とても間抜けな質問ですが、答えていただけたらうれしいです。

私はくまのプーさんが大好きです。
ぬいぐるみを見て、プーさんが動けばすごくかわいいのになあと感じます。
それを実現するには、ロボットが一番早いと思うのです。
以前、PETMANという二足歩行のロボットを見て、あまりにも滑らかに歩行しているので驚きました。
理想の大きさが身長30・幅20・奥行き20(cm)ほどだとして、
癒しを求め、ぬいぐるみのような風貌にするには、
・中身がしっかりしていてやわらかいこと
・なおかつ動作の際に生地が破れたりしないこと
も必要だと思うのですが、この大きさの、
本物の動物のようになめらかに動くエンタテインメントロボットは実現可能でしょうか?
また、やはりプーさんですので、二足歩行であってほしいです。
あのメタボ腹で自分の体をしっかり支えつつ歩けるのでしょうか?
また、このサイズは従来の二足歩行ロボットよりもかなり小さいですが、
このサイズで歩行など一般動作をなめらかに行えるのでしょうか?

ほんとうにくだらない質問ですが、どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。


身長30cmのぬいぐるみを二足歩行させることは幾らでもできますが、やはり、アニメのプーさんとは煮ても煮付かない動きになってしまうと思います。

プーさんは実在の生物ではありませんよね。
本物のクマの動きを真似るならば実際のクマの骨格や筋肉を詳細に調べれば良いのですが、プーさんでは生態資料やレントゲン写真を参考にすることができません。何よりも、人間の二足歩行といいますのは両手や上半身の動きが協調してバランスを執っています。ですが、プーさんというのはアニメの世界の産物ですので、その動きは現実の物理学や生物学の法則に従うものではありません。ですから、ロボットのプーさんであの動きそのものを再現するというのは力学的にちょっと無理ですね。

少々夢のない話で申し訳ないのですが、アニメのプーさんそっくりではなく、もう少しゆっくりとした趣のあるプーさんでしたら何とかなると思います。要はアイボのような「癒しのペット・ロボット」路線ですね。
質問者さんも仰います通り、プーさんのメタボ体型では少々制約がきついです。人間の足の自由度は「七軸」、PETMANの場合でしたら恐らく「六軸」くらいであの動きを実現していると思います。ところが、プーさんの足というのはあの通りたいへん短いですよね。ですから、身長30cmのサイズということになりますと、そこに六軸の駆動装置はかなり難しいのではないでしょうか。
では、実際の動物の動きを忠実に再現しなくても良いのであれば無理に六軸、七軸である必要はなく、逆にやり方は何でもありということになります。ですが、三軸、四軸では転びそうになったときに姿勢を立て直すといった細かな制御ができませんし、やはりそれほど滑らかな動きは期待できないと思います。

結局、機動力としては「よちよち歩きのぬいぐるみ」程度かも知れませんが、マイコンやセンサーの性能は格段に上がっていますので、しぐさやパフォーマンスなど機能的には現在でもかなりのものが作れるのではないかと思います。この技術が「ペット・ロボット市場」を生み出します。プーさんには質問者さんのような熱烈な支持者がたくさんいますので、50万円くらいなら実際に商品化できるのではないでしょうか。
確か近年、「身長40cmの鉄人28号」が80万円で全数完売になっています。恐らく、二足歩行は四軸か五軸程度ですが、その性能は40代、50代のおじさんの思い出を惜しみなく再現してくれます。
ロボット技術やロボット産業はこれからも伸びますし、人間いくつになっても自分の夢が叶うのを待っています。値段はしだいに下がっていますから、質問者さんがオーダー・メイドで歩くプーさんを手に入るなんてことも、もしかしたら現実になるかも知れませんよ。
    • good
    • 0

現在のロボットは動作のすべてを1台のコンピューターが制御しています


動物は脳に制御されて動く筋肉と脳とは無関係に動く筋肉があります

動物の筋肉は数えきれない数の筋肉細胞で構成されています
脳からの指令は神経を伝わって多数の細胞に順次伝達されるのに対しロボットは一個のピストンが腕なら腕指なら指を動かします
ここに動作の滑らかさに違いができるのです
筋肉細胞と同じくらいの大きさのピストン多数を筋肉のようにつなげてそれらに順次信号を送ることができれば本物動物のように動くと思います
鉄道の車両を長くつなげてカーブを通過させる
近くで見ると折れ曲がって見えるが遠くから見ると滑らかな曲線に見えます
硬いピストンも小さいものをたくさんつなげて曲げると滑らかな筋肉に見えるはずです
知識では実現できますが技術がそれをサポートできるようになるまでは無理でしょうね
私の子供のころには構想もなかったようなことが現在では実現されています
今後に期待しましょう
    • good
    • 0

