正月の初夢のつもりで書きますが、銀河系内に宇宙戦争を戦うほど高度に発達した文明が過去に存在した可能性はあるでしょうか。

荒唐無稽な話かもしれませんが、地球文明が始まる以前の大昔に銀河系内に宇宙文明がいくつか存在していて、互いに絶滅するまで戦い続けて滅亡したので、現在は文明が一つも残っていないという考え方も出来るのではないかと思うのです。

そうであれば、宇宙戦争の痕跡が見つかれば、文明が存在した証拠になるかもしれませんね。宇宙文明の電波が受信出来ないのも、大昔に銀河系全域の文明を滅ぼしたので、電波の痕跡も残っていないのかもしれません。

核の時代と言われる現在ですが、銀河系を滅ぼすほどの兵器を作った歴史があったとしたら、人類の文明は同じ道を辿っているのかもしれませんね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「そんなことあるはずがない」と一笑に付してしまうのも身も蓋もありませんよね。


正月だし、ここはあったと仮定して話を進めてみましょう。
例えば私たちの住む太陽系から最も近い恒星で4.3光年あります。(ケンタウルス座アルファ星)
恒星は宇宙に同じように分布していて、その度合いを表現すると太平洋にスイカが3個という距離感です。
恒星間を移動するには私たちの文明では現時点ではまず無理です。
ただ私たちは空間を100%認識しているのかは疑問です。
ブラックホールのあるところでは空間が歪むとか、「クラインの壺」とか言いたいことはわかりますが、感覚的に理解できません。
宇宙空間にはまだ気がついていないカラクリがあるのかも知れませんし、それを解明した文明が恒星間移動をものにしているのかもしれません。(ワープなど)
そこでそういう技術を持った文明同士が、他の星の資源を巡って争うということは、この地球上で戦争が起きているくらいですからあり得ない話ではないでしょう。
ただこの事象を発見するのは困難です。
どんなに大口径の光学望遠鏡でも、お隣の恒星の惑星すら見えません。たとえていうなら東京タワーから富士山頂のロウソクの炎の周りを飛ぶ蚊を見つけるようなものだそうです。
またオズマ計画というものもありますが、波長21?の電波に的を絞っていますからこれ以外だと受信できません。
よって宇宙戦争は「あった」とも「ない」とも言うことはできないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

恒星間飛行ですが、現在のロケットエンジンでも数万年という時間をかければ他の恒星まで行くのは不可能ではありません。ただ、途中で生命維持に必要な物資が底を尽くので無理だと考えられています。

しかし、他の恒星までの数光年の間に未発見の天体が数多くあって、その多くが氷や岩石やガスで出来ていると考えられていますから、飛び石のように数十年ぐらいの時間で星から星に渡って行ければ、数万年かかっても他の恒星まで文明がたどり着けるという仮説があります。

過去に、この方法で宇宙旅行をした文明があれば、銀河系は数億年ぐらいで征服されていたはずで、現在、そうなっていないのは、宇宙旅行がうまく行かなかったからか、もしくは環境破壊や戦争で滅亡したかのどちらかになるでしょう。

恒星に惑星があるのは珍しいと考えられていた時代が長く続いていましたが、最近になってから惑星があるのが当然という考え方に変わっています。

銀河系内の文明に関しても同じ逆転現象が起こる可能性があり、宇宙戦争が過去になかったとは言い切れないのではないでしょうか。

人類が銀河系を支配する日が来たとしたら、戦争が絶えないはずで、他の文明でも同じだっただろうと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/01 13:17

明けまして、おめでとうございます。



私が前に、インディペンデンスデイ、宇宙戦争、サイン等の映画を見て
思った事を書きます。
いずれも相手の弱点から、人類が勝利するという内容ですが、
そもそも地球外知的生命を発見できていない時点で攻めて来られたら、
攻められた側は、成す術もなく滅ぼされる事と思います。


地球人より高度な文明同士が衝突するとも思えないです。
あと、2年位前の読売新聞に地球動物園説という記事が載っていました。
それは、未だ戦争や貧困などを解決出来ていない人類の進歩を待っているというような・・・内容でした。映画コンタクトみたいな感じかな?



