『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

精神障害者保健福祉手帳と障害年金(基礎年金、厚生年金)の受給に関して

私の状況で、手帳と障害年金の受給が可能かどうか、みなさまのご意見をいただきたく、
投稿しました。ご教示いただければ幸いです。よろしくお願いします。

◆状況
・今年の6月にうつ病と診断されました。
・現在、フルタイム勤務ができず、休みをもらっている。じょじょに
 フルタイム勤務に戻していければと思っている。
 (主治医からはもっと静養が必要だと言われています)
・1日中横になっており、食事などもままならない状況。
・出社する場合は、時短勤務・残業制限となっている。
・服用している向精神薬は、トフラニール、ジェイゾロフト、ソラナックス
 ドグマチール、ミオナール。
・睡眠薬は、ハルシオン、メイラックスを服用中。


◆精神障害者保健福祉手帳に関する質問
?このような状況で手帳を申請して承認いただけるものでしょうか?
 ちなみにこのレベルだと何級が相当しますか?
?障害者手帳を入手することで何かデメリットが発生するのでしょうか?
?会社を辞めるつもりはないのですが、そのような状態で手帳をいただくこ
 とはできるのでしょうか?

◆障害年金(基礎年金、厚生年金)に関する質問
まだ1年半経過していませんが、今後同様の状況が続いた場合を想定しての
質問です。
?フルタイム勤務しながら、障害年金を受給することは可能なのでしょうか? 
 その場合、2級または3級どちらの取得が可能でしょうか?
?障害年金を受給することで、勤務先に対してや、社会的なデメリットが
 発生しますか?
?障害年金受給に関して、所得制限はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

障害年金についても、精神障害者保健福祉手帳と同じく、


お書きになられている状況だけでは、こちらとしては判断が困難です。
安易な言及は不適切になりますので、言及しません。
以下を参照して、自分なりに障害年金における基準を理解した上で、
医師やソーシャルワーカー(精神保健福祉士など)、
社会保険労務士(うち、障害年金に精通している方)にご相談下さい。

国民年金・厚生年金保険障害認定基準
<参照手順>
1.厚生労働省法令等データベースシステムにアクセスする
 http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/
2.通知検索 ⇒ 本文検索へ
3.検索語設定で「国民年金・厚生年金保険障害認定基準」とする
4.検索実行
5.検索結果の「国民年金・厚生年金保険障害認定基準について」参照
6.ページ移動で「03」ページの後半以降を参照すること

精神の障害による障害年金の場合は、最低限、
 労働が制限を受けるか、
 又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有する
ということが認定要件です。

フルタイム勤務が可能な場合には、
この認定要件を満たさないことも考えられますので、
その点は踏まえておいて下さい。

障害年金を受給することによるデメリットはありません。
会社に知られることもなく、また、自ら言う必要も全くありません。
(手帳以上に、デメリットがきわめて少なくなっています。)

障害年金は、半永久的な受給が保証されるものではありません。
通常、永久固定(障害の状態がもう変わらない、とされること)以外は
2~5年毎(人により異なる)に診断書の提出が必須で、
それをもって更新し、更新以後の受給継続の可否が決められます。
障害の程度が「障害年金を受給するに値しない」とされれば、
再び障害が重くなるまでの間は、支給がいったん停止されます。

障害年金の場合、問題は、
初診日における加入年金制度と、初診日前の保険料納付状況です。
特に、保険料納付要件(3分の2要件・直近1年要件)が未達成だと、
どんなに障害が重くても受給できません。

したがって、こちら(保険料納付状況)の確認が先です。
いまの納付状況ではなく、あくまでも初診日前の状況を調べます。
学生納付特例や免除を受けた場合、
あるいは、それらの手続きを怠った結果で未納となっていた場合は、
特に見落とされがちなので、十分に注意して下さい。
社会保険事務所の窓口に出向いて、簡単に照会することができます。

一方、初診日が厚生年金保険加入中でなければ
障害基礎年金しか受給し得ず、障害基礎年金には3級がないため、
障害程度が3級相当では、1円も受給することができません。

初診日が20歳前のときに限っては、所得制限も生じます。
また、障害基礎年金しか受給することができません。
(初診日が20歳以降であれば、一切の所得制限は生じません。)

その他、障害年金のしくみは非常に複雑なため、
少ない情報だけでは何とも申しあげられません。ご了承下さい。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

初回のご回答含め、お礼が遅くなりましたことを重ねてお詫び申し上げます。

先日、春先まで仕事は控えた方がよいという診断を受けましたので、手帳申請にむけて
準備を進めていきたいと思います。

お礼が遅くなりながら、こういった質問をさせていたくことをご容赦ください。
質問時の自分の症状では、状態の判断が難しいというアドバイスをいただきましたが、
今後精神福祉士等に相談する際に、追加で伝えるべき情報としてどういったポイント
がありますでしょうか?
ご教示いただければ幸いです。

