痔になりやすい生活習慣とは?

10万を越えたBMWです。
予防メンテでオルタのリフレッシュをしようと考えています。
オルタを車から外して、車電装屋さんへ持ち込めば、O/H(リビルト化?)してくれるのでしょうか?
なお、BMWのパーツリストではブラシ、レギュレータなどのパーツが出ません。(そのような場合でも汎用だと思われる、適当な部品でリビルトしてくれるのでしょうか?)

この辺の経験ある方お願いします。

なお、オルタ外しなどのアドバイスは不要です。
リビルトに時間かかってもOKです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

電装品業界は、独自のサービスネットを全国に張り巡らせています。


パーツの供給は、カーディーラーより細分化されています。
オルタネータの脱着もOK,単品で持ち込みもOKです。
輸入車については、あいにく最近の状況は存じませんが、BOSCH製品は、日本BOSCHのサービスネットで対応していますから、お近くのショップに直接問い合わされてはいかがですか。

BOSCH HP 「カーサービスショップ」
http://www.bosch.co.jp/jp/bcs/shop_search/ 

日産車の一部にも確かBOSCH製のオルタネータが採用されています。
また、日本製のオルタネータがヨーロッパ車にも採用されています。
そこで、日本の電装品屋さんでも輸入車のオルタネータのオーバーホールをしているショップもあります。
下記組合のHPから、お近くのショップを探して問い合わせてみてください。

電整連HP 「Drアンシンのいる工場・ショップ」
http://www.jidosha-densou.or.jp/ 

「BMW オルタネータ オーバーホール」で検索すれば、経験談にヒットします。

例えば
http://aokidenso.eshizuoka.jp/e147532.html 

http://pokekan.blog59.fc2.com/blog-entry-125.html

なお、ブラシ、レギュレータは一体になっておれば、たいていは一体(セット)で交換するようにメーカーは指導しているようです。
交渉しだいでブラシのみの交換もしてくれるかも知れません。
ただ、重要な機能部品であるレギュレータの「汎用品」はないはずです。

まずは、問い合わされてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

各種情報詳しくありがとうございます。
非常に参考になります。
電装連のHPはありがたいです。

オルタのメーカーも記載すればよかったですね。
気が付きませんでした、BOSCHです。

近くのBOSCH店及びアンシン店に聞いてみます。

お礼日時:2010/01/03 10:15

最近その手の電装品は、回収・再生・再利用のルートが確立されていて、なかなか修理専門の店を素人が探すのは大変です


腕の良い修理を得意とする電装屋さんをご存知ならば、もちろん請けてくれますし、ブラシは生ブラシを削り、レギュレーターも流用品を見つけてくれると思いますが、そこまでやってくれる電装屋さんは少ないです
もしあっても代金が再生部品と大差無かったり、保証が効かなかったり色々です
昔はValeoやBOSCHの電装品は腕の良い所で直すと新品以上になったんですけど、今は再生品を買った方が確実ですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

一度 先の方が教えてくれた電装屋さんに確認してみます。

お礼日時:2010/01/03 10:24

電装屋で行うのはリビルトでは無く『オーバーホール』です。



リビルトとオーバーホールの違いは、リビルトはリビルトメーカーの基準に照らし合わせ、ダメな部品と消耗品を総取っ替えして『再生』しますが、その個体により交換した部品点数が違ったりしても商品はあくまで『再生オルタネ-タ』であり『再生作業』ではないので値段は同一です。

それに対し電装屋で行うオーバーホールは基本的にダメな部品のみを交換するか中身そっくり交換するかで当然価格も変わっています。『再生作業』と『部品』が商品となるので手間を掛ける程高額になります。で、そっくり交換するならリビルト品の方が安い事がほとんどです。

尚オーバーホールを依頼する場合は各オルタネータメーカーの代理店になっている電装屋に依頼しなければなりません。最近は外車でも日本製が多いですが、それでもデンソー、三菱電機、ボッシュなど数メーカーありますのでデンソー以外だと代理店やってる電装屋は少ないですから近所にあるかどうか。

今お乗りの車にどこのオルタネータが付いているか分かりませんが、本体に付いているラベルでメーカーを調べて代理店の電装屋に問い合わせてみるのが一番確実です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

オルタのメーカー記載すればよかったですね。
気が付きませんで申し訳ありません。
BOSCHです。

状態からO/Hと判断しています。
部品さえ入手できればDIY交換も視野に入れています。
一度BOSCHと電装屋さんに確認してみます。

お礼日時:2010/01/03 10:19

リビルドとは、再生部品を受け取り、変わりに現在の部品を送り返します。


で、工場で再生された「元あなたの」オルタネーターは、誰かのために在庫として保管されます。
そのようなサイクルがリビルドです。

たかが10万キロで交換の必要はないと思いますよ。
日本車でも20万は持ちますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。
リビルトの仕組みは十分知っています。

一般的な車の電装屋さんへ持ち込めば私のオルタをリビルトと同じ状態にしてもらえますか?というのが質問です。(リビルト品を売っていることは知っています)

日本車は20万でも持ちますが、BMWの特定車種は10-13万kmでいかれる、持病があります。

お礼日時:2010/01/02 18:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオルタネータ故障の予兆

オルタネータ故障の予兆

10万kmを越えてオルタネータが心配になってきました。

オルタが死ぬ時は「突然」と聞きますが何か予兆はあるのでしょうか?

