明治23年の12月31日に夏目漱石が、正岡子規宛に書いた
「故に小生の考にては文壇の立て赤幟を万世に…」
の書簡で、夏目漱石が具体的に正岡子規にどうせよ
と言っているかを知りたいのですが、「漱石・子規往復書簡集」
には現代語訳は載っているのでしょうか。

載っていなければ、載っている本をお教え頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

意味を知りたい部分を書かれたら、その意味をご教示下さる方がおられるかもしれません。


ネットで検索した限りでは、その文の全体が分りませんでした。
「まずは思想を涵養することが大事だ」といってるようではありますが、一部しか分らないので・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

上記の書簡の全文の現代語訳が知りたくて質問をさせて
頂いたのですが、確かに全文がないといくら日付が
あってもどの本に載っているとかそういうことも教示
しづらいですよね。
ご指摘、有難う御座いました。
とりあえず、この質問は締め切らせていただいて、
再度、質問させていただきます。

お礼日時:2009/12/29 21:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q五木寛之氏 ペンネームの由来その他

五木寛之氏 ペンネームの由来その他
同氏の生まれは福岡県の八女で、戦後引き上げてきた時も、八女に暫らく居たそうです。
熊本県の五木からペンネームをとったようですが、八女と五木は随分離れています。
どこで五木と繋がったのでしょう?

歌手の五木ひろしは、同氏が名付け親だそうですが、彼は福井県の出身で、これまた熊本県の五木とは無関係なようです。
五木とどういう繋がりがあるのでしょうか?
(五木寛之氏の「五木」への強い思い入れがある?)

わたしの調べた範囲では、これらのことに触れた資料は見当たりませんでした。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Wikipediaの記事がどこまで信用できるのか、そもそも出典が書かれていないので分からないのですが。Wikipediaによれば、「奥様の親戚筋の名前である五木姓を名乗っている」というような記述があります。

また五木ひろしの名付け親についても、「五木寛之氏の名前からプロデューサーが付けた」とあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E6%9C%A8%E5%AF%9B%E4%B9%8B

Q夏目漱石の書簡のについて

夏目漱石の書簡のについてですが、現代語訳版で読める著書はありますでしょうか。ご存知の方、教えて頂けませんでしょうか。特に、20から25歳の間の書簡で結構です。

Aベストアンサー

こんにちは
#1、#2の方が回答されているように、漱石の書簡なら殆ど現代口語と変わりなく、
岩波文庫で「漱石書簡集」「漱石・子規往復書簡集」と出ているはずですが
子規との往復書簡などはリズム感、諧謔など二人の人柄も親しく感じられて、楽しく読めると思います。

Qロンドン塔に行きたいと思っているのですが、本当に不気味な場所ですか?本

ロンドン塔に行きたいと思っているのですが、本当に不気味な場所ですか?本場イギリスのフィッシュ&チップスはおいしいですか?実際に行かれた方、ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ロンドン塔http://luna.m78.com/uk/tower_london.htmlを不気味と思うか観光地と思うかは、実際にご覧になってから結論を出してください。

http://erecipe.woman.excite.co.jp/series/london/lo0206.html食べ物の味は、その国の人の好みが盛り込められていますから、美味しいかは微妙ですね。不味くはないが、絶賛には乏しかったです。

なんとも否定的な回答で、貴方を落ち込ませるような言葉ばかりですが、期待しすぎてがっかりするより、軽視されてご覧になったほうが良さを見た場合、感慨が一入大きいです。

Q正岡子規の命日は17日?19日?

 正岡子規がなくなった後、高浜虚子が「子規逝くや 十七日の 月明に」という俳句を詠んでいます。しかし、正岡子規の命日は9月19日であると様々な資料には出てきます。

 子規の命日は、9月17日なのでしょうか、それとも19日なのでしょうか。そして、どうして17と19という数字が出てくることになったのか、という2点について知りたいです。ご存じの方是非教えてください。

Aベストアンサー

正岡子規の没日は明治35年9/19で間違いありません。この頃日本はすでに「新暦」が使用されていたのでこの日にちは新暦でのことです。
しかし、虚子が歌った「十七日の月」とは旧暦の十七日という意味。旧暦では月齢と日にちが合致していますから十五日の月といえば必ず満月です。ですから十七日の月とは満月を少し過ぎ右側が欠けてきた月です。
この月齢の月は夜になってから地平線上に出て、夜半に南に高く上ります。
子規が亡くなったのは夜半過ぎだそうですから、そのとき虚子は南の空にさえざえと掛かった明るい月を見たのでしょう。
参考に↓
http://www.lib.ehime-u.ac.jp/KUHI/JAP/sikihetima.html