よって、宇宙戦争をした文明は無いと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%95%E7%89%A9% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文明は高度になるほど経済的な問題で戦争を戦うようになります。これは、現在も未来も変わらない問題だろうと思います。

動物園仮説は知っていましたが、科学者からは非科学的だと批判の矢面にされている仮説でもあります。

理由としては、動物園や自然保護区の動物の種類や数が減り続けていて、それに対する対応がお粗末な現状をご存知ですよね。

他の星の生物が地球を動物園にしていたとしても同じでしょうから、人類はあっという間に絶滅していただろうと考えられるからです。

マスコミが書く問題は実態が逆である場合が多いですから、地球外文明に管理されている動物園ではなく、何もしないで放置されている野生区だからこそ、地球人類は生きていられるのだと考えた方が良いだろうと思います。

地球外文明が過去に存在したのであれば、今頃は地球も支配下に置かれていたはずで、環境破壊か、戦争による文明の破綻で滅亡した以外に考えられる理由がないのも事実ですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/01 13:03

おそらく宇宙戦争までは・・・ないと思われます。



人類が進歩できたのは過去の出来事を記憶できるようになったからだそうです。
そうして、人類は他の動物にはない思考を手に入れました。
人類のことを霊長類とよぶので、便宜上この感覚を霊感とおきます。

科学が発達して宇宙の存在を知ると、人間はちっぽけな存在なんだと
認識する人が多く出てきます。即ち霊感が一段階進化します。
まあ、現在の人類の姿です。
古代に比べて争い事は減っているとはいえ、いまだに多くの戦争があります。

さて、宇宙へ出るようになると、そこは暗く広涼とした世界が広がり、
どこまで行っても生命体に辿り着く可能性はかぎりなく低くなります。
つまり、生命の尊さを今より更に強く感じることになるでしょう。
おそらく科学が発達して霊感が上がるにしたがって、
生命をどうやって育むかということに重点が置かれるようになるでしょう。

もし、核を使い銀河系を滅ぼすほどの武器力を持った文明が
今まさに宇宙に出て文明を発達させようとしています。
かなり以前からこの動きを察知していた更に高度な知的生命体がいたとします。
あなたは、この知的生命体がこの動きを許すと思うでしょうか?

当然、自分達の敵となりうる、しかも邪悪な心を持った文明、
救えるものは救って、他は躊躇なく滅ぼすでしょう。
最期はノアの箱船の話になってしまいましたが、我々は試されているのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宇宙戦争は経済的に引き合わないから起こらなかったと考える事は出来ますが、道徳心とか宗教で戦争が防げるとは思えません。

地球外知的生命にも宗教があった可能性はありますが、戦争を防ぐ役には立たなかったでしょう。

宇宙戦争など起こっていないというのは簡単ですが、近隣の恒星が同時に爆発を起こした跡が見つかったり、爆発しないはずの中小の恒星が爆発していたりなど、不自然な天体現象が見つかるようになったら、必ずしも宇宙戦争を否定し切れなくなるかもしれませんね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/01 12:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙、宇宙の外は何で

地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙、宇宙の外は何でしょう?
僕は’宇宙の宇宙’=’時空’だと思います。
皆さんのご意見が聞きたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙

違います。
「地球は太陽系に属し、太陽系は銀河系に属し、銀河系は局部銀河群という超銀河団に属し、局部銀河群はおとめ座超銀河団に属する」
です。

>>>宇宙の外は何でしょう?

我々の宇宙の外ということは、すなわち、我々の宇宙との関係(因果律)が切れているということです。
我々の宇宙が誕生したとき、同時に無数のほかの宇宙も誕生したというのが、最有力の説です。

こちらは宇宙物理学の権威・佐藤先生(東大)の講演資料です。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/docs/kouen_satou.pdf
(12、13枚目のスライドを参照)

Q太陽系のある銀河系より外に小惑星は存在しますか?

