正月の初夢のつもりで書きますが、銀河系内に宇宙戦争を戦うほど高度に発達した文明が過去に存在した可能性はあるでしょうか。

荒唐無稽な話かもしれませんが、地球文明が始まる以前の大昔に銀河系内に宇宙文明がいくつか存在していて、互いに絶滅するまで戦い続けて滅亡したので、現在は文明が一つも残っていないという考え方も出来るのではないかと思うのです。

そうであれば、宇宙戦争の痕跡が見つかれば、文明が存在した証拠になるかもしれませんね。宇宙文明の電波が受信出来ないのも、大昔に銀河系全域の文明を滅ぼしたので、電波の痕跡も残っていないのかもしれません。

核の時代と言われる現在ですが、銀河系を滅ぼすほどの兵器を作った歴史があったとしたら、人類の文明は同じ道を辿っているのかもしれませんね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「そんなことあるはずがない」と一笑に付してしまうのも身も蓋もありませんよね。


正月だし、ここはあったと仮定して話を進めてみましょう。
例えば私たちの住む太陽系から最も近い恒星で4.3光年あります。(ケンタウルス座アルファ星)
恒星は宇宙に同じように分布していて、その度合いを表現すると太平洋にスイカが3個という距離感です。
恒星間を移動するには私たちの文明では現時点ではまず無理です。
ただ私たちは空間を100%認識しているのかは疑問です。
ブラックホールのあるところでは空間が歪むとか、「クラインの壺」とか言いたいことはわかりますが、感覚的に理解できません。
宇宙空間にはまだ気がついていないカラクリがあるのかも知れませんし、それを解明した文明が恒星間移動をものにしているのかもしれません。(ワープなど)
そこでそういう技術を持った文明同士が、他の星の資源を巡って争うということは、この地球上で戦争が起きているくらいですからあり得ない話ではないでしょう。
ただこの事象を発見するのは困難です。
どんなに大口径の光学望遠鏡でも、お隣の恒星の惑星すら見えません。たとえていうなら東京タワーから富士山頂のロウソクの炎の周りを飛ぶ蚊を見つけるようなものだそうです。
またオズマ計画というものもありますが、波長21?の電波に的を絞っていますからこれ以外だと受信できません。
よって宇宙戦争は「あった」とも「ない」とも言うことはできないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

恒星間飛行ですが、現在のロケットエンジンでも数万年という時間をかければ他の恒星まで行くのは不可能ではありません。ただ、途中で生命維持に必要な物資が底を尽くので無理だと考えられています。

しかし、他の恒星までの数光年の間に未発見の天体が数多くあって、その多くが氷や岩石やガスで出来ていると考えられていますから、飛び石のように数十年ぐらいの時間で星から星に渡って行ければ、数万年かかっても他の恒星まで文明がたどり着けるという仮説があります。

過去に、この方法で宇宙旅行をした文明があれば、銀河系は数億年ぐらいで征服されていたはずで、現在、そうなっていないのは、宇宙旅行がうまく行かなかったからか、もしくは環境破壊や戦争で滅亡したかのどちらかになるでしょう。

恒星に惑星があるのは珍しいと考えられていた時代が長く続いていましたが、最近になってから惑星があるのが当然という考え方に変わっています。

銀河系内の文明に関しても同じ逆転現象が起こる可能性があり、宇宙戦争が過去になかったとは言い切れないのではないでしょうか。

人類が銀河系を支配する日が来たとしたら、戦争が絶えないはずで、他の文明でも同じだっただろうと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/01 13:17

明けまして、おめでとうございます。



私が前に、インディペンデンスデイ、宇宙戦争、サイン等の映画を見て
思った事を書きます。
いずれも相手の弱点から、人類が勝利するという内容ですが、
そもそも地球外知的生命を発見できていない時点で攻めて来られたら、
攻められた側は、成す術もなく滅ぼされる事と思います。


地球人より高度な文明同士が衝突するとも思えないです。
あと、2年位前の読売新聞に地球動物園説という記事が載っていました。
それは、未だ戦争や貧困などを解決出来ていない人類の進歩を待っているというような・・・内容でした。映画コンタクトみたいな感じかな?