あれば見方(電圧?異音?)を教えてください。(月1-2回の車を動かす毎にチェックする予定です)
発電不足とオーバーチャージ それそれで。
現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

またレギュレータ故障と、ブラシ磨耗以外にも結構起こる故障はあるのでしょうか?
(この2つでほとんど、と考えて良さそうでしょうか?ブラシ磨耗が故障というのかわかりませんが、「発電できなくなる」ということで、、)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限界近くまで摩耗すると、たいていの場合は、発電したり、しなかったりの状態が暫く続くので、ときおりチャージランプが点灯するような場合は、10万kmを超している車では、ブラシの寿命を疑ってもよいでしょう。
ブラシの寿命は、2000年度以降の車はだいたい20万kmはもつのではないでしょうか。
1990年代、タクシーは年間10万km超えるので、少なくとも1年間はブラシを換えずにすむようにブラシの長さは当時から長くなっています。
一般車にも応用されています。
なお、ブラシ部に水やオイルが入ると、寿命は著しく短くなります。
エンジンルームのスチームクリーナ洗浄は要注意です。


オーバーチャージの原因の一つに、車種によっては、車両側ハーネスの不具合(接触不良)の場合があります。
この場合も、電気負荷の大小によってチャージランプが点灯したり消えたりすることがありますこと、申し添えます。

チャージランプが点灯する例としては、レクチファイア不良のケースがあります。
このケースでは発電量はかなり少なくなりますが、昼間でエアコンなしの状態では走行できます。

>現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

これは正常値です。
では、それぞれ13.0V、14.0Vなら、あるいはもう少し低い場合はどうなのか、と言えばだんだん判断できなくなりますね。
アイドリング回転数の変動、エンジンをかけてから何秒後に測定したか、バッテリ充電状態・液温などで電圧は変動するので、電圧を見て予兆をつかむのは困難だと思います。

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限...続きを読む

QBMW E46 オルタネータ交換のトラブル

E46 約4万キロ走行です。
ディーラーにてオルタネータ交換後、異音が出るようになりました。
アイドリング時に、ヒューンという笛のような、結構大きい音です。
調べてもらったところ、プーリーのベアリングとのことでした。
直前の定期点検で、予防整備としてベルト、プーリー、テンショナ一式の交換を勧められていました。
作業前は全く音が出ていなかったのに突然発生したのですが、ディーラーは
「作業上のミスは考えられず、部品の寿命です。だから交換を勧めたでしょう?」
の一点張りで、瑕疵の可能性さえ認めずに、有償修理を推してきます。
ディーラーの言うとおり、作業上のミスで発生するトラブルの可能性は全くないのでしょうか?

Aベストアンサー

オートテンショナーなのに??70年代のダットサンじゃねえんだから、テンションの掛け過ぎでプーリー逝っちゃうみたいな工場側の失敗って、まずあり得ねえっすよ。テンションがチョイ緩いって事のほうが起こり得るっすよ。その辺は#1~3の皆さんが指摘してるっすね。
その辺ディーラーの皆さんは心得てるな、って質問文読んでて思ったっすよ。実際交換の際「プーリーもヤバいっすよ」っつってんだから。それをどういう理由であれ「今回は替えません」ってお客様が言ったから替えなかったって、正当な理由を順序立ててやってるっすね。残念ながら勝ち目はねえっすね。

でも納得いかないよね。雑に「寿命です」っつわれてもお客さんとしては感覚として掴みづれえよ。症状が出てから「あ。。。これ?これの事??」って感じになっちゃうんだから、同時交換勧める時に「聞いた事もないようなヒュンヒュン音が出て大きくなって、最後は固着しちゃう」って伝えるべきだったっすよね、そのサービスフロント。

っつー事であなたが悪いから諦めなさい、じゃ何の救いもないのでチョイ老婆心を付け足しとくっす。

人間様でも最近じゃひとつの病院でひとりの医師の診断で全部賄う、っつー時代じゃないっす。セカンドオピニオンっつって、別の病院に行って別の医師診断を受けて誤診を最小限に留めるっつーのが今時のやり方っす。
クルマだって、保証があるからディーラーに行ってやってんでしょ?でも雑に言われて高い診療費を請求されるのは嫌、っつーのは人情っす。だったらセカンドオピニオンとしてBOSCH提携工場とか認定工場(http://www.bosch.co.jp/jp/bcs/)も押さえておくべきっすよ。クルマは違うし交換箇所も違うから参考にしかならねえっすけど、俺のOPELをBOSCH認定工場でパーツ持ち込みでタイベル・ウォタポン交換してもらったら『工賃(引取納車込み)で¥18.000-』『タイベル+プーリー+テンショナーが¥7.600-(自分で取り寄せ)』『ウォーターポンプは¥5.000-(自分で取り寄せ)』で¥30.600-だったっすよ。7UPだと工賃だけで¥50.000-っすけど、ね。
それにね、パーツも出来る事ならドイツから直接取り寄せちゃう。日本と違ってヨーロッパではチリトリ売ってる感覚でプーリーやオルタネーター売ってるから、ね。ドイツ語とか英語とかできねえよ、なら出来る人に頼んじゃう。最近じゃ本国純正パーツを取り寄せて売ってる整備工場も多いっすから、そういうのをサードオピニオン的に利用しちゃう。楽天市場やYahoo!Shopping(オークション)なんかで「febi bilstein」で検索掛けるとディーラーの半額以下でパーツ、売ってるっすから、ね。

