先日、朝の番組でソユーズロケットが宇宙へ飛んでいくのを
特集してたんですが、そこで、スペースシャトルとソユーズの
比較をしてて、1機あたりの費用が、
スペースシャトル 約900億円
ソユーズ      約200億円
って言っててスペースシャトルの場合は、
人間プラス貨物の輸送を目的としてて、1機のシャトルを何回も
使うらしく
一方ソユーズは、人間の輸送に特化した構造になっていて、
シャトルよりだいぶ小さく、しかも1回で使い捨て・・・
っていう内容のことを放送してました。
ソユーズはもったいない気がするんですが、一方のスペースシャトルも
帰還した後の修理費や維持費だけで相当かかってるでしょうし・・・
どっちがトータルでみたら”お得”なんでしょうか・・・!?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ソユーズ宇宙船は荷物を運べない人間輸送専用ですが、


同じソユーズロケットで打ち上げる「プログレス」という荷物専用の無人宇宙船もあります。

ソユーズロケットでは、3人乗りの有人船か、荷物を2tほど積んだ無人船を打ち上げることしかできないのに対し、
スペースシャトルは5~7人と22tの荷物を同時に打ち上げることができます。
つまり、おおよそ「ソユーズ×2+プログレス×10」と「スペースシャトル」が、打ち上げ能力は同等なわけです。

一方、打ち上げ費用は、ソユーズやプログレスはせいぜい50億円前後です。×12で600億円。

「お得」かどうか、コストパフォーマンスだけを見たら、スペースシャトル1機を打ち上げるよりも、ソユーズやプログレスを12機打ち上げた方が「お得」なのは明白です。

ですが、スペースシャトルは20トンもの大荷物を打ち上げられるというソユーズには太刀打ちできないメリットもあります。
「単体で20トンの機材」なんてのがあったら、そのままではソユーズが何機あっても、どうあがいても運ぶことはできません。
それをソユーズで打ち上げようとしたら、ソユーズで打ち上げられる重さにまで「小さく分解・組み立てできる」ようにする必要があるわけで、その分のコストまで考えるとスペースシャトルの意味が出てきます。
実際問題、国際宇宙ステーションの組み立てに関しては、スペースシャトルが無ければ出来なかったと言ってもいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>スペースシャトルは20トンもの大荷物を打ち上げられるというソユーズには太刀打ちできないメリットもあります。

これは初めて知りました。教えていただき感謝してます。

でも、あれだけデカイと維持、管理費も莫大なものになるでしょうね・・・

お礼日時:2009/12/23 13:38

>シャトルよりかなり小さい大きさで、費用も安いので、日本でも造れないですかね!?あんな感じで・・・


今や打ち上げまで一セットで「買える」時代です。
スパコンと違ってもう「自動車並み」の技術しか必要ありません。
各国とも売り込みに必死です。買いましょう。
日本は「輸送船」に特化しています、正しい選択だと思います。
あとはラムジェットエンジンの開発だけしか残っていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/24 22:55

 NASAがスペースシャトル後継機を作らず、「使い捨て」のオリオン級にしたことを考えると、結局シャトルはコスト(純粋にお金という意味以外でも)が高すぎた、という事だと思います。



 ソユーズが使い捨てで200億、シャトルの建造費が900億だとしても、シャトルはしゃれにならないメンテナンス費が掛かる上(一回の打ち上げ費用が5億ドル、らしい)、経年劣化していくことを考えればそれは決して減りません。
 計画ではメンテ費はもっと安いとされていたので、充分に元が取れるはず、でした。

 まあ、ここは鉛筆を使い続けたロシア人が遠回りだったが賢かったと言うことで。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはりあれだけデカイと維持、修理費がシャレにならないくらい
かかってそうな気がします・・・

お礼日時:2009/12/24 22:55

価値の中に、人命を含めるならソユーズになるのでは。


開発初期の頃に2名の犠牲者が出たものの、それ以来死亡事故はゼロだそうです。かたやスペースシャトルは結構死亡事故が多いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ソユーズは、基本的な設計が昔と変わっておらず、
構造がスペースシャトルよりもシンプルっていうのを
なんかで見たことがあります・・・

死亡事故がないってのも聞いたことがありますが、
ソビエト時代については「ホントかなあ!?」と
ちょっと疑ってもいます。ただ、冷戦崩壊後以降では確かに
ソユーズで死亡事故・・・なんてのは聞いたことがないので
信じてもいいのかも・・・