現在の技術ですでに可能だと思います。


人間がパッと見て「生きている」と思うもの作れると思います。

少し前にNHKのサイエンスゼロという番組で、
ロボット研究者の阪大の石黒教授と、番組コメンテータの哲学者の黒崎教授が、「ロボットは心を持つか」という話で議論していた回があります。
そこで、2人の論点がまったく噛み合わず完全な平行線なまま終わった(というか、最初から最後まで議論と呼べる状態にすらなってない)というんで、ちまたでちょっと話題になっていました。
    • good
    • 0

結論から言ってしまうと、今のところ無理でしょう。


ただ、どの程度のもので満足するかという問題ですと、けっこう良い物が作れると思います。

比較として、何年も前に生産終了してしまったアイボを想像してください。

機械として見た場合、動作の速さや制御の細かさなどは、今なら数段良くなることは想像に難くありません。
コンピュータは小型で高速になりましたし、電池も小さく、高出力になりました。
「動物の様」にとはいきませんが、二足歩行も可能でしょう。

一方で、「動物の様」というのは、全く別の課題があります。
一例としては、「人間は、いったいどんな現象に対して命を感じているのか」という問題があります。
丸くうずくまった動物を見たとき、かなり速く、「眠っている」「死んでいる」を、人間は見分けることができます。
でも、これは、考えてみると不思議ですね。見かけはほとんど違わないのに、命の違いをすぐに判別する。

人間には、ロボットがロボットであると、すぐ見破ってしまう能力があります。逆に、その分、生きているようなロボットは困難です。

面白い実験で、階段をボールが跳ねながら落ちてゆく映像の実験があります。
普通に見れば、人間にはボールだとすぐわかりますし、動いているものだからといって生物でないことも感じ取ります。
ところが、この映像の上下を逆さまにして見ると、「動物?」という感覚にとらわれます。動物か、物体か、すぐには判断できなくなる。

現在のロボットは、機械としての動作は良くなってきているので、別の視点で、人間の心理や、脳の働きなど、生物の研究が進んでくれば、動物らしいロボットが可能になるでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロボット巡回対策のMetaタグに関する質問です。

ロボット巡回対策のMetaタグに関する次のサイトについて質問です。

http://heo.jp/tag/page/key.html


■ ロボット巡回対策 <Meta Name="ROBOTS" Content="">


<Meta Name="ROBOTS" Content="INDEX,FOLLOW">
INDEX,FOLLOW・・・・このページもページからのリンク先も許可。


<Meta Name="ROBOTS" Content="INDEX">
INDEX・・・・このページのみ巡回許可。


<Meta Name="ROBOTS" Content="NONE">
NONE・・・・このページもそこにあるリンク先全てを巡回禁止。


<Meta Name="ROBOTS" Content="NOINDEX">
NOINDEX・・・・このページのみ巡回禁止。


<Meta Name="ROBOTS" Content="NOFOLLOW">
NOFOLLOW・・・・このページは巡回許可、リンク先巡回禁止。


<Meta Name="ROBOTS" Content="ALL">
ALL・・・・下の階層の巡回を許可。


------------------------------
★★質問★★

自分のサイト内を全て巡回禁止にしようと思います。最も簡単な方法を取りたいのですが、上の説明から類推すると、

<Meta Name="ROBOTS" Content="NONE">
NONE・・・・このページもそこにあるリンク先全てを巡回禁止。

これでよさそうですが、ここで言う「リンク先全て」とは、「下の階層全て」と考えていいのでしょうか。それとも文字通り他のサイトであろうとなかろうとリンク先全てということでしょうか。

それとも別に適切な記述がありますか。

★★希望

そのサイト内のページをホームページ「...index.html」に巡回禁止の記述をすれば完璧にすべて巡回禁止になるようにしたいのです。

よろしくお願いします。

ロボット巡回対策のMetaタグに関する次のサイトについて質問です。

http://heo.jp/tag/page/key.html


■ ロボット巡回対策 <Meta Name="ROBOTS" Content="">


<Meta Name="ROBOTS" Content="INDEX,FOLLOW">
INDEX,FOLLOW・・・・このページもページからのリンク先も許可。


<Meta Name="ROBOTS" Content="INDEX">
INDEX・・・・このページのみ巡回許可。


<Meta Name="ROBOTS" Content="NONE">
NONE・・・・このページもそこにあるリンク先全てを巡回禁止。


<Meta Name="ROBOTS" ...続きを読む

Aベストアンサー

考え方としてはindex.htmlにNONEでOKですが、外部リンクなどでやってきたロボットに関しては最初にindex.htmlを読むとは限らないので
robots.txtも用意して拒否した方が良いですね
ただ、グーグルやヤフー等の大手の検索エンジンは比較的行儀良くルールを守ってくれますが、その他の検索エンジンはMETAタグやrobots.txtを読まなかったりする可能性もあります
念のために.htaccess等でブラウザ以外(エージェントにbotを含む物等)を蹴る等の設定をしないと安心はできません

Q二足歩行ロボットについて

学校で二足歩行ロボットについて調査せよ!
という課題があり、ならべくWikipediaを使わないように
ほかのサイトとか見ているんですが、説明がわかりにくかったり、
ロボットの動きとかを掲載しているところばっかりなので
二足歩行ロボットについて知っている方がいるのであれば、教えてくれませんか?

Aベストアンサー

二足歩行型ロボットに限ったことではありませんが、
基本的には普通「サーボモータ」という、自分で
動かしたい角度だけ(たとえば10度分だけとか)動かす
ことのできる特別なモータを可動部(足や手の関節)に
取り付けたようなものになっています。
制御方法は近代制御理論ですとか、ロバスト制御理論
等々いろいろとあって、いろいろなものを組み合わせて
いるのですが、専門的なことになってしまって難しいの
で、基本的な部分だけ説明します。基本的には、重心
位置の変化を見ています。
たとえば、右足を前に出したいときは、重心位置を左に
傾けて、左足に体重をかけて右足を浮かすことのできる
状態にして、右足を前に出したら重心位置を前にする(
体重を前にかける)と右足にも体重がかかって一歩前進
する。
その後、今度は右足に重心を持ってくる(右足に体重を
かける)と、左足を浮かせることができるので、今度は
左足を前にだす・・・・
ということを繰り返して一歩ずつ前に歩くことができる
というのが二足歩行型ロボットの制御の基本です。

Qロボット検索を拒否したい。

教えて下さい。

ロボット検索を拒否したいと思いましてHPの各ページに
<meta name="robots" content="noindex,nofollow">
を入力してロボット検索を拒否しています。
ただしトップページだけはYahooで検索されてしまいます。
最近<meta name="robots" content="noarchive">も追加したのですが、
検索されてしまいます。

何か原因は考えられますでしょうか?

Aベストアンサー

metaタグだけではロボット検索を拒否することはできません。

.htaccessを設置するとより検索避けが強化できるのですが、設置許可をしているところはとても少ないのです。

Q4足歩行のロボット

犬の足は人間より力が弱いにもかかわらず犬のほうが早く走れます。
ロボットの場合も、2足より4足の方が早く走れる可能性があるのでしょうか?
6足以上や、あるいは3足、5足のような奇数の場合はどうでしょうか?速く走れない場合でもなにか他に利点があるでしょうか?

Aベストアンサー

2足歩行の人間より4足歩行の動物の方が一般に早いのは、
多分、足を4つ使えるということと背骨をバネのように使えるということが利点なのだろうと思います。
(逆に人間の場合2足のみがほとんど推進力になっています)
ロボットの場合でも、うまく動物と同じようにシミュレートできれば4足の方が早いような気がします。
奇数本の足の場合バランスが悪くなるような気がします。
足の本数が増えると、それぞれの足の調整をしなくちゃいけなくなりますが、一本あたりの支える体重が少なくなるのは利点だと思います。

Q「むかし懐かしロボット」大阪トイマーケット限定バージョンについて

教えて下さい。よろしくお願い致します。

食玩で、株式会社あっぷる から発売された「むかし懐かしロボット」シリーズというものがありますが、この商品には、市販された商品以外に、大阪のトイマーケットで限定発売(配布?)されたものがあるらしいのです。
私の方では、オークションなどで下記3種類は確認できました。

(1)Atomic Robot Man 色:ホワイト
(2)Atomic Robot Man 色:レッド
(3)Mechanized Robot 色:レッド

もし、上記以外に、発売(配布?)されたものなど御存知の方がいらっしゃいましたら、情報のご提供をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

補足です。
 トイマーケットとは「アンティーク・トイから現行プレミアムトイまでとにかく楽しい1日マーケット!」とDMに書いてあります。
おもちゃなどのマーケットだと思います。(私も行ったことがないので)
 ATCとは大阪南港ATCホールのことです。(ここで開催される)
 roby_robotさんの質問された3種類は午前中有料入場者先着800名に進呈される
限定景品です。(だから、ロボットの背面に印刷がしてあるのです)
 下記URLのカタログ資料請求(登録無料)をすると、DMが送られてきます。
株式会社あっぷる がなくなる前まではここ(大阪ブリキ)でも「むかし懐かしロボット」は購入できましたが、現在は購入できません。

参考URL:http://www.eonet.ne.jp/~robot/

Q二足歩行について

友人から聞いたのですが、実際にロボットを人間の様な動作で二足歩行させるのは足に使う素材の柔軟性等の問題で難しいと言われました。いま現在の部品や技術では本当に無理なのでしょうか?