メンテナンスを趣味になさってる#2さんなんか御存知かと思うっすけど、ドイツ本国なんかでは例えばプーリーを単品で売りつつ「そこ交換するなら絶対必要になるから」的にプーリーとテンショナーとベルトのセットも置いているんっすわ。そういうセットがいろんな部位にあるんっすよ。多分ね、部品代でディーラーが法外に吹っかけてなかったら、あなたもプーリー変えてたと思うっすけど。。。
ついでに言うとプーリーはベアリングで出来てるから、ベアリングに耐熱性の高い潤滑材を差すと延命できるんっすよ。釣りのリールや自転車ではベアリングの手入れは基本っすけど、クルマも同じっす。ナスカルブって潤滑材が最強でちょっと実験してみたら、BOSCH提携工場のお兄ちゃんが個人的に食いついてたっすから、ね。

っつー事でね、どうしてもディーラーが癪に障るっつーなら、ディーラー以外の所でやってもらう、今後保証範囲外のメンテ修理はディーラーに入れてやらない、ビタ1文たりともディーラーに落としてやらないって体制を作っちゃう。それが何気にディーラーには応える事っすから。地味だけど、確実にリベンジできるっすよ。多分ね、今のあなたに出来るのはこの位だと思うっすよ。

オートテンショナーなのに??70年代のダットサンじゃねえんだから、テンションの掛け過ぎでプーリー逝っちゃうみたいな工場側の失敗って、まずあり得ねえっすよ。テンションがチョイ緩いって事のほうが起こり得るっすよ。その辺は#1~3の皆さんが指摘してるっすね。
その辺ディーラーの皆さんは心得てるな、って質問文読んでて思ったっすよ。実際交換の際「プーリーもヤバいっすよ」っつってんだから。それをどういう理由であれ「今回は替えません」ってお客様が言ったから替えなかったって、正当な理由を順序立...続きを読む

QBMWのバッテリーはどれくらいで交換が必要ですか

BMW323iに乗っています。
先日初回の車検を通しましたが、
バッテリーは弱っているけど替えるほどではありません。
次回にしましょうとディーラーに言われました。
バッテリーを測ると80%ということですが、
どれくらいまで下がると交換の必要があるのでしょうか。

Aベストアンサー

>バッテリーを測ると80%ということですが、

先ず、他にも回答がありますが「バッテリーは、5年以上は問題なく動作」します。
(スタンド・カー用品店では、車検毎に交換を営業してますがね)
質問者さまの場合、何年目なのでしようか?
バッテリーは、気温25度で100%の性能を発揮します。
1度温度が変化すると、1%性能が下がります。
新品フル充電バッテリーでも、早朝深夜の気温が5度だとすれば「既に80%の性能しか発揮できない」のです。
ヘッドライトが暗い・セルが弱い原因なんです。
このあたり前の症状を「バッテリーが祝っています」と、営業は声を大にしていますよね。^^;
未だ、今回車検を行なった店は「常識を持ってる」ようですね。
充電状態が80%だとすれば、比重値は1.25程度ですね。
充電不足か、サルフェーション症状が若干始まっている状態でしよう。
車検を受けた店が言う様に、まだまだ問題ありません。

>どれくらいまで下がると交換の必要があるのでしょうか。

自動車の使用環境で異なりますが、充電状態が62%以下及び比重が1.22以下になれば交換時期ですね。
この状態でも、セルは回りますがね。
車種によって、異なりますが・・・。

>バッテリーを測ると80%ということですが、

先ず、他にも回答がありますが「バッテリーは、5年以上は問題なく動作」します。
(スタンド・カー用品店では、車検毎に交換を営業してますがね)
質問者さまの場合、何年目なのでしようか?
バッテリーは、気温25度で100%の性能を発揮します。
1度温度が変化すると、1%性能が下がります。
新品フル充電バッテリーでも、早朝深夜の気温が5度だとすれば「既に80%の性能しか発揮できない」のです。
ヘッドライトが暗い・セルが弱い原因なんです。
この...続きを読む

QBMWの不安定なアイドリング

噂で聞いてはいましたが、やはりBMWは色々トラブルが多いみたいですね・・・
みなさんの症状を読みながら、近いなぁ。って思ってました。

処置の仕方がだぶるかもしれませんが・・・私のBMWの症状についても教えてください。

12年前の318A4Rになります

まずエンジンは一発でかかります。
パーキングの状態でエアコンがついてると回転数は安定しますが、エアコンを消すと200ぐらい回転数が落ちてブルブルいいだしてアイドリングがすごく不安定になります。なので・・寒いときも温度上げてエアコンにしてます。
その状態で走行はスムーズにいきます。
ところが、信号待ちで停車してドライブにしてるとブルブルいいだして、エアコンつけてても、またまた回転数200くらいさがります。でニュートラルにすると安定します。

