、葬儀も
行っていたので、好き、嫌い、嬉しい、悲しいといった
感情表現を、態度や行動で示していたと思われる原人と違い
音声で表現したと思われ、これが言語能力である。

ただその時代は長く、いつ頃の年代に言語能力を得たかは
不明で特定は難しい。  脳力だけでなく、学習が必要。

私は大移動が始まった10万年前代に初期言語能力を得たと
思います。  個人意見で定説はありません。

人類の情報伝達。
「初めに言葉ありき」 由来は違いますが真理でしょう。
言葉、文字、マスコミ(印刷、ネット)と進みましたがこの
先どうなるか。  個人の脳から直接他人の脳へ情報伝達。
これは逆行ですね。
最近脳の小さい小人族の化石が見つかり、彼らが言語能力を
持っていたとすると、経験、学習を積むことで可能になった
との考えも出来ます。

言葉とは辞書には、「人の音声のまとまりで、その社会に
認められた意味を持っているもの。  感情や思想が音声
によって表現されたもの。   言語。」
とありますが、ここでは少し原始的な意味で言語で表現
します。
人類の言語能力の発達については、化石の研究からかなり
解ってきました。

馬場悠男著 「ホモサピエンスはどこから来たか」河出書房
によると
イスラエルで見つかった約6万年前のネアンデルタール人の
舌の骨で現代人と全く変わらず、言語発声能力ありと判断
された。(ケバラ舌骨)
ネアン...続きを読む

Q言葉はなぜ生まれたんでしょうね

え~。まあタイトルの通りなのですが、ふと思ったのです。
言葉とはなぜ生まれたのか。
どのような過程で生まれたのか。
哲学とは違うかもしれませんが、人はなぜ言葉を発明したんでしょう。
まあ便利だからといってしまえばそれまでですが、、。
原始人の方々は複雑な言葉を使用しておらず簡単なジェスチャーでコミュニケーションをとっていたんでしょうかね。
言葉は不思議です。起源とかあるんでしょうかね?
なにか興味深いお話知っていたら、もしくはこんな考え方はどう?みたいなのがありましたらぜひとも教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

>人はなぜ言葉を発明したんでしょう。
現在の言語学(特にチョムスキー)では、言語は、人間に先天的に備わっている性質である、というのが定説です。
定説、というのは、まだこれから覆る可能性がある、ということです。実際、そういう風に仮定したほうが合理的であると言われているだけで、人間がなぜ言葉を話すことができるのか説明できる段階にまで至っていません。言語学・哲学における非常に重要なテーマですが、この問題を解明するには、人間がいかに言語処理をしているのか、という話になります。理論があっても、実験するためには、コンピューターが必要になります。
今は、理論を作っては、コンピューターに組み込んで、結果を反映して理論を作り直して・・・とこの繰り返しです。チョムスキーの言語学は、人間の言語の文法のみに注目すればに、ほぼコンピューターでも処理できることが、分かっています。
文法のみに注目する、というのは、たとえば、「この椅子はとてもおいしい」というような、意味をなさない文も、文法的にはあっているから、OKとする、ということです。現在のコンピューターの多くは、人間の言語を文法的には理解しても、意味は理解していません。意味を処理する研究は、目下行われていて、ここ数十年で進歩するか?という話になっています。

まぁ、平たく言うと、
「鳥が空を飛べるように、人は言語を話せる」
ということで、人が言葉を発明したのではなく、言葉を話せる種が人間であるということです。
人間の言語は、意味・文法構造の上で、他の動物の話す言語よりも桁違いに進化しています。
たとえば、「危険だ!」とか「餌だ!」とか、そういう仲間への伝達は他の動物にもあります。
しかし、時間・可能性・仮定・義務などの概念を入れると、とたんに他の動物の伝達では表現できなくなります。「危険だった」とか、「雨がふったら、危険かもしれない」とか、「明日、餌がここにありそうだ」などです。
時間・可能性・仮定・義務などの基本的概念は、ほぼ総ての言語に何らかの形で備わっていて、これらの概念を言語で表現できることが、人間の先天的性質であると考えてもよいといえると思います。

