出産前後の痔にはご注意!

 
 下の図で、地球から見た金星は、図のウの位置にあるとき、明け方東の空に輝く(なぜ東?)
 (地球が西から東へ公転および自転しているため東から西へうごいているように見えることと関係してるんでしょうか)
 また、アの位置にあるとき、日没後、西の空に輝いて(なぜ西?)宵の明星と呼ばれる
 
星の見え方がいまいち理解できません。

「宵の明星、明けの明星」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

図をみて「太陽の位置」「地球の位置」を確認してください。


同時に地球のどこが「昼」か、「夜」か、を考えてください。

 それで、
 「朝」「夕方」の位置は、どこか解るはずです。

>下の図で、地球から見た金星は、図のウの位置にあるとき、明け方東の空に輝く(なぜ東?)

 図を見ると、
 地球の自転方向は左回りの矢印があります。
 「太陽の位置」「地球の位置」を見て
これで、
 「図のウの位置にあるとき」俗に言う「明けの明星」と解ります。


>また、アの位置にあるとき、日没後、西の空に輝いて(なぜ西?)宵の明星と呼ばれる

 「明けの明星」の位置関係が解れば、
 日没後、西の空に輝いている「宵の明星」も解ります。


参考サイトです。
金星 ~宵の明星と明けの明星~
http://www6.ocn.ne.jp/~tmitsu/astro/AstroMotion/ …
    • good
    • 0

その図は北極星方向から見た図であるのは、おわかりいただけますか?



地球自転の矢印のしっぽあたりが、観測者(日本)としましょう。
ちょうど夜明け前です。時間とともに矢印の矢のあたりまで自転して夜明け、太陽は東の地平に顔をだします。ウの位置にある金星は夜明け前から東の空に輝いているということです。

逆にアの位置は、地球が自転で半回転した夕刻、太陽が西の地平に沈む頃、西の空に残るようにして金星は輝いているということです。

イの位置だと、太陽とともに行動するので明るい太陽光に遮られて、肉眼では見えないでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夜明けの空にふたつの明るい星が・・。

けさの5時すぎ、東の空と西の空に、明るさが同じくらいの星がありました。どっちかが金星(東の方が明けの明星かな・・)だと思うのですが、片方の星はなんでしょうか・・?

Aベストアンサー

#1のかたのサイトほかにも、下記のサイトでも、星の名前が分かります。
http://homepage2.nifty.com/turupura/java/TuruPla.htm

質問の内容を、次の様に設定します。

・ 日時指定は、2002.11.19.05.00
・ 観測地は、日本の標準時の「明石」。(CRIMSON-Xさんが何処のかたか分かりませんが、とりあえず)。
・ 図法は「半球」、方向は「東」 → これですぐ下の星空が、東の空が上に表示、西の空が下に表示。
・ 表示方法は、星の名前だけを表示目的にする為、「星名」だけチェックを入れて、他は全部チェックを外す。(他の表示方法は、好みでチェックを入れる)

以上の設定で東の空低くに、上に「金星」、海に近いなら水平線近くに「土星」も出掛かっています。
時刻を今朝6時に変更すると、「土星」は確実に出て、山岳地でも、東に高い山が無ければ、たぶん見える時刻ですね。
そして、西の空の星は、「木星」ですね。

Q金星の右下に輝く星について

おはようございます

以前に色々質問をし それが金星と木星であることはわかりました ありがとうございました
さて また新たな疑問なんです
今日金星を見ていると ずーっと右の方のやや斜め下にも明るく光る星がありました
この星は何と言う星でしょうか?
オリオン座の真下らへんで 緑っぽくチカチカと光っていました
周りに明るい星はなく これだけが目立っていました

どなたか教えてください また夜も眠れなくなりそうです

Aベストアンサー

おおいぬ座のシリウスですね。

夜空に輝く恒星の中で一番明るく、本当は真っ白に光っています。

ちなみに、緑色に光る恒星はありません。

Q明けの明星 宵の明星

マリナー ビーナスは、それぞれ別の星と思われていたとのこと

マヤ文明は、金星の動きを熟知して暦を編みだし、明けの明星と宵の明星は同一の星であると把握していたとのこと

では、コペルニクスやガリレオの時代のヨーロッパ、また本人達は、明けも宵もどちらも金星だとわかっていたのでしょうか?!

Aベストアンサー

明けの明星と宵の明星が同じ星であることは、古代ギリシャ時代に次第に理解されるようになったことのようです。

広瀬秀雄氏の『天文学史の試み』によれば、最初に気づいたのはピタゴラスだといわれていて、「それまでフォスフォロス(暁の明星)、ヘスペルス(夕の明星)と呼ばれていた星は、後に金星と呼ばれることになる同一の星であること、月は鏡と同様に光の反射で輝いていることなどを知っていたといわれる」そうです。(同書 53頁)

時代がやや下って、ヒッパルコスやプトレマイオスの時代になると、惑星の運行を天動説の立場から周転円という考え方を取り入れて説明しています。これは金星や地球を含む惑星が太陽の回りを楕円軌道を描いて周回しているという事実とは異なりますが、惑星の見かけの動きを一応は説明可能であり、明けの明星と宵の明星が同じ星であること(さらに金星や水星が明け方と夕方だけしか見えないこと)も説明できました。

この明けの明星と宵の明星が同じ星であるということを含むプトレマイオスの天動説の考え方は後の時代にも長く影響力を持ちましたので、コペルニクスやガリレオの時代のヨーロッパ人は明けの明星と宵の明星が同じ星であるということは知っていたと考えられます。ガリレオが手製の望遠鏡で金星の満ち欠けを発見して、これこそ天動説の誤りを示す証拠と考えたように、明けの明星と宵の明星が同じ星であるということを前提として、天動説に変わる天体の運動の説明を考えたと見られます。

なお古代中国でも明けの明星と宵の明星が同じ星であることは知られていました。2000年以上昔の歴史書『史記』には天文を扱った「天官書」がありますが、唐代に作られたその注釈書である『史記索隠』には「韓詩云「太白晨出東方為啓明,昏見西方為長庚」」とあります。太白(金星)は朝に東方に出たときは「啓明」、夕に西方に現われたときは「長庚」と呼ぶ(と韓詩は云う)」という意味だと思います。

明けの明星と宵の明星が同じ星であることは、古代ギリシャ時代に次第に理解されるようになったことのようです。

広瀬秀雄氏の『天文学史の試み』によれば、最初に気づいたのはピタゴラスだといわれていて、「それまでフォスフォロス(暁の明星)、ヘスペルス(夕の明星)と呼ばれていた星は、後に金星と呼ばれることになる同一の星であること、月は鏡と同様に光の反射で輝いていることなどを知っていたといわれる」そうです。(同書 53頁)

時代がやや下って、ヒッパルコスやプトレマイオスの時代になると、惑...続きを読む

Q宵の明星、金星、の近くに、もうひとつ星が見えるとき

先日、天文台に行き、金星を見ました。
火星? だったか、近くにひとつ星がありました。

地球からみて、一直線というか、だいたい同じ方向の天空に見えているということは
太陽と地球、金星、火星の位置を、どのように考えればいいでしょうか

頭の中は、紙の真ん中に太陽を 大きな〇で書いて、
金星。。。地球。。。火星の位置の描き方が
わかりません。。。
地球。。。金星。。。火星という順番の線でしょうか

Aベストアンサー

雑で悪いけどこんな感じ
地球が自転してもうすぐ日が暮れるよ~となった時に
それまで太陽がまぶしすぎて見えなかった金星が見える。
その地球から金星までのその延長線上の近くに火星もある。


人気Q&Aランキング