よって、宇宙戦争をした文明は無いと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%95%E7%89%A9% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文明は高度になるほど経済的な問題で戦争を戦うようになります。これは、現在も未来も変わらない問題だろうと思います。

動物園仮説は知っていましたが、科学者からは非科学的だと批判の矢面にされている仮説でもあります。

理由としては、動物園や自然保護区の動物の種類や数が減り続けていて、それに対する対応がお粗末な現状をご存知ですよね。

他の星の生物が地球を動物園にしていたとしても同じでしょうから、人類はあっという間に絶滅していただろうと考えられるからです。

マスコミが書く問題は実態が逆である場合が多いですから、地球外文明に管理されている動物園ではなく、何もしないで放置されている野生区だからこそ、地球人類は生きていられるのだと考えた方が良いだろうと思います。

地球外文明が過去に存在したのであれば、今頃は地球も支配下に置かれていたはずで、環境破壊か、戦争による文明の破綻で滅亡した以外に考えられる理由がないのも事実ですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/01 13:03

おそらく宇宙戦争までは・・・ないと思われます。



人類が進歩できたのは過去の出来事を記憶できるようになったからだそうです。
そうして、人類は他の動物にはない思考を手に入れました。
人類のことを霊長類とよぶので、便宜上この感覚を霊感とおきます。

科学が発達して宇宙の存在を知ると、人間はちっぽけな存在なんだと
認識する人が多く出てきます。即ち霊感が一段階進化します。
まあ、現在の人類の姿です。
古代に比べて争い事は減っているとはいえ、いまだに多くの戦争があります。

さて、宇宙へ出るようになると、そこは暗く広涼とした世界が広がり、
どこまで行っても生命体に辿り着く可能性はかぎりなく低くなります。
つまり、生命の尊さを今より更に強く感じることになるでしょう。
おそらく科学が発達して霊感が上がるにしたがって、
生命をどうやって育むかということに重点が置かれるようになるでしょう。

もし、核を使い銀河系を滅ぼすほどの武器力を持った文明が
今まさに宇宙に出て文明を発達させようとしています。
かなり以前からこの動きを察知していた更に高度な知的生命体がいたとします。
あなたは、この知的生命体がこの動きを許すと思うでしょうか?

当然、自分達の敵となりうる、しかも邪悪な心を持った文明、
救えるものは救って、他は躊躇なく滅ぼすでしょう。
最期はノアの箱船の話になってしまいましたが、我々は試されているのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宇宙戦争は経済的に引き合わないから起こらなかったと考える事は出来ますが、道徳心とか宗教で戦争が防げるとは思えません。

地球外知的生命にも宗教があった可能性はありますが、戦争を防ぐ役には立たなかったでしょう。

宇宙戦争など起こっていないというのは簡単ですが、近隣の恒星が同時に爆発を起こした跡が見つかったり、爆発しないはずの中小の恒星が爆発していたりなど、不自然な天体現象が見つかるようになったら、必ずしも宇宙戦争を否定し切れなくなるかもしれませんね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/01 12:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qそう遠くない将来、現代文明が崩壊する可能性はあると思いますか?

インターネットの出現により生活が格段に便利になり、また、グローバル化の流れはこれから止まらないだろうとの予測がされるようになっています。インターネットや携帯電話がない生活なんて考えられないという人は多いでしょう。一度便利さを覚えた人間はそれから離れられない、それは確かにその通りだと思います。

でも、ほんの2、30年前までは終末戦争により現代文明は崩壊し、人類は滅ばないものの文明のレベルは大幅に低下し、荒野と化した地球で生き延びた人類が生活するようになる可能性があるとの予測がされていたように思います。
「北斗の拳」「風の谷のナウシカ」をはじめとして、そういう世界観を描いたアニメも数多く描かれてきました。そして、そういったときのために海外では核シェルターが多数整備されており、もしもの時に備えているといいます。

今後、遠くない将来に終末戦争が起こり、文明が崩壊する可能性は高いと思いますか?それとも、たとえ大規模な戦争が起こっても便利さを忘れられない人類は携帯電話やインターネットといった文明の利器を手放すことはないと思いますか?
それとも、現代文明の便利さにどっぷり浸かった人類は、今後文明崩壊につながるような大規模な戦争を引き起こすことは今後ないと思いますか?
そして、人類は戦争以外の要因で文明を崩壊させる可能性はあるのでしょうか?