Aベストアンサー

人間のように・・・
というのがどの程度か不明ですが、現状二足ロボットの二足歩行が、人間っぽくないのは、コンピュータの処理能力の問題です。
コンピュータの処理能力が、人間並みの動きをさせるのに不十分なために、ロボットの動作系は「ダイジェスト版」になっています。
どう、ダイジェストかというと、ロボットで言えば自由度、人間で言えば関節の数です。
人間の足の骨は左右で56、片足で28なので自由度=関節の数は27だったはず。ロボットの数は格段に少ない。

実例がないので、参考までに下記に示すと
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2009/pr20090316/pr20090316.html
首に3自由度=三つの関節を備えていますが、頸骨は人間の場合、七つなので、原理的には、頸骨上部と頸骨下部の接続(関節)を含めると8つの関節=自由度があり、それによって首を動かしています。

素材の問題ではなく、コンピュータの処理問題になります。
たぶん。

Qmetaタグについてです・・・ロボット検索時において・・・

<meta name="robots" content="index,follow">

このタグを打てばロボット検索が拾ってくれると書いてあったのですが、このindex,followはどういうことなのでしょうか?

indexはそのHTMLファイル名じゃないとダメなのでしょうか?

このタグの説明を希望します。

よろしくお願いします。

http://www.robot-search.com/search_04.htm

Aベストアンサー

質問文の中に書かれたURLのページに、説明してある通りなのですが、意味がよく
理解できなかったでしょうか?

では、こちらの説明ではどうでしょう。
http://www.tagindex.com/html_tag/page/meta_03.html

index noindex follow nofollow は決められた属性値なので、この通りに記述しないと
いけません。また、これは登録を許可するだけなので、これを書いたからといって
拾ってくれるとは限りません。

<title> ~ </title> に検索キーワードになりそうなものを入れる。
<meta name="description" content="あなたのページの説明を記述">
<meta name="keywords" content="半角カンマで区切りでキーワードを指定">

なども重要です。

Q二足歩行ロボット

二足歩行ロボットが人間より速く走る日は来るでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

興味ありますね! 素人ですので希望的観測ってことで、数年で軍関係、研究所関連で公開されると思います。

ソニーの人と同じ大きさの有名なロボットは、あのへこへこした歩き方には辟易?してました。
数ヶ月前にYoutubeで30cm大の自転車をこいで走り回るロボット製作者のサイトで、見事に普通の人の歩き方と同じ歩行を行う動画をみました。また先日だったか?テレビで小型のロボットが走る事を行っていました。

ようやく、人と同じ格好の歩行が一個人の能力でも可能になったと思います。
従って、それなりの研究費が使える環境ではすでに走ることも可能なのでしょう。

そして、質問者様の例えば50m、あるいは100mを人より速く走るには、動的な制御の素早さと、駆動機能の強度と馬力とエネルギー源の具体的最適化で進行中と思います。
つまり、基本的な各要素は実現可能もしくは実現しており、どこかが100億円を実現した団体もしくは個人に与えると提案すれば、1,2年で競技会が行えると思います。

興味はこのようなことが実現した場合、人より小型のロボットか、それとも大きいロボットかどうかが気になります。現在の高性能なバッテリーでもエネルギーがやや不足するような気がします。

誰か工学に明るい人が計算してくれると面白いです。
例えば体重40から60kg、これを100m9秒で移動、あるいはX秒で移動、この時の脚力とエネルギー、そして現状のリチュームイオン電池と平均的サーボのパワー
これら既存の数値で計算すればある程度の速度と過不足の要素が判明するのでしょう。

こんばんは

興味ありますね! 素人ですので希望的観測ってことで、数年で軍関係、研究所関連で公開されると思います。

ソニーの人と同じ大きさの有名なロボットは、あのへこへこした歩き方には辟易?してました。
数ヶ月前にYoutubeで30cm大の自転車をこいで走り回るロボット製作者のサイトで、見事に普通の人の歩き方と同じ歩行を行う動画をみました。また先日だったか?テレビで小型のロボットが走る事を行っていました。

