マンガでよめる痔のこと・薬のこと

大爆笑で腹がよじれて死んでしまいそうなぐらい笑える小説知りませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんばんは、笑いのツボは人それぞれなので何とも言えませんが・・・。



私もあまり笑った事がない時に比較的まじめな先輩から「原田宗典」という作家の小説を紹介していただいた事がありました。紹介してくれた先輩だけにまじめな小説かなと思っていたら作者の体験談や若かりし頃にしていた馬鹿なことなどが書いていて笑った記憶があります(笑)

この作者の小説からは「笑い」だけでなく「懐かしさ」を思い出させてもらえます。

腹がよじれて死んでしまったら大変です。
そこまではいかないと思いますが、多少は笑えると思います。
ご参考までにどうぞ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ハッハッハッハッハ確かに腹がよじれて死んでしまったら大変ですね!

お礼日時:2009/12/31 15:07

清水良英さんの「激突カンフーファイター」とか?


かなりクセがあるけど ツボなら爆笑できますヨ

中身全部が漫才ライブのような文章で書かれてます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕は漫才が好きなので楽しめそうな小説ですね!

お礼日時:2010/01/07 21:05

お礼、ありがとうございます。



銀河ヒッチハイクガイドは、最初の数行で地球が滅び、主人公以外の地球人がいなくなるところから始まります。地球が滅んだ理由は、銀河ハイウェイを通すため。地球方面を管轄している役所(当然、別の星ですが)に、きちんと公告していたけど、当事者が現れずに立ち退かなかったので、ということでした。
戻るとことが無くなった主人公が、銀河を旅する、というストーリー。ハチャメチャなストーリーですが、構成力は凄くて、線路のないジェットコースターに乗っている気分になります。
クリケットの試合があったり、宇宙の果てで食事をしたり・・・、各巻多彩なストーリーになっていて、全3部作の最終巻が4冊目、5冊め6冊目もあるというシロモノです。
これだけいい加減なのに、原作の版元がBBC(英国国営放送)で、ドラマ化されています。

もう1冊を追加で。
ほら男爵現代の冒険 星新一
ショートショートで長編を書くとこうなる、という作品です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに細かく説明してくれるなんて恐縮です!嬉しすぎます!

お礼日時:2010/01/07 21:02

ありそうでない、コントのような小説、部分的におかしいのでなくギャグだけでできた小説といえば、小林信彦の「唐獅子株式会社」シリーズで

す!また小林信彦の「ちはやふる奥の細道」も凄い!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんか分からないですけど迫力がって面白そうです!

お礼日時:2009/12/31 15:15

難解でもよけれな、銀河ヒッチハイクガイドシリーズ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

「銀河ヒッチハイクガイド」ってまず名前が面白そうですね。
銀河をヒッチハイクしていくストーリー何でしょうか?
考えるだけでわくわくしてきます。

お礼日時:2009/12/31 15:11

死にそうなほど腹がよじれるかどうかは分かりませんが…


清水義範さんの「虚構市立不条理中学校」は笑いながら読めました。
今amazonのレビューを見てみたら、清水さんの他作品も爆笑できるみたいですね。


http://www.amazon.co.jp/%E8%99%9A%E6%A7%8B%E5%B8 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

amazonのレビューを見てみましたら「虚構市立不条理中学校」という本メッチャ面白そうじゃないですか。
早速この本BOOK OFFで探したいと思います!

お礼日時:2009/12/31 14:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q爆笑できる小説

皆さん、こんばんは!

