こんいちは6ヶ月の子供を持つ父親です。
子供の頭蓋内にくも膜嚢胞があり、2度の内視鏡手術を受けましたが
のう胞はなくならず、3度目の手術を考えているところです。
内視鏡手術における、くも膜のう胞開放術の症例などの文献を入手する
手段をご存知の方教えてください。
又、セカンドオピニオンについてご存知でしたら宜しくお願い
致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大変ご心配のこととお察しいたします。


MiJunさんがあんなことを書いているので、お答えしないわけには行かなくなってしまいました(笑)。

でも、実は、
くも膜嚢胞が頭蓋内のどこにあるか、大きさはどうか、何か悪さをしているのか(例えば、脳に対する圧迫が強くて、麻痺が出たり、意識が悪くなったり、けいれんを起こしたり、又は、第3脳室や中脳水道を圧迫していて髄液の流れが阻害されるために水頭症になってしまう等)などが全くわかりませんので、お答えするのが困難なのです。
最近流行の神経内視鏡を用いて2度手術をされて効果がなかったとのことですが、3度目の手術はどういう方法で予定しているのでしょうね。
くも膜嚢胞の手術方法は、大きく分けて3通りあると思います。1番目としては、効果は確実だが侵襲が大きいものとして、大きく開頭して嚢胞壁を出来るだけ大きく取り去る方法であり、2番目は小開頭又は穿頭術により嚢胞壁の一部を破ってくも膜下腔に開通させる方法(内視鏡手術はこの範疇でしょう)、3番目は嚢胞内に管を入れ、くも膜下腔内や腹腔などに内部の液体を流してあげる方法(シャント手術です)です。
私の個人的な感想としては、おそらく乳児なので出来るだけ侵襲の少ない方法として内視鏡手術が選択されたものと思います。ただ、3回目とのことなので、今回は、嚢胞の位置や症状などにもよりますが、3番目か1番目の方法を選んで確実性を求めた方がよいかも知れませんね。
いずれにせよ、この場では写真を見ることも出来ず、経過についても詳しくわからず、診察することも出来ず、どこで治療されているかもわからないという大きな制約がありますので、これ以上のコメントは申し訳ありませんが出来ません。ご担当の先生方とよく話し合われ、納得された上でお子さまの手術方法を選んで下さい。
お大事にどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご返事有難うございます。おかげさまで、大変参考になり、少し不安が取り除けました。
ご意見を参考に主治医の方とよく相談しながら、治療に専念したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/24 18:11

MiJunです。


以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「PubMed」
このページで「"arachnoid cyst" and operation and review and Japnese」と入れて、「Go」ボタンをクリックして下さい。
ただし、検索では「手術」で検索してます!
さらに「review」を除いて検索すれば更に多くなると思いますが、一例報告よりも総説で見た方が効率的ではないでしょうか?

35件Hitします。
有料のデータベースは
http://www.jst.go.jp/
(科学技術事業団)
今アクセスできないようです(メンテ?)。
ここで構内・国外の医学論文等の文献検索が有料で出来ますので、平日問い合わせてはどうでしょうか?

ご参考まで。

補足御願いします。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々申し訳ありませんでした。上記のURLを参考にさせて頂いて、
治療に専念いたします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/24 18:15

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「OH脳HP;目次」
このページで

http://user.shikoku.ne.jp/tobrains/disease/anoma …
(クモ膜のう胞)
http://user.shikoku.ne.jp/tobrains/therapy/burrh …
(脳室ドレナージ術)

有料のデータベースを使用すればいくらでも検索できますが・・・?

「セカンドオピニオン」に関しては、以下のサイトは参考になりますでしょうか?
http://rad-www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/Public/second_ …
(がん治療のセカンドオピニオン)
更に、TOPページで「セカンドオピニオン」と入れて検索すると関連質問の回答がありますので参考にしてください。

手術に関しては、naokun先生の回答を待ちましょう!

補足お願いします。

参考URL:http://user.shikoku.ne.jp/tobrains/contents.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々ご返答有難うございます。大変参考になりました。ところで、有料のデーターベースにはどのように行けばよいのでしょうか?幾つかのデーターベースにアクセスしたところ、医療関係者、医学生
などの職業でなければ会員に成れないような記述に出会いました。何か良い方法があれば教えてください。宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/03/24 15:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qくも膜下出血の前兆として記憶障害はありますか?