車屋さんに聞いても、たまにカラふかしして回転数あげたらいいよ!←空気を抜くみたいなこと。いわれましたが・・その時、一瞬回転数が落ち着くような、落ち着かないような・・
いまいち納得いかず・・・
どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

確実にアイドル調整バルブっつーパーツがブローバイガスで煤けて感度がゼロに近い位まで落ちた症状っすね。質問者様の返事から察するに「一度ディーラーで見てもらいます」コースっすね。

#1さんが答えてる事なんっすけど、実際には壊れてんじゃなくてパーツのご臨終っす。ワイパーブレードのゴムが全部擦り切れたら壊れたとは言わないでしょ?消耗品なんだから『ご臨終』っつったほうが合ってるっすよね。
パーツ交換の作業そのものは#2さんが回答している通りで、ガンプラ作れるだけのスキルがあればセルフメンテナンスで出来ちゃうレベルっすね。結構自分でやっちゃう人が多くて、俺なんかもゼロ戦や戦艦大和のプラモデル作れちゃうスキルがあるから自分でやっちゃうんだけどね。
肝心なのは交換したにしろ洗浄で済ませたにしろECUを1回リセットしないとダメっすよ。#3さんが指摘しているのは実は本人も気づかないうちにECU学習を行っていたって事なんっすよ。ただリセットされてない所で上書き学習しているからたまにバグも起こるっすからECUは確実にリセットしたほうが良いっすね。
基本BMWなんかだとバッテリー端子を外して1時間放置、でエンジン系統のECUはリセットされるっす。外す時はマイナスプラスの順で付ける時はその逆、を絶対守れば誰でも出来る事っすね。それでECUは『初期化』された状態だから理想は100km/hの定速走行を5分間行うんっすよ。それでECUの学習は完了っすけど、近場に100km/h定速走行できる場所がないなら1~2時間通常走行を続ければ学習は終了するっす。

でも質問者様は「一度ディーラーで見てもらいます」だから、見てもらった後受取時に「ECUのリセットも、済みました?」と確認を取る事だけがマストっすね。やってない、と答えられたらやってもらってください。

確実にアイドル調整バルブっつーパーツがブローバイガスで煤けて感度がゼロに近い位まで落ちた症状っすね。質問者様の返事から察するに「一度ディーラーで見てもらいます」コースっすね。

#1さんが答えてる事なんっすけど、実際には壊れてんじゃなくてパーツのご臨終っす。ワイパーブレードのゴムが全部擦り切れたら壊れたとは言わないでしょ?消耗品なんだから『ご臨終』っつったほうが合ってるっすよね。
パーツ交換の作業そのものは#2さんが回答している通りで、ガンプラ作れるだけのスキルがあればセルフメ...続きを読む

QBMWの電子制御回路異常?!

E39 530に乗っています。
昨日エンジン始動時に突如としてバッテリーがあがり、エンジンがかからなくなりました。その後バッテリーをチェックすると要充電になっていたので、ブースターケーブルで繋ぎ、その場は回避しました。
本日、バッテリーの弱さは感じられたものの、普通にエンジンはかかり、走行、停車していると「TRANS FAILSAFE PROG」というメッセージが表示されました。他のサイトで調べた結果、一定以上の電圧低下でこのメッセージが表示されるらしいという事がわかったのですが、このメッセージはバッテリーの充電で直る物なのでしょうか?
また、故障だとした場合、どのような故障が考えられますでしょうか?

Aベストアンサー

 私の車もBMW(E65、745i)なので他人事ではないように思え、原因と解決の手がかりがないか、インターネットで調べてみました。そうすると、結構「Trans Failsafe Prog」のエラーに関する情報が出てきます(大半が海外の情報です)。BMWは電気系が弱いと言われるのを裏付けているような気がします。
 Transはトランスミッションのことで、その関連に何かの異常が検出されたときに車が安全サイドに働く(Failsafe)ように、車載コンピュータが「Emergency Program(緊急プログラム)」を起動させるようです。

 このようなエラーを経験した人からは、車を停めて暫くすると直るからそう心配しなくてもよい(頻発しないのなら大丈夫)という意見もあるし、すぐにディーラーに持って行け、という意見もあり様々です。また原因については、他の方の回答にもあるように、バッテリーの劣化だとかオルタネータ(発電機)の異常だったという人もいました。

 さらに詳しく調べると、英国内と思われるE38のホームページ(http://www.e38.org/)に「Electronic Transmission Control」という詳しいマニュアルがあり、その中に「Emergency Program」のことが書かれていて、「Trans Failsafe Prog」が働き、車がFailsafeモードになる場合のことが説明されています。そこには次のように書かれています(分かりやすいように多少表現は変えてあります):

トランスミッションの機能に異常があると、Emergency Programが働いてフェールセーフモードが起動される。このプログラムはトランスミッションで不適切なギアにつながれるのを防ぎ、安全な運転を確保するものである。フェールセーフモードが働くのは次の場合である。
(1)TCM内部リレーを通じてすべてのシフトギヤ切り替えソレノイドにエネルギーが供給できなくなる(TCM内部リレーで電源が断たれてシフトギヤ切り替えソレノイドが働かなくなる…の意味だと思われます)
(2)圧力調整ソレノイドにエネルギーがなくなり最大限の圧力になる(同じくバッテリーの電圧不足などにより圧力調整ソレノイドが満足に働かなくなる…の意味だと思われます)
(3)トルクコンバーターのクラッチが不作動になる
(4)後退をロックする機能が殺される
(5)シフトギヤ切り替えソレノイドにエネルギーがなくなる(電源電圧不足などによりシフトギヤ切り替えソレノイドが満足に働かなくなる…の意味だと思われます)
(6)故障表示が点灯する(車種によって表示される故障は違ってくる)