宗教的な回答(信心を忘れた人間は滅びるのです等)は、NGとさせていただきますのでよろしくお願いします。

インターネットの出現により生活が格段に便利になり、また、グローバル化の流れはこれから止まらないだろうとの予測がされるようになっています。インターネットや携帯電話がない生活なんて考えられないという人は多いでしょう。一度便利さを覚えた人間はそれから離れられない、それは確かにその通りだと思います。

でも、ほんの2、30年前までは終末戦争により現代文明は崩壊し、人類は滅ばないものの文明のレベルは大幅に低下し、荒野と化した地球で生き延びた人類が生活するようになる可能性があるとの予...続きを読む

Aベストアンサー

太陽で大きな爆発、コロナ質量放出が起こることがあります。
時々ニュースに取り上げられることがありますが、オーロラが日本でも観えるかもというニュースです。
20世紀では、スカイラブが落下する原因となったり、カナダで大きな停電の被害が出たことがあったのですが、
それの原因がコロナ質量放出と太陽の大きな爆発です。

これの大きなものが起こって地球を直撃した記録があり、もっと低緯度でもオーロラが観測できたそうですね。
もし、このコロナ質量放出の大規模なものが発生して地球を直撃した場合、発電所が止まり電気電子機器が多大な影響を受けると言われていますね。
各国が協力して宇宙気象観測を行っていますが、コロナ質量放出が起こって地球に向かってきた場合は避けようがありません。
発電所の復旧には何年も掛かると言われており、地球の文明が100年後退するとも言われています。

地球を含めて宇宙には色々な自然現象があるので、それによっても文明が滅んでしまう可能性があると思いますね。

Q地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙、宇宙の外は何で

地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙、宇宙の外は何でしょう?
僕は’宇宙の宇宙’=’時空’だと思います。
皆さんのご意見が聞きたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙

違います。
「地球は太陽系に属し、太陽系は銀河系に属し、銀河系は局部銀河群という超銀河団に属し、局部銀河群はおとめ座超銀河団に属する」
です。

>>>宇宙の外は何でしょう?

我々の宇宙の外ということは、すなわち、我々の宇宙との関係(因果律)が切れているということです。
我々の宇宙が誕生したとき、同時に無数のほかの宇宙も誕生したというのが、最有力の説です。

こちらは宇宙物理学の権威・佐藤先生(東大)の講演資料です。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/docs/kouen_satou.pdf
(12、13枚目のスライドを参照)

Q文明とは??

1.文明とはなにか?
2.文明が起こる必要性
3.明治時代の福沢諭吉の「文明論之概略」の文明とは?
4.文明が起こった当時、交易はあったのか?


                          よろしくお願いします。

Aベストアンサー

百科事典でまず知識の概略をつかんだほうが良いテーマなように思えます。

>>1.文明とはなにか?
>>2.文明が起こる必要性
何か事典・辞書的なもので、【文明】の項は引いてみましたか?

>>3.明治時代の福沢諭吉の「文明論之概略」の文明とは?
「文明論之概略」はもうお読みになりましたか? 岩波文庫から出ていますが。
同書での文明論の展開を理解するには、
(1)文明の発達に必要な条件は何か、また停滞させてしまう原因は何か
(2)文明発達の初段階
(3)西洋文明の部分的容認と批判
の点に注意して読み進んでみると良いと思います。
とくに(3)について、文明の交流とそれを阻害する権力の関係は、下の4.の交易の問題ともからんでくるので、それも併せて考察すべきです。

>>4.文明が起こった当時、交易はあったのか?
インダス文明でも、インド半島内だけではなく、バーレーン、メソポタミアなどとの海上交易路も確立したし、エジプト文明とナイル川の水上交通を基盤とした交易は切っても切り離せません。
だいたい、文明発祥の必須条件である農耕が、「その地域で消費される以上の収穫を得る」ことを特徴とするので、農耕と交易の始まりは不可分です。
文明以前、つまり採集・狩猟文化の段階でも、猟具などの交易圏は各地に存在します。
(縄文時代での環日本海の黒曜石交易は有名)

百科事典でまず知識の概略をつかんだほうが良いテーマなように思えます。

>>1.文明とはなにか?
>>2.文明が起こる必要性
何か事典・辞書的なもので、【文明】の項は引いてみましたか?