Q漱石全集と夏目漱石全集

「漱石全集」が岩波から、「夏目漱石全集」がちくまから出版されていますが、どう違うのでしょうか?
文庫本で小説は全部楽しく拝読いたしました。
興味が出てきて、漱石日記、私の個人主義を(これも文庫本)読んでいます。
今は、夏目漱石の価値観や思想観などちょっとしたことでも、もっともっと知りたい気持ちでいっぱいです。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 仰る「ちくま」が、ちくま文庫版と仮定して回答します。

岩波:正字。旧かな。文字通りの「全集」。

ちくま:新字。新かな。難しい漢字などはひらがなにしてある。文学と評論のみ。

 『漱石日記』は岩波文庫版でしょうか。これは、新字、新かな、難しい漢字はひらがなに直してありますね。
 『私の個人主義』は、講談社文庫版かな。

 漱石の時代の雰囲気を知り、あわせて全部を見たいのであれば、#1さんの仰る通り、やはり岩波の『漱石全集』でしょう。いちばん新しいもの(第1巻が1993年)か、ひとつ前のもの(第1巻が1984年)がいいと思います。

 それからですね、
 集英社『漱石文学全集』の別巻『漱石研究年表』は、漱石の行動を、一日単位で年表にしたすごい本です。
 また、
 ほるぷ『初版本漱石文学館』は、初版本を、装丁まで忠実に復元したものです。
 また、漱石の小説は、ほとんど朝日新聞に掲載されたんですが、当時の新聞を、挿絵ごと、そのまま写真版で復元したものもあります。ゆまに書房『漱石新聞小説復刻全集』です。

 漱石のひととなりを知るには、『書簡』がお勧めです。漱石は書簡の名手で、素晴らしい手紙を数多く残しています。岩波文庫の、抜粋の『漱石書簡集』から入ってみてもいいかもしれません。

 漱石の全集は、たくさん出ていて、その歴史は、日本の全集の歴史を象徴してるといわれているんです。これを書くのに、青英舎『漱石全集物語』を参考にしましたが、そんな本が出るほどなんです。

 復刻版は、かなり大きな図書館でないとないかもしれません。最初は、岩波版『漱石全集』か、岩波文庫の漱石作品がいいと思います。

 ご参考になれば。

 こんばんは。

 仰る「ちくま」が、ちくま文庫版と仮定して回答します。

岩波:正字。旧かな。文字通りの「全集」。

ちくま:新字。新かな。難しい漢字などはひらがなにしてある。文学と評論のみ。

 『漱石日記』は岩波文庫版でしょうか。これは、新字、新かな、難しい漢字はひらがなに直してありますね。
 『私の個人主義』は、講談社文庫版かな。

 漱石の時代の雰囲気を知り、あわせて全部を見たいのであれば、#1さんの仰る通り、やはり岩波の『漱石全集』でしょう。いちばん新しいもの...続きを読む

Q「俳句」という言葉は正岡子規が作ったものですか?

江戸時代に俳諧、発句といわれていたのを明治になって正岡子規が「俳句」と呼ぶようになったという説をききました。
これは本当でしょうか?
江戸時代にも俳句という言葉があったと思うのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下、日国オンライン(日本国語大辞典のWeb版)の
俳句の項を引用しておきます。

はい‐く【俳句】
〔名〕(「俳諧の句」の略)

もと俳諧連歌の第一句(発句)が独立してできたもの。元来は俳諧連歌の発句および連句の句をさしていっていたが、明治にはいって正岡子規が発句のみを意味する語として使うようになってから一般化されるようになった。五七五の三句一七文字で完結する日本独特の短詩で、季(き)を入れるならわしであるが、季語の撤廃や定型を破った自由律の主張などもみられる。

*俳諧・虚栗〔1683〕序「翻手作雲覆手雨 粉々俳句何須数」
*浮世草子・新竹斎〔1687〕一・一「さいつ比富尾何がし此所にて俳句(ハイク)あり 浄蔵ありや昼にかたぶく八坂の花」
*随筆・胆大小心録〔1808〕六一「唐人を二度見た事をとし忘れといふ俳句があったが」
*筆まかせ〔1884~92〕〈正岡子規〉一・哲学の発足「俳句を作るは明治二十年大原其戎宗匠の許に行きしを始めとす」
*吾輩は猫である〔1905~06〕〈夏目漱石〉一「俳句をやってほととぎすへ投書をしたり」