シャトルよりかなり小さい大きさで、費用も安いので、
日本でも造れないですかね!?あんな感じで・・・

お礼日時:2009/12/23 13:45

ソユーズってもっと安くないですか?100億円以下。


ペイロードを考えるとスペースシャトルでなければならない場合もあるかとは思いますが、単純に人だけを運ぶのであれば簡単なロケットの方が安いでしょう。

日本のH2などもペイロードの割には安いですよね。

ISSが稼働しているからロケットで人だけを打ち上げればいいわけですが、ISSがない頃はスペースシャトルの中で様々な実験などが行われました。
なにで一概にお得度を判断できないような気もします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

それぞれに特徴があると思うので・・・
ソユーズはスペースシャトルに対して相当小さいのに加えて、
日本のH2Aと同様コスト的にもお得な気がするので、
もし、日本が有人宇宙ロケットを造るならソユーズのような
方向で・・・の方が近道な気がします。

>ソユーズってもっと安くないですか?100億円以下。

私が見たテレビでは約200億って言ってましたよ、確かに。

お礼日時:2009/12/23 13:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもしスペースシャトルの耐熱タイルに損傷があった場合はどうやって帰還するのでしょうか?

スペースシャトルの耐熱タイルはもろいとよく聞きますが、もし損傷があった場合(見つかった場合)はどうやって帰還するのでしょうか?

Aベストアンサー

修理不能の場合、最悪、ISSへ一時避難し、帰還する便を待つ方法もあります。

Qソユーズの安全性>シャトルの安全性?

 テレビを見ていたら、シャトルは危ないのでソユーズで少しずつ乗員をおろせばよい、といった話があるようですが、ソユーズには耐熱タイル剥脱といった問題はないのでしょうか。ソユーズは打ち上げの際にもあまり報道されていないようでしたがロシアの宇宙技術はアメリカよりも上なのでしょうか。そもそも往復機を使うメリットがまだあるのでしょうか。

Aベストアンサー

元々その様な計画なのでしょう。
使い捨ての帰還機としてのソユーズは表面が焼け焦げることで空力加熱に耐えるもので経験的に技術的にも信頼性があるかも知れません。
シャトルの弱点としての耐熱タイルの事は分った上で整備しながら使用する計画なのでしょう。
打ち上げ時3G以上掛けられずにメインエンジンの出力を何回か絞らなければならいのでも何かデリケートな鎧をまとったロケットと言う様な感じがします。
現状では使い捨てロケットが貨物を積んでそのまま軌道に乗れればよいのですが一段目を切り捨てるか、航空機の様なもので上空から発進しなければ到達できないので往復機を使うしかないのではないかと。

Q宇宙にから帰還する時。宇宙船やシャトルが大気圏に突入しますが、空気の摩

宇宙にから帰還する時。宇宙船やシャトルが大気圏に突入しますが、空気の摩擦で船体が大変な温度になりミッション中最大の危険だとも聞きます。幾つかの事故もあったようです。信じられない程の速度で計算された角度で大気圏と言う空気の壁にぶつかるのですから、その過酷さは理解出来ます。ではなぜ…たとえば時速数百キロとか、つまり燃え尽きたりしない程の速度ではダメなんですか? 大気の壁に跳ね返される…その感覚は理解できますが、なら、ゆっくり入って行けばいいのに、と思います。それとも宇宙空間では減速する事が困難なのでしょうか? スペースシャトルが何故燃え尽きなければならなかったのか。そ~と大気圏に入れそうなのに…よくわかりません。その辺りを教えて下さい。