別に、これは音声言語に限ったことではなく、手話などの身体的言語にしても、とにかく、人間という種は、知能さえ正常であれば、適切な教育さえ受ければどのような手法でも言語を獲得することができるようになるらしいです。

>人はなぜ言葉を発明したんでしょう。
現在の言語学(特にチョムスキー)では、言語は、人間に先天的に備わっている性質である、というのが定説です。
定説、というのは、まだこれから覆る可能性がある、ということです。実際、そういう風に仮定したほうが合理的であると言われているだけで、人間がなぜ言葉を話すことができるのか説明できる段階にまで至っていません。言語学・哲学における非常に重要なテーマですが、この問題を解明するには、人間がいかに言語処理をしているのか、という話になります。理論...続きを読む

Q人類はいつから言葉を使っているか

初歩的な質問で恐縮ですが……

人類はいつごろから言葉(文字ではなく、口頭)でコミュニケーションをするようになったのでしょうか?

Aベストアンサー

 
  これは、初歩的な質問などではないのです。たいへん難しい問題です。
 
  まず、「人類」とは何でしょうか? ホモ・サピエンスのことでしょうか? すると、ホモ・サピエンスのなかに、いわゆるネアンデルタール人も含まれます。ネンデルタール人は会話言語、知識伝達言語、思考言語を持っていたことは間違いないだろうとされています。ネンデルタール人は、ホモ・サピエンス・ネアンデルターレンシス(HSN)といい、ホモ・サピエンス種の亜種です。化石的に一番古いのは、40万年乃至50万年前で、アウストラロピテクスと時代が重なっていて、漸進的に展開しました。これは古いネアンデルタール人ですが、新しいネアンデルタール人は、15万年ほど前から、数万年前まで存続していました。
 
  古いネアンデルタール人が言語を持っていたかどうか分かりませんが、ネアンデルタール人よりも二段階古い、化石人類である、ホモ・ハビリス(300万年から160万年前ほど)が、その大脳の内部痕跡形状から、二つの言語領野をかなり発達させていたことから、原始言語を持っていたらしいことが推定されています。ホモ・ハビリスは、ホモ・エレクトゥスよりも古い化石人類です。
 
  ホモ・エレクトゥスは、180万年前から40万年前ほどに位置しますが、言語をおそらく持っていたはずです。ホモ・エレクトゥスは、古い言い方では、ジャワ原人、北京原人、ハイデルベルク原人などです。
 
  ホモ・ハビリスは確か、知識伝達言語を持たなかったことが、ある化石個体の死因と、その死亡状態から推定されていたと思います(もう少し古い原人類だったのかも知れません)。すると、ホモ・エレクトゥス、確実には、新しいタイプのネアンデルタール人だとすると、40万年から20万年ぐらいということになります。
 
  二番目に、「言語」とは何かという問題があります。鳥や群集性哺乳動物のシグナル言語は言語なのか、高等霊長類の社会的言語は、言語なのか。エックルスの紹介では、ポパーは、ビューラーの三段階の言語に、もう一つ「議論言語」というものを加えて、四段階の言語を提唱しましたが、この四段階が全部揃った場合が、言語を持つと云うのか、または三段階で言語を持つと云うのか。最初の二段階は、鳥類や哺乳類や高等霊長類は備えているのです。
 
  四段階の言語とは、四段階の言語機能に対応するもので:1)表出機能、2)信号機能、3)陳述機能、4)議論機能、です。知識伝達言語とわたしが勝手に呼んだものは、陳述機能に属します。信号機能の言語では、後天的獲得知識の文化的伝達は困難だからです。特に抽象知識のそれはそうです。先のホモ・ハビリスが知識伝達言語を持たなかったというのは、知識伝達文化があれば、当然伝わっていた、非常に一般的な毒性食物を食べて死亡した個体化石の発見と、その死亡時の状態が化石から復元されたからです。
 