 さらに次のように説明がついています:

 フェールセーフモードではトランスミッションは高いギヤのほうに移り(3速~5速、ただし場合による)車がサービスを受けられる所まで運転できるようにしてある。たとえばA5S360Rでは機能不全では5速に、TCMによるパワー(電源電圧)不良では4速になる。

 以上のことから、トランスミッションそのものに異常がある場合以外に、オルタネータの故障を含むバッテリー電圧の異常低下など、さまざまな要因が考えられます。オイル量の不足やセンサーそのものの異常を上げる人もいました。

 これは提案ですが、しばらく様子を見て、頻発するようでしたら、専門工場で点検修理を頼んでみてはいかがでしょうか。フェールセーフ機能が働いている限り、重大な故障や事故にはならないように思います。

 私の車もBMW(E65、745i)なので他人事ではないように思え、原因と解決の手がかりがないか、インターネットで調べてみました。そうすると、結構「Trans Failsafe Prog」のエラーに関する情報が出てきます(大半が海外の情報です)。BMWは電気系が弱いと言われるのを裏付けているような気がします。
 Transはトランスミッションのことで、その関連に何かの異常が検出されたときに車が安全サイドに働く(Failsafe)ように、車載コンピュータが「Emergency Program(緊急プログラム)」を起動させるようで...続きを読む

QBMWのオイル交換をスーパーオートバックスにて

当方、BMW323i(E90)に乗っております。エンジンオイルの事でご意見をお願いします。

量販店でのオイル交換は一抹の不安もあり、いままでは正規ディーラーで交換していたのですが、ディーラーですと24000円(フィルター+工賃込)ほどします。
スーパーオートバックスですと純正同等のオイルを使用しても約半額強で済みます。

今の車も乗ってあと1年くらいと考えていますので、あまりお金をかけたくないのが正直なところです。
SABにおいても作業員のスキルによるとは思いますが、SABでオイル交換することはどう思われますか?

Aベストアンサー

問題ないと思いますよ。

新車で購入し、8年間とか乗り、「後1年とか乗って買い直そう」という感じだと想定しました。

車は、長く乗ろうと考えた時に、どうせならきちんと整備して・・・とお金を投資するという事があると思います。

反面、「後乗って2年とかで買い直すつもり」という感じになると、必要以上にあまりお金をかけたくないという気持ちだったりします。

たぶん、E90のオイル量というのは、4Lくらいで、オイルエレメント交換するとプラス0,5Lくらいになると思います。

一般的にオイルは、アンダーカバーを開けると、オイルパンというものがエンジンの下部に付いており、ここのドレンプラグを開きますとエンジンオイルが抜ける。

そしてエレメントを取り外して、新品と交換し、ドレンプラグを締め、新しいエンジンオイルを入れるという感じの作業です。

どちらかといえば、近年では、エンジンを温めた後に、エンジンオイルレベルをチェックするホースにオイルチェンジャーで上から抜く方式が主流のような気がします。

BMW(バリエリッシュ・モトーレン・ベルケ)のオイル交換が高いのは、オイルレベルセンサーとかの点検とかもやっているのかもしれません。

作業そのものは、他の国産車とかと同じような工程ですので、初心者レベル級のスタッフに当たってしまっても、問題出ない範囲内です。

問題というのは、極端な言い方をすれば、ドレンプラグを締め付けが弱いとかの場合、オイルが漏れる可能性とかもあると思うのです。

でも、オイルレベルチェックは、車のセンサーが付いていますので、減ればチェックランプ点灯するので気づくと思われますから。

参考URL:http://minkara.carview.co.jp/en/userid/487006/blog/26805071/

問題ないと思いますよ。

新車で購入し、8年間とか乗り、「後1年とか乗って買い直そう」という感じだと想定しました。

車は、長く乗ろうと考えた時に、どうせならきちんと整備して・・・とお金を投資するという事があると思います。

反面、「後乗って2年とかで買い直すつもり」という感じになると、必要以上にあまりお金をかけたくないという気持ちだったりします。

たぶん、E90のオイル量というのは、4Lくらいで、オイルエレメント交換するとプラス0,5Lくらいになると思います。

一般的にオイル...続きを読む

Qオルタネータが発電しているのに充電されない

関連しそうな最近の過去ログは見たのですが
当てはまるかどうか分からないので質問させていただきます。
全く正常に走行してスーパーに行き、買い物をしたあと
10分後に始動しようとしたらエンジンがかかりませんでした。