お礼日時:2009/12/31 23:37

ご質問の件ですが、それぞれに国の定めた認定基準があります。


(手帳と障害年金の基準はそれぞれ別個で、連動もしていません。)

まず、手帳ですが、お書きになられている状況だけでは、
こちらとしては、該当するであろう等級の判断は困難ですし、
また、安易に言及することも不適切だと思いますので、言及しません。
以下を参照して自分なりに基準を理解した上で、
医師やソーシャルワーカー(精神保健福祉士など)にご相談下さい。

精神障害者保健福祉手帳 障害等級判定基準
http://normalife.city.suginami.tokyo.jp/suginami …
http://town.biei.hokkaido.jp/biei/d_hoken/s_fuku …

精神障害者保健福祉手帳 障害等級判定基準 運用事項
http://www.pref.shimane.lg.jp/life/fukushi/syoug …

通常、手帳を持ってもデメリットはないものとされています。
手帳の表紙にも「精神障害者」という文字は表記されません。

なお、身体障害者や知的障害者と異なり、
手帳による「公共交通機関運賃割引制度」の対象にはなりません。
(一部の地方自治体では、独自に公営交通の割引制度を設けています)

手帳には、有効期限があります。
2年に1度、診断書を提出した上で更新する必要があります。
半永久的に手帳を持てる、というわけではありません。
(身体障害者や知的障害者の手帳との、大きな違いです)

会社勤務の継続の有無と手帳取得の可否とは、直接は無関係ですが、
フルタイム勤務が可能になれば「労働に何らかの制限を要する」という
障害要件にあてはまることがなくなってくるため、
更新時に「手帳はもう交付されなくなる」という可能性があります。
その点は十分に踏まえておいて下さい。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。
懇切丁寧なご回答をいただきありがとうございます。

先日医師に相談したところ、精神障害者保健福祉手帳の申請をするなら診断書を作成する
ことに同意してくれました。ただ、手帳の等級と障害者年金の等級の関係性がないとは
いえないという内容をネットで見たこともあり、現在の自分の症状や自分の状態と類似
するケースで、2級・3級のいずれの場合があったかを知りたいところです。

手帳も年金も収入は関係なさそうなので、休職期間だったり、働いたり休んだりの繰り返し
だったりというところをどう見られるか、という部分について、精神福祉士さんなどに
相談してみたいと思います。

ご返信が遅くなりましたことを深くお詫び申し上げます。
ご回答いただきまして、本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/12/31 23:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q障害基礎年金と精神障害者保健福祉手帳について

1,障害基礎年金には1級、2級とあるみたいですが、それは障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)1級、2級、3級と関係しているのでしょうか。手帳が2級なら年金も2級、手帳が3級だと年金はもらえないだとか。

2,障害者手帳を持っていなくても障害基礎年金をもらうというパターンはあるのでしょうか。

3,障害者手帳の申請と障害基礎年金の申請は別なのでしょうか。それとも手帳を申請すると勝手に年金が付いてくるのでしょうか。

以上3点よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Q1.
障害基礎年金には1級、2級とあるみたいですが、それは障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)1級、2級、3級と関係しているのでしょうか。手帳が2級なら年金も2級、手帳が3級だと年金はもらえないだとか。

A1.
いいえ。
根拠法と障害認定基準が全く別々なので、両者の等級は連動していません。
但し、障害基礎年金・障害厚生年金の障害等級が既に決定済みであることを前提として、年金の障害等級から手帳の障害等級を決めることができます(等級が同じになります)。
「年金証書等の写しによる精神障害者保健福祉手帳の障害等級の認定事務について」(平成7年9月28日 /健医精発第59号)という国の通達が根拠です。

一方、この逆はできず、手帳の障害等級から自動的に年金の障害等級が決められることはなく、年金が自動的に支給されることもありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q2.
障害者手帳を持っていなくても障害基礎年金をもらうというパターンはあるのでしょうか。

A2.
ごく普通にあります。
障害認定基準が全く別々ですから、年金の障害認定基準を満たせば年金の受給につながります。
つまり、手帳を持っている・持っていないということは、年金の受給とは直接関係しません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q3.
障害者手帳の申請と障害基礎年金の申請は別なのでしょうか。それとも手帳を申請すると勝手に年金が付いてくるのでしょうか。

A3.
全く別々の手続きになります。
手帳のほうは初診日から6か月経過後に申請可能で、有効期限(手帳の有効期間)は2年(更新可能)です。最寄りの市区町村の障害福祉担当課や保健所に問い合わせて、手続きして下さい。

一方、年金のほうは、初診日から1年6か月後に請求可能です。
原則として、初診日から1年6か月後から1年9か月後までの期間の実際の受診時の障害の状態を、当時診察した医師から診断書に書いてもらって請求します。
但し、障害の状態のほかに、次のような要件を満たす必要があります。

(1)初診日時点のカルテが現存しており、当時の受診機関で初診日を証明してもらえること
(2)最低限、初診日のある月の2か月前から13か月前までの1年間に、年金保険料の未納が1か月もないこと(あるいは、この期間すべてが免除済みとなっていること)
(3)原則として、初診日の時点で公的年金制度(国民年金、厚生年金保険)の被保険者であること