  なお、以上に述べているのは、1980年代の知見を元に、1980年代末に著された人類進化に関する参考書に基づいています。ホモ・ハビリスの化石事実は、別のもっと新しい資料に依拠しています。
 
  ホモ・エレクトゥスは保留するとして、大脳容積や、大脳の二つの言語領野の発達、また高度な伝達知識文化・技術を持っていたことから、言語を持っていたことは間違いのない、新しいタイプのネアンデルタール人としても、15万年から10万年ほど前のことになります。
 
  とりあえず「何時頃から」ということで、以上を回答にします。もっと古い原人にまで遡ると云う説は新しく出ているかも知れませんが、ネアンデルタール人が言語を持っていたということは、何が見つかってもまず動かないと思います。
 
  参考:ジョン・C・エックルス『脳の進化』1989・東京大学出版会
 

 
  これは、初歩的な質問などではないのです。たいへん難しい問題です。
 
  まず、「人類」とは何でしょうか? ホモ・サピエンスのことでしょうか? すると、ホモ・サピエンスのなかに、いわゆるネアンデルタール人も含まれます。ネンデルタール人は会話言語、知識伝達言語、思考言語を持っていたことは間違いないだろうとされています。ネンデルタール人は、ホモ・サピエンス・ネアンデルターレンシス(HSN)といい、ホモ・サピエンス種の亜種です。化石的に一番古いのは、40万年乃至50万年...続きを読む

Q人間にとって言葉とは

人間にとって言葉とは、どのようなものなのでしょう。物が先か、言葉が先か・・・・・。なぜ、言葉というものがあるのか・・・・。
レポートなのです。全く分かりません。自分なりの答えも見つかりません。どうか少しヒントをください。お願いします。

Aベストアンサー

「サピア=ウォーフの仮説」というヒントになりそうなキーワードを差し上げておきます。これは、物が先か言葉が先かという問題に対する一つの論の試みです。「仮説」なのでなんとも言えません。それを批判する(正しいものは受け入れ、違うと思うところは違うと主張する)ことで、何か言えるんではないでしょうか。

なぜ、言葉というものがあるのか、ですが、1として「言葉がもしもなかったら、どんな世界になっていたか」ということ、2として「言葉はどのようにして生まれたか」ということを考える必要がありそうです。

あと、言語を記号とみなす考え方もあり、これもちょっと厄介ですが、「記号論」というキーワードを差し上げます。深入りすると大変かもしれません。せいぜい「シニフィアン」と「シニフィエ」あたりの理解にとどめるのが、大学のレポートのレベルだと思います。

人間にとって言葉とは何か、ということですが、それはいろんな方法で知ることができます。たとえばここで回答者の意見を伺うというアンケートから総括するでもよし、また自分も人間の1人であるから、個人的な意見としてはこうだということを主張してもよし、だろうと思います。視点はいろいろですね。

あと、いくつかこんな論題も考慮すると面白いかもしれません。
「言葉を使うのは人間だけか」
参考キーワード:チンパンジーの言語学習、アマラとカマラ
「言葉は本当に正しく物を表せるか」
参考キーワード:範疇、「りんご」と「そのりんご」の違いなど

もう1点、「人間とヒト」は区別しなくてはならないかもしれないと今思いました。学習能力という面で言えば生物学的にヒトと捉えた方がいいでしょう。人間というのは多少なりとも社会的な側面があるので、やはりそういうことになるのかもしれません。

道具であるとか、コミュニケーションの手段であるとかいうのは、今までによく言われていることで、斬新さには欠けますが、tsukajiさんが何かもっと奇抜な発想で思い付けたらいいなぁとは思います。

「サピア=ウォーフの仮説」というヒントになりそうなキーワードを差し上げておきます。これは、物が先か言葉が先かという問題に対する一つの論の試みです。「仮説」なのでなんとも言えません。それを批判する(正しいものは受け入れ、違うと思うところは違うと主張する)ことで、何か言えるんではないでしょうか。

なぜ、言葉というものがあるのか、ですが、1として「言葉がもしもなかったら、どんな世界になっていたか」ということ、2として「言葉はどのようにして生まれたか」ということを考える必要があ...続きを読む

Q世界には何カ国語の言語があるのでしょうか?

