出産前後の痔にはご注意!

東北新幹線に最高時速320kmの車両が導入されるそうですが東海道山陽新幹線でも時速320kmの運転が可能ですか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

320km/hでの走行は可能です。

しかし営業上の観点や、騒音規制等の問題から営業運転は行っていません。

2009年11月16日の深夜には、「高速鉄道シンポジウム」参加者へのアピールとしてN700系での332km/hでの走行を行っています。500系ですでに環境対策は打てていますので、N700系の投入により、300km/h超の営業運転も可能でしたが、速度向上によるメリットとデメリットを比較した場合に、デメリットのほうが大きかったため(車両価格が高騰することに加え、他形式が300km/h超対応でないために、追い抜きポイントを考慮しないと速度を維持できない)営業運転は見送られています。また市街地は騒音対策のために速度を落とす必要があることから、300km/h超運転が可能な区間も限られてしまいます。


今後の速度向上ですが、JR東海はリニアによる500km/h運転を目指していますので、鉄軌道への投資は控えるものと推測されます。よって、東海道山陽区間における300km/h超の営業運転が行われる見込みは低いと言えるでしょう。
    • good
    • 0

一に線路規格の違いです。


山陽新幹線は、R=4000mと高規格のため、500系の原型となった試験車は、開発名N350からも分かるとおり運転最高速度350Km/hを目指していましたが、経済性と騒音対策上、断念せざるを得なかった経過があります。
今でも、山陽新幹線の新大阪-姫路間は、市街地を走行する為、東海道新幹線と同じ270Km/hに抑制しています。
また、東海道新幹線は線形が悪く高密度運転ですから、大幅な速度向上は技術的にも経済性からも困難でしょう。
    • good
    • 1

 東北新幹線でできたのならば、軌道条件がほぼ同じ山陽新幹線区間であれば、技術的には充分可能でしょう。


 それをしないのは、技術的な問題ではなく、東海道区間に乗り入れる車両の、各車両の座席数等を全列車統一しなければならないという営業上の問題です。これが理由で、かの名車500系が東海道区間からもう間もなく追いやられようとしているわけです。
 従って、東海道区間への乗り入れを必要としない、山陽区間~九州新幹線乗入れ用車両には、(当面はN700系ですが)今後は新たな車両の開発も、充分考えられるのではないかと思います。

 但し、東海道区間となれば話は別です。
 山陽区間や東北新幹線は、カーブ区間の最小半径=4,000mに設定されていますが、東海道区間は建設時期が古いため、最小半径=2,500mとなっています。つまり、東海道区間の方がカーブがきついのです。
 このため、おそらくですが、このたび東北新幹線に導入されるE5系の技術だけでは、東海道区間で時速320kmを達成するのは難しいと思われます。
 今後、東海道区間でも300kmを出せる新たな車両の開発を検討すると、JR東海の社長が公言しているとおり、東海道区間では時速300kmを出すのにも新たなテクノロジーが必要です。それ以上の速度域となると、これから建設されるリニアとの二重投資になる懸念もありますので、JR東海単独では難しいのではないかと考えます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東海道・山陽新幹線は、将来的にスピードアップしますか?

東北新幹線は、今後段階的にスピードアップし、北海道新幹線開業
までに時速360km運転を目指すとの事です。
では東海道・山陽新幹線はこれ以上のスピードアップは望めないので
しょうか?

東海道新幹線の開業は1964年と古く、東北に比べ線路の規格が
良くないのでスピードアップは困難なのだと推測しますが、
いかがでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

東海道新幹線の場合、これ以上のスピードアップを妨げる要因として曲線半径による速度制限の他に、運転本数が多いことによる列車と列車の間隔の狭さが挙げられると思います。

現在、東海道新幹線の最小運転間隔は概ね3分前後だと思われますが、時速270キロで走る東海道新幹線の各列車、特にのぞみ同士が3分間隔で走るというのはかなり余裕が無い状態です。
東海道新幹線において270キロで走る場合はなんとか3分の間隔で運転できていますが、これを300キロにスピードアップするとブレーキをかけてから停車するまでの距離を考えても現在の運転間隔は維持できないのです。

運転間隔が空くことは運転本数の減少に繋がり、輸送力の面からも不利になります。
大量の利用客を輸送しなければならない東海道新幹線では、スピードアップよりもむしろ運転本数増大による輸送力強化にシフトを置いているのが現状で、過去のダイヤ改正でも1時間あたりの運転可能本数を増やしてきた経緯があります。

