歴史学でいま都市を勉強しているのですが,
その他,人類学・社会学通して広くいっぱんに
都市について考察したいと思ってます。
・松田モトジ「ナイロビ」に関する本
・藤田氏『都市の論理』新書
などを読みましたが,

都市に関する名著など他に教えてください。
また西洋の古典などでもいいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

社会学の観点から。



町村敬志・西澤晃彦『都市の社会学』(有斐閣)
若林幹夫『熱い都市・冷たい都市』(弘文堂)
藤田弘夫『都市と権力』(創文社)
大道安次郎・奥田憲昭『変貌する周辺都市─宝塚市のケース・スタディ─』(恒星社厚生閣)
矢崎武夫『日本都市の発展過程』(弘文堂)

などがあります。
下記URLを参照されることをお勧めします。

参考URL:http://www.e-hon.ne.jp,http://webcat.nacsis.ac.jp
    • good
    • 0

こんばんわ。



都市と社会学・人類学につながるかどうか分かりませんが、最近、私が読んだ本です。

都市をデザインする 環境デザイン研究会 朝倉書店
集客都市 橋爪伸也 日本経済新聞社
集客 - Proposals for the future of urban revitalization -  六耀社

私は都市のコンテンツ・要素・訴求について研究しています。ちなみに、「都市」というのは概念が広いです。ある程度、都市を定義すると研究しやすいと思います。
    • good
    • 0

有名なものとしては「Evenezer Howrad(明日の田園都市)鹿島出版会」があるようです(ほかにも鹿島出版会はいろいろ出している)。

少し違うかもしれませんが、放送大学の教科書で「都市システム工学」「都市と人間」「東アジア・東南アジアの住文化」「都市と生活空間の工学」「都市計画論」などがあります。様々な専門の教授が書いているので、もし近くの本屋さんにおいてあるようなら一度ごらんになってみては?参考文献などもいっぱい載ってます。
    • good
    • 0

 むかし都市計画など勉強していた時は、都市社会学とかコルビジェの都市についての「能書き?」など



読んだ事がありますが、どれも一息ぴんとこなかった記憶があります。

 建築の設計をはじめ、都市との係わり合いという点で現実と理想(夢)とのギャップはいつまでも埋められません。

・・・学問全般で、総合的に考える技術が未熟なのだと思いますが・・・あなた方に期待したいと思います。

 最近、面白そうなのを見つけたので一つだけ紹介します・・・古典とか名著というものではないですがユニークで

・・・下のURLからご覧になれます。

City of Bits   W.J.ミッチェル

参考URL:http://mitpress.mit.edu/e-books/City_of_Bits/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報