Aベストアンサー

 何故、大気に入る前に減速しないのかと言えば、ロケットに積めるペイロード(荷物)の量が、ロケット総重量と比べて少ないからです。
 真空中の宇宙空間で減速するためにはロケットを使うしかありません。(ソーラーセイル等は減速するのに時間が掛かりすぎるため、大気圏再突入する前に充分減速する事は出来ません)
 例えば、7.9km/sで進んでいる宇宙船の速度を、ロケットの逆噴射だけで0km/sまで減速させる場合を考えてみます。
 速度の差は7.9km/sですから、静止した宇宙船を7.9km/sまで加速するのと同程度のロケットが必要になります。
 これは宇宙船を大気圏外で減速させるには、打ち上げるのに使ったロケットに匹敵するロケットが、推進剤が満タンの状態で衛星軌道上に存在しなければならない事を意味します。
 全体の重さに比べてペイロードを積める割合が大きいとされる、JAXAのHIIAロケットでさえ全備質量250tもありますが、高度250kmの低軌道に10tの衛星を打ち上げられるだけです。
 10tの人工衛星を大気圏外で減速させるために、250tのロケットをそのまま荷物として打ち上げるには、単純計算でHIIAロケットの25倍の6250tものロケットが必要です。
 月に人間を送ったサターンV型ロケットでさえ、重量3039tで、低軌道に118tのペイロードを打ち上げられるだけですから、直接打ち上げるのは無理のようです。
 では分解したロケットを、軌道上で組み立てるのはどうでしょうか。
 HIIAロケット25機分以上の部品と推進剤に加えて、軌道上で組立作業を行う作業員と、作業員の必要とする食料と水、酸素、炭酸ガス除去材、及び工具や作業用電源、そしてなにより作業員の帰還用宇宙船等も合わせて打ち上げなくてはなりません。
 このように、大気圏外で減速しきる事は、話にならないほど非効率的で、技術的にも困難なため、宇宙からの帰還時は、ロケットによる減速は大気の上層部まで降下可能になる程度で留め、残りの減速は空気抵抗を利用しているのです。

 何故、大気に入る前に減速しないのかと言えば、ロケットに積めるペイロード(荷物)の量が、ロケット総重量と比べて少ないからです。
 真空中の宇宙空間で減速するためにはロケットを使うしかありません。(ソーラーセイル等は減速するのに時間が掛かりすぎるため、大気圏再突入する前に充分減速する事は出来ません)
 例えば、7.9km/sで進んでいる宇宙船の速度を、ロケットの逆噴射だけで0km/sまで減速させる場合を考えてみます。
 速度の差は7.9km/sですから、静止した宇宙船を7.9km/sまで加速するのと同...続きを読む

Q宇宙からシャトルが地球に向けて帰還するとき、何を使ってどのように発進するのですか

宇宙ステーションにいる人を乗せてシャトルが地球へ帰還するとき、宇宙ステーションからの発進はどのようにするのでしょうか。
地球なら空気のあるところで噴射することによって発進できますが、宇宙では何を使ってどのように出発するのでしょうか。

Aベストアンサー

>地球なら空気のあるところで噴射することによって発進できますが

 質問者さんは、ロケットが進むのは後ろから噴射したガスで空気を押しているからだ
とお考えではありませんか?
 そのような考え方ですと、回りに何もない宇宙空間では、
いくらガスを噴射しても何の手ごたえもなく前進などできないと言うことになってしまいます。
 そうではなく、ロケットは後ろから高速のガスを噴射したときの反動(反力)で前進しているのです。
 ですから、まわりに空気などの邪魔者がないほうが噴射ガスがより勢い良く噴出でき好都合です。

Q”はやぶさ” 宇宙から帰還するカプセルや帰還船の姿勢制御

”はやぶさ” 宇宙から帰還するカプセルや帰還船の姿勢制御

今日、はやぶさが帰還します。
http://mainichi.jp/select/science/news/20100609k0000e040021000c.html

宇宙から帰還するカプセルや帰還船の形は、
中華鍋型だったり、三角錐型だったり、御椀型だったりします。
はやぶさは、中華鍋型だそうです。
大気圏突入後の姿勢制御はどのように行われているのですか?

Aベストアンサー

はやぶさ、かえってきましたね。ラストショットも公開されました。
最後の写真が故郷の地球というのも、はやぶさの軌跡を再確認できるようで感動しました。

ということで、再突入体ですが、分離後のスピン安定以外は能動的制御は行っていないようです。
分離時に計算を行った形で投下、大気圏突入時は空力安定を保つように角度をつけています。
たとえば、紙飛行機は形状と手から離れるときの角度や力で、飛行中制御はしなくてもある程度一定の航路をとらせることができます。
このような感じで、地球に帰ってくるかなり前から再突入のための計算を行い、そのための航路をとっているわけです。
本当に遠いイトカワまで行き、そして地球上のピンポイントにカプセルを投下する・・・
と考えると、はやぶさや技術者の方々が行ったことは本当にすごいことなんだなぁ、とさらに思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報