最新閲覧日:

明治23年の12月31日に夏目漱石が、正岡子規宛に書いた
「故に小生の考にては文壇の立て赤幟を万世に…」
の書簡で、夏目漱石が具体的に正岡子規にどうせよ
と言っているかを知りたいのですが、「漱石・子規往復書簡集」
には現代語訳は載っているのでしょうか。

載っていなければ、載っている本をお教え頂ければ幸いです。

A 回答 (1件)

意味を知りたい部分を書かれたら、その意味をご教示下さる方がおられるかもしれません。


ネットで検索した限りでは、その文の全体が分りませんでした。
「まずは思想を涵養することが大事だ」といってるようではありますが、一部しか分らないので・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

上記の書簡の全文の現代語訳が知りたくて質問をさせて
頂いたのですが、確かに全文がないといくら日付が
あってもどの本に載っているとかそういうことも教示
しづらいですよね。
ご指摘、有難う御座いました。
とりあえず、この質問は締め切らせていただいて、
再度、質問させていただきます。

お礼日時:2009/12/29 21:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