夏休みの宿題で(親がお手伝い・・?)、世界中には何カ国語の言葉(言語)があるのか知りたくなりました。
いろいろなHPを検索してみたのですが、判らなくて。。。
おおよそでもよろしいのですが、掲載されているサイト、および資料等をご存じでしたら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そうですね・・・
実は世界の言語数というのは、実はだれにもはっきりわからないんですよ。
身近な例をあげると、日本には(英語とか韓国語を除いて)いくつ言語があると思われますか?

「そんなの日本語ひとつに決まっている」と言われるかもわかりませんが、
実は、日本語と琉球語のふたつです。
ただしこれは大多数の専門家の意見であって、少数の専門家は、
沖縄の方言があまりにも隔たりがありすぎるので、別言語だとするものもいます。
奄美語、沖縄語、宮古語、八重山語、与那国語と日本語、
日本には六つの土着語があると主張する専門家もいて、
そしてどちらが正しいかはだれにもわからないのです。
さらに、数十年前まではアイヌ語も日本国内の土着語でした。

世界中がこのような状態です。

・別言語なのかひとつの言語の方言なのかはっきりしない
・戦争や国家政策その他の理由で現在進行形で滅びている言語がある
・さまざまな理由で言語を調査するために現地へ入れない地域がたくさんある

こうしたさまざまな要因のため、専門家の間でも世界の言語数は一致していません。
多く言うものは8,000、少なく言うものは3,000、
No.2さんの挙げられた5,000というのが大多数意見です。

なお、参考サイトには世界の7,299の言語についての詳細があります。
英語のサイトですが、興味があればどうぞ。
おそらく聞いたこともない言語が山のようにあることに驚かれるでしょう。

参考URL:http://www.ethnologue.com/language_index.asp

そうですね・・・
実は世界の言語数というのは、実はだれにもはっきりわからないんですよ。
身近な例をあげると、日本には(英語とか韓国語を除いて)いくつ言語があると思われますか?

「そんなの日本語ひとつに決まっている」と言われるかもわかりませんが、
実は、日本語と琉球語のふたつです。
ただしこれは大多数の専門家の意見であって、少数の専門家は、
沖縄の方言があまりにも隔たりがありすぎるので、別言語だとするものもいます。
奄美語、沖縄語、宮古語、八重山語、与那国語と日本語、
日本...続きを読む

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Qなぜ陸続きの国なのに言語は違うんでしょうか???

なぜですか、教えてください。
ヨーロッパの国々やアジアの国々は陸続きなのに、言語が違うんでしょうか。
ヨーロッパの国々だけを見てみても、ドイツ語・フランス語・イタリア語といった具合です。
方言とは全く違いますよね!
不思議です。国境を境にして全然変わってしまうんでしょうか。
日本の場合は島国なのでなんとなく納得してしまうんですが・・・
ぜひこの積年の疑問に良き回答をお願いします。

Aベストアンサー

民族の違いからきていると思いますよ。

学生の時、英語とドイツ語を習いましたが、確かに似ていました。
フランス語はちんぴんかんぷん。英語とは全然別の言葉のようでした。
(ただし、私は技術系で語学センスはあまりないです。)

なぜかというと、イギリス・ドイツはゲルマン民族系、フランスはラテン民族系
だからだと思います。もっともイギリスはフランス語の影響を相当受けていると
いう説も聞いたことがありますが...。

No.1の方が日本語のルーツは韓国語にあると述べていますが、私も似たような話
を聞きました。
奈良時代以前、大和王朝が成立した頃は半島・大陸との往来が頻繁で、会話をす
るのに通訳が必要なかったという話を聞いた覚えがあります。
実際、日本には韓半島から相当数の移民が来ていますし、かなりの割合で日本人
には韓国人と同じDNAがあるらしいです。(NHKのTV番組で見た覚えあり)

