マンガでよめる痔のこと・薬のこと

追突事故の被害者で14級9号が認定されています。

これから紛セン東京本部へ示談の斡旋を申し込むつもりですが
実際の減収がないので、逸失利益の算定に悩んでおります。


>>交通事故紛争処理センターの東京本部では、ほぼ、
自動的に5年の喪失期間を認めています

↑これは別の質問サイトにおいて、ある有名なかたの
回答なのですが… 本当ですか?

私は14級9号の認定をもらいましたが、逸失利益に関しては
立証可能な減収がないので悩んでいるのですが、自動的に5年の
喪失期間を認めてくれるなら苦労はしないんですけどね。

東京本部の経験者さんや詳しい方、教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

後遺症逸失利益は



収入 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間

という計算で算定されます。
質問者の方の疑問は、どちらかというと「労働能力喪失率」に関係してくると思います。

14級9号と言ったら、首や腰などに痛みがあるということでしょうが、そういう場合の労働能力喪失率は「5パーセント」と計算されます。

もっとも、公務員やサラリーマンの方は、「5パーセント」能力が落ちたからといっていきなり減給されたり左遷されたりはしないですよね。

そのように実際の減収がない場合でも、14級の後遺障害が存在する以上、多くの場合5パーセントの労働能力喪失が認められるのでご安心ください。

ただし、「5パーセント労働能力が落ちているので成績が落ちつつある」とか、「昇格・転職には不利」とか、「痛みをこらえて勤務を続けるため特別の努力をしている」とかのアピールは必要になってくるでしょうね。

詳しくは参考URLをご参照ください。

参考URL:http://www.jiko-sos.jp/increase/04060.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/12/31 17:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング