東京生命の養老保険に加入しています。
5年満期で、月額1万円で、2年ほど払い込んでいます。
満期になってもかなり減額されると聞きました。
すぐに、銀行振込停止したほうが良いのでしょうか、
このまま払い込んでいった方が良いのでしょうか。
どのようにしたらいいのか、悩んでいます。
どなたか教えていただけませんでしょうか。お願いします。

A 回答 (2件)

今は無き日産生命のときに同じような経験をしました。


既に東京生命の保険は、受け皿となる保険会社が決まるまで解約はできないはずです。そして方針が決まると『事業を継続するために、保険の保証金額と解約払戻金を減額させてください。』という本当にずうずうしい通知がくるはずです。了解がもらえなければ完全につぶれてもっと損をしますよと開き直るのです。
ですから継続するにしろ止めるにしろ直ちに銀行振込は停止すべきでしょう。条件が提示されて、継続したければ後日その分も入金すればよいのです。貯蓄性の高い商品ほどカットの対象になりますから、養老保険ですと、4割とか5割近くカットされるのではないでしょうか。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えていただいてありがとうございます。
とりあえず銀行振込は、停止する事にします。
もともと満期でも、元金がちょうど戻ってくるような感じなので、
はあ。
まだ払込が少なかったのを、良かった。と思うことにします。
そしてしばらく様子を見ることにします。

お礼日時:2001/03/25 02:12

 第百生命の加入者です


東京生命でも、すでに一切の変更や解約はできなくなっているのではないでしょうか

更生特例法が適用されてから、さらに異議申し立ての有無などを経て契約の変更や解約ができるまで半年はかかるのではないでしょうか

第百生命の場合、その間の具体的な経過や個々の契約についての説明などの問い合わせについて一切明確な答えはありませんでした。

支社に出向いても担当者も責任者も「今日聞いた」とか「わからない」の連発です

4月以降に受け皿会社のマニュライフセンチュリーから支払いが開始されますが、それも、保険証券を送付すると口座に振り込む。口座振替を以って領収確認とさせてもらうとうい対応です。

個々の契約に対する減額や予想受取額などの問い合わせは早急にシステムを整備するという回答だけです。

私はこの方面に全くのド素人ですが、このような対応からして、この保険を継続する気はありません。

マニュライフセンチュリーにしても「人の尻拭い」という態度ではなく、「新たなお客様をお迎えした」という考えはないのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えていただいてありがとうございます。
今は一切変更や、解約は出来ません。
とりあえず銀行振込は停止する事にします。
私は今まで、保険に関して任せきりだったので、
これを契機に、自分できちんと調べて契約していきたいと思います。

お礼日時:2001/03/25 02:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今年の12月に20年満期の保険会社の一時払い養老保険が満期を迎えます。

今年の12月に20年満期の保険会社の一時払い養老保険が満期を迎えます。
保険金を受け取る時、一時所得という扱いになると、相当の税金が掛かることになります。この一時払い養老保険は私の老後の資金に使いたいと思っています。
そこで、税金が少なくなる受け取り方はありませんか。税金の額によっては今後の生活に影響しますので、教えていただきたく、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

税制では、利益分が50万円を超えた場合、その超えた分の半額が他の所
得と合算されて総合課税の対象になるということで、一般的には課税上
有利です。

参考URL
http://allabout.co.jp/glossary/g_money/w004771.htm

Q平成7年頃契約した養老保険の満期金(利率)

あることで、下記の条件の
郵便局の養老保険(簡易生命保険)について、
満期金(10年後の満期金額)がいくらになるか調べています。

平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと記憶しています。10年だと利息で2倍ぐらいの200万円でしょうか?大体の金額でもいいので教えて下さい。

(記)

契約年が平成7年2月、10年満期、保険金額100万円、特約(災害特約100万円、疾病障害入院特約100万円)付き、保険料が1ヶ月7650円だが10年分を一括払い済み。

