妻が「膝変形性関節症」と言われました。
以前から多少の痛みはあり、和式トイレは余程のことがないと入りませんでした。
最近は時によってですが歩行に困難をきたすこともあります。
また、就寝時に仰向けに膝をまっすぐに伸ばして寝ると、翌朝膝が痛くて曲がらなくなってしまうので毎晩膝の下に小さなクッションをあてて寝ています。
調子のいいときには愛犬とゆったり1~2時間散歩したりして少しでも障害の進行を遅らせようとはしていますが、天候気候や前日の生活状況によって痛みが出てしまったときにはどうしようもないようです。
グルコサミン、コンドロイチンがいいようですが、実際にはどうなんでしょうか?
確実に多くの人に効果が認められるのであれば「サプリメント」ではなく医薬品として「保険適用」にもなるのでしょうが?

また「外科手術(人工関節)」以外には根本的な治療は不可能なんでしょうか?
また東京都八王子市近辺で実績のある病院があったら教えてください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1です。

補足ありがとうございます。


>現在は通院、服薬、リハビリはしておりません。

これはいけませんね。痛みがあるということは、関節に炎症が起こってい
るということです。関節の炎症は軟骨の破壊を、ものすごいスピードで
進めていきます。今の医学では軟骨再生は出来ませんから、痛みにすぐ
対処することが非常に大切です。とりわけ、病院のお薬は重要です。様
子を見てメリットは一つもありません。


>多少落ち着いてきているようなのですが「インドメタシン」配合の軟
膏を風呂上がりなどにつけていますが、

市販薬は処方薬よりはるかに効きが悪いのですので、病院でお薬をおも
らってください。しかも保険が利きますので安いですし。


>なるべく早い時期に整形外科(大学病院?)にいったほうが良さそう
ですね!

状況によっては、通院リハビリが処方されるかもしれません。大きい病
院は通院リハビリに対応してないので、まずは通いやすい街のクリニッ
クを受診されて見てください。しかも大きな病院は手術にしか興味があ
りませんから 「手術だね」 なんて簡単に言ってきます。先にも書き
ましたが、人工関節にもリスクはあります。出来るだけ自分の膝を大事
にして、保存療法でギリギリまで粘った方がいいと思います。


~治療院について~
 
 整体・カイロプラクティック・・・「骨盤矯正・骨格矯正」 これは
  全て真っ赤な嘘です。そもそも彼らは公的資格が一切ありません。
  早い話、無資格の素人です。誰でも明日からすぐに営業できます。
  素人さんですから、勿論健康保険は使えませんし、自賠責だって保
  険屋からは相手にされません。背骨と背骨の間に椎間板というクッ
  ションがありますが、整体やカイロで薄くなるということが確認さ
  れています。一回ぐらいでは大丈夫だと思いますが、一年も通えば
  驚異的なスピードで椎間板は劣化します。長期的に見れば確実に悪
  化します。

 接骨院・・・柔道整復師という国家資格者で、整骨院、骨接ぎとも呼
  ばれています。肩コリや腰痛など治療する所だと勘違いされている
  方もいますが、ここは捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などのい
  わゆるケガを治療する施設です。
  
  一番下の Q:接骨院や整骨院はどのような時にかかったら良いんで
  すか? をご覧下さい
  http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html
  
  腰痛や肩コリの治療は一切出来ません。 「歯医者で眼の治療」 
  をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯
  し、慢性膝痛を「膝のねんざ」など嘘の受傷理由を添付して、健康
  保険を偽装請求し荒稼ぎしています。不正は業界ぐるみで行われて
  おり、全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険
  から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あ
  り、2007年度で約3000億円かかっています。言うまでもなく、保険
  料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほ
  とんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納
  得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度に
  して浮いたお金が3000億円です。

 鍼灸整骨院・・・鍼灸師と柔道整復師の免許をもている方、もしくは
  それぞれの施術者いる施設です。ここも整骨の保険を悪用している
  可能性があります。鍼灸は保険が使えますが必ず医師の診察の上、
  同意書が必要です。保険証を窓口に提示して即保険で鍼治療の場合
  は、整骨の保険(ケガの保険)で鍼をしているケースが多いです。
  これは例えていうなら、出産時自然分娩にもかかわらず、帝王切開
  として保険請求するようなことです。これが普通の病院なら大問題
  です。マスコミに大きく報道され、二度と再起できない状態に追い
  込まれるでしょう。しかし鍼灸整骨院に関してはお咎めなしです。


 鍼灸・マッサージ・・・国家資格者ですから、代替医療にかかるのな
  らこれしかないでしょうね。マッサージは肩凝りでは保険が使えま
  せんが、鍼であれば使えます。しかし医師の診断が必要です。