>>3.明治時代の福沢諭吉の「文明論之概略」の文明とは?
「文明論之概略」はもうお読みになりましたか? 岩波文庫から出ていますが。
同書での文明論の展開を理解するには、
(1)文明の発達に必要な条件は何か、また停滞させてしまう原因は何か
(2)文明発達の初段階
(3)西洋文明の部分的容認と批判
の点に注意して...続きを読む

Q宇宙は何処に属していますか??例えば地球は太陽系-銀河系-宇宙---こ

宇宙は何処に属していますか??例えば地球は太陽系-銀河系-宇宙---この宇宙の隣または宇宙が属している処は何というところですか>>宇宙の果てに壁があるとも思えません!!宇宙は膨張しているとしてもその隣は何ですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>宇宙は何処に属していますか??

宇宙物理学の権威・東大教授の佐藤先生の講演資料です。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/docs/kouen_satou.pdf
11~14ページ辺りを見てください。
宇宙誕生後の初期段階で「インフレーション」という時期があり、そのときに無数の宇宙が誕生したとされています。
我々の宇宙は、その中の一つです。

我々は、他の宇宙を見ることも触ることも観測することもできません。
もしもそれができるとするならば、そこは我々の宇宙の中です。

>>>宇宙が属している処は何というところですか>>

さー。

>>>宇宙の果てに壁があるとも思えません!!宇宙は膨張しているとしてもその隣は何ですか?

上記の講演資料の2ページ目にある漫画を見てください。
風船の表面が宇宙です。
風船の上では、どこまでもまっすぐ進むと同じところに帰ってきます。
それと同じように、我々の宇宙も、どこまでもまっすぐ進むと同じところに帰ってくる、というようなイメージです。
壁はないのですが、有限です。
そして、「隣」はありません。

こんにちは。

>>>宇宙は何処に属していますか??

宇宙物理学の権威・東大教授の佐藤先生の講演資料です。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/docs/kouen_satou.pdf
11~14ページ辺りを見てください。
宇宙誕生後の初期段階で「インフレーション」という時期があり、そのときに無数の宇宙が誕生したとされています。
我々の宇宙は、その中の一つです。

我々は、他の宇宙を見ることも触ることも観測することもできません。
もしもそれができるとするならば、そこは我々の宇宙の中です。

>>>宇宙が属し...続きを読む

Q文明発祥地のその前について

文明が発生する以前の、黄河流域、ナイル川流域、メソポタミア川流域、ガンジス川流域というのは、どういう状態がどれくらい続いてから文明が発祥したのでしょうか。

Aベストアンサー

何かのヒントになると思いますので、私の読書メモ(15年前)の一部を書いてみます。

5000年前と3000年前という年代は歴史学では注目。それは古代文明の始まりと終わりだ。
気候の変化と文明の発展には関係がある。
5000年前、ナイル、メソポタミア、インダス、黄河の周辺が乾燥し始め、人びとは土地を追われて逃げ出し、そして河のほとりに文明が発達した。この古代文明はそれから約1500年続き、今から3500年前にはほぼ一斉に滅んだ。

以上ですが、この中の「乾燥し始め、人びとは土地を追われて逃げ出し、そして河のほとりに文明が発達した」とあります。
この部分に注目して、新しい情報を得るために検索しました。

気候の変化と文明の発展
http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf116-1/p062-078.pdf#search='気候の変化と文明の発展'

71ページに興味深いグラフと解説があります。
紀元前11000年から10000年頃、それまで狩猟・採集をしていたパレスチナの人びとは、気候変動で森と草原の境界あたりに定住し、野生植物の栽培(オオムギやコムギ類、マメ類)を始めた。
他の地方、メソポタミアでは8500年前に農耕が始まった。
そして紀元前3500年頃の寒冷・乾燥化気候は、シュメールに「都市革命」をもたらした。
「乾燥化に伴い、人びとは大河のほとりで灌漑による大規模な農耕を発達させ…以下略」