Aベストアンサー

養老保険の満期時の受け取りは100万円ですよ?
配当金があれば若干手取りは増えるかも知れませんけど。

養老保険は定期預金とは違います。保険証券に書いてある保険金額が死亡時と満期時に受け取れる金額です。
>平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと
そうでしたっけ?その金利って何の金利でしょう?貯蓄性のある保険に一番関係するのは「予定利率」です。当時8%ではないです。
予定利率は預金の利率ではありません。簡単に言ってしまえば「これくらいの利率で運用できるから払い込み金額を割引する」といったことです。利息じゃありません。masukalさんも(特約保険料を除いた)主契約に払った金額は100万円ではなく(10年分を一括で払った割引の他に)割引されている筈です。
その100万円より少ない金額で、10年の間にもし被保険者が死亡していたら100万円を払う保障と、満期時に被保険者が生存していたら100万円を払う保障を買うのが「養老保険」です。

なお、一番利率的に良かった平成元年の10年満期の一時払い養老保険(特約なし)でも、満期きんは払い込み金額の約1.7倍でした。
平成7年の契約で、しかも特約が付いていてはご期待の金額にはならないです。

養老保険の満期時の受け取りは100万円ですよ?
配当金があれば若干手取りは増えるかも知れませんけど。

養老保険は定期預金とは違います。保険証券に書いてある保険金額が死亡時と満期時に受け取れる金額です。
>平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと
そうでしたっけ?その金利って何の金利でしょう?貯蓄性のある保険に一番関係するのは「予定利率」です。当時8%ではないです。
予定利率は預金の利率ではありません。簡単に言ってしまえば「これくらいの利率で運用できるから払い込み金額を...続きを読む

Q同じ年に複数の養老タイプの変額保険が満期を迎えた場合

例えば、同じ年に加入した
一時払保険料500万円で満期保険金300万円の変額保険(差益マイナス200万円)と、
一時払保険料500万円で満期保険金800万円の変額保険(差益プラス300万円)が
同じ年に満期を迎えた場合の一時所得ってどうなるんでしょうか。

(満期300万-必要経費500万)+(満期800万-必要経費500万)=100万
(100万-特別控除50万)×1/2=25万
でよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

一時所得の内部通算は可能です。 所得税法第34条、所得税法施行令第183条

従い、あなたの考え方で大丈夫です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/shitsugi/syotoku/02/04.htm

Q家族収入保険(定期保険特約付き普通養老保険)30年満期の保険が、あと2

家族収入保険(定期保険特約付き普通養老保険)30年満期の保険が、あと2年で満期を向かえますが、かけきった方がよいのでしょうか?

保険屋さんが、あと2年なら解約した方がよいですよ、と言われます。(解約をしても、保証は2年は続くというような話でしたが、、、)
満期保険金は150万円です。死亡保険金は3000万円のようです。
毎月の保険料は15000円程度です。
実際はどうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

払済にした方が得……ということは、ありません。
払済にして戻りが105%なら、払済にせずに満期は107%
ということになります。
(例え話なので、数字は、適当です)

前回も申し上げたように、配当金というものがあるので、
満期保険金以上が戻ってくる可能性はあります。
ですが、配当金はそもそも非課税なのに、他のもの一緒に精算すると
課税対象となりますから、注意が必要です。

(Q)他の特約を減額して場合の保険料、解約返戻金はいくらか?
を保険屋さんに聞くとよいですよ、と言って見えましたが、
どうも意味はわかりませんでしたが、、、?
(A)保険料と言うのは、主契約、特約、それぞれをバラバラに計算して、
最後に合計しているだけのこと。
つまり、現在の表面上の保険料だけを見ていたのでは、内訳が見えません。
特約は、原則として「掛け捨て」ですが、長期の場合には、多少なりとも
解約払戻金がある場合があります。
それは、特約ごとに計算されているのですが、表面上には出てきません。
保険会社に問い合わせをするしかないのです。

つまり、現時点での主契約の解約払戻金、
特約ごとの解約払戻金をそれぞれ、保険会社に聞かなければ、
内訳がわからないのです。

それを聞いて、今、どうするのが一番、メリットがあるのかを判断するのが
良いと思います。

払済にした方が得……ということは、ありません。
払済にして戻りが105%なら、払済にせずに満期は107%
ということになります。
(例え話なので、数字は、適当です)

前回も申し上げたように、配当金というものがあるので、
満期保険金以上が戻ってくる可能性はあります。
ですが、配当金はそもそも非課税なのに、他のもの一緒に精算すると
課税対象となりますから、注意が必要です。

(Q)他の特約を減額して場合の保険料、解約返戻金はいくらか?
を保険屋さんに聞くとよいですよ、と言って見えましたが...続きを読む

QJA養老生命共済を30年満期直前に解約しても当時の契約担当者に連絡が届きますか?