ジャンプスタートで始動するも、数分の走行で
バッテリーが上がり、停止。ハザードも付かないほど放電。
夜間で危険だったので救援車から15分ほど充電し
尾灯だけ付けてときどき後続車のためにハザードを使い自宅まで牽引。
駐車場に入れるために再度ジャンプスタートすると
ヘッドライト(HID)をつけると電圧が下がるが
電圧計を見ると14.5Vでオルタネーターは発電している模様。
うっかりしていてこの段になって初めて電圧計を意識して見たが
おそらくエンジン停止時は測定範囲外(9.5V以下?)だった。
一時間ほどアイドリングさせ充電を試みるが
エンジンを切ると全く充電されていないようで
テールランプも付かない。
バッテリーは1月に購入したオプティマ。
放電前はアクセサリー電源は付いたが、オンで
電源が切れた。セルを回そうとするとリレーの音がした。
DIYで電装品いろいろつけています。

充電(してるはず)中のバッテリーの電圧を測る、
と過去ログにあったのですが、始動できないので
まだ測ってません。
原因特定がやさしいようなら修理工場へ
手間取りそうならディーラーへ持って行こうと思っています。
何が原因と思われるでしょうか?

関連しそうな最近の過去ログは見たのですが
当てはまるかどうか分からないので質問させていただきます。
全く正常に走行してスーパーに行き、買い物をしたあと
10分後に始動しようとしたらエンジンがかかりませんでした。

ジャンプスタートで始動するも、数分の走行で
バッテリーが上がり、停止。ハザードも付かないほど放電。
夜間で危険だったので救援車から15分ほど充電し
尾灯だけ付けてときどき後続車のためにハザードを使い自宅まで牽引。
駐車場に入れるために再度ジャンプスタートすると
...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
ACジェネレーター(オルタネーター)は出力電圧だけでは正常な判定は出来ません。

電圧測定は本来ならバッテリーのプラス端子でなく、ACジェネレーターのB端子から測定します。出力電圧はICレギュレーターの簡易点検でレクチャファイヤーの点検は出力電流を点検しなければいけません。一番良いのはオシロスコープを使って電流を確認できれば一番良いです。

また無負荷状態だけでなく、さまざまな負荷状態を加えながら発生電圧を確認しなければいけません。

症状が再現されるなら、エンジンが始動した状態でマイナス端子をはずしてみてはいかがでしょうか?レクチャの不良でしたらたとえ最初エンジンがかかっていても負荷を加えることでエンストを起こすはずです。

オプティマバッテリーを付けているのですね?とても高価な良いバッテリーですよね?たしか10年くらいは大丈夫なバッテリーだと記憶しています。バッテリー液が確か無かったので横に倒しても大丈夫なものだと記憶しています。

症状からおそらくACジェネレーター内のレクチャファイヤの不良がまず考えられます。それから皆さんがおっしゃっているバッテリー自体の不良も視野に入れてみてはいかがでしょうか?経験したことがあるのですが、新品のバッテリーを取り付けて1日で駄目になったことがあります。(他の新品に交換して事なきを得ましたが)バッテリーが駄目になってバッテリーそのものが負荷になってもエンストしてしまうことがありますので(セルなども回らなくなる)時折先入観が診断ミスを起こしやすいです。

この程度の修理でしたら一般の自動車屋で充分対応できると思いますよ。

こんにちは。
ACジェネレーター(オルタネーター)は出力電圧だけでは正常な判定は出来ません。

電圧測定は本来ならバッテリーのプラス端子でなく、ACジェネレーターのB端子から測定します。出力電圧はICレギュレーターの簡易点検でレクチャファイヤーの点検は出力電流を点検しなければいけません。一番良いのはオシロスコープを使って電流を確認できれば一番良いです。

また無負荷状態だけでなく、さまざまな負荷状態を加えながら発生電圧を確認しなければいけません。

症状が再現されるなら、...続きを読む

Qオルタネーターの電圧について

オルタネーターの電圧について

2002年製のジャガー(走行距離90000km)についてです。
先日あまり乗らない車両をオーディオを鳴らしながら洗車をしているとバッテリーがあがってしまったらしく、カーナビやオーディオが消えてしまいました。

別の車でブーストしたらエンジンが掛かったので、カー用品大手量販店にバッテリーの交換を依頼したら、『エンジン稼働時のオルタの発電量が13.2Vしかないからオルタを交換しないと、また直ぐにバッテリーがあがりますょ』と言われたので悩んだのですが、修理見積もりが10万円以上だったのでとりあえずその日は少しドライブして帰りました。

翌日エンジンは問題なくかかりましたので、ちょっとは発電してるのかな?と思い、バッテリーを新調し、テスターを購入しエンジン稼働時の電圧を図ってみると負荷なしで14.5V~14.8Vあります。
ところが5分もしないうちに13V前後に落ち込みます。
ライトやエアコンを入れるとアイドリングで12.6V~13V(これ以上は下がらないようです)
負荷なしで13V前後、走行中は13.1V前後をキープしています。

色々な方のページを拝見したのですが、このような状態の記載はなく、また12V後半、13V前半程度ではオルタが故障していると仰る方もいれば、大丈夫と仰る方もいます。
一般的に14V付近が正常という意見が多かったのですが、私のこの状態は異常なのでしょうか?