電車の中で一人で読まないほうがいいほど、
爆笑できる小説を教えてください。
奥田英朗さんの本は結構読んでます。

お願いします。

Aベストアンサー

わたしの”爆笑”この一冊・・・
 『プリズンホテル<1>夏』(集英社文庫)浅田次郎:著

 リゾートホテルのオーナーはヤクザの親分。そのホテルで働く”ワケあり”の従業員。。そこを訪れるこれまた”ワケあり”の客たち。。。

 全編笑うだけ笑ったあと、最後にしんみりと泣かされます。

 電車の中では決して読まないでください。わたしは過去にこの本で、車内の幾つもの怪訝そうな視線を体感しておりますゆえ。。。

<PS> 既読でしたらごめんなさい。
 

Q爆笑できるエッセイ

こんにちは。読書の秋ですね。そこでお願いです。エッセイが好きなんですが、読んで笑えるようなエッセイを教えて下さい。よろしく。

Aベストアンサー

こんにちは
質問者様が女性の方という事でひとつ。
青木るえかさんという方の「主婦でスミマセン」からの一連のシリーズはとても笑えます。
未読でしたら是非。

#13様お勧めの土屋賢二さんのエッセイは私も大好きです。
以前、ちょっと書店で買おうかと軽く立ち読みして噴き出して慌てて購入した事もあります。

Q笑える小説を探しています。

面白くて笑える小説を探しています。

例えば、空中ブランコ&イン・ザ・プールの伊良部シリーズ。

レボルーションvo.3&フライ・ダディ・フライのゾンビーズシリーズ。

上記のような、おもわず声を出して笑ってしまう話が好きです。

何かおすすめの小説はないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

伊良部シリーズは面白いですね!

・浅田次郎「プリズンホテル」(1~4)
ちょっと濃いですが、笑えて泣けます。

・東野圭吾「毒笑小説」(短編)
・みうらじゅん「色即ぜねれーしょん」
・清水義範「国語入試問題必勝法」

Q笑える本、面白い本教えてください

最近読書が好きになってきたので、図書館でいろいろ借りてます。(貧乏)
面白くて人前で読んでも笑いをこらえるのが大変な本とか、
意外な展開を迎えて唸ってしまうものなど、お薦めの本を
教えてください。
ちなみに、私は読解力が乏しいのも影響してか、分かりやすく
書かれた作品(山本文緒さん、唯川恵さんなど)を好む傾向が強いです。
林真理子さんのだと途中で読むのを止めてしまうのもあります。
人のすすめで読んだ井上ひさしさんの「新釈遠野物語」は良かったです。
特に恋愛ものが好き、というわけでもないので、いろんな本を手に取るきっかけ、
ヒントをいただけたらなと思います。

Aベストアンサー

こんにちは。
井上ひさしさんの作品が読めるならば同氏の「モッキンポット師の後始末」「モッキンポット師ふたたび」などはどうでしょうか。講談社文庫で読めます。
笑いがとまらない、と言うわけではないですが、小説の世界に素直に入り込めるという意味では藤沢周平さんの作品をお薦めします。時代小説なのでお好みからはずれるかもしれませんが、現代小説でも通用するテーマを時代小説で展開されていて、わかりやすいながらも深い思いを抱かせてくれる作品が多いです。
有名な作品では映画化もされた「たそがれ清兵衛」がありますが、どの作品もお薦めです。
今は「冤罪」(身長文庫)を読んでいますが、これもまたおもしろいです。
ご参考になれば幸いです。

Q尋常じゃなく面白い本、教えてください

と・に・か・く、おもしろいぃぃぃ~!!!!と思う本を教えてください。内容の深さとかは二の次でいいので、面白さを極めた、先が気になって夜も眠れなくなるような、そんな本が詠みたいんです。小説・漫画のどちらでも構いませんので厳選したものをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

読んだ本のなかからムチャクチャおもしろかったのを列挙してみます。若いひとの好みがわからないので、なあんだ、と期待はずれになるかもしれませんが、一冊読んでみて、メッチャおもしろかったら、まちがいなく全部、メッチャおもしろいです。

1 団鬼六「真剣師小池重明」(ダン オニロク)
  賭け将棋で生活を立てるのが真剣師。破天荒な話なんです。

2 吉村昭「熊嵐」(熊の文字は、これではなく「目」を横にした形のを「熊」の上にのせた、クマです)