JAの養老生命共済(30年満期共済額100万円 死亡共済額1500万円その他医療特約有り)の満期を4年後(2012年)に控えてますが、諸事情でどうしても年間掛金約13万円ほどが負担になり、解約を検討するため現時点の解約払戻金額をJAに問い合わせてみました。
すると驚いたことに満期まで後4年あるのにかかわらず、掛け捨て部分があるためとかで、満期共済額の100万円よりもさらに2万円ほど多い金額を払い戻してもらえ、それに関して税金も掛からないとのことでした。一応、他の生保の医療特約付き生命保険にも入っているので、万が一の場合も、多少の保障は確保されていますので、解約の方向で考えております。

そこで、唯一気に掛かることがありまして。
実は、この共済は、3年前までJAに勤めていて今は退職している親しい友人を通じて加入した経緯があるので、退職後の友人にも今回のこちらの解約が知られることになるのかが、大変気になっております。
すでに契約から26年も経っているので、こちらの解約で友人が不利益を被ることは何も無いと思いたいのですが、
・もしかしてこちらが満期を迎えるまで毎年報奨金と、さらに満期時には彼にも満期報奨金が支払われたりするようなシステムがあるのでしょうか?
・たとえそのような報奨金は特になくとも、こちらの解約が彼にも報告されるようなことがあるのでしょうか?
もしそうであれば、やはり気まずいものですので、このあたりの事情を是非知っておきたく、事情を詳しい方におたずねいたします。

JAの養老生命共済(30年満期共済額100万円 死亡共済額1500万円その他医療特約有り)の満期を4年後(2012年)に控えてますが、諸事情でどうしても年間掛金約13万円ほどが負担になり、解約を検討するため現時点の解約払戻金額をJAに問い合わせてみました。
すると驚いたことに満期まで後4年あるのにかかわらず、掛け捨て部分があるためとかで、満期共済額の100万円よりもさらに2万円ほど多い金額を払い戻してもらえ、それに関して税金も掛からないとのことでした。一応、他の生保の医療特約付き生命保険にも入って...続きを読む

Aベストアンサー

>JA養老生命共済を30年満期直前に解約しても当時の契約担当者に連絡が届きますか?

届きません。

>すると驚いたことに満期まで後4年あるのにかかわらず、掛け捨て部分があるためとかで、満期共済額の100万円よりもさらに2万円ほど多い金額を払い戻してもらえ、それに関して税金も掛からないとのことでした

主契約部分(満期金100万円を貯める部分)ば満期に向けて毎年積み立ててますが、掛け捨て部分(定期、入院)は30年のうちの後半部分の掛金を先に多く払うので掛金が途中解約でも戻るのです。
なので、主契約部分(現在80万ほど)+掛捨部分(現在22万円ほど)ではないかとおもわれます。主契約部分はこれから増えます(100万円)が、掛捨て部分は30年満期に向けて0円になります。

>もしかしてこちらが満期を迎えるまで毎年報奨金と、さらに満期時には彼にも満期報奨金が支払われたりするようなシステムがあるのでしょうか?

そんなシステムはありません。新規契約を獲った時のみです。

>たとえそのような報奨金は特になくとも、こちらの解約が彼にも報告されるようなことがあるのでしょうか?

そんな報告もされません。また、同僚の方も農協の定款で業務上知りえた情報を他に漏らしてはいけないとあるはずなので、もらすこともありません。

>JA養老生命共済を30年満期直前に解約しても当時の契約担当者に連絡が届きますか?

届きません。

>すると驚いたことに満期まで後4年あるのにかかわらず、掛け捨て部分があるためとかで、満期共済額の100万円よりもさらに2万円ほど多い金額を払い戻してもらえ、それに関して税金も掛からないとのことでした

主契約部分(満期金100万円を貯める部分)ば満期に向けて毎年積み立ててますが、掛け捨て部分(定期、入院)は30年のうちの後半部分の掛金を先に多く払うので掛金が途中解約でも戻るのです。
な...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報