年金は、初診日の時点で国民年金だけに入っていたのなら、市区町村の国民年金担当課が手続きの窓口です。障害基礎年金だけしか受給の可能性はありません。
また、20歳前の何1つ公的年金制度に加入していないときに初診日がある場合(いわゆる先天性障害など)も同じです。
一方、初診日の時点で会社などで働いていて厚生年金保険にも入っていたのなら、手続きの窓口は最寄りの年金事務所になります。このときだけ、障害厚生年金も受けられる可能性が出ます。
受給が決まれば、年金は基本的に有期認定なので、1年から5年までのいずれかの有効期間(更新可能)が決められます。認定の終期にはあらためて診断書を提出することが義務づけられており、その更新時診断書(障害状態確認届といいます)によってその後の年金の等級・支給継続の可否が決められます。

なお、既に説明しましたが、手帳と同時に自動的に年金が付いてくる、ということはありません。
したがって、両者で手続き方法・手続き窓口が違うばかりでなく、診断書様式なども違います。
 

Q1.
障害基礎年金には1級、2級とあるみたいですが、それは障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)1級、2級、3級と関係しているのでしょうか。手帳が2級なら年金も2級、手帳が3級だと年金はもらえないだとか。

A1.
いいえ。
根拠法と障害認定基準が全く別々なので、両者の等級は連動していません。
但し、障害基礎年金・障害厚生年金の障害等級が既に決定済みであることを前提として、年金の障害等級から手帳の障害等級を決めることができます(等級が同じになります)。
「年金証書等の写しによる精...続きを読む

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。

Q精神障害者手帳3級:住民税・所得税の減額について

はじめまして。
私は、23年6月に障害者手帳3級の交付を受けた者です。
 私のケースで、住民税・所得税の減額が受けることができるのか、ご教授いただければと思いまして質問をさせていただきました。
 私は、大阪府に在住しております。
 各市町村によって、差異があるのかはわかりませんが、交付時に渡された「福祉のあらまし」という障害者手帳全般についての、サービス内容が書かれている冊子があるのですが、抜粋して下記のように記載されていました。

【所得税の控除】
●障害者控除:本人・控除対象配偶者・扶養親族が障害者・児
 [所得控除額]1人につき27万円

【住民税の控除等】
●障害者控除:所得税と同じ
 [所得税控除額]1人につき26万円
●医療費控除:所得税と同じ
 [所得控除額]所得税と同じ
※本人が障害者で前年の合計所得が125万以下の方→非課税
 本人が障害者で前年の合計所得が150万以下の方→減額・免除の制度があります

と記載がありました。

1.現在私は就業をしております。
2.就業時に書類を提出するときに「扶養控除等申告書」には、障害者控除の個所はなにも書かずに提出しています。(交付前でもあり、会社には障害者であることを隠して就業しているため)
3.現在の額面としての収入額は20万です。ですので、単純計算で20万×12ヶ月で240万の収入があることになります。
4.前年度所得としても、18万×12ヶ月で216万はあります。
5.23年6月現在、前年度所得に応じた住民税の納付書が普通徴収として送られてきています。

この現状で、精神障害者3級としてのなんらかの控除を受けることはできるのでしょうか。
もしできるとするならば、どのような方法、手続きの流れになるのでしょうか。

私が、判断するに住民税の減額・免除は受けることができないと判断しています。
収入がある為、申し出ても減額対象にはならないと思っています。

気になっているのが、所得税の控除なのですが、「会社にばれず控除が適応させることができるのか」という点です。現状のまま(会社に障害者であることを明かさず)で就業をし、年末調整が会社から入ります。その後、確定申告時に自ら出向き、障害者控除適応をさせる手続きをしたいと申し出て、修正申告をするという方法が可能なのか。と悩んでいます。
 しかし、修正申告をする=会社に内容が通達されるとなるのであれば、所得税の控除もできないということになるのではないかと考えています。

 あと、最後の質問ですが、もし住民税や所得税控除が適応できるのであれば、適応タイミングとしてはいつからになるでしょうか。現在既に届いている、前年度の所得を元に算出された住民税は、今申請しても適応にはならないですよね。交付日が6月であるということから、どのタイミングになるのか。気になっています。

長文になってしまい、申し訳ございません。
要約しますと、
1.所得税・住民税の控除を受けることができるのか。
2.もし、適応が可能なのであれば、いつからになるのか(現在来ている住民税の減額は可能か)
3.修正申告で、所得税の控除を受けることができるか、また、会社にばれることはないか
4.処理の手続き、流れはどのようになるのか

税金・福祉関係にお詳しい方いらっしゃいましたら、ご教授ください。
よろしくお願いいたします。

はじめまして。
私は、23年6月に障害者手帳3級の交付を受けた者です。
 私のケースで、住民税・所得税の減額が受けることができるのか、ご教授いただければと思いまして質問をさせていただきました。
 私は、大阪府に在住しております。
 各市町村によって、差異があるのかはわかりませんが、交付時に渡された「福祉のあらまし」という障害者手帳全般についての、サービス内容が書かれている冊子があるのですが、抜粋して下記のように記載されていました。