弥生人のルーツは中国大陸らしいですが、言葉としてはほとんど痕跡がないです
ね。中国語は文法的には英語に近いです。

Q世界の言語の成り立ちについて・・・。

人類の起源は、NHKスペシャル等でアフリカ大陸である事はわかりました。そして大陸へ散らばって行った。で、一つの起源から分かれた人類の祖先が行き着いた先でまた、新たな地を目指す。疑問は言語です。
当初、言葉・文字に代わるコミュニケーションが存在したのだろうと思われますが、言葉の発生の仕組みです。何故、国が違うと言語が違う・・・様になったのか、住む環境?最初の一言の違い?。起源が一つならその後、どこに住もうが、言葉の進化も同じなのではと・・。知能の発達が違う?。温帯地方は先駆け?んん~始めの言葉。そんなに、世界で違っていたのか。簡単にズバット・・知識ある方、お願い致します。

Aベストアンサー

言語の起源について、簡単にズバッと。。。は、とても難しいと思いますが・・・

No1 さんのご説明にとても感動しました(^^)
仮に人類の起源がひとつだとしても、言語の発達は確かに、その人類が散らばった先でのことであったでしょうから。

世界の言語の中には、歴史的に(主に地理的原因のためか?)同系統で、構造が似ているものもあれば、そうでないものも。大きくは「語族」というものに分けられています。日本語は、この中の「ウラル・アルタイ語族」に入りますが、その中でもすごく似ているとされているのが朝鮮(韓国)語です。(いや、もうひとつ、中央アジアの方の言語でもっと似ているとされるのがあったかもしれませんが、忘れてしまいました(^^;))
つまり、言語にも親類関係みたいなのがあり、その中でも、すごく近い(似ている)関係にあったり、それほどでもなかったり、があるということです。(日本語の中の各地の方言さえ、別の言語として数えようという研究者もいるとか。アイヌ語、琉球方言については別の言語として考えている方も多いようです。)

民族がたどり着いた先の土地の風土に、言語が影響されて発達したというのは正しいのではないか。例えばロシア語など寒い地方の言語には、(寒さのために)あまり口を開けなくても発音できる音が多いとされていますし、逆に南方の言語には明るい音が多い、など。

人の移動によって言語が他の言語と混ざり合うだとか、影響を受けて変化して行く、などというのはよくあることです。

「国」というのは、言語や宗教によってひとつ、あるいは複数の民族が作った政治的なまとまりで、当然言語よりは後に来る人為的なものだと私は理解しているのですが。

これだけの時間と、人の移動を経てきて、今のように様々な言語が存在すること、私には至極自然に思われます。外国語学習には苦労しますけれどね(^^;)

あまりお答えになってないかもしれず恐縮ですが。

言語の起源について、簡単にズバッと。。。は、とても難しいと思いますが・・・

No1 さんのご説明にとても感動しました(^^)
仮に人類の起源がひとつだとしても、言語の発達は確かに、その人類が散らばった先でのことであったでしょうから。

世界の言語の中には、歴史的に(主に地理的原因のためか?)同系統で、構造が似ているものもあれば、そうでないものも。大きくは「語族」というものに分けられています。日本語は、この中の「ウラル・アルタイ語族」に入りますが、その中でもすごく似ているとされて...続きを読む

Q原爆・長崎・広島の被害者数は一体どれくらいなんでしょうか。

鳥インフルエンザ、新型(鳥)インフルエンザが流行してしまった場合、最悪の事態の予想を、新型インフルエンザ対策検討小委員会が明らかにしたという数値をみて、死者、患者共にその数の多さに驚きました。あくまで最悪の場合の予想とはいえ、ものすごい惨事であると思いました。そこで、生物兵器という言葉を思い出しました。兵器には核兵器もあると。そこで気になりました。原爆・長崎広島の被害者数はどれくらいなんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