もちろん線形が他の新幹線各線と比べて悪く、曲線半径2500mのカーブがネックになっているのは否めませんが、こちらは車体傾斜装置の改良・技術開発によってある程度解決できそうな気がします。

東海道新幹線の曲線半径2500mのカーブではN700系を除き、時速255キロの速度制限がかかっています。

この時速255キロという数字の根拠は、当時国鉄が特急列車や新幹線がカーブを通過する際に感じる遠心力を0.08Gまでに制限し、この0.08Gという数字を乗り心地基準と定めたことに由来しています。

ちょうど東海道新幹線の曲線半径2500mのカーブで0.08Gがかかる限界の速度が時速252キロでした。これでは遅すぎるということで、カーブでの線路の傾き(カント)を180ミリから200ミリに引き上げ、時速262キロまで出せるようにしました。

これにより、N700系を除く各列車は曲線半径2500mでの速度制限を時速255キロ制限として、頭打ち速度(これ以上速度が上がると自動的にブレーキがかかる速度)を時速260キロとしたのです。

N700系では現在車体を3度傾けることによって曲線半径2500mのカーブでも時速270キロのまま走ることができますが、在来線では既に5度傾斜させる振り子装置が実用化されています。
仮に現在の東海道新幹線の曲線半径2500mのカーブで車体を5度傾斜させた場合、時速311キロが0.08Gの遠心力で収まる限界速度だそうです。もし実現できれば連続して時速300キロでの運転はできそうです。

但し130キロ程度で走る在来線と、270キロ以上で走る新幹線を一概に比べることは難しく、N700系が3度だけ車体を傾斜させているのも車体傾斜装置が誤作動を起こした場合の安全性を考慮した為でもあります。

更に東海道新幹線では前述した通り、これ以上スピードアップが可能になるには列車の運転間隔を解決しなければなりません。従って現状のダイヤでスピードアップは非常に困難であることを重ねて補足しておきます。

こんばんは。

東海道新幹線の場合、これ以上のスピードアップを妨げる要因として曲線半径による速度制限の他に、運転本数が多いことによる列車と列車の間隔の狭さが挙げられると思います。

現在、東海道新幹線の最小運転間隔は概ね3分前後だと思われますが、時速270キロで走る東海道新幹線の各列車、特にのぞみ同士が3分間隔で走るというのはかなり余裕が無い状態です。
東海道新幹線において270キロで走る場合はなんとか3分の間隔で運転できていますが、これを300キロにスピードアップするとブレーキをか...続きを読む

Q東海道・山陽新幹線の速度向上は将来有り得ますか?

東北新幹線では、時速275→300→320と数年がかりで最高速度を
段階的に向上させ、北海道新幹線開通時には最大時速350kmまで
上げるとの発表があります。

さて、東海道・山陽新幹線では1999年の700系登場以来、8年ぶりに
新型車両N700系が登場しました。
しかし、N700系の最高速度は500系と同じ300km/hであり、速度向上は
無かったみたいでした。

東北新幹線は東海道・山陽よりも線路が直線的だから、速度向上を
実行しやすいというメリットがあると予測しておりますが、では、
東海道・山陽新幹線ではこのように最高速度をこれ以上向上させる事は
可能なんでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
鉄道会社で運転士をしております。

>東海道・山陽新幹線ではこのように最高速度をこれ以上向上させる事は
可能なんでしょうか?

騒音、振動、安全性
・・・・これらを抜きにし、「試験で」という事でしたら可能です。

ただ、仮に速度を上げても、時間の短縮には繋がりにくいのです。

時速270キロ→時速300キロにしても、1時間あたりの差は30キロ。
しかし、時速270キロの新幹線でも1分で4キロ強も走るものです。
まして、これは机上の全くの計算上のものであり、
実際にはカーブや勾配に伴う速度低下や加速減速時間も必要です。

最高速度が抑えられている。
加速時間・減速時間。

上記の要因を踏まえると、仮に東海道新幹線で速度を上げても、時間短縮は5分も叶わないのです。
速度を上げるには、路盤の整備もさることながら、沿線への振動騒音対策の工事、部品の磨耗。
多額の費用が必要になってきます。
また、沿線では騒音振動から反対運動も起こるでしょうし、その補償も考えなければなりません。

