たとえば自宅で浪人している人とか、
あるいは司法試験などの資格試験のために1年浪人している人とか、
広く一般に一週間7日間24時間予定が極めて少なく、
なにか試験あるいは論文作成のために、
知的作業を送らなければいけない人について、

★効率的、年間スケジュール作成
★効率的、時間使用法
★効率的スケジュール制作法
★効率的、気分転換法
などについて、いかなることでもいいですので
アドバイスお寄せください。

ちなみに質問者は大学新4回生で、フリースケジュールで院入試対策&卒論作成の身。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 50分勉強し、10分休憩。


  25分勉強し、5分休憩。
 このペースのどちらかを選ぶとといいですよ。
 
 ちなみに、山歩きもこの方法です。

 集中力が持続するのは、案外少ないので。

 あとは、本人の工夫とやる気でしょうか?
 
 または、こちらのホームページでの報告を自らして、毎週、叱咤激励をしてもらうなどはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

 何にも規制されない環境で勉強すると、どうしても気がゆるみますよね。


参考になるかどうかわかりませんが、私が経験した院試や各種資格試験ために、自宅で勉強したときの経験を列挙します。

■科目ごとに一日の勉強時間を設定する。
 「英語は一日に2時間やる」など最初のうちは時間で規制し、ペースが掴めてきたところで「2時間で10ページやる」など量の指標も勘案します。

■24時間10分刻みのスケジュール表を作成し、1日分の予定を書き込み、さらに実行過程を記録する。
 勉強のペースをつかむためにも、自律するためにも、達成感を得るためにも、記録を付けることが大切です。

■60~120分ごとに10~30分程度の休憩時間を入れる。
 ダラダラ勉強しても効果は上がりません。メリハリをつけましょう。休憩時間は食事や家事,入浴,仮眠など必要不可欠な時間として有効に利用しましょう。キッチン用のタイマーがあると便利です。

■気分転換のためにあちこちの図書館を利用する。
 図書館にはテレビやインターネット・食べ物などの誘惑がないので、勉強が捗ります。図書館が複数選択できる場合は、ときどき場所を変えると気分転換にもなります。

 とにかく時間管理が一番のポイントです。目標達成のために頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

基本的要点をおさえた返答ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/03 10:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報