3 村上兵衛「守城の人」
  武家の凄み。おなじ日本人とはとても思えない。
 
  以上はいずれも小説ですが、実話です。

4 沢木耕太郎「深夜特急」
 ノンフィクションです。とっくに読んでいるかも。

5 松本清張「わるい奴ら」
  いったん読みはじめたら、本を閉じることができず、朝までかかって読み通しました。

Qおすすめのギャグ小説

ギャグ漫画というのは良く見かけるのですが、ギャグ小説ってあるのでしょうか?読んでいてつい笑ってしまった、という本でもかまわないのですができれば日本人作家さんでこの人のこの本はギャグ小説だ!という本があればお勧めを教えてください。

Aベストアンサー

「超・殺人事件―推理作家の苦悩」 東野 圭吾 新潮文庫

前編完成まで7年かかったそうです。

Q「爆笑できる小説」を教えてください。

筒井康隆先生のファンです。

電車内ほか公共の場で、腹筋をひねり、涙を流し、声を出して笑わぬように窒息寸前というぐらいの過酷な状況に追い込んでくれる小説(小説家)を探しております。

笑い死にするくらいの一品を是非とも教えて下さいませ。

Aベストアンサー

海外翻訳ミステリの愛好家です。
ユーモアミステリもいろいろとありますが、私が一押しする作家は、トニー・ケンリックです。
オーストラリア生まれですが、イギリス・カナダ・アメリカ・スペインと居住地を変えており、最終的にはアメリカの永住権を得ている作家です。

この作家が書くミステリは、ユーモアというより、まさに抱腹絶倒、ドタバタ劇そのものです。
1970~80年代にかけて、角川文庫から出版されていましたが、残念ながら最近は本屋でもあまり見かけなくなっているようです。なければ古本屋をまわってでも捜す価値がありますし、質問者様を満足させること受けあいです。

下記に、日本語タイトルと原題、発表年を列記しておきます。

 ★「殺人はリビエラで」(The Only Good Body's A Dead One:1970)
 ★「スカイジャック」(A Tough One To Lose:1972)
 ★「三人のイカれる男」(Two For The Price Of One:1974)
 ★「リリアンと悪党ども」(Stealing Lilian:1975)
 ★「マイ・フェア・レディーズ」(The Chicago Girl:1976)
 ★「バーニーよ銃をとれ」(The Seven Day Soldiers:1976)
 ★「俺たちには今日がある」(Two Lucky People:1978)
 ★「暗くなるまで待て」(The Nighttime Guy:1979)
 ★「消えたV1発射基地」(The 81st Site:1980)
 ★「誰が為に爆弾は鳴る」(Blast:1983)
 ★「上海サプライズ」(Faraday's Flowers:1985)
 ★「チャイナ・ホワイト」(China White:1986)
 ★「ネオン・タフ」(Neon Tough:1989)

「チャイナ・ホワイト」以外は全て上田公子さんの翻訳ですが、原題と日本語タイトルの違いでも分かるように、なかなかのものです。

海外翻訳ミステリの愛好家です。
ユーモアミステリもいろいろとありますが、私が一押しする作家は、トニー・ケンリックです。
オーストラリア生まれですが、イギリス・カナダ・アメリカ・スペインと居住地を変えており、最終的にはアメリカの永住権を得ている作家です。

この作家が書くミステリは、ユーモアというより、まさに抱腹絶倒、ドタバタ劇そのものです。
1970~80年代にかけて、角川文庫から出版されていましたが、残念ながら最近は本屋でもあまり見かけなくなっているようです。なければ古本屋を...続きを読む