お世話になります。

一人暮らしをしていた父がくも膜下出血で倒れ、そのまま亡くなりました。発見した時は数日経っており、詳細は判りませんが、大体くも膜下出血の原因事態は推察できております。(心房細動による血栓だと思います)

父は年の割りには(70代半ば)、割としっかりした人間だったのですが、年明けから思い違い、記憶違いなど今までなかった事が少しありました。
倒れたと思われる日にも、業者にある工事を依頼しているのに、忘れて外出していたようです。

くも膜下出血の前兆として、このような記憶障害はあるものなのでしょうか?
父に対して悔いはありませんが、早い段階から実は症状が出ていたのかちょっと知りたいので、ご存知の事がありましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

「心房細動による血栓」が原因なら
脳塞栓症ではないでしょうか
(長嶋茂雄氏と同じ)


いわゆる脳梗塞ですね。
「思い違い、記憶違いなど今までなかった事が少しありました」とのことですので,脳梗塞が原因で認知症を起こす可能性はあります。


一方
くも膜下出血は脳動脈瘤の破裂が主な原因です。

突然バットで殴られたような頭の痛みと言われています。
嘔吐や意識障害をきたします。
前兆として動脈瘤で動眼神経麻痺をきたすことがあります。(まぶたが上がらないとか,物が二重に見えるとか)

くも膜下出血が起きてしばらくたって正常圧水頭症という状態になれば認知症をきたす可能性はあります。

Qくも膜下出血 後遺症について

家内(61歳)がくも膜下出血の手術を受けて30日近くなります。
幸い大きな後遺症も無く、2週間後の造影検査もクリップの先にも血液が流れ(写真では他の血管より少し薄く写っていました)異常がないとのことでした。ただICUから2週間後に一般病棟に変わってからも食欲がなく点滴で過ごしていましたがその後の血液検査CTも異常が無いとのことで歩くリハビリを受けるようにもなり喜んでいました。
心配なことは
3日ほど前から「夜に誰かが入って来て同室の人を連れ去ろうとする」
「身に危険を感じる」と言い始めました。先生に相談したら手術後の経過に変化はなく順調で「せん妄の一種」と説明されました。
せん妄は退院後に回復するのでしょうか。教えてください

Aベストアンサー

くも膜下出血という大病から無事経過してよかったですね(^○^)。
おそらくmonngamiさんも2週間心配で気が気じゃなかったのでしょうか。

今回せん妄についてのご心配ですね。

せん妄は「意識障害の一種」であります。経過で良くなると期待してよいと思います。

慣れた人・環境である方が回復しやすいとされています。
退院によって家での静養へ切り替えられると精神的安寧から症状はさらに軽快されることでしょう。もうひと踏ん張りです。
十分頑張られていることでしょう、monngamiさんご自身のお体御自愛くださいませ。

Q知り合いがくも膜下出血で亡くなりました。 なにか前兆みたいのは、ありますか? あと生涯発症率は、どの

知り合いがくも膜下出血で亡くなりました。
なにか前兆みたいのは、ありますか?
あと生涯発症率は、どのくらいですか?

Aベストアンサー

>なにか前兆みたいのは、ありますか?
・日頃から血圧が高い。
・手足のしびれが有る。
・異常に頭が痛い。
・全身の筋肉・筋が固くなっている。

>あと生涯発症率は、どのくらいですか?
・人それぞれ。

Qセカンドオピニオンを求めるべきでしょうか?

5月始めより体のあちこちの関節が腫れ痛むようになりました。
足の親指の付け根からはじまり首、腰、両手の親指の関節、他の指は第一関節すべて、右ひじ、そして遂に右の膝にもきました。
仕事はセーブ、スポーツは中止、やっとのことで日常生活を送っている状態です。
特に朝がかなり辛いことからリウマチを疑わざるを得なくなり、近所の内科医の紹介でリウマチ内科のある大学病院を受診しました。

そこで2週間前に採血、採尿し、全身のレントゲンを撮りました。
その結果を今日聞きに行きましたが、まったくリウマチと思われる値が出ていない、骨にも異常がないとのこと。ただ所見からリウマチの疑いは残ること、そのためこれからはっきりするまで痛み止めを飲みながら様子を見ていく旨言われました。関節の腫れる病気は300種類はあるので断定出来ず、抗リウマチ薬は極めて強い副作用があるので確定しない以上出せないそうです。
採血は三ヶ月毎にしていくと言われました。
出されている薬は「ボルカム」「ボルタレン」(座薬)です。