想像で回答して申し訳ないですが、これらのことからメソポタミアの場合、文明発祥前の5000年間ほどは、人びとは小さな集団をくみ、大河の水を利用しなくても水のある森や草原に散在していたのでしょう。

このご質問を考えたことで、文明は人口が集中して興るということを私は理解できました。

何かのヒントになると思いますので、私の読書メモ(15年前)の一部を書いてみます。

5000年前と3000年前という年代は歴史学では注目。それは古代文明の始まりと終わりだ。
気候の変化と文明の発展には関係がある。
5000年前、ナイル、メソポタミア、インダス、黄河の周辺が乾燥し始め、人びとは土地を追われて逃げ出し、そして河のほとりに文明が発達した。この古代文明はそれから約1500年続き、今から3500年前にはほぼ一斉に滅んだ。

以上ですが、この中の「乾燥し始め、人びとは土地を追われて逃げ出し...続きを読む

Q肉眼で見える夜空の星は、すべて銀河系内の星か、もっと遠い銀河か

プラネタリウムに行くと、必ずギリシャ神話の話があります。
あれに、イライラします。そんな作り話を聞きたいのではなくて
星の話、宇宙の話を聞きたいのに。
どこそこに落下した隕石には鉄分が他の隕石よりも多く含まれているので
散ってしまった星のかなり内部から飛んで出たもの(鉄が多い)ですとか、
コレコレの恒星の特徴は、とか。物理的なこと、天文的なことを聞きたいのに。
ギリシャの話はいらないのです。

さて、肉眼で見える夜空の星は、たいていは、我々の天の川銀河系でしょうか
アンドロメダでしょうか

Aベストアンサー

銀河系の外にあって肉眼で見えるのは (超新星を除くと) アンドロメダ銀河, さんかく座銀河と大小マゼラン雲くらいのはず. いずれも星として分離することはできないだろうね.

Q受験競争は文明が新しい文明を作りだすためには意味ないですよね。

教育とは、
すでにある学問を習う場所。
受験競争は文明が新しい文明を作りだすためには意味ないですよね。

Aベストアンサー

二つの考え方があります。
一つは、受験競争で頑張ったことが役に立つという考え。
もう一つは、単なる点取り競争のために大切な青春の時期を暗い受験勉強に使ってしまうという考え。
私は後者の考えです。

Q地球の文明は宇宙初の文明なのでしょうか?

太陽は最初の星ができてから(90億年前)40億年以上隔ててできたわけですが、その前に太陽系のような恒星系に地球のような文明が存在したことはありえるのでしょうか。あるいは地球文明が最初の文明なのでしょうか。

Aベストアンサー

確かに地球上の物質を生み出すためには、それより前の世代の恒星の死が必要ですが、その恒星が第一世代だったとは限らないと思います
一般に重い星ほど寿命は短いので、太陽の前に何世代もあった可能性もあります

Q司馬遼太郎は禅宗に否定的だったのでしょうか? 10年近く前に読んだ司馬遼太郎のエッセイ(風塵抄?)で

司馬遼太郎は禅宗に否定的だったのでしょうか?
10年近く前に読んだ司馬遼太郎のエッセイ(風塵抄?)で、禅宗はまあ文化になったからまだいいけど、みたいな記述があったのを今更ながら思い出し気になっています
また司馬遼太郎は宗教に属してたのでしょうか?
記憶がおぼろげで申し訳ございませんがなにかこれらについてご存知でしたら是非教えてください!

Aベストアンサー

司馬遼太郎さんは、かなり宗教に造詣の深い方で、お若い頃、新聞社で宗教担当などなさってたんですよ。
面白いことに、宗教担当記者時代の司馬さんは、結構、宗教(仏教)に批判的だった様ですが。

その後は、珍しく反省されて、仏教の奥深さに傾倒し、仏教に関わるエッセイなども、沢山書かれています。
特に、ご自身が門徒でもあった、浄土真宗の開祖、親鸞に関しては、ベタ褒めしてます。