【所得税の控除】
●障害者控除:本人・控除対象配偶...続きを読む

Aベストアンサー

私も全く同じケースでした。

1、所得税・住民税の控除は受けられます。
2、今年度分から適応されます。
3、修正申告(確定申告)で控除を受けることもできます。ただし、会社にばれます。
4、確定申告に手帳を持って行って、精神障害者控除を受けると言えばよいです。

私も、控除を受けたいけれど、会社にはバレたくなかったので、色々と考えました(役所に相談にのってもらいました)。区役所(東京なので)に3回。税務署に3回相談に行きました。
「今年度分ではなく、2年たってから、2年前の分として控除してもらう。2年後の6月以降に控除申請をすればよいのではないか」みたいな裏ワザ的なアイデアも、某役所からでました。ところが、税務署によると控除申請は2年後の3月末までにしなくてはならないので、そのアイデアは現実的に無理だと言われました。
結局、どんな方法を使ったとしても、会社には「精神障害者控除がなされた」という連絡(?)が行ってしまうようです。

ただ、所得控除が27万円。住民税控除が27万円。
仮に、それぞれ10%ずつ返ってきたとしても、両方で5万4千円にしかなりません。(←これも役所の人に言われた)
5万円をもらうために、会社に精神障害者手帳を持っている者だとばれるのは嫌なので、私は控除を受けるのをやめました。

私も全く同じケースでした。

1、所得税・住民税の控除は受けられます。
2、今年度分から適応されます。
3、修正申告(確定申告)で控除を受けることもできます。ただし、会社にばれます。
4、確定申告に手帳を持って行って、精神障害者控除を受けると言えばよいです。

私も、控除を受けたいけれど、会社にはバレたくなかったので、色々と考えました(役所に相談にのってもらいました)。区役所(東京なので)に3回。税務署に3回相談に行きました。
「今年度分ではなく、2年たってから、2年前の分として控除...続きを読む

Q精神障害者保健福祉手帳2級の障害者加算について

都内市部在住40代男性です。
精神障害者保健福祉手帳2級を明日になりますが、取得します。
そこで、今生活保護を受けているのですが、ケースワーカーさんに
以前聞いた話しでは障害者加算がつく旨の助言をいただきました。

どこを見ても、「障害者加算がつく場合がある」ということしか載っ
ていないので、2級の場合、実際にいくらぐらい加算されるのかが知
りたいです。

また、次の生活保護の受給日が6月5日なのですが、その日に手帳
を出した場合にすぐに受給の中に加算されるというわけではない
ですか?それとも審査後に翌月あたりから加算されるのでしょうか?

現在、無職でほとんど何もすることができない状況になっています。
両親も年齢が高齢になり、年金でなんとかやっている状況です。
私は今日は調子がまあまあなので、質問させていただきました。

ご存知の方、具体的に教えていただけたら幸いでございます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.bk1.co.jp/product/2696577
生活保護については、この本が大変頼りになります。
ケースワーカーはこれを基準に仕事をしています。
生活保護受給者も、この本を手に入れれば、制度のことが良く分かると思います。
Q&Aも多く載っていますので、分かりやすいです。
毎年夏に新年度版が発売されます。現在は2007年度版は発売していません。

さて、障害者加算についてですが、精神障害2級の場合は、身体障害3級と同額ですので
1級地で17,890円
2級地で16,650円
3級地で15,400円 の加算となります。

これは、生活保護手帳の178ページに書いてあります。
(基準額は、平成18年度と19年度では同額と聞いています。少なくとも3級地は同額です。)


いつから加算が付くかという事ですが、
通知では「それらの事由の生じた翌月から加算に関する最低生活費の認定変更を行うこと」とあります。
解釈は、ケースワーカーさんにもよりますが、私なら4月から加算しますが、どうでしょうか。

級地については、下記を参照してください
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E5%AE%85%E6%89%B6%E5%8A%A9

http://www.bk1.co.jp/product/2696577
生活保護については、この本が大変頼りになります。
ケースワーカーはこれを基準に仕事をしています。
生活保護受給者も、この本を手に入れれば、制度のことが良く分かると思います。
Q&Aも多く載っていますので、分かりやすいです。
毎年夏に新年度版が発売されます。現在は2007年度版は発売していません。

さて、障害者加算についてですが、精神障害2級の場合は、身体障害3級と同額ですので
1級地で17,890円
2級地で16,650円
3級地で15,400円 の加算とな...続きを読む

Q精神障害による障害基礎年金2級、今後も継続して受給できるでしょうか?

障害基礎年金2級、今後も継続して受給できるでしょうか?