以上のことから、鍼灸、あんまマッサージ指圧、接骨(整骨)以外は
“全て無資格者” です。今では整体、カイロ以外にも操体法など怪しげ
なものもありますので、無資格治療院にはお気をつけ下さい。


意外かもしれませんが、病院以外の代替医療では “鍼” が一番体に優
しい治療方法になります。病院の治療をベースに、何かするなら鍼治療
がベストな選択です。

しかし鍼治療も施術者によって十人十色です。一回や一箇所で決めるの
は正直もったいないです。鍼が根本的に怖くないのなら、数箇所受けてみ
てお気に入りを見つけてみてください。


痛い所があれば患部にシップを貼って下さい。自己流のマッサージやス
トレッチは筋肉や神経を傷め、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる
恐れがあるので控えましょう。

レントゲンは病院でしか取れませんので、整体、接骨院、整骨院ではなく
必ず整形外科を受診してください。


長文失礼しました。ご参考になれば幸いです。
「妻(55歳)の膝の痛み・・・(変形性膝関」の回答画像2
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧に有難うございます。
補足につけていただいたコメントを妻に見せたところ、正月明けにでも整形外科に行こうかということになりました。

幸い車で30分ほどのところにスポーツ医療もやっている整形外科の医院があり、そこでは「膝関節」という診療日が設けられており、かなりの対応が期待できるようです。まあ実際には通院してみないと判らないんですけどね。
「炎症が膝関節の軟骨を驚くべき速さで破壊する」正直言って、このことに衝撃を受けました。怖ろしいものなんですね。以前から病院嫌いの妻もこの一文で病院に行く気になったようです。
膝の痛みは、かなり落ち着いたようです。

サプリメント、整骨、整体、鍼灸などについても興味深く読ませていただきました。制度的にもかなり問題があるんですね、知りませんでした。
でも、それ以前に利用者がもっと自分の症状を把握して的確な医療機関を選択することが重要なんですね!
いろいろ勉強になりました。
ありがとうございました!!

お礼日時:2009/12/24 20:56

75歳の母ですが 2年程前に両膝を人工関節にする手術を受けました


若い時から 大柄で膝に負担がかかっていたのでしょうね
長年 整形でホットパックやマッサージなど受けたり
サプリメントや漢方(保険外)も欠かさず飲んでいましたが
悪化するばかりで軟骨が磨り減って 足がひどいO型に
曲がってきました 常に痛みを感じるようになり 
手術に踏み切る決心をしたようです 
ヒアルロンサン(?)の注射で痛みが和らぐ様ですが
一時的な物でした 

手術には痛みも時間もお金も伴い 制約もありますが 
術後には 痛みを訴えることなく生活する姿を見ると
思い切って良かったと思いました

人工関節にも色々あるようなので 先の事を考えて
研究なさるのも良いかもしれませんね 
ご夫婦で末永く健やかでいていただきたいものです

    
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
取りあえずのところ、極力手術は避けたいので通院することになりそうです。
なんとか症状が改善されれば、と思っています。
有難うございました。

お礼日時:2009/12/24 21:04

今お薬は飲んでいないのですか?


整形外科のリハビリには通っていますか?
何かご自分でやっていますか?
正座は出来ますか?


>グルコサミン、コンドロイチンがいいようですが、実際にはどうなんで
しょうか?

残念ながらこの手のサプリメントは、最新研究において 「効果なし」
と証明されています。サプリメントは摂取後、消化吸収され血液によっ
て患部に運ばれます。ここでポイントになるのが、血液中の有効成分の
濃度です。これを有効血中濃度といいます。サプリメントはこの濃度が
小数点以下0が何個もつくことが報告されています。薬の種類によって
は濃度が薄くても効くものもありますが、軟骨再生を目的にするには非
常に薄すぎます。

膝が痛いのであれば、病院の薬で炎症を抑える必要があります。関節の
炎症を放って置くと、軟骨は驚異的なスピードで破壊されて行きます。
今の医療では軟骨の再生は出来ませんので、炎症を早期に抑えることは
最も大事なことです。

サプリメントでも使われているヒアルロン酸は、やはりサプリメントで
は効果がないですが、病院では関節に直接注射しています。これは軟骨
の再生を目的にしているのではなく、軟骨を保護し、炎症をおさまりや
すくさせる目的があります。


>また「外科手術(人工関節)」以外には根本的な治療は不可能なんで
しょうか?