広島は当時人口42万人、死者、行方不明合わせて
12万2338人、長崎は、人口24万人、
死者、行方不明合わせて7万3884人と言われています。

被爆後5年間の間に広島で20万人、長崎で14万人
です。

Q創価学会って実際、なんですか?(長文です)

婚約した途端、彼に家族全員創価学会だと告げられました。

隠されていた事がかなりショックでしたし、私は創価学会についてよく知りません。
でも、結婚するなら入信するよう、彼の家族は言っています。

私がショックで、彼が脱会してくれなければ、結婚をやめるというと、しょうがないね、と言われました。
彼は熱心な学会員ではないらしいのに、です。

私の家族は浄土真宗(一応)ですが、彼が創価学会ということについても何も反対していません。

ただ、友人知人が、もし私が入会するなら、私とはもうつき合えない、と言います。人に聞いてみても、創価学会に対して良い感情を持つ人はいないようです。

私自身、学会には色々矛盾を感じています。
でも、彼にそこを聞いても、世間の間違った思い込みだと言われます。

私は仏教には関心があるのですが、創価学会も仏教なんですよね?
それなのに、私には学会員が何を信仰して、何を目的としているのか
さっぱりわかりません。
学会員に聞いても、よくわかっていないようなのですが…
しかも仏教の教えについて批判さえしています。

それでは、創価学会とは一体なんなのでしょう?

そして、どうして非学会員のほとんどが学会を毛嫌いするのでしょう?

学会の方、非学会の方、両方の意見が聞きたいです…

婚約した途端、彼に家族全員創価学会だと告げられました。

隠されていた事がかなりショックでしたし、私は創価学会についてよく知りません。
でも、結婚するなら入信するよう、彼の家族は言っています。

私がショックで、彼が脱会してくれなければ、結婚をやめるというと、しょうがないね、と言われました。
彼は熱心な学会員ではないらしいのに、です。

私の家族は浄土真宗(一応)ですが、彼が創価学会ということについても何も反対していません。

ただ、友人知人が、もし私が入会するなら、私と...続きを読む

Aベストアンサー

困りましたね・・・
現在私は学会員ではありませんし、過去会員だったこともありません。そもそもが宗教自体に頼ろうとは思っていないので、将来も恐らく入信しようと思うことはないでしょう。
ただ、過去自分が担当していた仕事上のお付き合いから、中央のかなりの地位の方々や地方組織の然るべき方、また一般の会員の方々に至るまで、様々なお立場の方々を存じ上げておりましたので、投稿させていただきました。
仕事でしたので、かなり冷静に見つめてきたつもりです。
長くなりそうですが、お付き合いください。

創価学会は日蓮正宗各寺の信徒団体(各寺檀家の、寺をまたいだ横のつながり)だったものが、異様に大きく膨れたものです。本来の教義についてはNo.5様のおっしゃるとおり、オウムのような悪い考えではありません。どちらかというと、むしろ世界の平和を求めている宗教です(と、彼らは言っています)。
歴史的にはそもそも「日蓮」自体が排他的だったそうですし、「日蓮正宗(大石寺)」は「日蓮宗(身延山)」と袂を分かち日蓮の教えを正しく受け継いだはずですが、本来、日蓮正宗寺院の檀家であった創価学会は本山(大石寺)のご僧侶とも袂を分かち、もう10年位前に破門になっています(学会の仕切る葬儀には僧侶がいません)。
つまり、本来の日蓮正宗からも離れ、特定の個人崇拝になって、ますます排他的・独善的になっているということです。

私は仕事上のお付き合いでしたので、部外者の目で内部のことを見聞きする機会がとても多くありました。守秘義務がありますので、ここでその一つひとつを例示するわけには参りませんが、特定の個人とその周辺を中心にした組織の仕組みには、私個人としては首肯できないものがありました。No1様のおっしゃる「巨悪」が真実かどうかは存じませんが、さもありなんと思うところがあるのは確かです。