隕石は小惑星の一部ということで、主に火星と木星の間にある小惑星帯からやって来ますよね。確か太陽系外にも小惑星が存在するのは聞いたことがあります。
そこで質問ですが、(1)遠い銀河の中にも小惑星は存在するのでしょうか?もし存在するなら、(2)我々の銀河系外から未知なる新しい物質でできた小惑星が、我々の銀河の太陽系の中に飛んできて、それが地球に落ちて隕石となる?ということは考えられるでしょうか?
(広い宇宙で確率的にはものすごい低いかもしれませんが…)そしたら超珍しい隕石も存在するのかな…
教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私は素人ですのでその積りでお読み下さい。
 (1) 我々の銀河だけが特別の出来方をした可能性は低いでしょうから、他の銀河にも当然無数の太陽系があり、小惑星が存在すると思います。
 (2) それらの小惑星が我々の太陽系に飛んで来る可能性はあると考えます。銀河全体がやって来る、というのではありません。単体で飛来する可能性が、長い目で見れば、無視出来る程小さくは無い気がします。(気がするだけです、根拠はありません。)
 私は暫く以前、三体問題の計算に凝ったことがあります。そのときつくづく感じたことは、同等程度の三つの天体は安定した軌道を持つことが難しい、ということでした。どれか一つが大質量なら安定するのですが、同等程度の場合、初期条件を余程慎重に選ばなければ三体はやがてバラバラの方角へ飛び散ります。ですから、大質量天体の圏外にある小惑星群のようなものが(子惑星を持つ小惑星が太陽系にも発見されていることを想起して下さい)微細な刺激を受けて飛び散り、我々の近辺にやって来ることは考えられると思うのです。現に存在している小惑星のうち幾つかがそのような起源を持つことが発見されたとしても、私は驚きません。

 小惑星に興味をお持ちのようですから、次のサイトを紹介します。一ページ目の画像の少し上にある「see some samples」の所をクリックすると色々興味深いサンプルを見ることが出来ます。
http://www.alcyone.de/POrbits/english/

 全然余計なことを附け加えますと、私のハンドルネームも或る小惑星の名前です。
 

 私は素人ですのでその積りでお読み下さい。
 (1) 我々の銀河だけが特別の出来方をした可能性は低いでしょうから、他の銀河にも当然無数の太陽系があり、小惑星が存在すると思います。
 (2) それらの小惑星が我々の太陽系に飛んで来る可能性はあると考えます。銀河全体がやって来る、というのではありません。単体で飛来する可能性が、長い目で見れば、無視出来る程小さくは無い気がします。(気がするだけです、根拠はありません。)
 私は暫く以前、三体問題の計算に凝ったことがあります。そのときつくづ...続きを読む

Q銀河系、恒星系に属さない天体は存在しますか。

宇宙がビッグバンによって始まったのなら、全ての物質が均等に広がっていき、それらが次第に集まって銀河系が形成されていく過程で、たまたまどこにも属さない天体、つまり取り残されてしまった天体というのは存在するのでしょうか。
 また同様の質問になりますが、銀河系内の恒星系間においてもそのような取り残された天体は存在するのでしょうか?
不思議に思ったので教えてください。

Aベストアンサー

 銀河に属さない天体としてよいかどうかは判断しかねますが、銀河同士の衝突の際にいずれの銀河からも離れた位置にあるガス雲で星形成が起こっている例が知られています。

 どの銀河にも属さない天体は、単独の恒星であったり、小さな星団であったりすると発見が非常に難しいので、例としては挙げられませんが、可能性はあるでしょう。

 次に…「恒星系」とは恒星とそれと重力的に結びついた天体のことを言っておられるのだろうと推測しますが、恒星系という言い方はありませんので、ここでは「恒星間空間」において、特定の恒星に重力的に束縛されていない天体があるかどうかということに関して回答します。

 この場合に考える天体は当然「恒星以外のもの」になるので、例はたくさん挙げられます。褐色矮星はそれ自身、その周囲に惑星がある可能性がありますが、恒星ではないという点でお尋ねの天体に当たります。ただし、以下もそうですが、「取り残された」という表現は実態と合いません。単独で形成されたか、放り出されたかですので。