ようやく、人と同じ格好の歩行が一個人の能力でも可能になったと思います。
従って...続きを読む

Qホームページのロボット制御について

ホームページのロボット制御について疑問があります。

index.html(トップページ)だけはロボットの登録対象にしたいが、その他の全ページは
すべて登録対象にしない場合のメタタグについてなんですが、調べたら

index.html(トップーページ)には
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOFOLLOW">を記述しこのページを登録対象にし、かつこのページのリンクを辿らないようにする。
それ以外のファイルはすべて
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX,NOFOLLOW">と記述すると書いてありました。

しかし、そもそもindex.htmlに記述したメタタグによってindex.htmlページ内のリンクを辿らないわけなので、その他のファイルにあえてメタタグを何も書かなくてもその他のファイルはindex.htmlから辿られず、インデックス化されない気がするんですがどうなんでしょうか?
a.htmlやb.htmlなどその他の全ファイルにも
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX,NOFOLLOW">と記述しないといけないんですかね?

ホームページのロボット制御について疑問があります。

index.html(トップページ)だけはロボットの登録対象にしたいが、その他の全ページは
すべて登録対象にしない場合のメタタグについてなんですが、調べたら

index.html(トップーページ)には
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOFOLLOW">を記述しこのページを登録対象にし、かつこのページのリンクを辿らないようにする。
それ以外のファイルはすべて
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX,NOFOLLOW">と記述すると書いてありました。

しかし、そもそもindex...続きを読む

Aベストアンサー

> そもそもindex.htmlに記述したメタタグによってindex.htmlページ内のリンクを辿らないわけなので、その他のファイルにあえてメタタグを何も書かなくてもその他のファイルはindex.htmlから辿られず、インデックス化されない気がするんですがどうなんでしょうか?

index.htmlから辿ってくることは無いでしょうが、外部から特定のページにリンクが張られるとロボットはやってきますよ。

Qトヨタ館のロボットとアシモの歩行技術の比較

トヨタ館を見に行った方で、かつてアシモも見たことがある方、あるいは、どちらも見たことがなくても技術のことを知っている方に質問です。
私は、アシモだけ見たことがありますが、人間と同じスムーズな歩きに驚きました。
トヨタ館のロボットも、アシモに匹敵する歩き方をしているのでしょうか?つまり、もう、アシモの歩行技術が、いろいろな企業に横展開されている時代なんでしょうか?

Aベストアンサー

一応そっち方面の研究開発をしているものです。
ちょっと長いですがほかに回答されている方もいないようですので、イチ業界人の個人的分析として読んでいただけると幸いです。

トヨタのロボットの方は、あいにく私は映像でしか見たことがありませんが、おおむね同程度の技術レベルではないかと推測します(つまり相当なレベルということです)。
細かく優劣を論ずることも可能でしょうが、以下の点がきちんと実現しているという点で、大体同レベルと言って良いかと思います。
・ZMP理論を基礎とした二足歩行動作の実現
・センサ類を用いて転倒を防いだりモノを持たせるなどが可能な安定化制御技術
・人間大の機体で歩行を高い信頼性で実現できる実装技術

ただし「アシモの歩行技術の横展開」という表現は当たらないと思います。
少なくとも私の見聞きする範囲ではホンダは自社の歩行制御技術の詳細を一切公開していませんし(理論の概要だけはHPで公開していますけど)、トヨタは2~3年ほどの期間で独力であのロボットを開発したと考えられています(相当カネを使ったはずです)。

もっとも二足歩行制御の基本理論であるZMP理論やその利用技術の骨組みは、アシモ登場のはるか以前から早稲田大学や東大を中心に地道で膨大な研究が行われており、ホンダやトヨタの技術もその延長線上にあります。
そういう意味では「早稲田その他の歩行技術がホンダを含む色々な企業に展開されはじめている」とは言って差し支えないかと思います。

とはいえ製品化・事業化・企業化という観点で言えば、二足歩行制御の技術を基礎理論から熟知して、商用目的に耐える歩行技術を確立している企業は決して多くありません。
この辺は人によって色々な意見があると思いますが、新興のベンチャー企業などを含めても全国で10社あるかないかでは‥というのが私の見立てです。

一応そっち方面の研究開発をしているものです。
ちょっと長いですがほかに回答されている方もいないようですので、イチ業界人の個人的分析として読んでいただけると幸いです。

トヨタのロボットの方は、あいにく私は映像でしか見たことがありませんが、おおむね同程度の技術レベルではないかと推測します(つまり相当なレベルということです)。
細かく優劣を論ずることも可能でしょうが、以下の点がきちんと実現しているという点で、大体同レベルと言って良いかと思います。
・ZMP理論を基礎とした二足...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報