逆に、日常生活レベルではいいこともあります。
毎日朝晩、正座して背筋を伸ばして腹から声を出してお題目(南無妙法蓮華経)を唱えれば、冬場に風邪を引きにくくなる程度のご利益はあるのではないでしょうか。まぁこれは冗談です。
学会では地域の会員達の集まり(各地の「会館」で行われるものと、もう少し狭い範囲の「地域の世話役」の自宅で行われるものとがあります)が頻繁に行われます。
組織も年齢、性別や職業(学生・主婦含む)で複合的になっていますので、複数の会合に出席することもあるようです。
昨今隣近所のお付き合いも減り、また、2世代3世代が一緒に暮らす大家族ではなくなりましたので、年寄りの知恵の伝承もなされず、例えば子育てをするヤングミセスにも苦労が多いと聞きますが、学会の地域での会合に出ることにより、フラストレーションが解消される、例えば子育ての先輩の知恵が伝承される、困った時に助け合える、何よりも同じ価値観を持つ仲間がいるなど、町内会やご近所付き合い的な効果により、彼らはとても明るい生活を送っています。

学会員は、それぞれ「仕事」と「家庭」の他に、地域社会でも熱中できる対象を持っているわけですから、それはそれで幸せなんだろうな、ちょっとうらやましい人生かもしれないな、などとふと思うことがあります。

これを、「だまされている」というのは簡単です。でも、これが宗教なのです。
創価学会に限らず宗教は皆そうなのですが、信じない人から見れば全く理解できません。価値の尺度が異なるので、私たちの判断基準と合わないのです。
インチの物差し(学会)とセンチメートルの物差し(一般)ではゼロ以外に一致する個所はありません。
偶然2本の定規の線がそろう所もあります。そこが一般社会との窓口です。
ですが、ゼロからの長さは同じでもインチとセンチですから、お互いに相手の尺度で測らなければ、やっぱり何だかよくわからないのです。
お香典を全部持っていってしまうのも、インチの世界に入って見れば、地元組織として一種の互助会的に対応していると言い換えることも出来ます。

一般に毛嫌いされるのは、「あなたのため」と、学会の考えを強要するように感じさせるからです。実は彼ら一般会員は善意なのですが、センチの領域に入ってこようとしないからです。
これは最初に書いた日蓮自体の排他的な歴史の流れと、第二次大戦中の弾圧への反動もありますが、昭和40年代ごろの全国的に行われた強引な折伏(これにより大きな組織になった)が、「学会は・・・」という評価を定着させてしまったことが大きいでしょう。

試しにインチの世界に入って見れば(1~2ヶ月一緒に活動して見れば)ひょっとすると何か分かるかもしれません。
ただ、No1様ご指摘のような、裏と表までは見分けられないでしょうが・・・
いやなら戻ってこられるうちに戻ってくればいいのですが、おそらくその時は彼とはお別れしなければなりません。きっと「金縛り」から逃れる時のように、思い切った動きが必要でしょうから・・・。みんな良い人たちだし、結構楽しいし、このままでいいやと思えば、あなたには新しい世界が開ける代わりに、今のお友達とは縁遠くなる可能性があります。

今の状態のままで結婚なさっても、ご両親が熱心な学会員であればいつかは入信することになるか、さもなければ価値観の相違に耐えられなくなるかのいずれかのような気がします。

困りましたね・・・
現在私は学会員ではありませんし、過去会員だったこともありません。そもそもが宗教自体に頼ろうとは思っていないので、将来も恐らく入信しようと思うことはないでしょう。
ただ、過去自分が担当していた仕事上のお付き合いから、中央のかなりの地位の方々や地方組織の然るべき方、また一般の会員の方々に至るまで、様々なお立場の方々を存じ上げておりましたので、投稿させていただきました。
仕事でしたので、かなり冷静に見つめてきたつもりです。
長くなりそうですが、お付き合いくだ...続きを読む


人気Q&Aランキング