夜にオーディオ、エアコン、メインライト、フォグライトを点け2時間ほど山道を走ってみましたが電装品に全く異常はなく、室内の後付電圧計で13.1V前後を表示し、出発前12.8Vだったバッテリーが、帰宅時は13.2Vになっておりました。(因みにバッテリーを新調してから200km以上走行していますが電装品の異常は特に見られません。)

長文で申し訳ないので要点を書かせて頂くと

(1)エンジン始動直後は14V後半なのに数分で13V前半、若しくは12V後半に下がるのは正常なのでしょうか?
(13V台に落ち込んで直ぐにエンジンを掛け直すと14V台に戻り、また数分で13Vに下がります。)

(2)12V台の発電ではオルタは交換した方が良いのでしょうか?

(3)アクセルを踏み込んでも電圧が殆ど変化しないのは何故なのでしょうか?
(こちらもレギュレーターで制御されているから変わらないと仰る方もいれば、エンジン回転数に応じて15V付近まで上がると仰る方もいらっしゃいます)

以上の3点です。

教えを請いてる身でありながら大変恐縮なのですが、エンジン稼働中にバッテリーを外してオルタの発電を確かめるという事は怖くてできません。また、オルタの端子に直接テスターをあてるというのも、オルタがエンジンルームの奥にあり手が入らないため確かめる事ができませんので、それ以外の方法でわかる方、アドバイスを下さる方の御回答を頂けたら幸いです。

宜しくお願い致します。

オルタネーターの電圧について

2002年製のジャガー(走行距離90000km)についてです。
先日あまり乗らない車両をオーディオを鳴らしながら洗車をしているとバッテリーがあがってしまったらしく、カーナビやオーディオが消えてしまいました。

別の車でブーストしたらエンジンが掛かったので、カー用品大手量販店にバッテリーの交換を依頼したら、『エンジン稼働時のオルタの発電量が13.2Vしかないからオルタを交換しないと、また直ぐにバッテリーがあがりますょ』と言われたので悩んだのですが、修理見積もりが10...続きを読む

Aベストアンサー

わたしは、プロの整備士です。

オルタネータは、使用による劣化はあるようですが 読ませていただいた内容からですと急いで交換するほどの問題ではないように思えます。

基本バッテリー電圧は 12V それ以上の電圧を常に発生させて あなたの場合13V以上発生しているなら使用上問題はないはずです。
常にというのは、ライトを点灯させ エアコンやヒーターを使用し 電気負荷をかけた状態でもバッテリー電圧を下回らないこと。

バッテリーは12Vなのですから それを超えていれば使用上問題はなく良いわけなのです。

素人さんがオルタネーターの端子に直接テスターなど当てる必要はありません。

その場所は、慣れた者でもうっかりショートさせたりしやすい場所ですから絶対おやめください。

バッテリーの+とオルタネータのB端子は直結しているはずなので +端子に掛かる電圧を診れば十分です。

本当にテストをするなら 電気負荷をかけてテストをしないと性能は判りません。
後づけのメーター程度では、失礼ながら正確な判断は出来ません。
専門のテスターを使ってテストしないとなりません。

カー用品店のようなところで点検や見積は 失礼ながら私は信用いたしません。

自動車の修理工場 などか 自動車電装の修理業者など専門店なら信用します。

オルタネータは リビルト品(悪い部品は交換し清掃修理などされた再生品)があれば 比較的安く済みます。
なければ新品で高くつきます。
ですから その車を数扱っている修理工場などで見積もってもらうのが一番良いと思います。

ご質問の三点ですが 基本オルタネータは 回転数5000rpmで最高発電量を発生させる設計になっております。
ただし オルタネータは、通常エンジン回転の倍の回転で回るので エンジンのタコメーターで言いますと2500rpmで最大発電の状態になると考えて結構です。
それを超えるとレギュレーターという制御装置の働きで過充電されないように電圧を14.3-14.5V程度に抑えています。
故に15V近く または15V以上の電圧が出たらオルタネータ内のレギュレーターの異常です。

バッテリーと繋がっている状態では 正しいオルタネータの発生電圧を測ることは出来ませんが バッテリー電圧12Vを超えてエンジン回転時の測定で13V以上いれば 問題はないと判断できます。

どうしても心配なら きちんとした修理工場で調べてもらえばすぐ判ります。

わたしは、プロの整備士です。

オルタネータは、使用による劣化はあるようですが 読ませていただいた内容からですと急いで交換するほどの問題ではないように思えます。

基本バッテリー電圧は 12V それ以上の電圧を常に発生させて あなたの場合13V以上発生しているなら使用上問題はないはずです。
常にというのは、ライトを点灯させ エアコンやヒーターを使用し 電気負荷をかけた状態でもバッテリー電圧を下回らないこと。

バッテリーは12Vなのですから それを超えていれば使用上問題はなく良いわけなの...続きを読む

Qバッテリーの容量は高いほうがいいですか?

先日、バッテリーについて、電圧の低下でバッテリーが上がるということをお教え頂きました。

今回の疑問なのですが、バッテリーの容量です。
私の車(フィット)では34B17Lというサイズのバッテリーを搭載していますが、パワーアンプを乗せていて、もし買い換えるならばできるだけ大きい容量のものを、と思っています。そこで、34B17Lと38B17Lとかの、一番最初の数字が、容量だということを知りました。で、この容量が1上がるごとに、どの程度違いがあるのかをお聞きしたいんです。

 それと同時に、車の発電量というのがありますが、バッテリーを大きくしすぎると、発電が間に合わない。。。などということがあるのでしょうか?


どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

車で走行中、ダイナモで発電しているときは、バッテリーの電流を使わないのが原則です。
もし走行中、ダイナモでの発電量より多くの電流を消費すれば、走行中にバッテリーが上がってしまうと同時にダイナモの発電量では電流をまかなえないために、車が走行中にエンストしてしまい非常に危険です。
走行中に消費電力の大きなパワーアンプで消費される電流はバッテリーから供給されるのではなく、ダイナモから供給されます。ですからダイナモの発電能力を上げない限り、その車で消費できる電流には限界が決まっています。バッテリーの容量を増やしたからといって、車載機器に電流を供給できるわけでもありません。エンジン停止時やエンジンの回転が極めて遅くなった時(ダイナモの発電量が低下して供給電流が不足している状態)にバッテリーの電流が供給されるだけです。
パワーアンプを載せたからバッテリーの容量を増やしても役に立ちません。バッテリーの容量を増やしての効果は、エンジンの始動時や道路や踏み切り、交差点内でエンストした場合のセルモーターの回転持続時間や自力走行距離に長さ、および夜間エンジンをかけないで前照灯を点灯できる時間の長さを長く出来るだけです。

ですから、車載機器を沢山、載せたからと言ってバッテリーの容量を増やしても意味はありませんね。
その車のダイナモの発電能力(充電能力)やセルモーターの消費電流、停車中の電気の使用電流の予定などを目安にバッテリーの容量が決まってくるもので一定の範囲(上限と下限)に収まる範囲のものを使うことになります。

容量規格については、上記の理由で大幅な容量アップしても意味がありませんので、その車によって選択できる範囲での適合バッテリーから容量の大きめを選ぶしかないですね。(余り効果は期待できません。走行中のパワーアンプの電流はダイナモから供給される。バッテリーがなくなってきている場合、かえって容量の大きいバッテリーほどダイナモの負担になります。)

>34B17Lと38B17Lとかの、一番最初の数字が、容量だということを知りました。で、この容量が1上がるごとに、どの程度違いがあるのかをお聞きしたいんです。

「容量(Ah)と始動性能(CCA)の関係から決められた総合性能を示します。数字が大きいほど性能が大きい事になります。よく誤解されると思いますが、単純に
33アンペアアワーや38アンペアアワー・・・という訳ではありません。」との説明があります。
理屈的には1アンペアアワー=2アンペア×0.5時間などとなるかも知れませんがバッテリーが消耗してきた段階では内部抵抗が増え12Vの電圧が出なくなってきますので電流が数値計算通り取り出せるか疑問ですね。ただしアンペアアワーが大きいほど電流はとりだせます。
バッテリーは、エンジン始動時のセルモーターの回転、エンスト時の車の移動、エンジンを切ってのランプやラジオへの電流供給などに使われ、消耗します。駐車場でエンジンを停止した状態での前照灯や補助ランプを付けっぱなしにした時もバッテリーの電流が使われます。

http://www.1techicon.com/battery.html

車で走行中、ダイナモで発電しているときは、バッテリーの電流を使わないのが原則です。
もし走行中、ダイナモでの発電量より多くの電流を消費すれば、走行中にバッテリーが上がってしまうと同時にダイナモの発電量では電流をまかなえないために、車が走行中にエンストしてしまい非常に危険です。
走行中に消費電力の大きなパワーアンプで消費される電流はバッテリーから供給されるのではなく、ダイナモから供給されます。ですからダイナモの発電能力を上げない限り、その車で消費できる電流には限界が決まって...続きを読む

Qバッテリー・・レギュレーターが壊れたらそのあとは・

バッテリーに関して質問をしたところ下記のようなお答えをいただきました

>過充電になる原因は、
発電機で作られた電気がレギュレータで一定の電圧に抑えられていたのに、
レギュレータが壊れてしまったため電圧が高くなり、
一気に充電される様な状態となったために発生。



・・・・そこでさらに疑問が湧いたのですが
レギュレーターが壊れた場合  バッテリーを新しくしても やはり過充電になり
新しいバッテリーでも液の減りは早くなるのでしょうか?

その場合 新しいバッテリーは過充電をしているので 普通より寿命が早くなると考えてよろしいでしょうか?


お教えください

Aベストアンサー

ちなみに、
レギュレータ・ベアリング・ブラシを交換して
外装をサンドブラスト・耐熱塗装して
リビルドされたオルタネーター単体価格は
およそ5万円からです。

これは、中古のオルタネーター単体価格の
2万円を抜いた
作業工賃および部品代です

つまり、
それらの作業を適切にする場合、
3万円かかると言うことです。

そして、
何度も何度も繰り返しになりますが
バッテリーがだめになっているから液量が下がるのであって、
それの原因がオルタネーター~レギュレータであると
まだ判断できないのです。

交換すべき順番は、
まずバッテリー。
それでも直らなければ、
レギュレーターの順番です。

レギュレータパンクが起きないとは言いませんが、
本当にパンクしてその性でバッテリーが壊れているのであれば、
エンジン回転数に応じてライトが暗くなったり明るくなったりなど
走行中の不具合が起きます。

今回の事例では、
ほぼレギュレータパンクが推測できる内容ではありません。


人気Q&Aランキング