 この他、形成後に他の惑星との相互作用により「惑星系」から放り出された惑星、同様に恒星間空間に放り出された小天体は無数にあるでしょう。実際、太陽系起源と考えられる彗星とは全く異なる組成を持つらしい彗星が観測されたことがあります。このような天体は太陽系外からやってきたと考えるのが妥当でしょう。

 蛇足ですが、冥王星は明白な太陽系天体であって、太陽系外の天体を補足したと考える根拠は観測的にも理論的にもまったくありません。

 銀河に属さない天体としてよいかどうかは判断しかねますが、銀河同士の衝突の際にいずれの銀河からも離れた位置にあるガス雲で星形成が起こっている例が知られています。

 どの銀河にも属さない天体は、単独の恒星であったり、小さな星団であったりすると発見が非常に難しいので、例としては挙げられませんが、可能性はあるでしょう。

 次に…「恒星系」とは恒星とそれと重力的に結びついた天体のことを言っておられるのだろうと推測しますが、恒星系という言い方はありませんので、ここでは「恒星間空間...続きを読む

Q地球の文明は宇宙初の文明なのでしょうか?

太陽は最初の星ができてから(90億年前)40億年以上隔ててできたわけですが、その前に太陽系のような恒星系に地球のような文明が存在したことはありえるのでしょうか。あるいは地球文明が最初の文明なのでしょうか。

Aベストアンサー

確かに地球上の物質を生み出すためには、それより前の世代の恒星の死が必要ですが、その恒星が第一世代だったとは限らないと思います
一般に重い星ほど寿命は短いので、太陽の前に何世代もあった可能性もあります

Qわれわれの銀河系が他の銀河系と衝突すると・・・

地球への影響はどうなるのでしょうか。

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した、二つの銀河が衝突して形成されている「アンテナ銀河」の鮮明な映像を公開したようです。

 銀河の衝突によって数十億もの新たな星々が誕生しているダイナミックな様子がはっきりと映し出されているとのこと。

地球のある銀河系と、最も近いアンドロメダ銀河との衝突が、60億年後に起こるかもしれないとのことで、どんなんになるのかなぁと漠然と考えてしまったわけです。

Aベストアンサー

加速度的に接近するので、早ければ30億年後という計算もあります。そうなれば1回目の衝突の頃であれば、まだ太陽系は残っているかもしれません。とすると外へはじき飛ばされて孤独な星となる可能性だってあるでしょう。
おそらく三回くらい衝突を繰り返すでしょうが、そこで起きる相互作用は検討もつきません。正直なところ太陽系近傍の運命なんて想像もつきませんね。^^;

「ブルー・ホライズン」でシミュレートしたアニメがありました。
上から1/4くらいにある衝突画像をクリックすればダウンロードできます。
二つ画像がありますが、下の小さいほう(青い銀河が衝突している方)が軽いです。

http://www.cita.utoronto.ca/~dubinski/tflops/

マゼラン、小マゼランもその頃までには衝突しますので、スターバーストは先に体験できるでしょう。スターバーストは相互作用により星が次々に誕生する現象ですが、銀河系は今より1.3倍くらい明るくなるといわれています。
さらに、最近見つかった「いて座矮小判銀河」はすでに衝突し始めており、10億年以内に銀河に吸収されるといいますから、その頃が観測の絶好の機会になるでしょう。人類が生き残っていればですが…。

参考URL:http://www.nao.ac.jp/nao_news/mails/000322

加速度的に接近するので、早ければ30億年後という計算もあります。そうなれば1回目の衝突の頃であれば、まだ太陽系は残っているかもしれません。とすると外へはじき飛ばされて孤独な星となる可能性だってあるでしょう。
おそらく三回くらい衝突を繰り返すでしょうが、そこで起きる相互作用は検討もつきません。正直なところ太陽系近傍の運命なんて想像もつきませんね。^^;

「ブルー・ホライズン」でシミュレートしたアニメがありました。
上から1/4くらいにある衝突画像をクリックすればダウンロードできます...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報