正直言って痛さを抱える生活は辛くてたまりません。
こんな状態をいつまで続ければ「リウマチ」あるいは「リウマチでない」と診断してもらえるのでしょうか?この先生を信頼していないわけではないのですが。

先生はセカンドオピニオンを求めても良い(怒っているわけではなく私が腑に落ちない顔をしていたためと思われます)といっておられますがこの先どうしたらよいと思われますか?こちらの分野に詳しいご専門の方にご意見を伺いたいです。
よろしくお願いいたします。

5月始めより体のあちこちの関節が腫れ痛むようになりました。
足の親指の付け根からはじまり首、腰、両手の親指の関節、他の指は第一関節すべて、右ひじ、そして遂に右の膝にもきました。
仕事はセーブ、スポーツは中止、やっとのことで日常生活を送っている状態です。
特に朝がかなり辛いことからリウマチを疑わざるを得なくなり、近所の内科医の紹介でリウマチ内科のある大学病院を受診しました。

そこで2週間前に採血、採尿し、全身のレントゲンを撮りました。
その結果を今日聞きに行きましたが、まっ...続きを読む

Aベストアンサー

医師が患者さんを診察する場合まず頻度の多い疾患から考えていきますので、頻度の少ない疾患は、どうしても臨床経過や当初の治療効果をみてからでないと診断に到達できない事が多くなってしまう事情をご理解ください。その為、「後医は名医」との言葉もあります。

>もし次にセカンドオピニオンを求めるとしたら、また同じく「リウマチ」の専門医がいる医療機関にかかればよろしいのでしょうか?

リウマチ膠原病科を標榜している科が宜しいと思います。まずは確定診断が重要なのですが、セカンドオピニオンを考えた場合少なくとも別の膠原病専門の医師のコメントを求めるのが常道だと思います。

>そこでは正直に今現在かかっている病院での経緯(不満とか不信ではなく)を言うつもりでいますが(検査は二重になっても致し方ないと思っています)それでいいのでしょうか?

それで結構です。セカンドオピニオンとは、最初に受診した医療機関のデータやレントゲンフィルムを提出してもらい、それを別の医師に評価してもらう事ですので、経過を見る必要のある検査は別ですが、それほど二重にはならないと思います。但し、白血球の型を見るHLA検査など保険の使えない検査もあります。

>ペインクリニック(これはガン患者に対する末期治療のイメージがありますが)などを当たった方がいいのでしょうか?

書き込みましたようにまず診断を確定する事が大切な事です。ペインクリニックが適応になるかもしれませんがまだ後の事です。

現時点ではリウマチ反応陰性の多発性関節痛の鑑別診断になります。この中にはある種の血清反応陰性脊椎関節症の様に3ヶ月以上持続する腰痛症が診断基準の一つに入っている疾患も有り、どうしても時間的経過が必要なものもあります。

鑑別診断をする場合、まず現在ある関節痛がどの様な時に改善または悪化するかや、関節痛以外に何か他の症状あるかが重要です。皮膚や目の症状等何かご自分の体で異常や自覚症状が無いかよく観察をして、もしあれば必ず医師に伝えてください。お大事になさってください。

医師が患者さんを診察する場合まず頻度の多い疾患から考えていきますので、頻度の少ない疾患は、どうしても臨床経過や当初の治療効果をみてからでないと診断に到達できない事が多くなってしまう事情をご理解ください。その為、「後医は名医」との言葉もあります。

>もし次にセカンドオピニオンを求めるとしたら、また同じく「リウマチ」の専門医がいる医療機関にかかればよろしいのでしょうか?

リウマチ膠原病科を標榜している科が宜しいと思います。まずは確定診断が重要なのですが、セカンドオピニオン...続きを読む

Q脳の病気(くも膜下出血など)の前兆や予防法、検査について教えてください!

最近親しい友人が「くも膜下出血」で亡くなりました。突然の事で
ただただ驚いています。

そこで質問ですが、このように「くも膜下出血」や「脳梗塞」など
突然襲ってくる脳の病気などの前兆とかはあるのでしょうか?また
予防法(例えば食べ物とか・・・)とかあったら教えてください!