統合失調症で現在家でぶらぶらしている27歳の息子を持つ父親です。1年4ヶ月ほど入院し、今年3月に退院し、通院しています。入院中に国民年金の障害基礎年金を申請し、2級と裁定され、受給中ですが、次回診断書提出の時に障害等級非該当と裁定されて、受給できなくなったりはしまいか、と心配しております。
といいますのは、入院中に国民年金の障害基礎年金を申請した時の状態にくらべて、退院後の現在はかなり症状が安定しているからです。しかし、症状が安定しているとはいえ、一般就労については望むべくもない状態です。
といいますのは、幻覚や妄想などの陽性症状は減退しているものの、意欲や自発性の低下など、就労や日常生活にきわめてかかわりの深い陰性症状は依然として強くのこっているからです。
精神障害による障害年金の2級というのは「一般就労が無理であって、かつ医学的な管理が常時ではなくとも、随時必要な程度の状態」ときいているのですが「医学的な管理が常時ではなくとも、随時必要な程度の状態」とはどんな状態なのでしょうか。入院していれば、医学的な管理が必要な状態ということははっきりしていると思うのですが、通院していて、精神障害による障害基礎年金の2級に該当するような状態、とはどんな状態なのでしょうか。
また、現在デイケアにかよっていますが、共同作業所に通えるようになった場合、年金の受給に不利に作用することはないでしょうか?

障害基礎年金2級、今後も継続して受給できるでしょうか?

統合失調症で現在家でぶらぶらしている27歳の息子を持つ父親です。1年4ヶ月ほど入院し、今年3月に退院し、通院しています。入院中に国民年金の障害基礎年金を申請し、2級と裁定され、受給中ですが、次回診断書提出の時に障害等級非該当と裁定されて、受給できなくなったりはしまいか、と心配しております。
といいますのは、入院中に国民年金の障害基礎年金を申請した時の状態にくらべて、退院後の現在はかなり症状が安定しているからです。し...続きを読む

Aベストアンサー

 NO2です。
 一応説明します。
 年金は1年更新です。医者には、アルバイトをしていることは説明しています。しかし、診断書には、そのことについて、書かれていませんが。
 しかし、そういうこと以前に、「1年4ヶ月」も統合失調症で、入院していた人が、一回も更新されないまま、年金を打ち切られてしまうことは、当事者の立場からすると、ほぼ、ありえないです。
 
 この病気はそんなに簡単に治る病気ではないです。

 本には、「陽性症状は、数週間から数ヶ月程度、陰性症状は、数年から、一生涯」治るのに、かかる、と書かれています。
 私は、これを、軽めに、書いているのではないか、と疑っていますが。しかし、あなたの息子さんは、それよりも、陽性症状が長く続いているということですから、それよりも、陰性症状が長く続くと、推定することは、自然なことだと思います。

 よく統合失調症の予後について、書いた資料がありますが。
 http://www.mental-navi.net/togoshicchosho/rikai/keika.html
 「20~30年後の長期予後」と書かれています。
 つまり、それぐらい、治らない病気だということです。
 (うつ病は、治る可能性があるとされているので、正式には、障害年金の対象にはなっていませんが。躁鬱病は一生薬を飲まないといけない病気なので、障害年金の対象になっています。統合失調症は、そこまでいかないけれども。それに近い病気であると、考えられている訳です。http://www.fukushi-hoken-nobeoka.jp/bunya/syougai/seishin_syogainenkin.html)
 
 作業所も、大抵の人は、数年単位(それ以上かな)で、通っています。つまり、障害年金とは、収入源のない、精神障害者に、給料的なものを、補填する意味合いがあるのだと思います。
 まあ、正直言って、デイケア数年、作業所数年、でも、私は、普通だと思いますが。一般的に、男性の方が、予後が、悪いですしね。
 地域生活支援センターにも、40代、50代の、男性が、ごろごろいます。(多分、大抵、無職です)あんまり、革命的に、陰性症状がなくなることを期待しない方が、無難です。陽性症状は、薬が効きやすいですが、陰性症状には、あまり薬は効かないと、されていますので。(もちろん、医者も、こういうことは、知っているので、あんまり、次回提出する、診断書の心配はしないで良いと思います)

 NO2です。
 一応説明します。
 年金は1年更新です。医者には、アルバイトをしていることは説明しています。しかし、診断書には、そのことについて、書かれていませんが。
 しかし、そういうこと以前に、「1年4ヶ月」も統合失調症で、入院していた人が、一回も更新されないまま、年金を打ち切られてしまうことは、当事者の立場からすると、ほぼ、ありえないです。
 
 この病気はそんなに簡単に治る病気ではないです。

 本には、「陽性症状は、数週間から数ヶ月程度、陰性症状は、数年から、一生...続きを読む

Q精神障害者年金について

精神障害者年金を申請しようとおもってます。
申請にはどこへ行けばいいですか?
また必要な書類すべてを教えていただけませんか?
ちなみに加入しているのは国民年金のみです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
簡潔で的確なお返事をありがとうございます。

さて。
まず最初に、初診日をカルテなどに基づいて医師に確認・証明してもらう必要があります。
これを「医証」と言いますが、障害年金の裁定請求(受給申請のことです)の際には最も大事なものです。
つまり、すべては初診日の確定から始まるのです。
言い替えると、自分で「○年△月だったと思う」というのではダメですよ。

初診日が30歳で、そのときには国民年金にしか加入していなかった、ということですので、受給要件は以下のとおりとなります。
以下の3つの条件のすべてを満たさなければなりません。
なお、質問者の場合は、障害年金のうち、「障害基礎年金」の受給を考えることになります。

【受給要件】

▼ 1 国民年金加入期間中に初診日があること

実は、厚生年金保険に加入している期間(被保険者期間)は、国民年金にも加入している扱いになります。
(厚生年金保険の被保険者は第2号被保険者、と言います)
もし、厚生年金保険加入期間内に初診日がある場合には、「障害基礎年金」ではなく「障害厚生年金」のほうで考えることになります。
その違いには十分留意して下さい。
なお、回答は「障害基礎年金」であるとして進めます。

▼ 2 一定の障害の状態であること

年金法でいう障害の状態(1級又は2級)にあたるかどうかを見ます。
ここでいう「障害」とは、障害者手帳の等級とは全く無関係です。
初診日から1年6か月経った日を障害認定日といい、この時点で「障害の状態」にあるかどうかが審査されます。

障害認定日の時点で裁定請求をするわけですが、これを「本来請求」と言います。
言い替えると、初診日から1年6か月以上経たなければ、裁定請求をしてもムダです。

障害認定日に1級又は2級に該当しなくても、その後65歳になるまでの間に悪化して1級又は2級に該当すれば、その時点で裁定請求ができます。
こちらは「事後重症請求」と言います。

▼ 3 一定期間以上、国民年金保険料を納付(免除期間を含む)していること

初診日の属している月の前々月までに
国民年金の加入期間(厚生年金保険の加入期間も含む)が1か月以上あり、
その加入期間(被保険者期間)の3分の2以上について
保険料を実際に納付済であること
が必要です。
免除期間を含みます。
但し、あとから未納分を遡って納めた期間(追納、と言います)は含めません。

初診日の時点で65歳未満であれば、
初診日が平成28年4月1日までの場合に限って、
上記の納付要件を満たしていなくても、
初診日の前日を基準として、
その初診日が属している月の前々月までの過去1年間のうちに
保険料をすべて納付済(条件は先述したものと同じ)
ならばOKです。


上記1~3をすべて満たしていれば、裁定請求を進めることになります。
ただ、最も問題になるのが2です。
精神疾患の場合は、病状をどのように医師が判断するかによって、障害年金を受給できるか否かが大きく分かれます。

医証(受診状況等証明書による)と同時に医師に診断書(障害年金受給のための所定の様式による診断書)を書いてもらうことになります。
ですが、正直申し上げて「ほぼ寝たきりで何もできない」というかなり深刻な症状でなければ、まず2級には該当しません。
ただ単に「うつ病である」とか「幻聴などが見られ就労不能である」というだけでは不十分なのです。
ですから、あらかじめ「相当厳しい!」ということだけは覚悟しておいて下さい。
医師やPSW(精神科のソーシャルケースワーカーや精神保健福祉士のこと)とじっくり打ち合わせを済ませた上で裁定請求を行なって下さい。

裁定請求の際に提出を要するのは、基本的には以下のとおりです(認印を持ってゆくのを忘れずに)。
その他にも、こまごまとしたものを要する場合がありますが、必要不可欠なのは以下の5つです。

イ.受診状況等証明書 … 医師が書く
ロ.診断書(兼 裁定請求書)… 医師が書く
ハ.病歴・就労状況等申立書 … 2と整合性を持たせて、障害者本人が実に細かく書く必要がある
ニ.障害者手帳(持っている場合)
ホ.年金手帳又は基礎年金番号通知書

イ~ハについては、市区町村の国民年金担当課に出かけてゆけばもらえます。
あるいは、都道府県の社会保険事務所でももらえます。
但し、障害基礎年金なので、上記の提出先は市区町村の国民年金担当課です。
(障害厚生年金の場合には都道府県の社会保険事務所)

その他にもいろいろ知っておいていただきたいことが多いのですが、長くなりますので、おすすめのサイト(障害年金サポートセンター)を紹介しておきますね。

● 障害年金サポートセンター
http://www.syougai.jp/faq/index.html

そちらをまず見ていただいて、またわからないことなどがありましたら、あらためてお尋ね下されば幸いです。

参考URL:http://www.syougai.jp/faq/index.html

こんにちは。
簡潔で的確なお返事をありがとうございます。

さて。
まず最初に、初診日をカルテなどに基づいて医師に確認・証明してもらう必要があります。
これを「医証」と言いますが、障害年金の裁定請求(受給申請のことです)の際には最も大事なものです。
つまり、すべては初診日の確定から始まるのです。
言い替えると、自分で「○年△月だったと思う」というのではダメですよ。

初診日が30歳で、そのときには国民年金にしか加入していなかった、ということですので、受給要件は以下のとおりと...続きを読む

Q「精神障害者3級」の年金額は幾らになりますか?