変形性膝関節症とは早い話老化です。痛みさえ取れれば完治ですが、お
薬、注射、リハビリ、可動域訓練、運動療法などありとあらゆる方法を
試しても効果がないときは、手術の選択もします。ですからまずは保存
療法を全て試すことからです。

ちなみに人工関節もリスクがあります。関節が完全に曲がらなくなるの
で正座など低い位置での生活はできなくなります。(今の状態でも治療
をすれば、低い位置での生活は出来るかもしれません)

また時期が来れば交換が必要になってきます。

この回答への補足

早速回答いただきありがとうございます。

現在は通院、服薬、リハビリはしておりません。
正座は不可能に近い(痛み、つかまるものが無いと立ち上がれない)状態です。
自身でできる運動は散歩くらいなのですが、体調や天候が悪くなければ極力行うようにしています。

現在も3日ほど前から痛み始め、多少落ち着いてきているようなのですが「インドメタシン」配合の軟膏を風呂上がりなどにつけていますが、
なるべく早い時期に整形外科(大学病院?)にいったほうが良さそうですね!
ありがとうございました!

補足日時:2009/12/23 17:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグルコサミン・コンドロイチン・コラーゲン摂取で治るものでしょうか。

長年スポーツをしていたせいで、右手首は親指下の腱を痛め、左手首は三角繊維軟骨複合体を痛め、もう、3年以上整形外科に通っています。キシロカインを注射しても数週間から数ヶ月で痛み始めます。
 以前からコンドロイチンなどは知っていましたが、特に気を使って摂取するということはしていませんでした。しかし、全く良くなる気配がないので最近、グルコサミン・コンドロイチン・コラーゲンのサプリメントを摂り始めました。特にこれらは軟骨の減りに良いと聞きますが、医学的にも認められているのでしょうか。
 これらを売っている業者さんは大々的に広告を出していますが、実際のところ半信半疑です。

Aベストアンサー

医学的には、今のところ効果は認められないといわれておりますが、実際に使われている方々は効果を実感している事を聞きますし、画像診断で改善はされていますから、基礎医学的研究では上記様に認められていなくても、臨床では認めらています。少なくても私は認めますよ。

ただ、業者により中身がどうなっているのかは不明です。

生理学的要求量と薬理学的必要量とは違いますので、食事から、治療を目的とした量を摂取することは不可能ですので、良いサプリメントを見つけて使用される事をお勧めします。


例とすると、階段の上り下りが若干不便な程度の方だと(関節に痛みがあり、手すりを使いたい程度)、他の治療はしないで(軽い運動やストレッチはします)、これ等を投与して半年くらいで忘れてしまう程度にはなります。

Q変形性膝関節症の人工関節置換術

私の母(50歳)が、20代から膝が悪く、去年、人工関節(右膝)を入れる手術をしました。

現在は、退院しリハビリを始めて、3~4ヵ月程度なのですが、どの程度で日常の生活ができるようになるのかを心配しています。

個人差や年齢差などはあるでしょうが、人工関節の手術を受けた方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

人工膝関節全置換術後のリハビリテーションを多く経験している者です。
うちの病院の場合、術後2~3日より運動を開始し、術後2~3ヶ月で退院しています。(自宅に帰って生活ができるという状態で)

殆どの場合は使用する人工関節の構造上、膝が120°までしか曲がらなくなりますので正座はできません。

逆に質問なのですが、、、
uchiagehanabiさんのお母様はどういう状態で、求めていらっしゃる「日常生活」というのはどんなレベルなのでしょう?(例えば遠くに出かけて仕事をするとか、必要最低限うちの中で自分の身の回りのことだけできれば良いとか・・・)それで違ってくると思います。

Q変形性膝関節症の人工関節置換手術について

母(56)のことなのですが、10年以上前から膝の痛みがあり、軟骨も磨り減ってほとんどない状態になってしまい、とうとう明々後日に手術をすることになりました。母の場合は、膝のさらの部分も欠けてきているので場合によっては人工のさらも置き換えることになりそうなんです。 手術当日は完全看護とはいえ、私も病院に泊まるつもりではいるのですが、その後は泊まりはしなくても付き添いは必要でしょうか? 結婚後実家から離れた所に住んでおり子供もまだ1才なので、なかなか難しいのですが術後も付き添いが必要ならそれなりの用意をしないといけません。 もし、身内の方で母と同じような手術をしたことがある方、いらっしゃいましたら、どれくらいで自分で身の周りのことがある程度できるようになるか等色々教えて下さい。

Aベストアンサー

私の母も、数年前に変形性膝関節症の人口関節置換手術を行いました。
 わからないことがあるのですが、rei0826さんのお母様はいっぺんに両膝の手術を行うのでしょうか?
 私の母は、片足手術して、1年後あたりにもう片足を手術というパターンでした。ですので、rei0826さんのお母様も片足やるという前提でお答えいたします。