Q笑える本、楽しくなる本、気分が明るくなる本。

笑える本、楽しくなる本、気分が明るくなる本。

元気になれる本を教えてください。

小説やエッセイ、コミック・・・
ジャンルは何でも結構です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「こちら亀有公園前派出所」(著者:秋本治-少年ジャンプコミックス)日本のギャグ漫画の金字塔。単なる笑いに止まらず、時代・世相を反映したネタ、あり得なくもない突飛なストーリーと多彩なキャストで現在も連載継続中。東京都葛飾区に主人公の銅像が設置されたことでも有名。笑いすぎてお腹が痛くなるほどです(お馬鹿ネタだけでなく、しみじみ、真面目、かわいい系な話もございます)。これで免疫能力もアップ!200巻出版まであと少し…未体験なら180巻辺りからコミックレンタルしてみてください。

Qユーモア小説探してます

笑いとユーモアにあふれる楽しい小説を探しています。
シュール、ブラック、ほのぼのなど、笑いのジャンルは問いません。とにかく面白くて笑えるものをお願いします。

ジョン・アーヴィングは近いですがちょっと違います。
最近の日本の作家だと奥田英明のイン・ザ・プールが近い感じでした。
日本で言うと筒井康隆の短編が近いかもしれません。
映画だとウディ・アレンやモンティ・パイソン、
また小説ではありませんが、お笑いだとダウンタウンのコントの感覚が、私の求めるセンスに近いです。
詳しい方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

こういった小説を指定するのに適当な言葉が思いつかなかったので、とりあえずは「ユーモア小説」とさせていただきます。
最近はミステリーとかホラーが流行でこういったタイプの小説がもっと出てきたらいいのになと思っています。

Aベストアンサー

こんにちは。

先日、他の方の質問にも これをオススメしましたけど
朱川湊人さんの『花まんま』です。
ホラー?っぽいのですが、おもしろかったんです。
大阪弁で語られるのと なんだかノスタルジーを感じるようなかんじで 中にはジーンとくるのもありました。

あと、一番最近読んだ
『フライ・ダディ・フライ』
これも一気に読みました。
最近、映画にもなっているようですが、原作はおもしろかったですよ。

『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』私も読んでおもしろいと感じたので、上記2作も楽しんで頂けるのではないかと思います。

Q笑える本

笑える本が読みたいです
今まで読んだので笑ったやつは「陰日向に咲く」と「あまりかん」という本です
小説じゃなくても文章を読みながら笑っちゃう本ならなんでもいいです(絵とか入ってるのはだめ 漫画もだめ)
爆笑できる本ならさらに嬉しいです
おすすめあれば教えてください

Aベストアンサー

原田宗典「17歳だった!」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19759740
原田宗典さんはエッセイも面白いです「スバラ式世界」シリーズとか。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19759740
宮田珠己「旅の理不尽」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28362247
バックパッカーの旅行記なんですが、ありがちな「自分探しの旅」とかやたら貧乏旅行とかじゃなく、ダラダラとしたでも個性的な目線で旅をしているのが最高を面白いです。インドで騙されまくってます(^o^)。
東南アジア四次元日記も爆笑できますが、写真入です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30844702
北杜夫「どくとるマンボウ航海記」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18783356
爆笑ではないですが、ほのぼのと笑えます。
中場利一「岸和田少年愚連隊」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31472959
既に映画になってるので、お読みになってるかもしれませんが、ボウズになる件は最高に面白かったです。
その他エッセイも面白いです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31092327

よろしかったら参考にして下さい。

原田宗典「17歳だった!」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19759740
原田宗典さんはエッセイも面白いです「スバラ式世界」シリーズとか。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19759740
宮田珠己「旅の理不尽」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28362247
バックパッカーの旅行記なんですが、ありがちな「自分探しの旅」とかやたら貧乏旅行とかじゃなく、ダラダラとしたでも個性的な目線で旅をしているのが最高を面白いです。インドで騙されまくってます(^o^)。
東南アジア四次元日記も爆...続きを読む


人気Q&Aランキング