日本国語大辞典はかなり信用に足る辞書なので
概ね上記のような事情なのだと思います。
ちなみに日本国語大辞典は、
用例を最も古いものから載せるという方針なので、
俳諧・虚栗〔1683〕序が、一番古い例となるようです。
この頃から意味は違えど、俳句という語が使用されていたようですね。

以下、日国オンライン(日本国語大辞典のWeb版)の
俳句の項を引用しておきます。

はい‐く【俳句】
〔名〕(「俳諧の句」の略)

もと俳諧連歌の第一句(発句)が独立してできたもの。元来は俳諧連歌の発句および連句の句をさしていっていたが、明治にはいって正岡子規が発句のみを意味する語として使うようになってから一般化されるようになった。五七五の三句一七文字で完結する日本独特の短詩で、季(き)を入れるならわしであるが、季語の撤廃や定型を破った自由律の主張などもみられる。

*俳諧・...続きを読む

Qスターウォーズの旧三部作のDVDについて

実は、45歳のスターウォーズの大ファンなのですが、最近子供も好きになりまして、ぜひ日本語吹き替えのスターウォーズの旧三部作を見せたいと思いまして、DVDを探しているのですが、日本語吹き替えは、ビデオはあるもののDVDはなかなか見つかりません。もしかしたら発売されてないのかと思い投稿しました。スターウォーズの旧三部作のDVDで日本語吹き替えはないのですか?どなたか詳しいかた教えて下さい。

Aベストアンサー

エピソード4,5,6のDVDについては色々な情報が錯綜していますが、現在まだ発売されていません。

・エピソード3公開に併せて発売説
・ルーカスが封印してDVD発売不可能説
・エピソード7,8,9を撮る後継者が決まったら考える説
etc...

Q正岡子規

正岡子規って病気ばっかりでほとんどニートだったんですよね?

Aベストアンサー

新聞社で働いたりもしています

Q下戸とは日本人以外に存在するのでしょうか?

下戸とは日本人にけっこういると思いますが、他の国には存在しないとか聞いたことがあります。中国人と日本人のみに下戸が存在するとかしないとか・・・?西洋人に下戸という下戸(お酒を全く受け付けない人、少しでも飲んだらもう駄目な人)は絶対存在しないらしいです。私自身が下戸なのでちょっと気になった次第です。このへん詳しい方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

補足
先ほどのURLには明確に書いていなかったが、新モンゴロイドの特性のようです。
新モンゴロイドは、シベリア南部で発生。日本で言えば弥生系といわれているような血統。

ハンガリー:かつてモンゴル地方から東に進んだ連中
インド:ムガール帝国というのはモンゴルが訛ったもの。
この意味で、結構新モンゴロイドが歴史時代に移動したことと符合するなと思うわけです。

アングロサクソンは、コーカソイドの極少数派です。
コーカソイドというと、インドからイラン・アラブ・ゲルマン・・・まで含みます。

Q読書感想文が書きやすい作品(芥川龍之介or夏目漱石)

読書感想文が書きやすい作品(芥川龍之介or夏目漱石)
芥川龍之介or夏目漱石の作品で読書感想文に適したものはなにかありますか?
(地獄変と杜子春と羅生門と蜘蛛の糸と鼻とこころと吾輩は猫である以外で)
あと長さは地獄変ぐらいのものがいいです。
ちなみに僕は中2です。
注文が多くて申し訳ないのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

このお二人の作であれば随筆でも良いのでしょうか?

夏目漱石に「硝子戸の中」(ガラスどのうち)と云うものがあります。岩波の全集には入っていますから図書館等で借りてくれば良いでしょう。岩波文庫や新潮文庫にも入っていますし、青空文庫でも読む事が出来ます。病後の自宅静養を余儀なくさせられた著者がその中で起こった色々の事を書いていったものですから、読書感想文としてはその中の著者の意見に共感するようの事や逆にこれは納得せないと云うものを挙げて自分意見を交えながら書いて行けば10枚や20枚位は書けると思います。
ただ、昔の生活を少しも知らないと全然わからない事も出てくるかと思います。御自身で御調べに成れば良いのですがどうしてもわからない場合はここで質問すれば良いかと思います。

芥川龍之介の「侏儒の言葉」も良いのですが、中二では少し難しいと思います。

ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/card760.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報