 手術する個所は、膝ですので上半身は自由に動けます。
 術後、1週間ぐらいは仕事を終えてから毎日通っていました。洗濯したり、母からの買い物を頼まれたぐらいで、病院に寝泊まりはしませんでした。手術直後も寝泊まりはしていません。
 片足の手術でしたら、術後は自分で車イスに乗るなどして移動することはできます。しばらくすると、手術した足の方をある程度の体重をかけて松葉杖を使いながら歩くリハビリも行いました。これは、術後1ヶ月ぐらいたってからだったと思います。
 
 ただし、病院によって方針も違うと思います。おそらくお母様には、退院までのスケジュールというかリハビリ等の予定が医師等から説明があるはずです。その中でいつまでは、家族が介護して欲しい等の説明があるかもしれませんので、一応お母様にこの辺を確認なされてはどうでしょうか?

私の母も、数年前に変形性膝関節症の人口関節置換手術を行いました。
 わからないことがあるのですが、rei0826さんのお母様はいっぺんに両膝の手術を行うのでしょうか?
 私の母は、片足手術して、1年後あたりにもう片足を手術というパターンでした。ですので、rei0826さんのお母様も片足やるという前提でお答えいたします。

 手術する個所は、膝ですので上半身は自由に動けます。
 術後、1週間ぐらいは仕事を終えてから毎日通っていました。洗濯したり、母からの買い物を頼まれたぐらいで、病院に寝泊...続きを読む

Q膝関節が膝が全く曲がりません(可動域ゼロ)

20年前位に右大腿骨が骨髄炎となり、治療過程で創外固定を行いました。

膝を曲げられない状態が長期間続いたため、それ以降の膝関節の可動域はゼロの状態です。

右足が棒のような状態なので、椅子に上手く座れない事、座れたとしても腿の裏が圧迫され長時間同じ体制でいられません。

今後、股関節や正常な足の方の負担を考えると不安です。
私のような膝を全く曲げられない症状を抱える方はあまりいないせいか、HPで探しても中々治療方法等が探せません。

人工関節も考えてるのですが、年齢・リスクを考えると慎重になってしまいます。
他に治療策があるのか等、アドバイスやサイト等をご存知の方、アドバイスよろしくお願いします。

※情報量が乏しいので、何でも結構です。コメント頂けると幸いです。

Aベストアンサー

骨髄炎の既往があるので、人工膝関節置換術を行うと感染が再燃する危険性があります。禁忌ではありませんが、行うなら覚悟して行う必要があるでしょう。今、せっかく歩けているのに人工膝関節を行って感染すれば歩けなくなる可能性があるからです。

膝関節授動術を行うという手もあると思いますが、20年前からの拘縮であることを考えるとそこまで効果が望めないかもしれません。

担当の先生とよく相談して下さい。

Q人工膝関節手術後の膝周囲の締付け感と痛みで苦しんでいる

50代女性です。関節リウマチの為、人工膝関節の手術を受け8カ月が経過しましたが、術後からお皿周囲の、特に下側の皮膚下の肉が厚くなり、腱と癒着したまま、一向に改善されません。
お皿の上から触ると感覚も鈍く、金属のお皿を埋め込まれているような異物感、痺れと痛みがあります。曲がりは95度位です。
関節そのものはレントゲンでは異常無しです。しかし、立ち上がり体重をかけた途端、膝周囲が幅広のゴムバンドでギューッと締付けられたようになり、歩き出すと膝が硬直し、辛くて10分も歩けません。膝の曲げ伸ばしをすると、その部分がグキグキと音がします。
執刀医に訴えても、首を振るだけで、このような症例は無い、と取り合って貰えません。他の整形外科でも分かって貰えず、何の為の手術だったのか、苦痛の毎日です。どなたか、原因と対処法をご教示頂ければ有難いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1です。
補足ありがとうございます。


レントゲンで関節に異常がないわけですから、関節の可動域制限(膝の動
きに制限がある)、手術の傷による突っ張り感や、腱・靭帯など軟部組織
の拘縮、太もも前の筋肉(大腿四頭筋)の筋力低下が原因かと思います
が、腰からの原因もあるかもしれません。回復傾向がまったくみられない
ようなら、腰も調べてもらったほうがいいかもしれません。

今病院でリハビリはしていないのですね?リハビリ科のある街のクリニッ
クであれば、マンツーマンにリハビリしてくれるところがあると思います
よ。どうしても自分で出来ない範囲とかも出てきますので、探してみては
いかがでしょうか?とりあえず、今回は自分でできる膝の機能改善に主眼
を置いて回答します。