妻と二人家族の50歳男性で、会社M&Aで年棒800万円でしたがリストラになり、うつ病を発症して「精神障害者3級」と認定されました。 年棒800万円でしたが「精神障害者3級」の年金額はおおよそ幾らになりますか? お分りになる方ご教示いただけましたら幸いに存じます。

Aベストアンサー

精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)が3級、ということですか?
であれば、障害者手帳の障害認定基準と障害年金の障害認定基準とは全くの別物なので、手帳が3級だからといって障害年金も3級になる・受給できる、とは限りません。

初診日(発症日や発病日ではなく、あくまでも、その疾病のために初めて医師の診察を受けた日です)の時点で厚生年金保険の被保険者であって、かつ、初診日から1年6か月が経過したとき(この日を障害認定日といいます)に障害年金の障害認定基準でいう3級の状態を満たすならば、障害厚生年金3級を受けられる可能性はあります。
障害認定日の時点の障害の状態が問われる、という点に注意して下さい。

ちなみに、障害者手帳のほうは初診日から6か月が経過していれば受けられるので、当然、障害年金との間で障害の状態を見る時期がずれてくる場合があります。
つまり、両者の間で、障害の状態が異なってしまうことが少なくありません。
だからこそ、障害者手帳を持っているからといって障害年金も受けられる、とは限らないのです。

厚生年金保険の被保険者月数(300月に満たないときは300月で計算)と、その期間における平均標準報酬額(早い話が、いままでに受けた給与等の平均額と思っていただいてかまいません)によって、障害厚生年金の支給額が決まってゆきますが、障害厚生年金3級には最低保障額(2級の障害基礎年金[国民年金/78万100円]の75%の額)があります。
平成27年度は58万5100円で、少なくともこの額以上が支給されます。

子の加算(障害基礎年金に付く)は、障害基礎年金1・2級も併せて受けられる「障害厚生年金1・2級」でなければ加算されません。
さらに、配偶者加給(障害厚生年金に付く)も、「障害厚生年金1・2級」でなければ加算されません。
したがって、障害厚生年金3級では、配偶者や子のあり・なしは一切無関係です(反映されません)。

精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)が3級、ということですか?
であれば、障害者手帳の障害認定基準と障害年金の障害認定基準とは全くの別物なので、手帳が3級だからといって障害年金も3級になる・受給できる、とは限りません。

初診日(発症日や発病日ではなく、あくまでも、その疾病のために初めて医師の診察を受けた日です)の時点で厚生年金保険の被保険者であって、かつ、初診日から1年6か月が経過したとき(この日を障害認定日といいます)に障害年金の障害認定基準でいう3級の状態を満たすならば...続きを読む

Q生活保護受給中での障害年金について

生活保護を受給しています。
自立支援受給者証あり、精神障害者手帳3級です。
保護課から、初診から1年半たっていて障害年金の対象なので、障害年金の申請をしてくださいと言われました。
いろいろサイトを見てみたのですが、いまいちよくわからなかったのでわかりやすく教えていただける方がいましたら回答よろしくお願い致します。

1.障害年金(精神)とは何でしょうか?

2.過去の分(さかのぼった分?)が振り込まれますが、振り込み用紙を送付するので、振り込まれた分の全額を振り込んでくださいと言われました。
これはどういう意味なのでしょうか?

3.障害年金を受給すると、生活保護費+障害年金が毎月支給されるということでしょうか?
生活保護費+障害年金であるとするならば、+の金額はいくらなのでしょうか?

以上ですが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1.障害年金は、初診日が、20歳以上のときは、一定の年金の納付要件(免除でも可能)を満たすとき、初診日が20歳未満の時は20歳から、一定の障害(身体・精神)を持つ人に支給される年金です。
身体の場合は、一度通常1,2級になると軽快することはない。(切断した足が生えてきて治ったり、心臓ペースメーカーを入れた人が取って暮らせるようになることは今のところない)ので一度年金や手帳をもらうと一生モノですが、精神の場合は軽くなると年金が停止になることがあります。
ちなみに精神の場合は今、精神福祉手帳といいます。

手帳の級と年金の級はかならずしも一致しません。
障害基礎年金は2級までですが、障害厚生年金は3級まであります。
また、精神は身体と違い、手帳は3級までしかありません。
生活保護では、1,2級は障害者加算が付きますよね。

3.保護費(支給額)は、基本は最低生活費と収入認定額の差です。
最低生活費が月15万で年金が月10万なら月5万が保護費です。
ただし、3級だったのが2級になれば、障害者加算がつくので、その分は増えます。
実際の額がいくらになるのかは、厚生年金ですので、人によって違うのでわかりません。
障害基礎年金の場合は1級、2級で額が決まっているのでわかりますが。

なお、通常は年金は2ヶ月に1度に振込ですので、例えば、上記の例でいうと、10月は5万の保護費と年金が20万、計25万入りますが、11月は5万しか入らないので、注意が必要です。