自分の仕事はとてもストレスをためてしまうような仕事で、時々色々
な事をいっぺんに考えたりすると頭の中が「ギューッ」と圧縮されるよ
うな感覚になる事がよくあります。ストレスなどが重なり、このような
事を繰り返す事によって脳の病気を引き起こすような事もありますか?

また「脳ドック」をしている病院をたまに見かけますが、実際に
「脳ドック」を受けたりすれば、脳の病気の前兆が出ている・・・とかも
わかったりするのでしょうか?費用は一般の検査に比べちょっと高め
だとは思いますが、一度検査を受けてみたいと考えているので、
この事についても何かご存じの方がいましたら教えてください!

よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

くも膜下出血や脳梗塞などは脳卒中の一種ですが、脳卒中という病名自体が前兆がない事を意味しています。したがって早期発見という一般的な概念はあてはまりません。しかし、喫煙、高血圧、高コレステロール血症、糖尿病などの危険因子がある場合には厳重にコントロールする必要があります。
くも膜下出血は一般的な脳卒中とはことなり危険因子がありません。普段健康で検診でも異常が指摘されない人が多く見られます。予防のためには脳ドックを受診しMRIによる血管撮影を受け脳動脈瘤の有無を検査すればおおむね安心する事ができます。費用は施設により様々ですが、使用しているMRIの機種により診断度が全く違いますのでよく調べてから受診して下さい。

Q人体内の膜について(解剖の話)

 基本的な解剖の質問で申し訳ないのですが,ずいぶん前から疑問だったことがあります。体内の色々な膜についてどうしても分からないことがあります。例えば,胸膜は両肺を包んで折り返しになっていますが,その軸は,気管支でしょうか?では,心膜,腹膜の軸は,どの部分でしょうか?そして,仮定の話で,体幹から腹膜を置いて,臓器だけ取り出したら,3個の風船になるということでしょうか?あ、^4個になるのかな?膜と,臓器の関係を詳しく知りたいです。

Aベストアンサー

軸…という表現がわかりません
付着部位(固定しているポイントはどこ?)ということでしたら、縦隔です(胸膜の場合)。
腹膜の場合、両サイドと膀胱の頂部に付着していますね。
心膜っていうのは心臓の表面を包んでいるもので、胸膜・腹膜のように多臓器を包んでいるものでないのでイメージが違うように思います。
仮定の話…ん?って感じですが腹膜でも胸膜でも大きな穴が開いていますし風船ではないよなあって思います。あと腹膜外臓器とか後腹膜臓器(腎臓など)ってのがありますから、もとから全ての臓器が包まれているわけでもないんですよ。

Qくも膜下出血

元globeのKEIKOさんが、くも膜下出血で倒れた。
幸い一命はとりとめた様だが、39歳でくも膜下出血で倒れるとはショックだ。
くも膜下出血について前兆はどういうものなのだろうか?

Aベストアンサー

こんにちは
ご存じのようにくも膜下出血は脳動脈にできた動脈瘤が破裂して起こります。出血は突然ですから、所謂前兆は無いのが普通です。

くも膜下腔に出血することで激烈な痛みを自覚しています。

出血前には無症状で経過しておりますので前兆などはありません。

くも膜下出血は動脈瘤の破裂よって起きるのですが、中には動脈瘤が認められない原因不明のくも膜下出血というものもあります。

無症状が故に脳ドックなどでMRAによって頭蓋内血管を調べ動脈瘤を早期に発見することにつとめています。

Qクモ膜下出血と肺水腫の関係

 とある医学書で「クモ膜下出血では合併症として・・・」とあり、血管攣縮による障害(致死性含む)などは理解できましたが、肺水腫というのが今イチ分かりませんでした。参考書などでは「出血による血圧上昇のストレスが原因で内分泌系の失調による・・・」とありましたが、なんとなく分かったような分からないような感じです。
 明快なアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

くも膜下出血による肺水腫は神経原性肺水腫と呼ばれますが、重症くも膜下出血に合併する病態です。しかしながら厳密な機序は未だ分かっていないようです。主たる原因は脳動脈瘤が破裂したときにカテコラミンが一度に大量に放出されることにより、血圧が上昇して心臓に負担がかかり(厳密に言うと左室に後負荷がかかり)一時的に心筋の機能不全が起こって肺水腫になると言われています。