膝の動く範囲(可動域)に問題があるようですので、まずはこれを改善し
なくてはなりません。手術はそれで終わりではありません。人工関節など
はその機能から正座はできませんから、毎日なんらしかリハビリは必要だ
と思います。

リハビリといっても難しくありません。どんな体勢でもいいので「限界ま
で」曲げることです。正座は膝の可動域を最大に使う動きです。自前の膝
であれば無意識に可動域いっぱいまで使うので、特にリハビリなどは必要
ないですが、人工関節の方は最大可動域まで使うことをしないので積極的
リハビリを行ってください。やり方は、仰向けに寝てかかとをお尻につけ
る意識で膝を曲げましょう。しかし95度だとこれだと少しやりにくいと思
います。足首にタオルかけてそれを引っ張り、引き寄せるように膝を曲げ
ましょう。人工関節の方はMax120度です。そこまでリハビリが進んだら絶
対に無理しないで下さい。

次に膝の伸びです。10度伸びていないということなんで、やはりこれは
改善したいですね。伸びの可動域訓練をご紹介します。
==========
(1)仰向けで寝ます。膝のお皿が真上に向くように、向きを調整しましょう
(つま先は必ず真上に向きません。人によっては内側に向くことも)。

(2)つま先を直角にし(伸ばさない)、腿の下(膝の上)に両手を重ねて置
きます。

(3)ゆっくり下に押し込みます。10秒ほど数えてゆっくり離しましょう。こ
れを10回、朝晩一回ずつ行ってください。

※お皿を直接押さないで下さい!! グイグイ反動をつけて押すのも厳禁
です!!
==========

伸ばしも曲げも「ちょっと痛みを感じる範囲」まで行ってください。「限
界まで丁寧に行う」というのが最大のポイントです。


後は歩き方ですが、かかとからしっかりついていますか?膝の痛みがある
方は、実は踵からつかず、つま先側から着きがちです。しかしこれは膝の
曲げを助長してしまう歩き方です。しっかり「踵からついて歩く」を意識
してみてください。


次は筋トレです。膝にとっても最も重要な筋肉は前述した大腿四頭筋で
す。ここの筋トレをご紹介します。
==========
(1)仰向けで寝ます。膝のお皿が真上に向くように、向きを調整しまし
ょう(つま先は必ず真上に向きません。人によっては内側に向くこと
も)

(2)つま先を直角にします(伸ばさない)。膝を曲げずゆっくり足を持
ち上げます。こぶし一つ分ぐらい上げてください(上げすぎると効果が
ありません)。

(3)10秒数え、ゆっくり下げます。間をあけず、すぐもう一度繰り返し
てください。これを左10回、右10回します。これを1セットとして2セ
ット行ってください。

(4)楽になってきたら、ゆっくり数えたり、15回にしたりしてください。
各ポイントをしっかり抑えて行ってください。
==========


次はウォーキングです。
ウォーキングは筋肉のほかに骨も鍛えます。逆に言えばウォーキングしな
ければ骨が弱ってしまいます。適度なウォーキングは血流がよくなり軟部
組織を柔軟に保つなど、いいことばかりです。ですから屋外のウォーキン
グは絶対に必要です。まずは5分からはじめましょう。5分をしばらく続け
て、徐々に徐々に時間を延ばしてください。決して急激に増やさないで下
さい。次の日まで痛みが残るようならやりすぎなので、ご自分で加減して
ください。最終的には20分から30分歩ければ十分です。それ以上歩くこと
デメリットが出てしまいますので注意しましょう。


ロキソニンなどの消炎剤は飲んでいないですか?あまり痛いようなら医師
に聞いてみてはいかがでしょうか?痛い所にシップを貼って、マッサー
ジ、ストレッチ、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる恐れがあるので
控えたほうが良いと思います。


ここに書いたことは必ず主治医に確認を取ってから実践してください。
急に長々と書いて申し訳ございません。何かわからないことがあれば何で
もいいので聞いてください。

No.1です。
補足ありがとうございます。


レントゲンで関節に異常がないわけですから、関節の可動域制限(膝の動
きに制限がある)、手術の傷による突っ張り感や、腱・靭帯など軟部組織
の拘縮、太もも前の筋肉(大腿四頭筋)の筋力低下が原因かと思います
が、腰からの原因もあるかもしれません。回復傾向がまったくみられない
ようなら、腰も調べてもらったほうがいいかもしれません。

今病院でリハビリはしていないのですね?リハビリ科のある街のクリニッ
クであれば、マンツーマンにリハビリし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報