2.これは63条の返還金のことですね。
本来、障害年金をもらって、収入があったのなら、支給する必要のなかった保護費を返してもらいますよということです。どの程度遡るのか分かりませんが、選択肢としては、例えば、120万遡って振り込まれるなら、8ヶ月程度、保護停止という方法もあるかとは思いますが、それは福祉事務所と相談してください。

1.障害年金は、初診日が、20歳以上のときは、一定の年金の納付要件(免除でも可能)を満たすとき、初診日が20歳未満の時は20歳から、一定の障害(身体・精神)を持つ人に支給される年金です。
身体の場合は、一度通常1,2級になると軽快することはない。(切断した足が生えてきて治ったり、心臓ペースメーカーを入れた人が取って暮らせるようになることは今のところない)ので一度年金や手帳をもらうと一生モノですが、精神の場合は軽くなると年金が停止になることがあります。
ちなみに精神の場合は今、精神福...続きを読む

Q精神障害者保健福祉手帳3級の取得とメリットとは?

私は精神科に7年近く通い、うつ病の薬の投薬を受けております。
服薬中は仕事も普通にできますが、この私でも、精神障害者保健福祉手帳3級を取得することは可能でしょうか?

そして手帳を持つことのメリット、デメリットがお分かりでしたら、お教えください。

Aベストアンサー

まず、障害年金と、精神障害者手帳の違いから。
精神障害者、厚生年金3級であれば、2ヶ月に一度現在9万ほど支給されます。しかしこれは手帳の3級とは違います。http://www.ohhori.com/depression/handicapped_pension.htm

障害年金は精神障害者手帳とは違います。
障害年金をうける条件として、国民年金(役所の保険年金課)や、厚生年金(社会保険庁)を支払ってきていた方が、初診で病院にいったときから1年半を過ぎても症状が変わらないようなら申請できます。
初診時に厚生年金に加入していたのなら、3級で上にある金額が支給されますが、初診が国民年金でしたら、障害年金の支給は2級からです。pinky200412さんがどちらかは存じないのですが。7年も患ってらっしゃるので、一度医師に訪ねてみても良いかと。
(医師に言って診断書を書いてもらう。診断書一通5000円×税金)

手帳はあくまでも、日常生活に支障をきたすかなどの福祉的観点で発行されます。手帳用の診断書も一通5000円×税金です。2年ごと更新~。

手帳の3級のメリット・・・、実は自治体により、非常に差があります。
私の住むところは1級じゃないとサービス面で何のメリットも無いのですが、大阪市は3級で地下鉄が半額だったように記憶していますし、神戸市は4級でもメリットがあったと知り合いが言ってました。
サービス面のメリットは、各市町村の役所の福祉課で教えてくれます。
(説明したり、プリントした紙をくれると思う。)

あと手帳の3級のメリットといえば、今の時期の確定申告ですよ。
障害者控除というのがありますが、こちらは手帳を提示します。
(私も障害者控除やってきました。)
税金には結構効きますよ~。国民年金免除も通り易いですし。
お互いぼちぼち気長に行きましょ。(^-^)v

参考URL:http://www.ohhori.com/depression/handicapped_note.htm

まず、障害年金と、精神障害者手帳の違いから。
精神障害者、厚生年金3級であれば、2ヶ月に一度現在9万ほど支給されます。しかしこれは手帳の3級とは違います。http://www.ohhori.com/depression/handicapped_pension.htm

障害年金は精神障害者手帳とは違います。
障害年金をうける条件として、国民年金(役所の保険年金課)や、厚生年金(社会保険庁)を支払ってきていた方が、初診で病院にいったときから1年半を過ぎても症状が変わらないようなら申請できます。
初診時に厚生年金に加入していたのなら、3級で...続きを読む

Q精神障害者手帳一級はどんなレベルの人がもらえるのですか?

精神障害者手帳一級はどんなレベルの人がもらえるのですか?
私は酷い統合失調症とパニック障害と診断されてます。
手帳がほしいのですが、どんなレベルなら一級をもらえるのでしょうか?

または二級や三級の人はどんなレベルの症状ですか?

Aベストアンサー

基本的にどれも医者の診断によります。
主治医の診断書次第なんです。
今は自分で書かなくてはならないケースもあるようですが、主治医に診断書の作成をお願いして(料金が取られます)、その診断書をもとに審査員が決めます。
主に家族関係が破綻していて、要支援であり、かつ長年通院歴のある人です。
また、入院歴が複数になると、1級になりやすくなります。
オーバードーズや、自殺未遂経験者とかは1級になりやすいです。
2級は社会復帰がまだ可能な人です。
2級で社会復帰した後で、再発して再入院したなど、社会復帰が絶望視されると1級になります。
また、1級でも社会復帰の可能性が出てくると、2級になったりします。
ちなみに3級の場合、障害年金はなくて、会社勤めしていた時に発症した人だけ、障害年金があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報