 また、肺の血管も交感神経の支配を受けていますから、カテコラミン放出により肺血管が収縮し、血管の透過性も亢進することなども関与していると言われています。

Qくも膜下出血は隔世遺伝すると聞きとても不安です

くも膜下出血は隔世遺伝すると聞き、とても不安です。
二年前、父方の祖母が80代で脳動脈瘤の破裂によりくも膜下出血で倒れ、そのまま帰らぬ人となりました。
私は現在20代前半ですが、もともと偏頭痛になりやすかったりするので、4年に一度MRIで検査して頂いています。今の所は何の指摘もありません。MRIよりもMRAでの検査のほうが初期の脳動脈瘤を発見できるそうで、そちらの検査を今度予約しようと思っておりますが、遺伝により脳動脈瘤ができやすい体質の人はどのくらいのペースで検診に行けばよいのでしょうか。

また、祖父や祖母の代がくも膜下出血を発症している場合、私たち孫は若いうちに発症する可能性が高いのでしょうか。くも膜下出血は遺伝性が高いと聞き、非常に不安になってしまいました。

詳しい方、専門の方がいらっしゃいましたらお知恵をお貸し頂きたいです。乱文で申し訳ございません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

くも膜下出血の原因によると考えられています。動静脈奇形や、脳動脈瘤などが原因の場合は多少遺伝する可能性が高いと考えられてはいますが、お若いので一度しっかり脳ドックなどで血管の状態を確認し、特に問題ないようでしたら、数年~5年おきでよいと思いますよ。

Qそけいヘルニアの手術

いつもお世話になってますm(__)m
主人31歳がこの間病院でそけいヘルニアと診断されました。立ち仕事ををしていまして、1年ほど前から時々痛みがあって最近やっと病院にいって来ました。
お医者さんの話だと二泊三日の入院で大丈夫との事。
痛みも時々だし、まだひどくはないので急いでは手術しなくてもいいとのことです。
・・・お恥ずかしい話ですが、医療保険に入ろう入ろうと思いつついまだに入ってないのです。(国保には加入しています)
(1)やはりこうゆう状況になってから医療保険に加入するということは違反(?)になってしまうのでしょうか?
(2)国保の三割負担金での手術代はおいくらくらいになるのでしょうか??
(3)(自営でお店をしているもので)年末年始の休みを利用できたらと思ってますが、その頃は病院もあえて患者はとらないのでしょうか?もし採ったとしたらお正月料金になってしまうのでしょうか???

無知な質問で申し訳ありませんm(__)m
ご助言、よろしくおねがいします・・・

Aベストアンサー

(1)保険に入ること自体は保険会社によっては可能だと思います。規約がいろいろありますから探す必要はあるでしょうけど。すでに発症している病気に関連した事項は請求不可能です。関連したことがあれば払わないです。たぶん。

(2)ファイルですがこういうものを公表しているところもあります。http://www.kyoto1-jrc.org/brown/pdf/13.pdf
3割で9万円前後とのこと。そんなにしたっけ?という印象ですが…。この手の手術を受けた方…もう少し安かったかと…。使う薬などで異なってきますが、ここはコストもれなく頂いていると思いますので、これよりはるかに多くなるということは個室にでも入らない限り無いとは思います。

(3)病院も休日体制でございます。緊急以外の手術はほとんどありません。が、休日の日程によります。年末27.28日頃まで通常の業務をしている場合、ある程度経過がわかりやすい手術だと通常日は手術をします。手術前日に入院する必要はありますが、休みを少し早めに設定すると病院によっては可能だと思います。医師に可能かどうか確認されると良いと思います。新年にするとその後お仕事が大変だと思いますので年末の方が良いと思います。

参考URL:http://www.kyoto1-jrc.org/brown/pdf/13.pdf

(1)保険に入ること自体は保険会社によっては可能だと思います。規約がいろいろありますから探す必要はあるでしょうけど。すでに発症している病気に関連した事項は請求不可能です。関連したことがあれば払わないです。たぶん。

(2)ファイルですがこういうものを公表しているところもあります。http://www.kyoto1-jrc.org/brown/pdf/13.pdf
3割で9万円前後とのこと。そんなにしたっけ?という印象ですが…。この手の手術を受けた方…もう少し安かったかと…。使う薬などで異なってきますが、ここはコストもれ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報