モーターも定格回転数が無尽蔵ではありませんし・・・。

何故、速度を上げるのか
それは所要時間を短縮する為であり、速度向上せずに所要時間が短縮できるのであれば、その方法が最善になるのです。

現行、新幹線の起動加速度は1.6km/h/s。(300系)
加速度が上がれば、
○駅発車→トップスピードまでの到達時間が短縮でき、トップスピードで走る時間が長く取れる→結果時間短縮が出来る。
○カーブなどの制限で速度が落ちても、トップスピードに戻る時間が短くて済む。

所要時間の短縮そのものは可能ですが、速度を上げるより、
加減速度の向上や、ATCのパターン制御の向上によって駅進入速度を上げるなどの方法を講じた方が、現実的であり可能性も高いのです。

最も新しい新幹線、N700系が、
何故に速度制限の多くある東海道新幹線で、最高速度を270キロのままで所要時間短縮できたかというと、
○加減速度の向上。(700系は1.6km/h/s→N700系は2.6 km/h/s)
○カーブでも速度を落とさずに済むように、遠心力の働く方のエアサスに空気を多く入れカーブ内側に車体を傾けさせる事で、カーブ通過時に車体を安定させた。
・・・・から出来たことなのです。

こんばんは。
鉄道会社で運転士をしております。

>東海道・山陽新幹線ではこのように最高速度をこれ以上向上させる事は
可能なんでしょうか?

騒音、振動、安全性
・・・・これらを抜きにし、「試験で」という事でしたら可能です。

ただ、仮に速度を上げても、時間の短縮には繋がりにくいのです。

時速270キロ→時速300キロにしても、1時間あたりの差は30キロ。
しかし、時速270キロの新幹線でも1分で4キロ強も走るものです。
まして、これは机上の全くの計算上のものであり、
実際にはカーブや...続きを読む

Q500系のぞみの最高速度は300Km/h?

 こんばんは。
 500系のぞみの最高速度は300km/hですが、本当でしょうか。例えば、遅れている時は320km/hくらい出しているとか。そんなこと、あるのでしょうか。
 また、今後、300km/h以上の営業最高速度引き上げはあるのでしょうか。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

0系の公称最高速度は210km/hでしたが、実際は余裕速度10km/hで巡航運転時200km/hで運転し、遅れた場合は210km/hを出すということをしていたようです。
同様に、100系で最高速度が220km/hになったときですが、こちらは巡航速度が220km/hで余裕速度は5km/h、つまり0系風にいうと最高速度225km/hだったそうです。
なんで最高速度の表示方式を途中で変えたのかは知りません。

ここまでは自身ありです。

ということで、当然ながら500系でも余裕速度が設定されているものと推察されます。ひょっとしたら巡航速度290km/h、最高300km/hかもしれませんし、巡航速度300km/h、最高305km/hかもしれません。
100系風に考えると後者の確率が高いような気がするのですが・・・。
ちなみに、500系の設計最高速度は350km/h時ですから、305km/hくらいであれば無理なく出すことが可能です。

Q東海道新幹線 「のぞみ・ひかり・こだま」は、時速何キロで走るのでしょうか?

タイトル通りです。

子供に聞かれて調べてみたのですが、根本的に、列車の事がサッパリ分かりません。

どなたか、教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確には、275km/hまで出すことが出来ます。

新幹線で使われているATC(自動列車制御装置)と呼ばれる信号システムでは、列車の速度が275km/hに達した時点で自動的にブレーキがかかり、これ以上の速度が出ないシステムになっています。
※山陽新幹線では、車両によっては285km/h・300km/hまで出すことが出来ます。

では、なぜ270km/hが最高速度とされているかというと、この速度での運行を原則としてダイヤの作成などが行われているからです。
実際に走ってもいい最高速度より若干低い速度を基準としてダイヤを作成することで、列車の遅れを回復させるための時間的な余裕を持たせているのです。

あと、No.2さんの方法では、速度の計算は出来ません。
これは、時刻表に掲載されているキロ数は運賃・料金を決定するための営業上の数字で、並行して走る在来線の線路を元に設定されていますので、実際の新幹線の線路の距離とはかなり異なるものになっているからです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/自動列車制御装置

正確には、275km/hまで出すことが出来ます。

新幹線で使われているATC(自動列車制御装置)と呼ばれる信号システムでは、列車の速度が275km/hに達した時点で自動的にブレーキがかかり、これ以上の速度が出ないシステムになっています。
※山陽新幹線では、車両によっては285km/h・300km/hまで出すことが出来ます。

では、なぜ270km/hが最高速度とされているかというと、この速度での運行を原則としてダイヤの作成などが行われているからです。
実際に走ってもいい最高速度より若干低い速度を基準としてダイ...続きを読む


人気Q&Aランキング