ご質問の「禅宗」に関しては・・No.1さんが仰る通り、「高級仏教」と言う認識であった様で。
「禅は天才の道であって、私のような平凡な人間が踏み込むべき分野ではありません。」
「私に限って言えば禅の持つような、超人的な精神力の分野は、どうも苦手です。」
などと言う記述がありました。
一方では、「禅」が茶道など日本文化に強い影響を与えた点は、高く評価もしておられます。

司馬さんの執筆量などから考えますと、「超人的な精神力の分野」は、最もお得意な様にも思うのですが。
でも司馬さんの作品は、文体や文章の美しさより、登場人物の人間性を感じさせる描写などが重視されてて。
仏教で言えば、格式ばった禅宗より、人間味のある浄土真宗や一向宗などに近い感じはしますよね?
天才,超人が、あえて庶民目線に拘り続けたと言いますか・・。

司馬さんの様な天才の考え方は、私のような平凡な人間の理解が及ぶところではないのですが。
言葉は選びつつも、「禅宗は何か違う」と言うお立場であった様にも思います。
実際、概ねの禅宗は武家仏教で、現在でも何かとカネが掛る「高級仏教」として知られますが、司馬さんは一向宗の様な、大勢を救済することを目的とした「庶民仏教」に、仏教の本質を見出していたのではないでしょうか?

司馬遼太郎さんは、かなり宗教に造詣の深い方で、お若い頃、新聞社で宗教担当などなさってたんですよ。
面白いことに、宗教担当記者時代の司馬さんは、結構、宗教(仏教)に批判的だった様ですが。

その後は、珍しく反省されて、仏教の奥深さに傾倒し、仏教に関わるエッセイなども、沢山書かれています。
特に、ご自身が門徒でもあった、浄土真宗の開祖、親鸞に関しては、ベタ褒めしてます。

ご質問の「禅宗」に関しては・・No.1さんが仰る通り、「高級仏教」と言う認識であった様で。
「禅は天才の道であっ...続きを読む

Qわれわれの銀河系が他の銀河系と衝突すると・・・

地球への影響はどうなるのでしょうか。

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した、二つの銀河が衝突して形成されている「アンテナ銀河」の鮮明な映像を公開したようです。

 銀河の衝突によって数十億もの新たな星々が誕生しているダイナミックな様子がはっきりと映し出されているとのこと。

地球のある銀河系と、最も近いアンドロメダ銀河との衝突が、60億年後に起こるかもしれないとのことで、どんなんになるのかなぁと漠然と考えてしまったわけです。

Aベストアンサー

加速度的に接近するので、早ければ30億年後という計算もあります。そうなれば1回目の衝突の頃であれば、まだ太陽系は残っているかもしれません。とすると外へはじき飛ばされて孤独な星となる可能性だってあるでしょう。
おそらく三回くらい衝突を繰り返すでしょうが、そこで起きる相互作用は検討もつきません。正直なところ太陽系近傍の運命なんて想像もつきませんね。^^;

「ブルー・ホライズン」でシミュレートしたアニメがありました。
上から1/4くらいにある衝突画像をクリックすればダウンロードできます。
二つ画像がありますが、下の小さいほう(青い銀河が衝突している方)が軽いです。

http://www.cita.utoronto.ca/~dubinski/tflops/

マゼラン、小マゼランもその頃までには衝突しますので、スターバーストは先に体験できるでしょう。スターバーストは相互作用により星が次々に誕生する現象ですが、銀河系は今より1.3倍くらい明るくなるといわれています。
さらに、最近見つかった「いて座矮小判銀河」はすでに衝突し始めており、10億年以内に銀河に吸収されるといいますから、その頃が観測の絶好の機会になるでしょう。人類が生き残っていればですが…。

参考URL:http://www.nao.ac.jp/nao_news/mails/000322

加速度的に接近するので、早ければ30億年後という計算もあります。そうなれば1回目の衝突の頃であれば、まだ太陽系は残っているかもしれません。とすると外へはじき飛ばされて孤独な星となる可能性だってあるでしょう。
おそらく三回くらい衝突を繰り返すでしょうが、そこで起きる相互作用は検討もつきません。正直なところ太陽系近傍の運命なんて想像もつきませんね。^^;

「ブルー・ホライズン」でシミュレートしたアニメがありました。
上から1/4くらいにある衝突画像をクリックすればダウンロードできます...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング